プライド捨てたら収入増えたし自由にもなれた

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです!

 

最近コンサル生から嬉しい報告がたくさん来て

僕も嬉しい限りです!

 

嬉しいですねーー。

こういった報告がくると俺も頑張んなきゃって思いますね!

てか始めて間もないのに20000円の利益が取れるって

古着転売の魅力ですね。笑

これだから辞められないな〜

 

さ、話は変わって本日のテーマです。

ネットでこんな名言っぽいやつを見つけました。↓

 

1日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。

1週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。

1ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚しろ。

1年だけ幸せでいたいなら、家を買え。

1生幸せでいたいなら、正直でいることだ。

 

超共感できますね。。

特に、「1生幸せでいたいなら、正直でいることだ。」ってやつ。

最近コンサルをしたり自分で稼げるようになった思うのが

プライドなんていらねーなーってこと。

僕、今22才なんですけどこの年齢でネットビジネスしてる人って

周りにあんまりいないんですよね。

実際周囲の同い年はほとんどがサラリーマンですし。

塾生さんと同行したりしててもほとんどの人が年上なんですよ。笑

年下の人を教えるってことの方が少ないです。

で、教えた年上の人たちはみんな僕に対して敬語なんですよね。

いや、これ普通にすごいなーって思います。

バカにしてるとかそんなんでは一切なくって、

もし逆の立場だったら俺、できるのかなーって思うんですよね。

僕自身も見習わなきゃなって思うし、

もしこの先自分より年下で稼いでる人がいたら僕も

「教えてください」って言えるような人間じゃないと

成長していけないなあって思うわけで。

そんなとこからも正直でいることは大事だなあと思います。

 

自分が稼げるようになる、成長していく上で大事なのは

プライドをとことん捨てること。

正直でいること。

偏見を捨てること。

無駄なこだわりを捨てること。

これがマジで大事だと思います。

僕自身、昔から本当にプライドの高いやつでした。

しかも長い間それに気づけませんでした。

 

僕の幼少期って物凄く家が貧乏だったんですよね。

父親が22才の時にすでに僕と姉がいて、

普通のサラリーマンだったので

家計はとても苦しかったです。

父親も古風な考えの人でそれこそ

「我慢することが美徳」と言った考えの人でした。

「そんな余裕ない」これが父親の口癖でしたねー。

なので欲しいものを「欲しい」、

やりたいことを「やりたい」と素直に言えることが出来なかったし

わがままを言うこと自体が悪だと思ってました。

何事も常に我慢我慢我慢

昔っからそんな価値観で育ってきてサラリーマンになると

同じような価値観で我慢してる人がほとんどなことに気づきました。

みんな本当はやりたくもなんともない仕事なのに我慢してやってたし

みんな我慢してやってるからこれが普通なんだと思ってしまう。

しかも働いてた企業が大企業だったが故に、

どれだけ不当な扱いを受けようが、サービス残業させられようが、

「もっと給料が低い会社はたくさんあるから感謝しないと」

って気持ちが出てくるんですよね。

先輩も言ってるし、年下の俺も我慢しなきゃって思いながら

仕事してました。

でも、ネットビジネスで起業して思うんですけど、

本当は我慢なんてしたけりゃすればいいし、

したくなければしなくていいもの。

誰かに押さえ込まれているわけではなく

長い間自分で自分を押さえ込んでいただけなんですよね。

仕事辞めたところで別になんともなかったし、

フリーでやるって決めたのも自分なんだから、

自分で責任持って頑張ればいい。

僕は「大企業にいる自分」って言うのが自分の中で

誇らしい気持ちがあったし、

ちやほやされるのも悪くなかった。

だからこそ辞めて何もなくなる自分が怖かった。

本当にやめる前は葛藤しまくったけど

辞めてフリーで働いている今、その頃の自分に言ってやりたいのが

「お前なんて誰も見てねーよ」ってこと。笑

プライドなんて本当に邪魔でしかないです。

大企業もプライドも捨てた今では時間もお金も増えましたしね。

 

こう書いてるといろんなことで悩んでた頃が

懐かしく感じます。笑

ただ、この悩んでたことなんて本当にちっぽけだなあって思います。

自分のプライドなんてほんっとにちっぽけですよ。

1円にもなりませんしね。

まあその時はその時でつらかったんですけどね。

いやあでも脱プライドできてよかった。

おかげで今はとっても自由です。

これからもやりたいことはやるし、

欲しいものは全力で手に入れる!

素直マインドを持って生き続けたいなと思いました!

 

それではまた。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください