【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

古着転売初心者が使うべき仕入れ先と絶対に使っちゃダメな仕入れ先

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

今回の記事では、

古着転売初心者が使うべき仕入れ先、

逆に使っちゃダメな仕入れ先のそれぞれを

解説していこうと思います。

 

 

古着転売での仕入れ先って、

 

・リサイクルショップ

・卸

・電脳(ネット)

・海外

・フリマ

 

・・・など、様々な仕入れ先があります。

 

 

なので、初心者の方は、

まずどこで仕入れていけばいいのか?

というところで迷う方が多いみたいなんですね。

 

 

なので、仕入れ先を選定する上での

根本的な考え方であったり、

 

初心者が使うべき仕入れ先と、

逆に使うべきでない仕入れ先のそれぞれを

しっかりと解説していきますね。

 

 

ここの考え方を固めないと、

仕入れの時点でいきなりつまづいて、

古着転売ビジネスが一向に前に進まないことにもつながります。

 

 

ぜひ最後まで読んで、

仕入れ先を選定する上での基準を

明確化してくださいね。

 

 

仕入れ先をミスらないための考え方

 

 

まず、仕入れ先を選ぶ上で、

基準にすべき考え方があります。

 

 

それは、

 

「自分の資金力から逆算して考える」

 

ということです。

 

 

 

古着の仕入れ先は、

さっきも言った通りに、

 

・リサイクルショップ

・卸

・電脳(ネット)

・海外

・フリマ

 

ざっくりと分けて、

上記の5つがあります。

 

 

で、この5つそれぞれで、

必要な資金面での特徴

というのが変わってくるのです。

 

 

例えば、リサイクルショップは

数百円からでも仕入れができるので、

資金が少なくても仕入れが可能です。

 

 

っですがその反面、

あまり量は確保できません。

 

だから、たくさんの店舗を回らないと、

量は確保できないんですね。

 

 

 

逆に、卸や海外は、

ミニマムという最低限必要な仕入れ額が決められたり、

基本的には多額の仕入れ資金が必要になります。

 

 

ですが、1点あたりの単価が高い反面、

資金さえあればかなりの量の仕入れができますね。

 

 

 

こんな感じで、

それぞれの仕入れ先において、

資金面での特徴があるんですね。

 

 

なので、古着転売初心者の方は、

ちゃんと自分の持っている資金から逆算して、

仕入れ先を選定する必要があるのです。

 

 

 

資金の少ない初心者はどこで仕入れるべき?

 

 

じゃあ資金の少ない初心者は

どこで仕入れをすべきなのか?というと、

 

「時間はかかっても、お金がかからない場所」

 

で仕入れをする必要があります。

 

 

資金が少ないうちは、

時間と労働力を活用して、

出来るだけ少ない資金で量を確保する必要があるからです。

 

 

じゃあその条件を満たすところは?と考えると、

 

・リサイクルショップ

・フリマ

 

の2択になりますよね。

 

 

リサイクルショップは

さっきも言った通りに、

 

1店舗のみでの仕入れ量は期待できませんが、

ミニマムもなければ、

単価を抑えて仕入れをすることができます。

 

さらに、セールを利用すれば、

1着300円とかの価格でも、

仕入れをすることが可能です。

 

 

フリマも同時に、

たくさんのお店を回ったり、

出品者に対して値切りの交渉をしたり、

 

時間と労力のかかる作業が必要になってきますが、

逆にやればやるぶん

安く、大量に仕入れをすることができます。

 

 

だから、出来るだけ資金を抑えて、

時間と労働力さえ確保すれば、

大量の仕入れが見込めるという理由で、

 

・リサイクルショップ

・フリマ

 

この二つを初心者の仕入れ先として、

オススメします。

 

 

 

ちなみに、

 

「たくさんの店舗を回らないといけない」

とか、

 

「値切り交渉をしないといけない」

みたいなことを聞いて、

 

「面倒だな・・・」

 

って感じたかもしれません。

 

 

 

ですが、資金の少ないうちは、

どうしても弱者の戦略を取らないといけません。

 

 

僕も今となれば、

少々単価が高くても電脳で仕入れまくったり、

卸仕入れでサクッと仕入れをしていますが、

 

最初の頃はお金がなかったので、

とにかく地元にあるリサイクルショップで

仕入れまくっていました。

 

 

夏場とか、汗だくになりながら、

1日10店舗とか回ってましたね、、。苦笑

 

 

当時は大変でしたけど、

それでもその努力をしたおかげで、

安くていい商品が大量に集まり、

数ヶ月で月30万以上の利益を出すことができました。

 

 

なので、資金の少ない初期のうちは、

多少の苦労も必要だということは覚えておいてください。

 

 

それでも、30万、50万・・・

と稼げるようになればなるほど、

資金にも余裕ができて、

仕入れ先の選択肢も広がっていくので、安心していただければ!

 

 

 

逆に、初心者が使うべきでない仕入れ先

 

 

逆に、初心者が

絶対に使うべきでない仕入れ先を教えると、

 

・卸

・海外

 

この2つですね。

 

 

これは、とにかく

かなりの資金が必要になるからです。

 

 

例えば、卸仕入れに関しては、

さっきも言った通り、

「ミニマム」というものが設けられています。

 

これは、最低限仕入れないといけない額のことですね。

 

 

例えば、「ミニマム5万円」

と定められている卸の場合、

最低でも5万円分は仕入れないといけません。

 

 

さらに、卸の場合、

リサイクルショップと違って、

1点当たりの単価が結構高いです。

 

 

まあ場所にもよりますが、

基本は安くても1500円〜

高いもので4000〜5000円のものまであります。

 

 

平均すると、1点あたり2000円ほどの

仕入れ単価になってくるんですね。

 

 

なので仮に、5万円しか使えなかった場合、

25着しか仕入れることができません。

 

 

ということは、全然量が確保できず、

キャッシュフローが回らなくなり、

資金ショートしてしまう可能性が高くなってしまうんですね。

 

 

 

海外仕入れも同じです。

 

 

この記事でも書いている通りに、

タイや韓国に行けば、

いい商品が大量に手に入ります。

 

 

ですが、その反面、

仕入れに使うお金に加えて、

 

・飛行機代

・現地での宿泊費

・食費

・移動費

・仕入れた服を日本に送るまでの送料

 

・・・などの膨大な資金が必要になってくるのです。

 

 

だから、手元に5万円〜10万円しかない

という初心者の人が海外仕入れに行ったところで、

交通費だけでほとんどのお金が吹っ飛んでしまいます。

 

 

 

しかも、タイの業者に関しては、

そもそもお金を持っている人間じゃないと

相手にしてくれませんし、

 

日本の大手の古着屋がライバルになったりするので、

かなりしんどくなります。。

 

 

だから、初心者は絶対に海外仕入れを使っちゃダメ。

 

 

使いたいのであれば、

月利200万以上出すことができて、

十分に資金を使うことができるようになってからですかね。。

 

(そうなると、もはや個人レベルではなくなりますがw)

 

 

仕入れ資金があってもなくても使える電脳仕入れ

 

 

ちなみに、「電脳仕入れ」に関しては、

仕入れ資金があってもなくても、

仕入れ先として使うことができます。

 

 

それこそセカストオンラインなどで、

1000円以下で商品を探してみると、

意外とたくさん質の高い商品が落ちているし、

 

逆に、仕入れ単価5000円とかに高めれば、

1万〜2万越えで売れる商品が

めっちゃくちゃ見つかります。

 

 

僕に関して言えば、

今は高単価販売をメインにしているので、

 

1着の仕入れ単価を6000円ぐらいまで引き上げて

質の高い商品を電脳で抜きまくっています。

 

 

逆に、初心者の方を教える場合は、

1着あたり1000円以下とか1500円以下で

仕入れるように、やり方を教えています。

 

 

だから、電脳仕入れに関して言えば、

安くてそこそこいい商品を見つけることもできるし、

高くて質の高いアイテムを見つけることもできる。

 

ので、使えると便利な仕入れ先になります。

 

 

まあ、具体的なやり方に関しては、

こちらの記事で話しているので、

ぜひ電脳仕入れも練習してみてくださいね。

 

 

 

資金力の目安

 

 

ここまで資金力のない初心者が

使ったほうがいい仕入れ先、

逆に使わないほうがいい仕入れ先、

そして、電脳仕入れのコスパの良さを話してきました。

 

 

で、わかりやすく

使える仕入れ資金と仕入れ先の

目安を設けるのであれば、

 

 

使える仕入れ資金が15万以下の場合は、

 

とにかくリサイクルショップや

フリマ、電脳などを使って

安く仕入れをしたほうがいいです。

 

 

15万円以上、なんなら

30万ぐらいなら使えるよって方は、

卸仕入れを導入したほうが、

仕入れのコスパは高まるでしょう。

 

 

200万とか、300万使えるぜ!って方は、

外注を雇いまくって、

海外の業者とパイプを作ったほうがいいですね。

 

(というか、それほど使えるなら卸とかやったほうがいいかも笑)

 

 

使える資金が15万以下=リサイクルショップ、フリマ

15万以上=卸

200万以上=海外仕入れ

 

 

という感じでしょうか。

 

 

まあ、この基準を守って

仕入れ先を選んでおけば、

大きく失敗することはなくなります。

 

 

イメージ的には、

 

資金レベルと仕入れ先のレベルは比例する

 

と考えておくといいです。

 

 

資金レベルが乏しいうちは、

誰でも使えるリサイクルショップやフリマ。

 

 

資金レベルが高くなれば、

卸や海外など、

普通の人だったら使えないような

仕入れ先を使える。

 

 

だから、必ず自分の資金のレベルを

客観視する必要があります。

 

 

 

注意しなきゃ行けないのは、

 

最初からカッコつけた仕入れ先を使うと爆死する

 

ということです。

 

 

上級者が卸とか海外を使ってるからと言って、

いきなり自分もそれを真似したら、

速攻で資金ショートして死にます。

 

 

また、たまーに

 

「卸を使えば稼げる!」

「海外に行けば売れる商品が見つかる!」

 

という思考をしている人もいますが、

それも今すぐやめたほうがいいです。

 

 

卸や海外にいい商品があるのは

間違いではないのですが、

 

最低限、知識と資金力がないと

仕入れることすらできません。

 

 

だから最初は、手堅く弱者の戦略をとっていきましょう。

 

 

 

とにかく、仕入れ資金が少なくて、

15万円以下しか使えない状態なのであれば、

 

・リサクルショップ

・フリマ

 

この二つをメインに使って、

仕入れ単価を抑えつつ、

大量に仕入れていくのがいいと思います。

 

 

それに加えて電脳仕入れも使えるようになれば

めちゃくちゃ仕入れが楽になっていきます。

 

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

ではでは!

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 

僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

【期間限定】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」プレゼントキャンペーン
24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
古着転売をやっていると、ただインスタやYouTubeを見ることが仕事につながる
不用品販売で得た軍資金をもとに古着転売を始めたら速攻で月10万円稼げた話
古着転売で月利30万を自動化した元コンサル生なおやさんと対談しました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください