【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

リサイクルショップでの仕入れはもうオワコン?これからの仕入れ攻略法を解説してみた

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

 

最近、古着転売初心者の間でよく、

 

「リサイクルショップにはもう

売れる服が全然落ちてない。。」

 

「仕入れ価格が高すぎて利益が出ない。。」

 

という嘆きツイートをよく見かけます。

 

 

実際、僕自身も、

古着転売を始めた2年前よりも、

リサイクルショップでの仕入れは

だんだんときつくなっているなー

ということを感じます。

 

 

中には、

 

「セカストなどのリサイクルショップでの仕入れはオワコンだ!」

 

というようなことを言っている人もいます。

 

 

では実際のところどうなのか?

 

これからもう、リサイクルショップでは

仕入れはできなくなってしまうのか?

 

 

古着転売歴2年の僕が、

これからの時代の仕入れ攻略方法を話したいと思います。

 

 

リサイクルショップでの仕入れはオワコンではない。けど・・・

 

 

結論から話すと、

リサイクルショップでの古着の仕入れは

別にオワコンではありません。

 

 

まだまだ利益の出る商品は

探せば全然落ちているし、

 

僕自身も、地元の岡山で

10店舗ぐらい回れば、

50着前後ぐらいは拾う事ができます。

 

 

だから、まだまだ

セカストやキングファミリーと言った

リサイクルショップでも仕入れは可能だし、

オワコンだ!と感じることはありません。

 

 

しかしですね、

 

「キツくなってきている」

 

というのも事実の一つとしてあります。

 

 

僕が古着転売を始めたのは

2018年の1月ですが、

当時はまだライバルも今ほど多くなく、

 

店舗に行けば、

利益の出る商品が

ざっくざくと見つかりました。

 

 

それこそ、1日かけて店舗を回れば、

余裕で100着とか仕入れる事ができたし、

 

無理に卸仕入れなんかを使わなくても、

体力と時間を削れば、

店舗だけでも十分に量を確保する事ができました。

 

 

ですが、2年たった今では、

僕が始めた当時ほどの仕入れやすさは

確実に見られなくなっています。

 

 

タイミングにもよりますが、

頑張って1日店舗仕入れを回っても、

50着前後が限界かなーと。

 

 

だから、何が言いたいって、

 

「リサイクルショップでの仕入れは

オワコンではないけど、

年々、厳しくなってきているのは事実」

 

という事ですね。

 

 

リサイクルショップでの仕入れが厳しくなった背景

 

 

じゃあなぜそうなってしまったのか?

 

 

要因としては、

 

・単純にライバルが増えたから

・仕入れ先としてのハードルが最も低いから

 

という、二つが考えられます。

 

 

 

まず、単純にライバルが増えました。笑

 

 

これは無理もなくって、

古着転売は他のビジネスに比べて、

 

始めるハードルも低いし、

結果になるまでも速いし、

ビジネスモデルもシンプルでやりやすい

という特徴があります。

 

 

要は、お金もスキルも経験もなくても

ビジネスをスタートできるので、

 

その参入障壁の低さから、

始める人がどんどん増えたんですね。

 

 

 

ですが、始める人が増えたからと言って、

リサイクルショップの古着の数が

急激に増えるわけではありません。

 

 

古着転売を始めた初心者は

95%の確率で

まずリサイクルショップに行くと思います。

 

 

リサイクルショップに行ったら、

「安くて売れる古着」

をみんながこぞって狙い、仕入れます。

 

 

ですが、古着転売ヤーの数が増えても、

リサイクルショップにある

「安くて売れる古着の数」は別に増えません。

 

 

となったら、単純に

プレイヤー同士の奪い合いが起きて、

 

リサイクルショップには

「安くて売れる古着」が

どんどんなくなっていきます。

 

 

そしたら必然的に、

リサイクルショップでの仕入れがきつくなっていく

 

・・・という背景から、

リサイクルショップでの仕入れが

どんどんキツくなってるんだと思います。

 

 

だから、これからの時代において、

古着転売で稼ぎ続けたいと思うのであれば、

 

「リサイクルショップ一択の仕入れ」

 

はどんどんきつくなっていくでしょう。

 

 

これからの古着転売における仕入れの攻略方法は?

 

 

じゃあどうすればいいのか?

 

どう工夫していけば、

これからの時代における仕入れを

攻略していけるのか?というと、

 

 

単純に、

 

「一つの仕入れ先に依存しない事」

 

が鍵になってくる思います。

 

 

どういうことかというと、

 

仕入れ先を一つのジャンルに絞らず、

色々な場所を使っていける人が強い

 

ということですね。

 

 

これは考えてみたらすぐにわかることで、

 

リサイクルショップしか

仕入れ先として使っていない人

 

と、

 

リサイクルショップと、

卸と、ネットを仕入れ先として使っている人

 

であれば、どちらが

たくさんの数の古着を仕入れられるでしょう?

 

 

いうまでもなく、後者ですよね。

 

 

リサイクルショップしか使ってない場合、

リサイクルショップに仕入れられる古着がなかったら、

その時点でそのプレイヤーは売り上げが落ちてしまいます。

 

 

ですが、リサイクルショップ以外にも

卸や電脳を使って仕入れておけば、

 

仮にリサイクルショップで

思うような仕入れができなかったとしても、

他の仕入れ先でカバーする事が可能です。

 

 

だから、大事なのは、

 

・たくさんの仕入れ先を確保する事

・一つの仕入れ先に依存しない事

 

ですね。

 

 

 

で、特にライバルと差別化したい人は、

 

多くの人がハードルを感じているであろう

仕入れ先を積極的に使う

 

ということをやってみてください。

 

 

 

例えば僕は、

最近はメインの仕入れ先として、

「ネット仕入れ」を使っています。

 

 

ネット上にある色んなサイトから、

古着を安く仕入れてきて、

メルカリで売る

ということをしているんですね。

 

 

で、この電脳仕入れって、

なぜか多くの人が

「難しそう、、」

というハードルを感じてやりません。

 

 

というか、僕がその1人でした。

 

 

「なんとなく難しそう・・・」

というイメージから参入障壁が高まり、

中々実践する人が増えない

 

という事が起きているんですね。

 

 

ですが、逆説的に言えば、

参入障壁が高いからこそ

ライバルの数があまり増えなくて、

 

ハードルを乗り越えて挑戦できる人が

どんどん得をしていく

という構造になるんですね。

 

 

実際に電脳仕入れをやっていても、

まっっっっじでライバルいません。笑

 

 

そりゃあそうです。

 

 

みんなが必死こいて車を運転して、

ライバルがめちゃくちゃ多い

リサイクルショップで仕入れをしている中、

 

僕は全然ライバルの集まっていない

ネット上で仕入れをしているわけですから。

 

 

そりゃあ、仕入れる量に差が出て当然です。

 

 

だから、ライバルがハードルを感じて

中々使わないであろう仕入れ先を

率先して使うマインドはすごく大事になってきます。

 

 

 

結局、ビジネスで勝つ上で

最も楽な方法は、

 

ライバルがやっていないことを自分が率先してやること

 

ですから、古着転売でも

それを実践できる人が強いということですね。

 

 

僕も、まだまだライバルと

差別化を図るために、

コロナが明けたら海外にも

仕入れ先を広げて行こうかなと考え中です。

 

 

 

とにかく、今回の話をまとめると、

 

・リサイクルショップはオワコンじゃないけど

確実に厳しくなってきている

 

・これからの時代、仕入れで差別化するには、

一つの仕入れ先に依存しない事が大事

 

・差別化を意識していないなら、

みんながハードルを感じて使わないであろう仕入れ先を

積極的に使っていく事が大事

 

 

という事でした。

 

 

今回は、今後の古着転売業界で

勝ち続けていくために

非常に大事な話をしたので、

ぜひ何度か繰り返し読んでもらえると嬉しいです。

 

 

ではでは!

 

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 

僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

【期間限定】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」プレゼントキャンペーン
24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
古着転売をやっていると、ただインスタやYouTubeを見ることが仕事につながる
不用品販売で得た軍資金をもとに古着転売を始めたら速攻で月10万円稼げた話
古着転売で月利30万を自動化した元コンサル生なおやさんと対談しました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください