古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

今回は、独学時代に古着転売で赤字を出しまくっていた僕が

如何にして26万の利益を稼げるようになったのか?

ってことについてお話ししていこうと思います。

 

古着転売で26万利益を稼ぎ、脱サラ

 

これは、僕が古着転売を始めたばかりの頃のお話。

2018年の1月から副業から始めたので

今からちょうど1年前ぐらいのお話ですね。

 

同年の5月には26万の利益を稼げるようになり

脱サラした僕ですが、

それ以前の独学時代の暗黒時代というものがありました。

 

僕が古着転売を始めた理由は「服が好きだったから」という理由。

だから、「まあ稼げるっしょ〜」

って軽い気持ちで始めたのですが、

結論から言うと全く稼げず、

赤字を出しまくりました。

 

そんな僕が如何にして稼げるようになったのか?

ってことを今回はお話します。

 

せっかくなので物語形式でお話しましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーここから26万物語ーーーーーーーーーーーーーーーーー

稼げなかった独学時代

 

 

ブラック企業をやめるべく、

先を模索していた時に出会った古着転売。

 

古着やファッションが大好きだったのもあって、

「これなら稼げる!」と確信し、

脱サラすべく、副業からスタート。

 

今すぐにでも会社を辞めたかった僕は、

半年後には会社を辞める意向を伝え、

完全に退路を経った状態で古着転売を始めた。

 

何から始めたら良いか、

よくわからなかったが、

とりあえず着なくなった服をメルカリに

出品してみることにした。

 

メルカリなんて使ったことがなかったから

確か彼女に「出品ってどうやるの?」

使い方を聞きながら出品した。

当時パソコンすら持っていなかった20の僕は

機械音痴っぷりを猛烈に発揮した。

 

出品したアイテムはと言うと

当時はヴィンテージアイテムにはまっていたために、

ビックeなどのヴィンテージ古着が手元にあった。

これらを4万円と言う価格に設定して出品してみる。

 

「おー出品ってこんな簡単にできるんだ」

「てか値段自由に決めれるってやばいな。これ売れたらすぐ4万手に入るってことでしょ?」

 

そんなことを思いながら

当時の僕にとって慣れない作業を地道にこなしながら

出品していく。

 

ポチポチポチ。。。

 

すると、

数時間後に出品したビックeのデニムが4万で売れた。

送料・手数料を差し引いても

手元に35000円は残る。

 

「え!これだけで4万??」

一瞬で4万近くのお金が手元に入った。

 

「メルカリパネエ、、」

感銘を受けながらもテンションの上がった僕は

着なくなった私服をどんどん出品していく。

 

ステューシーのパーカーや

ラルフのシャツ。

着なくなった服は兎にも角にもメルカリに出し続け、

売りまくった。

 

すると、あっという間に10万がたまった。

「え、簡単じゃね?」

「これとおんなじもの安く仕入れたらいいんでしょ?」

 

完全に勘違いをしたまま

初めて仕入れと言う目的で

地元のセカンドストリートに

足を運ぶことにした。

 

私物を探すと言う目的できた事はあったが、

仕入れという目的できたのは初めてだった。

 

「うおおおやっぱめっさ古着あるなあ」

「こんなかから探すの大変だなー、、」

 

そんなことを思いながらも

まずは、私物で売ったビックeをお目当てに

ジーパンコーナーに足を運んだ。

どれどれ。と探してみるが、

ヴィンテージデニムらしきものが一つも見当たらない。

探せど、探せど見つからない。

 

「え!全然ねえじゃん、、」

そんなことを思いながらもひたすら店内を探しまくる。

 

すると、ヴィンテージデニムが大量にあるコーナーを発見!

「うおおお!めっちゃある!どれどれ、、」

少しテンションが上がりながらも値札を確認。

 

「え!1万!?」

「こっちは3万!!!???」

 

あるにはあるのだが、どれも高い。。。。

中にはなんと10万台のものもあった。

 

「おいおい、リサイクルショップにこんな価格の古着があっていいのかよ」

 

そんなことを思っても、価格は下がってくれない。

このままでは何も仕入れる事が出来ない。

それはあかんと思った僕は無理にでも何かを仕入れようとしてしまう。

 

状態が悪くても1万を切るものを仕入れることにした。

ビンテージのジーンズやオーバーオールとか、

ボロッボロのイングランド製のマーチンとか。

ヴィンテージ思考の強かった僕は、

USA製だとか、イングランド製ならいける

という何も根拠のない自信を持っていた。

 

そんな軽い気持ちで、4000円、5000円するもの

どんどんどんどんカゴに入れていく。

パンパンになったカゴをみて、

「俺仕入れてるぜ〜すげえだろ?ドヤ」

みたいな表情で仕入れをしていた。

 

完全にイタイやつである。

カゴに服が貯まればいいってもんじゃない。

 

自己満仕入れを終え、

パンパンのカゴを持って行って

会計を行う。

 

すると、レジに表示された価格は40000円。

この数字をみて流石の僕も焦った。

 

「ま、まあ高い値付けして売れば利益出るって。。」

「10000→30000!とかツイッターでやってる人いるし。。」

 

こんなギャンブルみたいなことをよくやっていたなあと思う。。

こうして根拠もなく自分を正当化させて、

仕入れた古着を家に持ち帰っていざ出品。

 

10000とか、15000に価格を設定して、

「えいや!」とメルカリに出した。

 

すると、どういうことか、見向きもされない。。

「え、なんで誰も見てもくれないの?」

「ヴィンテージだよ?古いよ、かっこいいよ?」

 

ヴィンテージだとか、古いだとかは

一部の人にとっては価値になるかもしれないが、

そうでないお客さんからしたら関係のないこと。

 

1日経っても全く反応はよくなりません。

 

「うおおお!売れねえ!!」

「ちょっとだけ、値下げしよ、、」

 

そのちょっとが何度も続き、

結局は仕入れ値と同額ぐらいの値段に設定して売る。

 

送料、手数料引いたらとんとんぐらい。

なんならマイナスのものもありました。苦笑

 

「あれ?全然利益出てねえ…」

「なんならマイナスのものもある…」

 

今の自分なら当たり前だろ!って

ツッコミ入れることが出来るんですが、

当時の僕は残念ながら何も理解出来てなかった。

 

そんなこんなで初月は11万仕入れで売り上げ9万。

 

よゆーで赤字でした。

そりゃあリサーチも全くしてないし、

写真もヘッタクソだし文章も適当なのに

売れるわけなかったんですよね。

 

そこで原因を追求して、

改善するために何かしらの行動をとっていれば

まだ結果は変わってきたのでしょうが、

そんなことは全くせず。

 

「きっとあれだ、まだまだアカウントが弱いからだ!」

「数打っていけば売れるようになるさ!」

 

こんな調子で努力もせず、

間違った知識のまま間違った方向に突っ走ってしまった。

これはビジネスをやる上では非常にまずいこと。

 

でも何にもわかっていなかった当時の僕は

「まずい」とも感じることなく

結果、2ヶ月目もしっかりと赤字を出した。

 

仕入れ値10万 、 売上5万

 

マイナス5万の利益である。苦笑

自分にとってはびっくりだった。

 

なぜなら、古着転売は

服の知識がある=稼げる

と思い込んでいたから。

 

「え、こんなに服の知識がある俺がなんで稼げないの???」

頭にはクエスチョンマークしか浮かんでいなかった。

 

でも目の前の結果を見ると

稼げてないと言う事実は疑う事が

当たり前だが出来なかった。

 

「やべえ、めっちゃ貯金減ってるわ、、」

「このままじゃ稼げん、脱サラもできん、、」

 

ここでようやく、やばい状況にたっていることに気づけた僕は

初めて情報投資というものをすることにした。

 

 

初の自己投資&初利益。ジーパンせどりで初めて稼げた!

 

 

流石にこのままじゃやばいと感じた僕は

ジーパンメインでせどりをやっていた情報発信者が

販売していたテキストを買うことにした。

 

メルマガに登録していたら、

企画の案内が送られてきたのだ。

「僕が持っているジーパンせどりのノウハウをこのテキストで教えます!」

ざっくりだったがそんなことが書いていた。

 

「うさんくせえ、ほんとかよ?」

 

そんなことも思ったが、

今全く結果の出ない僕はわらにもすがる思いだった。

当時の僕に詐欺を吹っかけたら余裕で騙せたと思う。

 

うさんくせえと思いながらも

とりあえず、案内された企画に登録。

すると、決済方法を選ぶ欄が出てくる。

「んー現金あんまないしクレジットかな。ポチッ」

「ペイパル?なんだそりゃ?」

 

よくわからなかったが、

とりあえずペイパルと言う決済システムに登録。

決済ボタンが目の前に現れた。

「よーし、これ買って生まれ変わるぞ、、」

 

しかしいざ、決済ボタンを目の前にすると、

すげー焦ってきた。

「これ押したら2万吹っ飛ぶんだよな。。」

「金だけ取られてテキスト来なかったらどうしよう?」

「待てよ、これは詐欺なんじゃ??」

 

と、当時は内心でドキドキしまくっていたと言う

中々の情弱っぷりを出していた。笑

 

「まあ失ってもたかだか2万だ。」

「騙されたら勉強代ってことだ。えいや!」

 

そんな気持ちで決済ボタンをポチッと押す。

ただ押した瞬間、

「うわあああ押してしまったあああ」

とこの世の終わりみたいな気分になり、

急に鼓動が激しくなってきた。

 

しかし、入金処理が終わる、とすぐにテキストが送られて来て

「ふうっ。。。」

と、とりあえず一安心。

ただ、すぐに焦る気持ちが湧いて来た。

 

今では30万のコンサルを受けたり

35万の情報商材に普通に投資する感覚が身についたが、

当時はやっぱり2万でも大金だし、

払ったからにはやんなきゃやばい!

と行った気持ちが芽生えた。

 

ここから成長ブーストがどんどんかかっていった。

僕は隙間時間を見つけるとひたすら

テキストの動画を貪るように見まくった。

 

ブランド、サイズ、形など、利益が出るものをひたすら研究。

仕事中はワイヤレスのイヤホンを耳に突っ込んで

ずーっと音声を耳に流していた。

 

そこで得た知識をもとにジーパンを仕入れた。

前回のような失敗は犯したくはなかったので

1000円以下、いっても1300円とかの

安価なものを仕入れるように心がけた。

 

そして仕入れたジーパンを

「うおおおお」

と気合いでヤフオクに出品しまくる。

 

それを1ヶ月続けて、出た結果は

 

売上10万 利益5万

 

やった。。初めて稼げた。

 

たったの5万だったが、

初めての利益はやはり格別なものだった

よし!と一人でガッツポーズをしたほどである。

 

赤字を出しまくって折れかけてた僕の心にも

ほんの少しですが自信がついた。

 

ただ、その反面、ジーパンせどりには大きなデメリットが。

それは、

 

・回転が悪い

・在庫保管スペースをたくさん取る

 

と言ったところ。

 

回転が悪いということはその分在庫を積んで

対策を打っていかなければいけない。

でも当時の僕が住んでいる家には

在庫を置くスペースなんてなかったのだ。

それに、在庫をガンガン増やしていく資金力も到底なかった。

「んーコスパが悪い。どうすれば。。」

 

もう一つ、地名的なデメリットが。

 

・扱っている商材に興味がない

 

と言ったところ。

 

ジーパンに関してはほんっとに興味がなかった僕にとっては致命的だった。

もちろん利益が出た時は嬉しかったし、

喜びも感じることもあった。

 

ただ、この先ずっと続けていけるのか?

って考えると

「いや、これ続かねえや。」

「平置きで撮影するのめちゃ腰いてえし」

そう感たのだ。

 

 

回転率が良くないとキャッシュフローがうまくいかなくなるから

すぐに現金化する事が難しかった。

だから、最低限回転率は欲しかった。

 

「回転がよくて自分がやってて楽しいジャンルってなんだ?」

そんなことを悩みながらネットサーフィンしていた時に

出会ったのが「90s」「トレンド」と言ったキーワード。

 

「90sが流行ってんのかー。」

「確かデカロゴとかビックサイズとかだよな?」

なんとなーくイメージできたし

90sのことについて書いてあるサイトを貪るように見ていたら

原宿系の格好をしている派手な格好の男女がずらり。

 

しかもメルカリを見てみると

同じようなアイテムがズラーーっと市場に出ていて、

常に売れているようだった。

 

「これだ!!!」と感じ、

ジーパンは今の在庫数でとりあえず続けていくとして、

僕はトレンド系の古着転売も始めることにした。

 

当時、トレンド系の古着転売で

情報発信している人のブログを貪るように読み漁り、

情報収集をひたすらやってく。

 

そして、得た知識を元にリサイクルショップへ繰り出す。

「スポーツ系が需要あるって言ってたな」

そう思い、スポーツコーナーにかかってあるジャージ類を

かき分けていく。

 

しかし、お目当の配色が良くてロゴが入っていてサイズがでかい

ナイキやアディダスのナイロンジャケットは一つも

見つからなかった。

 

「ほへ?全然ないんすけど?」

「これが売れるっていろんなブログに書いてんのに全然ないんすけど?」

 

結局坊主で店を出た。

 

ここでハッ!としたのだが、

「そうか、ブログに書いてあることを実践するだけで稼げるようになるんだったら、もうとっくにみんな稼げるようになってるよな、、」

無料の情報だけで稼いでいけるほど甘くない

ってことに気づいた。

 

「やっぱコンサルとか受けた方がいいんかな、、」

そんなこと思いながらも

勇気が出ず、独学で続けた。

 

もちろん独学では成長スピードが遅く、

古着転売を始めて4ヶ月目の成果は

 

ジーパン利益5万、トレンド利益5万

 

ぐらいだった。

 

4ヶ月やって10万。

まあ確かに0から10万自力で稼いだのはすごいかもしれない。

ただ、仕入れには15万以上つぎ込んでいたので

費用対効果が悪すぎた。

 

何より

「4ヶ月も本気で頑張って10万かよ…」

と落ち込む気持ちが強くなった。

それと同時に独学での限界も感じてきた。

 

独学でやってると、

 

今のやり方でいいの?

それとも間違っているの?

仕入れるアイテムはこれで良いの?

それともダメなの?

説明文はどう書けば良いの?

どんな写真を撮れば売れるようになるの?

なんで俺は全然売れないのに、

周りのせどらーさんは毎日毎日古着が売れていくの?

どこが俺と違うの?

なんで俺だけ売れないの??

 

疑問という疑問で頭ん中ごっちゃごちゃ。

自信を持ってやることが出来なかったのだ。

 

だから、

ああああ今日も売れねえええ

値下げ!値下げじゃあああ!

売れた、ふう、、

 

こんな調子で売れないと不安だから

必要以上に値段を下げてしまったり。

1着あたりの利益が800円とか

めっちゃ薄利の多売をしていた。苦笑

 

そして2ヶ月後にはサラリーマン卒業。

通帳を開くとこの4ヶ月間減り続ける貯金残高。

 

「うおおお真面目にやばい」

「この調子じゃ俺真面目に食っていけない、、」

 

危機感がどんどん募っていった。

スマホが鳴るたびに、

「コメント来たか!!??」

と食い入るようにスマホの画面を開く。

しかし、来た通知はメルカリのコメントではなく

ただのメールやライン。

 

うわああああ!なんで売れんのじゃあああああ!!!!

 

とベッドで一人のたうちまわっても状況は一個も変わらず。

 

どうすれば現状が変わっていくのか、

改善するポイントが全く見つからないから

ただいたずらに時間だけが過ぎていく。

 

もー不安でいっぱいだった。

「もー無理だ。流石に俺一人じゃ稼げん。」

「仕方ない、もうコンサルを受けるしかないな。」

 

やっと僕は意を決して、コンサルを受けることにした。

 

 

人生の大きな分岐点。月収200万を稼ぐ師匠との出会い。

 

そんな僕にも大きな人生の分岐点がやって来た。

当時から古着転売と情報発信で結果を出し、

月収で言うと200万を稼いでいた方との出会いだった。

 

その方は僕の人生を大きく変えてくださった恩師で、

いまだに僕は仲良くさせて頂いている。

 

 

思うように結果が出なくてもがき苦しんでいた僕は、

その方のLINE@に登録して、

勇気を出して連絡を送る事にした。

 

最初は怖くてLINEで文章を書いても、

送信ボタンを押すことが出来なかった。

文章を書いては消す。書いては、消す。

ちょーービビっていた。苦笑

 

そりゃあ僕だって大金を払うコンサルは不安だったし、

騙されたらどうしようとも少し思っていた。

 

そしてネットビジネスの世界なんて

今まで常識ガチガチで生きてきた僕にとっては全く新しい世界。

 

これで騙されたらどうしよう?

それこそもう人生終わりだよ、、

 

何が正解なのかが正直もうわからなかった。

どうすればいいかわからんし、

でも結果は出ないし、でも稼がなきゃいけない。

ああああああ!!!

って気分だった。

 

色々感じることはあったが、

このままだと何も変わらないことはわかっていた。

 

よし、これで騙されたら古着転売とは縁がなかったってことで

きっぱりと諦める。再就職もする。

 

そう決心し、

「ええい!どうにでもなれ!!」

そんな感じでLINEを送り、返信を待った。

 

ドキドキドキドキ。。。。

 

 

 

すると秒で丁寧な返信が返ってきた!!!!!

 

そしてなんと、

翌日にはスカイプをしてお話しすることができた。

今の自分の現状を洗いざらい話して、

コンサルについての事を詳しく聞いた。

 

話をしていくうちにどんどん魅力を感じてテンションが高まった。

次第にこの方からコンサルを受けたい。

いや、受けるしかねえ!

とほぼ頭の中では固まった。

 

意を決して、コンサルの額を聞くことにした。

すると、「30万です」と言う答えが返ってきた。

え、さささ30万???

まって、俺が1ヶ月働いてもらう給料よりも高いよ。

まってまって、30万払って全く稼ぐことができなかったら

完全に終わるぞ。。

 

その日は答えを保留にして

1週間ほど時間をもらったが、

自分一人では中々決心出来ず。

 

そんな中師匠から

「大阪にしばらく滞在するのでお茶でもしませんか?独立の相談も受けますよ!」

と連絡を頂き、

 

すぐさま僕はLINEを開いて文字を打ち込み、

「行きます!!!!」

と、返信した。

 

良くも悪くもこのノリの良さが人生を大きく変えたりもするって事をここで学んだ。

 

日程もすぐ決めてもらい、

速攻で高速バスのチケットも取った。

 

初めて師匠に会いに大阪に行った日は

夜中3時まで仕事して、6時に起床。

7時の大阪行きのバスに乗るって言うちょーハードスケジュール。

なんとかバスに間に合い、

席に座った瞬間から爆睡。

ゆらり揺られながら気づけば大阪に着いた。

そのぐらい激疲れだった。

 

でもそんなことはどうでもよかった。

いや、正直言うとめちゃくちゃ身体はしんどかったのだが

ここで行動しないと一生変わることができない。

そう感じていたのでとにかく自分自身で道を切り開いていくのに必死だった。

 

そして、当日になり待ち合わせ場所に僕は向かった。

月収200万も稼ぐ人に実際に会うのは

初めての経験だったため、胸が高まった。

「どんなモンスター級な人なんだろう?」

「半端なく覇気出てるんだろうな。。」

そんなことを思いながら緊張しながら待っていた。

 

待つこと数分、師匠が現れた。

え?この人が月収200万???

実際にあってみると案外普通の人でした。

失礼かもしれないけど、

どこにでもいそうな普通のお兄さんって感じ。

それが僕の印象だった。

 

ただ、その人が口を開いてからは、

そんな印象が崩れ去ったのだ。

 

すげえ。これが金持ちの思考か。

 

そう思った。

 

やっぱり月収200万も稼ぐ人の思考は違った。

 

・これからの時代の流れ。

・個人のブランド力がいかに物を言う時代になるか。

・古着転売ビジネスの可能性。

・お金持ちは思った以上に世の中にいること。

・情報を得ている者、そうでない者とでは今後どんどん格差が広がっていくこと。

 

スカイプで話した時よりももっともっと濃い話聞くことができ、

たくさんの事を教えていただく事が出来た。

 

昨日まで汚ったない工場で毎日退屈で

ただただしんどい日々を消化していた僕にとって、

その時間は夢のような時間だった。

 

まるで大好きなアニメを眺める子供のように

目をキラキラ輝かせて師匠の話をひたすら聞き、

メモをびっしりと取った。

 

自分にとっての理想の世界はこれだ。

俺もこっちに来たい。

絶対に脱サラを達成して、ビジネスの自由な世界に行ってやる!

 

やる気がどんどん溢れて来た。

この日の3時間は僕の人生にとって

最も意味のある3時間だった。

 

そして、僕は師匠からコンサルを受ける事を決心した。

コンサル費は30万。

僕が会社で1ヶ月汗水垂らして働いてもらう給料よりも

はるかに大きな額。

 

でも、もうお金なんかじゃねーな。

この投資は人生変えるために必要不可欠だ。

人生変えるんだもん。30万ぐらい払わなきゃ。

 

マインドが一気に変わった。

ここから僕の逆襲が始まったのだ。

 

 

コンサルを受けてから売上はどんどん右肩上がりに

 

コンサルを受けてからと言うものの、

僕の思考、メルカリアカウント、古着の仕入れ、

全てに磨きがかかり、どんどんレベルアップしていった。

 

特にコンサルを受けてからの1ヶ月は目から鱗の連続だった。

とりあえず自分のアカウントを見てもらい、

 

「仕入れてるアイテムは問題ないからここをもっとこうする方が良いよ」

「今こうしてるから売れないでしょ?だからもっとこうしたら良いよ」

 

と的確なアドバイスをもらった。

自分が悩んでいたことも成功者の手にかかれば

一発で解決してしまうのだ。

 

「うおお、今までの自分なんて情けねえやり方だったんだ、、」

と思ったが、もうプライドや自己流は

コンサルを受けたその日からゴミ箱に捨てたので

関係なく師匠の言う通りに愚直に実践した。

 

写真の撮り方も言う通りに全て撮り直した。

作業時間を確保するためにも睡眠時間を削った。

仕事中とか関係なく、

スマホをポチポチして出品、出品。

 

「どうせ辞めるんだから、何思われようが関係ねーし」

 

仕事がどうとかより、

自分が稼げるようになることが何より先決。

残業も飲み会も全てお断り。

毎日先輩が2時間サービス早出をしている中、

僕だけ業務開始の5分前に社長出勤。

 

当然上司からは白い目で見られた。

陰口も散々言われた。

うざい上司とは喧嘩しまくった。

 

でもそんなのどうでもよかった。

とにかく「稼ぐ」と言うことだけにフルコミットした。

 

すると、どうしたことか。

出品するアイテムが売れる、売れる、、

 

独学時代に出してた売れてないアイテムを

アドバイス通りにやり直して出品しただけで売れる。

しかも、相場よりも高く、、

独学時代に3980で出しても見向きもされなかったTシャツが

4980で出しても即売れするのだ。。

 

僕はテンションが上がりまくって

「師匠!!売れました!!!しかも相場以上の額で!!!」

ソッコー師匠にラインを送りました。

 

嬉しかったですねえ。

今まで出しても出しても売れなかった

不遇の時期を過ごしていたからこそ余計に。

 

ただ、

言った通りやると簡単に結果が出たので

「え、今までの俺の頑張りなんだったの?」

って感じで少し寂しさも感じたw

 

ここで僕は稼げない自分のやり方でやり続けるコスパの悪さを実感。

成功者に成功する方法を教わって、

僕はただその通り実践しただけ。

それで結果が出てしまうのだから普通に考えてずるいよね。

そりゃあ、知っている人と知らない人。

格差が広がって当然だわ、、

 

そんなこんなで古着転売を始めて5ヶ月目、

コンサルを受けてから初月で出した結果は

 

売上35万  利益26万

 

だった。

嬉しい!ってよりもびっくりした気持ちの方がデカかった。

 

今まで全く成果を出せなかったのに

コンサルを受けてから見違えるように変わっていったのだから。

何より、自分がどんどんレベルアップしていくのが

実感できて楽しくて仕方がなかった。

 

当時は本業の収入と合わせると50万ぐらい稼いだ。

40年近く上の先輩と同等ぐらい稼いでしまったのだ。

稼ぐ力をつけることは良いことですよ。

何より自分に自信がつきまくる。

 

2018年の7月いっぱいで会社を退職した僕ですが、

なんとなんと最初は有給消化を1日も与えられなかった。

なんたるブラック企業。。

 

ただ副業で稼げるようになった僕は班のトップ直々に

「もー無理でーす。6月は仕事行きませーん。」

って言って有給を強奪。

いや、まああるのが普通だからね。

 

僕のことを苦しめ続けたパワハラ上司も

最後の1ヶ月はガン無視してました。

これは自分を苦しめ続けた

ブラック起業、パワハラ上司へのせめてもの仕返しだった。

 

自分の力で稼ぐ力を身につければ

会社に依存することもなくなると言うことを肌で実感した瞬間だった。

 

そして、翌月も利益で30万稼ぐ事ができ

僕は脱サラを達成する事が出来た。

晴れて自由の身。

 

今まで売れなくて、結果が出なくて

悩みまくっていた自分にとって

もう革命が起きたと感じた。

 

ちょっとやり方を変えるだけで

経ったの1ヶ月で利益が15万も伸びたのだから。

 

これが情報の威力、、

やべえぜ、コンサルis神。

 

と同時にあっけなく結果が出てしまって

なんだよ、こんなに簡単に結果が出るんなら

もっと早くコンサル受ければ良かったぜちくしょー。

と少し後悔した。

 

高いと思っていた30万のコンサル費用も

たったの2ヶ月必死に取り組むだけで

簡単に回収する事が出来た。

 

そして嫌で嫌で仕方がなかった会社を退職。

最後の出勤日もいまだに覚えている。

「勝った。完全に俺は勝ったんだ。」

 

何に勝ったのかはわからない。

 

自分をいじめたパワハラ上司?

ブラックな環境?

「好きなことではいきていけない」と言ってきた父親?

それとも、コンプレックスだらけだった自分?

 

でもとにかく勝ったんだ俺は。

そんなことを思いながら、

清々しい気分で、

もう二度と来ることはないであろう職場に別れを告げ、

家路についた。

 

翌朝、目がさめて時計を見ると、

10時を迎えていた。

やばい!遅刻だ!

急いでベッドから飛び出し

身支度をしようとした瞬間に

ふと我に返った。

 

あ、そおいや俺もう会社辞めたんだった。

もう自由なんだった。

んー何しよっかな。

 

よっしゃ。仕入れ行くか!

 

そういってスーツ姿のサラリーマンが働いているのを横目に

愛車のジムニーを運転して燦々と日が照りつける最高の天気の中、

ドライブがてら仕入れに向かった。

 

俺もう自由なんだな。

ウザい上司もいないし、

夜勤もしなくていいし、

残業もしなくていい。

自由っていいな。最高だな。。

 

と少しにやけ顔で自分の好きな仕事をしていた。

でももうあんな状況には死んでも戻りたくない。

だからこそ、これからも努力し続ける。

 

そして、自分の人生に忠実に生きる。

自分のやりたい事、自分の夢。

全てに貪欲になって、

努力し続けて行くことを僕は心に誓った。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー26万物語終わりーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

かなり客観的になって見やすかったと思います。

 

僕が独学時代に努力しても努力しても

稼げなかった原因は、

正しい情報を知らない状態で

努力し続けていたから。

 

明後日の方向に向かってしまっていたのです。

目的地は北海道なのに

沖縄についてしまうみたいな感じで。

 

僕の経験上言えることでもあるのですが

間違った努力は本当に悲惨です。

 

意欲やポテンシャルがいくらあったとしても

正しく実践できなければ結果を出すことは出来ません。

 

反対に正しい情報を得てさえいれば

最短コースで成功までたどり着ける事が出来ます。

なぜならやるべき事が明確化されているから。

何をやるべきかがわかっていれば

あとはやるだけ状態なのですよ。

 

やればやるだけ結果が出る。

楽しいからどんどん努力する。

また結果が出る。

最高のループですね。

 

僕は稼げない状態を

自己投資をして成功者から学ぶ事で脱却しました。

そこからは完全に味をしめたので

何か新しい分野を始めるときは

自分であれこれ調べるなんて面倒な真似はせず、

 

お金を払って型を知って、

あとはその型に当てはめていく作業を

ひたすら繰り返すという風にやっています。

 

だってそのほうが断然コスパが良いし、楽だから。

パターンがわかればあとは当てはめるだけ。

こんな楽なことないですよ。

 

成功するために必要なものは情報です。

成功するための情報を知っているか知っていないか。

たったこれだけの差で大きく変わります。

 

でも古着転売にしろその他のビジネスにしろ

その情報を得ずに闇雲に努力している方が多すぎる。

実際に過去の僕もそうでしたが。

だからこそ、情報に投資できる人間は

頭一つとび抜けられるのです。

 

まあこれは至極当たり前の話なんですよね。

 

ただ、僕は独学時代に遠回りしまくって

時間もお金も損しまくったおかげで

情報投資の大切さというものが痛いほど

わかりました。

 

だから、同じ過ちを繰り返さぬよう、

新しい分野のビジネスを始める際には

必ず情報にコストをかけています。

 

実際に僕は情報発信ビジネスについてもっと深く学ぶために

こないだは35万の情報商材に投資しました。

35万の情報の価値はえげつなかったです。

実際に翌月には40万の収益を出す事が出来、

収入をまた一回り大きくすることが出来ました。

 

やはり、情報が持っている力は

計り知れないものがありますね。

 

学んで、稼げる様になって。

稼いだお金を投資して、

また稼げるようになって。

いやーマジで、このループが最高。

 

起業して半年でサラリーマン時代の

月収の3倍ほどの金額を

稼げるようになりましたが

周りを見渡せば僕よりすごい人なんて腐る程いる。

 

そんな方々にちょっとでも追いつけるように、

いや、追い越せるように僕はまだまだ

成長し続けたい。

 

皆さんもぜひ自分に、自分の脳みそに、

投資しまくりましょう。

 

自らお金を生み出せるようになれば

見える景色もまたひとつ変わります。

 

 

そして、この記事を読んでくれている方は

古着転売に興味のある方だと思います。

 

古着転売やってみたい。

けど何から手をつけたらいいのかがわからない。。

そんな方はぜひ、僕のメールマガジンに登録してください。

今ならメルカリでの出品の方法や梱包の仕方など初歩的なものから、

人気のブランドや売れている古着のリサーチ方法などの内容が詰まった

「メルカリ古着転売の教科書」をプレゼントさせて頂きます。

2万文字執筆した、大容量のものとなっています。

 

その他、メルマガではビジネスに取り組む上でのマインドセットなど

無料でかなりの情報が学べます。

 

いっせーのメルマガはこちら

 

熱い感想や、質問の方も待ってます。

古着転売でぜひ富を得ましょう。

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

2万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才の頃から月収100万を稼いでいます。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司にイジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、ネットビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

そのビジネスを学ぶ過程で

ネット上で商品を売る方法や

優秀な起業家の思考方法、

仕組みを作って自動収入を得る方法など

会社や学校では学べないようなことを知る事が出来ました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しています。

 

そして、同じような人が少しでも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

一人一人の幸福度は上がっていき、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そういった理念から僕がどのようにビジネスに取り組み

如何にして、ゼロから経済的自立が果たせるほどの収入を得る事ができたのか、

その成功体験、方法を1つの教材にまとめました。

 

約25000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから無料で受け取ってください

 

→メルカリ古着転売の教科書を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください