大企業に勤めていた僕が社会的地位を捨てて、転売屋×情報商材屋になった結果・・・

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

タイトルにもあるように、
僕は元々大企業に勤めていた
会社員だったですが、

3年で退職したのちに、
「転売屋×情報商材屋」という
なんとも胡散臭い仕事を始めました。

 

その結果、大企業に勤めていた頃の、
社会的地位とか、信用とか、
安定した給料などを全て失いました。

なので、ここまでの文章を読むと、

「やばくね?大丈夫なの?」

って思われるかもしれません。

 

ですが、こうした経験をとった僕としては、

「社会的地位を捨てて本当に良かった」

と思っています。

 

その理由を今回の記事では、
がっつりと書いていくので、

今、会社員や公務員として働きながらも、
どこか納得のいかない日々を送っている人は
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

社会的地位を捨てて、胡散臭い転売屋×情報商材屋になった結果

 

社会的地位を捨てて、
胡散臭い転売屋×情報商材屋
になった結果、僕はどうなったか?

結論から言ってしまいますが、

「お金と時間の余裕がグンと増えて、
人生の幸福度が劇的に増した」

状態になることができました。

 

今の僕の生活を少しお見せすると、

いつも昼前にのんびり起きて、
朝ごはんをのんびり食べて、
昼の2時ぐらいに近所のカフェに行って、
3時間ぐらいサクッと仕事をして、
夜は彼女の手料理を食べたり、
気の合う仲間とお酒を飲んだりして、
深夜2時ぐらいにのんびり就寝する。

・・・こんな生活が、
今の僕の当たり前です。

 

胡散臭い転売屋×情報商材屋
になった結果として、

僕はお金と時間の両面で
かなり余裕のある状態を手に入れたことで、
上記のような生活が手に入ったのです。

 

だから、ノリで他県に旅行に行くこともありますし、
以前も高級ホテルに泊まってみたり、
星野リゾートに旅行に行ったりもしてました。

(その時の記事はこちらに書きました→彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみた

こうした生活を、僕自身、
当たり前に変えることができたので、

正直、転売屋×情報商材屋に
転身して良かったと思ってます。

 

逆に、社会的地位のある会社員だった頃の自分の生活

 

 

じゃあ逆に、

「社会的地位のある大企業の会社員」

だった頃の僕の生活はどんな感じだったか?
ということを話すと・・・

 

僕が勤めていた会社は
地元でかなり大きな工場だったので、

仕事の内容としては、
基本的に工場での労働でした。

なので、勤務形態は、
「三交替勤務」と言って、

・朝〜晩
・夕方〜夜中
・夜〜朝

の三つの勤務形態に分かれて、
働いていました。

 

これがね、めちゃくちゃきついんです。

 

朝〜晩の勤務時間の日勤では、
毎朝4時半起きが普通でしたし、

夜〜朝の夜勤では、
夜の9時に出勤して、
朝の8時まで働くことが普通でした。

だから、万年寝不足だったし、
目の下には常に大きなクマができてました。

ひどい時は、昼間一睡も眠れず、
夜勤に行っていたこともありましたね。。

 

それだけきつくても、
まだ給料がいいのであれば、
救いはありました。

ですが、僕が勤めていた企業は
名前だけはご立派だったのですが、
給料は手取り20万前後ぐらいでした。

内情もかなりブラックで、
1日最低でも3時間はサービス残業があったので、
時給に換算すると800円ぐらいでしたね。

 

もちろん、社会的信用はあったし、
安定して給料は入ってきたんですが、

時給はコンビニバイトと同じで、
時間的な自由もほぼ皆無だったのです。

 

なぜ、転売屋×情報商材になったらお金と時間の自由度が増したのか?

 

ここまで読むと、

なんで転売屋×情報商材屋になったら
お金と時間の自由度が増すの?

逆に、なんで会社員だと
収入にアッパーが出てくるの?

そう思ったかもしれません。

 

その理由は、この記事でも
がっつりと書いているのですが、
改めて解説すると・・・

その違いは、”稼ぎ方の違い”にあります。

 

社会的地位のある仕事、
すなわち会社員や公務員、
弁護士や警察官などの職業は、

基本的に「時給」で働いて
お給料をもらいます。

つまり、1時間働けば、
1000円は入ってくるよ
ということが確約されているということです。

 

そう聞くと、時給いいじゃんってなるかもしれません。

ですが、当然のこと
時間は1日24時間しかなく、
それ以上増やすことができません。

ましてや、人間である以上は
休息だって必要なので、

1日24時間フルで働くことは
到底できません。

頑張っても、1日15時間と言ったところが限度でしょうか?

 

だから、時給にはアッパーが存在するのです。

 

逆に、自分でビジネスを保有すること、
すなわち転売をしたり情報商材を売る仕事は、
「成果報酬」でもらえるお金の額が決まります。

 

例えば、1日3時間作業して、
1着あたり5000円の利益が出る古着を
1日に3着売れば15000円の利益です。

すると、時給で考えたら、
1時間あたり5000円の報酬になります。

時給5000円は医者と同じですね。

社会的地位や難易度が
かなり高い医者と、

逆に社会的地位も難易度も
めちゃくちゃ低い転売の時給が
同じというのはなんとも皮肉な話ですが・・・

 

実際、僕は古着転売をしていて、
ほとんどの作業を外注に任しているので、
月に数時間の作業量で50万を稼いだりしています。

 

こんな感じで、
成果報酬型の仕事をしているからこそ、
収入にアッパーがなく、
年収1000万以上のお金を
稼ぐことができるのです。

それに、システムを使ったり
人を雇って作業の一部を効率化すれば、
時間を浮かせることも可能になる。

 

だからこそ、僕は
転売屋×情報商材屋になった頃で、
お金と時間の両面で自由を得ることができているのです。

 

胡散臭い仕事は誰もやりたがらない。だからこそ儲かる

 

あと、もう一つ理由を挙げるなら、

転売とか情報商材みたいな
胡散臭い仕事は誰もやりたがらないから

というところがあります。

 

冒頭でも書いた通りに、
転売とか情報商材を売るビジネスって、
セルフイメージがかなり低いです。

 

実際、あなたが僕のブログに
訪れたときに、まず最初に

「胡散クサっ!」

って思ったと思います。笑

 

だからこそ、誰もやりたがらないし、
クリーンな仕事、すなわち
会社員とか公務員にみんななろうとします。

 

ですが、覚えておいて欲しいのが、
価値は希少性で決まります。

つまり、みんなやらないことを
やる人が単純にお金を儲けるのです。

 

そう考えたときに、
会社員とか公務員とかって、
やりたい人でわんさか溢れているから、
希少価値は全くありません。

 

僕が会社員として
どれだけ働いても手取り20万前後だったのも、

「いくらでも代えが効くから」ですね。

 

だから、お金を儲けたいのであれば、
誰もやりたがらない仕事をした方がいいのです。

 

僕が「転売屋×情報商材屋」
という胡散臭い仕事をした結果、

圧倒的に少ない労働時間で
年収1000万越えの収益を
稼ぐことができたのも、

「やる人が少ないから」
という理由が大きいですね。

 

でも、やる人が少ないからこそ、
市場のパイを少ない人数で独占できるので、
やる人がどんどん儲かっていくのです。

 

逆に言えば、

「月の手取り20万円もらえる会社員という市場」

をみんなが死ぬ気で
取り合っているから、
給料は全然上がっていかないのです。

 

だからこそ、転売屋とか
情報商材屋みたいなビジネスは
会社員よりも圧倒的に儲かるんですね。

 

社会的地位の高さと収入の高さは比例しない

 

で、ここまでの話をしたときに、

社会的地位の高さと収入の高さは比例しない

ということがよくわかると思います。

 

実際、弁護士という職業は
かなり社会的地位が高いです。

が、それでも平均の年収は
400万だと言われています。

 

仮に、高学歴エリートになって、
外資系の企業に就職できたとしても、
年収1000〜2000万ぐらいがアッパーです。

 

僕自身も、社会的地位を捨てて、
胡散臭い仕事を始めてからの方が、
年収はかなり高くなっています。

会社員時代は350万ぐらいでしたが、
フリーになってからは1000万以上です。

 

こんな感じで、

社会的地位の高さと収入の高さは
必ずしも比例しない

のです。

 

ですが、過去の僕も含め、
みんな社会的地位の高い仕事を
頑張ってやろうとします。

 

会社員、公務員、看護師、
弁護士、会計士、警察官など、

みんな揃いに揃って、
社会的地位の高い仕事に
就職しようとします。

でも、それらの職についた人で、
お金持ちになった人を僕は見たことがありません。

 

どの職業も、年収1000万以下の人がほとんどです。

 

それに加え、毎日ギュウギュウに
敷き詰められた満員電車に乗って出勤したり、

うざい上司からのパワハラなど
複雑な人間関係に悩んだり、

休みも返上で働きまくっていたり・・・

時間の自由も、精神的な余裕も
何もかもを削った上で働いています。

 

ですが今、社会的地位を捨てて、
自由の身になった僕からすれば、

「社会的地位ってそんなに大事か?」

って思うわけです。

 

僕が、社会的な地位や信用よりも欲しかったもの

 

僕が会社員だった時も、
同様のストレスがありました。

パワハラ上司からの陰湿ないじめや、
複雑な人間関係、
毎日当たり前のようにあるサービス残業に、
過酷な環境の中での肉体労働。

それで持って、
年収は300万ぐらいです。

もうストレスしかなかったですよね。苦笑

実際、過労で倒れたこともあったし、
全身から蕁麻疹が止まらなくなったこともあります。

 

そりゃあもちろん、
社会的地位を捨てることは怖かったし、

レールから外れた人生を歩むことも
すぐに勇気は持てなかったです。

 

でも、僕としては、
40年間そんなストレスフルな状態を続けてまで、
社会的な地位を守ろうとは思えなかったわけです。

 

そんなものよりも、

もっと高い収入や、
好きな時間に起きることのできる生活、
好きな人とだけ関われる生活が

僕は欲しかった。

 

で、転売屋×情報商材屋という、
社会のレールから外れた仕事をすることで、
それらの生活が手に入ることを知ったので、

僕は社会的地位を捨てて、
人生の幸福度を高めることを選んだのです。

 

「社会的地位が低い仕事=悪業」ではない

 

 

僕は、自分の人生の幸福度を優先するために
社会的地位を捨てて
転売屋×情報商材屋になった

ということを話しました。

ですが、転売とか情報商材を売るビジネスって、
あまり印象が良くありません。

 

と言うのも、

おもちゃやライブのチケットの
値段を釣り上げて高額販売する
悪質な転売屋だったり、

粗悪な内容の情報商材を売って
詐欺行為を働く商材屋が
過去にたくさんいたからです。

そのせいで、
これらのビジネスの印象が
かなり悪くなってしまっているんですね。

 

ですが、だからと言って、
転売をしている人や
情報商材を売っている人が
全員悪くなってしまうか?と言うと、
全くそう言うことにはなりません。

 

と言うか、その理論が成り立つなら、
世の中にあるサービスのほとんどは、
成り立たなくなってしまいます。

(この記事でも同じような事を書きました→「転売=悪」という理論が成り立つなら、世の中のほとんどのサービスが成り立たなくなるんだけど・・・

 

居酒屋で出されるお酒や料理、
薬局で売ってある薬、
スーパーで売ってある野菜や、
カフェで提供されるコーヒーの元となる豆など、

あらゆるサービスで提供されている
商品や元となる原料は
どこかしらから「転売」されているからです。

 

だから、転売そのものが
悪いことになってしまうと、
ほとんどのサービスは成り立たなくなる。

 

情報も同じです。

東進ハイスクールや
ベネッセコーポレーションだって、

「情報」を売って、儲けている起業です。

書店で売っている本だって、
情報を扱った商材なので、
言ってしまえば「情報商材」になります。

 

だから、情報商材=悪と言う
理論が成り立つのなら、

世の中から教育関連の企業や
書店にある書籍は全て消滅します。

 

何が言いたいって、

社会的地位の低い仕事は全て悪いことではないよ

と言うことです。

 

転売も、情報商材も、価値あるものを売れば問題ない

 

 

実際、僕は会社員を辞めてから、
転売屋として古着を転売したり、

情報商材屋として、
ビジネスの知識を学べる教材を
販売してきましたが、

その経験を通じて、
たくさんの人を喜ばせることができました。

 

例えば、僕のメルカリから
古着を買ってくれたお客さんからは、

毎日のようにこんな声をいただいています。

 

こんな感じで、
転売だろうが情報商材だろうが、

「価値あるものを売ることができれば」

立派な仕事になります。

 

逆に言えば、転売や情報商材のような
怪しいビジネス以外のものでも、

「価値の無いものを売りつけたら」

それは詐欺行為になりますよね。

 

例えば、飲食店だって、
クッソまずい料理を提供して
お金をとるのはダメだし、

カフェで生温いコーヒーを
提供してしまうのもダメです。

 

だから要は、
社会的地位とか関係なく、

価値あるものを売れば問題ないって事です。

 

 

また、転売屋をやってるとか、
情報商材売ってるってことを言うと、

白い目で見られることはあります。

 

ですが、一つ言えるのは、
僕は会社員をやっていた時よりも、
今の仕事を始めてからの方が、

他人を喜ばせることのできる人間になりました。

それに、教養も身についたし、
高いマインドが身についたし、

結果として会社員時代では
考えられないような収入を得ることもできました。

 

だから、僕はネットビジネスを始めて、
心の底からよかったと思っていますね。

 

 

これからの時代、働き方は多種多様になる。会社員や公務員に固執する必要はない

 

もちろん、社会的地位が低い事で、
不便することもあります。

実際、僕は個人事業主なので、
ローンを組んだりすることは難しいでしょう。

 

ですが、別にそれぐらいなら、
人生においての影響は知れてますし、

自分が頑張って稼いで、
税金を納めて信用をつければ、
事足りる問題です。

 

だから、必要以上に、
社会的な地位に固執しなくても人生はどうにかなります。

 

特に、今の時代、
働き方なんて、多種多様です。

 

これから個人でお金を稼ぐ人は
どんどん現れます。

と言うか、すでにたくさんいます。

 

僕みたいに転売を売って
お金を稼ぐ人もいれば、

ツイッター上で「note」と言う
簡単な情報商材を売っている人もいる。

ブログを書いたり、
YouTubeに動画を投稿することで
広告収入を得る人もいれば、

「アフィリエイト」と言って、
他社の商品を代理販売することで、
手数料を儲けている人もいる。

 

社会のレールから外れて生きている人なんて、
探せばごまんといますからね。

 

逆に言えば、実は会社員や公務員の世界なんて、
一つの狭い世界でしかないのです。

 

だから、そこに固執する必要なんてないし、
社会的地位を捨ててしまえば、
一気に人生の選択肢は広がりますよ。

 

かなり長くなってしまったので、
最後に今回の話をまとめると、

・社会的地位の高さと収入の高さは比例しない

・転売や情報商材の方が儲かるのは、
「時給」ではなく「成果報酬型」のため

・僕は社会的地位よりも、
幸福に人生を生きていける方が重要だった

・社会的地位が低い仕事=悪業ではない

・どんな仕事も、価値を届ければ問題ない

・今の時代、働き方は多種多様。
会社員や公務員に固執する必要はない

・・・ということでした。

 

ちょっと長くなってしまって
申し訳ないのですが、

かなり大事なことを話しているので、
できれば何度か読み返してみてくださいね。

 

では!

 

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください