彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみた

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、同棲している彼女が
誕生日だったので、

プレゼントとして、
星野リゾートに旅行に
連れて行ってあげました。

 

行った場所は、
「星のや富士」という、

山梨にある星野リゾート系列のホテルで、
少し豪華なキャンプを楽しめる、
「グランピング」がコンセプトのホテルでした。

一人、1泊5万円ぐらいするので、
その辺のラグジュアリーホテルと
価格は変わらないです。

 

実際に泊まってみた感想としては、
めちゃくちゃ良かったです。

というか、今まで泊まったホテルの中で
一番良かったかもしれないですね。

 

 

 

まず、チェックインをする場所と、
宿泊する部屋はそれぞれ独立している感じで、
チェックイン場所はこんな感じでした。

 

 

この場所でチェックインの手続きを済まし、
少し離れた場所にある部屋まで
スタッフの方がジープで送迎してくれました。

 

 

僕も彼女も、台の車好きと言うこともあって、
これにはかなりテンション上がりましたね。

 

で、部屋について、
中に入るなり、
窓から大きな富士山が目に入りました。

寒い時期は富士山が
見えにくいらしいのですが、
(実際に富士山がはっきり見えたのは初日ぐらいでした)

初日は運よくはっきり分かるほど
富士山を拝む事が出来ました。

 

部屋の全体像はこんな感じ。

窓からはっきりと富士山が見えます。

 

「グランピング」がコンセプト
と言うこともあって、

使われているコップや
電子ケトル等は、

スノーピークなどの
キャンプメーカーのものでした。

 

 

 

冷蔵庫の中には
すでにお酒やアイスが完備されていました。

 

 

洗面台とお風呂はこんな感じ。

お風呂の窓からは
富士山を一望することもできます。

 

 

僕、個人的に最高だったのが、
ベランダでコタツに
入る事ができたところでしたね。

 

 

実際、ここに座って、
こたつであったまって
富士山を眺めながら、

美味しい料理を食べたり、
お酒を飲んだり、
コーヒーを飲んだりしましたが、

本当に幸せな空間でしたね。。

 

 

夜はシャンパンを飲みながら、
彼女と2人で少し話をしました。

 

 

夕食の時間になると、
スタッフがしゃぶしゃぶの準備をしてくれて、

僕らはこたつで待っている間に
ご飯の準備が完成していました。

 

で、実際にしゃぶしゃぶを食べたのですが、
めっっちゃくちゃ美味かった。。

いいお肉が使われている
と言うことももちろんあるのですが、

夜景を眺めたり、
自然の空気を味わったりできる
と言う付加価値もついているせいか、
思った以上にご飯が美味しかったです。

 

 

 

翌朝、珍しく朝6時ぐらいに
目が覚めたので、

1人でベランダのコタツに入って
富士山を眺めながら
コーヒーを飲んでいました。

 

 

この日の富士山は
雲に隠れたり、少し見えたり
といった感じでしたが、

朝は割とはっきり見えたので、
運が良かったなーって思いましたね。

 

 

そして、朝ごはんは、
一風変わった感じのものを味わいました。

 

 

 

昼間は山の上の方に登って、
マシュマロを焼いたり、
薪を割ると言う体験もしました。

 

 

 

薪割りに関しては
人生で初めてやったのですが、
意外と難しかったです。

1回で気持ちよく割りたかったのですが、
思うようにいかず、

5〜6回ぐらい斧を振り下ろして、
やっとのこと割ることができました。

 

 

薪割り後は部屋に帰って、
お風呂に浸かりながら、
シャンパンを飲んでました。

 

富士山見えたら最高だったなー。。

 

 

 

2日目の夕飯は、
「グランピングカレー」。

実際に鉄板で肉や野菜を焼いたり、
キャンプで使う容器で
カレーを食べたりして、

グランピングの雰囲気を
味わうこともできましたね。

 

 

 

夕食後は「焚き火BAR」へ。

焚き火を眺めながら
お酒を飲めると言う体験です。

 

実際、雰囲気はこんな感じでしたが、
めちゃくちゃエモかったです。

 

 

 

・・・と、こんな感じで、
星のや富士の宿泊を堪能しました。

 

経済面の問題を解決した後に、大切な人と過ごす時間は最高

 

さて、ここまで星野リゾートに
泊まってみた内容や感想を共有しましたが、

今回の旅行はぶっちゃけると
30万以上飛びました。

 

宿泊費は1泊5万円以上するので、
二人分を2泊3日の料金で払うと、
20万はかかります。

そこに飲食代も加えると、
プラスで5万円ぐらい飛びます。

 

さすが、一流ホテルなだけあって、
かかる金額も一流の桁です。

 

正直、会社員時代の僕だったら、
まず行くことはできなかっただろうし、

行ったとしても、
これだけ出費があれば
さすがにブルーになっていたと思いますね。苦笑

 

だけど、僕自身、
起業して2年努力することで、

年収1000万以上の収入を
ほとんど自動で得る事が
できるようになった事もあり、

そんなにダメージは大きくなかったです。

 

実際、旅行中も
僕が作り上げた仕組みが
27万円ぐらいの収益を
生んでくれていました。

なので、旅行しながら、
旅費はほとんどペイ出来ていたのです。

だから、精神面が崩れる事もなかったですね。

 

で、こうした経験からわかるのが、

「経済的な問題を解決した後に、
大切な人と過ごす時間はすごく幸せ」

という事です。

 

実際に今回の旅行でも、
お金のことも、時間のことも
気にする必要がなかったので、

余計な邪念とかは何もない状態で
誕生日を祝ってあげることができました。

 

逆にもし、僕が会社員だったままで、
今回の旅行に来ていたら、

お財布事情ばかりを気にして、
彼女の誕生日を気持ちよく祝うことは
出来なかっただろうし、

起業していても、
月30万ぐらいの収益だったら、
同じ状況になっていたと思うのです。

 

ぶっちゃけ、会社員の頃は人の誕生日を祝うのが苦痛でした

 

実際、僕は会社員の頃、
彼女含め、友人などの誕生日を祝うのが
苦痛でなりませんでした。

というのも、誕生日を祝う時は、
プレゼント代、ご飯代と、
当然ながら全て自分負担です。

だから、安くても3万円、
高くて5万円ぐらいのお金が飛んでいきます。

 

会社員時代の僕の
月の給料の手取額は
20万ぐらいだったので、

3〜5万円の出費は
かなりのダメージになっていたのです。

 

なので、誕生日を祝っている間も、
プレゼントを渡すときも、

「また残業しまくらないとな。。」

みたいなことを思いながら、
過ごしていました。

 

今考えたら失礼極まりないですが、
当時の僕の経済力では、

それぐらい余裕がない状態だったので、
無理もなかったと思います。

 

何よりも先に、経済面の問題を解決すべきだと思う

 

僕はメルマガを運営していて、
その中で、

「ネットビジネスを実践して、
経済的な問題を解決しようぜ」

と言う発信をしています。

 

そこで、家族持ちの読者さんから
こんな返信が来る事があります。

「家族がいるので自分の考えだけで行動できません。。」

「奥さんに反対されています。だから、やろうと思っても出来ないんです」

・・・と言う事です。

 

こういった返信をもらった時に、

「でも、今のままの経済力で家族養う方がキツくない。。?」

って事です。

 

それよりも、半年〜1年ぐらい努力して、
自分に経済力をつけて、

その先で奥さんや子供に、
幸せな時間を提供してあげた方がいいと思うんです、

 

もちろん、お金があるからって
幸せになれるとは限らないですが、

でも、どう考えても、
お金がある方が
ストレスは軽減されると思うのです。

 

例えばお金がなかったら、
安いホテルにしか泊まれません。

安いマットレスでは
旅行中の疲れはなかなか落ちませんよね。

移動もバスとか電車で、
重い荷物を運びながら歩くので、
次第にストレスが溜まっていくでしょうし、

せっかく旅行に来たと言うのに、
いい料理も食べさせる事ができなかったりする。

 

それって、なんだか惨めだと思うんですよね。。

 

それよりも、先に経済力をつけて、
大切な人の大切な日には、

いいホテルに泊まったり、
少々高価なプレゼントをあげたり、
移動はタクシーを使ってあげたりした方が、

断然、喜んでもらう事ができます。

 

だから、多少苦労してもいいから、
ほんの半年〜1年ぐらい努力して、

先に経済面の問題を解決した方が
いいんじゃないかなーと。

 

経済的な問題はいつからでも解決できる

 

ただ、もうすでに、
結婚していたり、
子供がいる状態だったら、

経済面の問題を解決するのって
難しく感じるかもしれません。

会社で働きながら、
家族を養いながらでは、

中々時間の余裕もないし、
お金の余裕もないからです。

 

ですが、今の時代は、
ネットを使って起業すれば
コストはかからないですし、

隙間時間を駆使すれば、
少しずつでもビジネスを進めることはできます。

 

もちろん、簡単にできるとは言いませんし、
家族がいる分、独身で実践する人よりも、

ビジネスにかけられるコストが少ないので、
成功するのは多少大変になるでしょう。

 

ですが、家族持ちの状態で
ビジネスを実践して
給料以上の収益を稼いでいる人はいますし、

実際、友人起業家の知り合いに、
二人の子持ちで、看護師をやりつつ、
ネットビジネスで成功している人だっています。

その方は女性なのですが、
決して恵まれていると
言える環境じゃないなか、

真剣にビジネスに打ち込んで、
今では月100万とかを稼いでいるのです。

 

だから、工夫次第で突破できると思います。

 

何より、これだけ環境が
整っている時代に生きる事が
できているんですから、

そのチャンスを掴まないことは
かなりもったいないことだと思います。

 

反対されてもやった方がいい

 

また、配偶者や恋人がいる人は、
ネットビジネスをやろうとしたら、
ほぼ確実に反対されるでしょう。

 

実際僕自身も、
ネットビジネスを始める前は、
今付き合っている彼女に反対されていました。

「怪しくない?大丈夫?」

「真っ当に会社員として働いていた方がいいんじゃない?」

みたいな言葉をかけられた事もありましたね。

 

ですが、結果を出せば、
それ以上言われることはありませんでした。

実際、会社員をやっている時より、
ビジネスをやっている今の方が、
お金には全く困っていませんし、

逆に、結果を出して、
彼女に今回の旅行のような体験を
どんどん還元していくことで、

僕の活動を応援してくれるようになりました。

 

実際、今回の旅行だって、
僕がビジネスを実践していなかったら
確実に経験することはできなかったですからね。

 

だから、もしビジネスをやろうとして、
配偶者や恋人に挑戦を反対されたとしても、

結果さえ出して、
相手に還元していけばなんとかなる
と言うことは覚えておいて欲しいです。

 

何より、反対されて辞めるよりも、
反対を押し切って自分が努力して、
月100万でも稼げるようになった方が、

経済的な余裕も生まれるし、
結果として相手に尽くせるようになるので、
お互いにとってもいいことだと思うのです。

 

逆に、カツカツの状態で、
今後恋人と付き合って行ったり、
家族を養っていく方がよっぽど大変です。

 

だから、ぜひ経済的な問題を
真っ先に解決して、
大切な人に尽くせるようになってください。

 

僕自身も、ビジネスを通して、
経済力をつけておいたことによって、

今回の彼女の誕生日に
とびっきりのプレゼントを、
何の負い目もなく渡す事ができました。

 

今後も経済面で苦労はさせないように
日々学んでいきたいところですね。

 

 

追伸

 

星のや富士でチェックアウトを済ませてから、
せっかく関東方面に来たと言うこともあり、

静岡にある「さわやかハンバーグ」を
食べに行きました。

 

平日の昼間に行ったにもかかわらず、
40分待ちになるほどの人気っぷりでしたね。

 

ちなみに味はピカイチでした。。

写真を見てたらまた食べたくなります。笑

 

 

 

ちなみに、これはツイッターでも
書いたのですが、
さわやかがこれだけ人気なのは、

・静岡でしか食べられない希少性

・メディア運用によるブランディング

などがありますが、
結局は「味がめちゃくちゃ美味しい」
と言う理由が一番強いです。

 

これはビジネスにも通ずることで、
どれだけ人を集めても、
セールスをゴリゴリ頑張っても、

売る商品の質がイマイチだったら
全く意味がありません。

 

もちろん、集客を頑張ったり、
商品を売るためにセールスを頑張ることは大事。

だけど、それは

「良い商品があってこそ」

頑張るべき部分なのです。

 

そんなことを、
さわやかハンバーグを食べて感じました。

 

こうやって、人気のお店に入ったときは、

「なぜこのお店は人気なんだろう?」

と、思考を凝らしてみると
勉強になるのでおすすめです。

 

あ、さわやかハンバーグ、
めちゃくちゃ美味しかったので、
静岡に行かれた際はぜひ食べてみてくださいね。

 

ではでは!

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください