時間は有限。僕は絶対に後悔したくなかったからこそ行動した。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです!

 

 

今回は有限である時間に対する考え方と、

それに関連する「後悔」をテーマにお話ししていこうと思います。

 

 

自分の現状に納得が行かない、

思い通りの人生を送ることができていない人には

ぜひ見てほしい内容となっています。

 

 

僕は絶対に後悔したくなかったから、会社員を辞める選択をとった

 

 

僕は今22歳です。

 

 

古着転売、情報発信ビジネスで月50万を安定して稼ぐ事が出来、

自由に毎日好きなことをして暮らしています。

 

 

世間的に見ると、僕ぐらいの年で

ネットビジネスでお金を稼いでる人は少ないみたいで、

「若いのに行動しててすごい」と言われる事が多いです。

 

 

 

確かに、同年代の友達はほとんどがサラリーマンです。

今やっているお仕事で関わる人もほとんどの方が年上。

 

これまでにコンサルしてきた中でもほとんどの方が年上だったし、

30代、40代以上の方を教える事が多いですね。

 

 

で、そのくらいの年の方が決まって口にするのが、

「時間が経つのなんてあっという間。」

「いっせー君ぐらいの年に挑戦しておけば良かった」

ということです。

 

 

やはり、挑戦しないことによる後悔は残り続けるんだろうなあと思います。

 

 

実際に、以前こんな事例もニュースか何かで見かけました。

 

それは、アメリカで老人を対象に「死ぬ直前に何をやり残したか?」

と言う質問を投げかけたところ、

9割が「もっと色々なことに挑戦しておけばよかった」

と答えたそうです。

 

 

ここからわかることは、

ほとんどの方は「行動しないこと」に対して後悔が残るんだということがわかりますね。

 

 

僕自身も会社員時代に

「このままやりたくもない仕事を定年まで続けたとして、後悔せずに死ねるだろうか?」

ということを大真面目に考えたことがあります。

 

 

世間の人たちは世間体のために生きることが常識だ

ということを言っていますが、

僕自身は社会人をいうものを3年間経験してそうは思えませんでした。

 

 

毎日嫌な会社に行って、夜勤をして、上司にへこへこして。

さらには家や車のローンの返済のために無駄な残業をする。

こんな毎日を送ることが常識なら、それはあまりにもハードルの高い常識だと僕は思ったんです。

 

 

僕は、そんな人生が今後何十年も続いて、

我慢し続けながらいきていくのは本当に御免だと思ったので、

怖かったけど、決心して行動する選択をとりました。

 

 

「いっせーさんの行動力はすごいですね!」

と、よく言われるんですが、

僕は最初から行動力なんてものはありませんでした。

 

古着転売を始めた時だって、

初めて30万の高額コンサルを受けた時だって、

いつも「本当にうまくいくのかなあ、、」とビビりながら

行動していましたからね。

 

 

でも、そこで情報にお金を投資して行動したことによって退路が断たれたというか、

「もうやるしかない」状況に自分を追い込むことができたんです。

 

 

結果的にはこれが本当に良くて、

リスクをとったからこそ行動ができたんだろうし、

そうじゃなければ僕の人生は今も、

あの時と変わらないままだったと思います。

 

 

行きたくもない会社に行って、やりたくもない仕事をして、

お金の発生しない残業に翻弄される。。

 

 

考えただけでゾッとしてしまいます。

 

 

誰だって初めての事にチャレンジする前は怖い。

 

 

 

今ではビジネスでそれなりに結果を出せている僕も、

つい3ヶ月ほど前までブラック企業で働く社畜でした

 

 

毎日パワハラ、サービス残業に精神すり減らしてましたし、

ビジネスで自由に生きている人のブログを見て、

「俺も自由になりたいよ、、」と嘆いているだけのやつでした。

 

 

行動したいけど、怖くてできなかったんです。

 

 

でも、人間は変化を嫌う生き物なので、

恐怖心を感じてしまうのは仕方がないんですよね

新しいことにチャレンジするときには恐怖心は付き物なのです。

 

 

でも思い返せば、

挑戦したことってやって見たら案外大した事なかったし、

やる前にあった不安もほとんど当たらなかったことがわかると思います。

 

 

思えば今年は様々な初めてがありました。

メルカリ、古着転売、高額コンサル、ブログ、Youtube、海外。

全て、今年になって初めて経験したことです。

 

 

全てやる前はそりゃあわかんないことだらけで怖かったです。

 

 

ワードプレスでブログ構築するときはそりゃあ手こずったし、

コミュ障だったしYouTubeで話すのなんて嫌で仕方がなかったです。

 

 

海外だって言葉の通じない国に行って

上手くコミュニケーションが取れるのか不安でした。

 

 

何ならメルカリに初めて服を出品するときはおどおどしましたし。笑

 

 

でもやってみると案外大したことなかったし、すぐ慣れました。

結果慣れなんですよね。

 

 

例えば、今って平気で車とか運転してるんですけど、

最初は上手く運転できなくてエンストしたりもした、

初めて公道に出て車を運転した時はめちゃくちゃ怖かったです。

 

 

でも何度も繰り返し運転していくうちに慣れてきて、

だんだん普通にスピードも出して運転できるようになったし、

高速道路を走るのもへっちゃらになってきたんです。

 

 

それと古着転売も同じで、

最初は仕入れも写真も下手くそだったんですけど、

何度も繰り返し仕入れに行ったり、写真を撮ったり

ってことを繰り返していくうちに出来るようになって、

稼げるようになっていったんですよね。

 

 

だから、今古着転売に挑戦してて中々上手くいっていない人も

すぐに諦めないでほしいと思います。

僕自身も上手くいかなかった時はもちろんあったし、

凹むときもありました。

 

 

でも、それでもめげずに学び、実践を繰り返していったことによって、

今の立ち位置まで来ることができたんです。

 

 

 

不安な感情、ネガティヴな妄想は無視するべし。

 

 

 

何か新しいことに挑戦するときや行動するときというのは

不安な感情やネガティブな妄想が湧き出てきます。

 

例えば、

 

・誰かに批判されるのではないか

・否定されるのではないか

・失敗してしまうのではないか

 

こういった妄想。

 

 

でも、大抵こんな感じの不安は当たりませんし、

やらない言い訳は考え出したら本当に無限に出てくるので、

全て無視するしかないんですよね。

 

 

それに、「失敗するのは悪だ!」みたいな風潮がありますが、

何いってんだwって感じです。

 

 

失敗は必ずしも悪いことではないんです。

 

 

古着転売で言うなら仕入れに失敗しても、

そのアイテムは次から仕入れちゃダメだと言うデータが取れて

次に繋げられる。

 

 

ゲームで言うならドラクエ。

強い敵が現れて負けてしまうとしても、

ただ勝つために後どのくらいのレベルアップが必要か、

もっと強い武器が必要ではないかと言ったデータが取れる。

 

 

で、レベルを上げて再度挑んで勝つ事が出来ると経験値やゴールドがたまるんですよ。

サイコーじゃないですか。

 

 

何よりまず、簡単に成功できることなんてないですからね!

僕だって失敗しまくってます。

古着転売にしろ、情報発信にしろ。

上手くいかないことばっかですよ。笑

 

 

でもネットビジネスなんて失敗してもへっちゃら。

ブログなんかは月1000円でかけるし、

Youtobeなんかはタダで動画挙げられますからね。

 

 

本当に良い時代だし、やらないほうが損だと僕は思います。

 

 

そして1番の失敗は、

失敗することではなくて、行動しないこと

 

 

失敗はデータが残りますが、

行動しなければ、後悔しか残りません

 

 

それを20年後とか、自分がおっさんになったときに後悔しても遅いし、

僕は絶対後悔したくないので、これからも挑戦し続ける人生を送りたいと思います。

 

 

で、今の現状に不満を持って生きている方も、

「このまま我慢し続ける生き方をして、悔いなく死ねるのか?」

ということを大真面目に自問自答して見てほしいんです。

 

 

答えがNOなら、何か小さなことからでもいいから行動してほしいなと思います。

 

 

僕は副業で稼いで会社を辞めるという行動をとったことで、

自分の人生はとてもいい方向に進みました。

 

 

もちろん会社を辞めるのは怖かったし、

安定して入ってきていた給料も今はありません。

 

 

でも、自分で稼ぐことでそれ自体が自信になったし、

何より自分の思い通りに人生を生きることが今はできています。

 

 

そして、そんな人が僕の発信を通じて一人でも多く増えてくれたらと思っています。

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください