【期間限定無料配布】古着転売で月30万を稼ぐ戦略を暴露したセミナーはこちらから!

帝国ホテルに泊まって、高単価サービスのブランディング戦略を分析してみた

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、大阪に行く予定があったので、

せっかくということで

帝国ホテルに泊まってみました。

 

 

帝国ホテルとは、

「論語と算盤」で有名な渋沢栄一が創設した

大阪にある高級ホテルのことで、

1泊3万円〜15万近くの部屋もあります。

 

 

僕が泊まったのは、

1泊5万の部屋でした。

 

帝国ホテルの部屋の中でも

グレードが結構高い部屋みたいで、

一段とホスピタリティが凄かったです。

 

 

実際、サービスを受けてみて、

かなり学びが得られたので、

今回はそれについて共有したいと思います。

 

 

 

1泊5万円の帝国ホテルに泊まってみた内容

 

 

まず、新大阪駅からタクシーで

15分ほどかけて帝国ホテルまで向かったのですが、

 

タクシーから降りた瞬間、

スタッフの人が出迎えてくれました。

 

 

で、館内に入ると、

また別のスタッフの人が即座に

名前を聞いてくれました。

 

 

その時に、

「今日チェックイン予定の〇〇です」

と伝えると、

 

僕が泊まった部屋は

「インペリアルフロア」と言って、

グレードが高い部屋だったので、

 

乗客用のチェックインの受付場所に

案内されました。

 

 

ちょっと遠目から撮ったので

わかりにくいかもですが、こんな場所です↓

 

 

ちなみに、こうやって、

お金を多く払ってくれたお客さんを優遇するシステムを

ビジネスの中に作っておくとリピーターが増えやすくなります

 

 

理由は単純で、人間誰しも、

「特別扱い」してくれたら嬉しいので、

満足度が上昇するからですね。

 

 

そんなことを思いながら、

並ぶことなくすんなりと

チェックインを終えることができ、

エレベーターに向かおうとしたところ、

 

また別のスタッフの人がやってきて、

荷物を持って泊まる階まで案内してくれました。

 

 

エレベーターフロアや廊下も

かなり豪華でしたね。

 

 

僕が泊まった階は20階だったので、

20階で降りると、

 

着物を着た女性スタッフの方が出迎えてくれて、

部屋まで誘導してくれました。

 

 

ちなみに、僕が泊まった部屋はこんな感じです。

 

 

お風呂と洗面台↓

 

 

 

見てもらったらわかると思いますが、

全く”安っぽい色”が使われてません。

 

 

上品な白とか、ベージュとか、ゴールドとか、

大理石っぽい感じの壁とか、

 

とにかく、細部まで徹底して、

高級な世界観の演出をしています。

 

 

 

あと、ここまでの流れですが、

マジで無駄がなかった・・・

 

館内に入り、チェックインをし、

エレベーターに乗って、部屋に入る。

 

 

この流れの中で、

全く不便を感じなかったし、

迷うこともなかったです。

 

 

こうやって、不便を感じさせないのも、

さすが、高級なサービスですね。

 

 

これは、帝国ホテルのサイトに書いてあった通り、

流石のホスピタリティの高さでした。

 

 

 

また、部屋に入ってから数分経つと、

サービスとしてドリンクを持ってきてくれました。

 

 

 

 

部屋ではルームサービスも頼めたので、

早速、モンブランとスパークリングワインを

頼んで食べてみました。

 

 

 

昼から景色を眺めて

飲むお酒はたまらんですね、、。

 

 

 

泊まった部屋は20階だったので、

夜になると、窓から夜景が見えて、

めちゃくちゃ綺麗でした。

 

 

 

夜景見ながらルームサービスのディナー。

部屋でコース料理を楽しめました。

 

 

 

 

朝も、ルームサービスで

モーニングを頼んで、

景色を見ながら堪能しました。

 

 

 

ルームサービスは全て結構な値段がしますが、

頼めば部屋から一歩も出ずとも

お酒や料理を食べられるので、

財布の紐が簡単に緩んでしまいますね、、。

 

 

・・・と、ざっとですが、

帝国ホテルで泊まった内容でした。

 

 

高単価サービスから学べる2つの本質

 

 

ここから、帝国ホテルに泊まって

得た学びを共有していきますが、

 

 

僕自身、強く感じたのは、

 

・VIP感の演出

・高級感の演出

・徹底的な不便さの排除

 

の3つでした。

 

 

とにかく、お客さんを

VIP待遇しまくって、

高級な世界観でファン化をして、

不便を感じる部分を先回りして

排除していってたのです。

 

 

例えば、僕がホテル館内に入って、

部屋に入るまでの流れの中で、

全く不便さを感じることがなかったです。

 

 

タクシーから降りた時に

ドアを開けて待ってくれていたり、

 

館内に入った瞬間から

スタッフの人が声をかけてくれて、

受付の場所まで誘導してくれたり。

 

 

グレードの高い部屋に泊まっていたので、

チェックインの受付に関しても、

特別な場所でやってもらうことができたり、

 

チェックインを終えた後も、

荷物を持って部屋まで案内してくれたり・・・

 

 

とにかく、

 

「絶対にお客の手を煩わせない」

 

と言わんばかりの

ホスピタリティ溢れる

手厚いサービスで、

一瞬でファン化してしまいました。

 

 

また、部屋に入るなり、

細部までこだわり抜かれた、

色使いやデザイン性の豪華な雰囲気を感じ取る事ができ、

 

入った瞬間から別世界に来た感覚を

味わう事が出来たのです。

 

 

シンプルに、また彼女や友人を連れて

訪れたいなーって思いましたよね。

 

 

あと、これはさっきもチラッと書きましたが、

たくさんお金を払ってくれるお客さんを

とことん優遇してあげるのはすごく大事です。

 

 

そう言った流れを作っておけば、

お客さんはより良いサービスを受けようとして、

お金を多く払おうとしてくれます。

 

すると、当然ですが、

サービス自体の顧客単価も跳ね上がります。

 

 

そして、優遇されたお客さんは、

そのサービスに対しての満足度がグンと高まるので、

また利用したい!となって、リピーターになるのです。

 

 

で、こうやって、

どんどんリピーターが作られていき、

 

1人のお客さんが何度も足を運んで

お金を落としていってくれるので、

少ない集客数でも儲かっていく

 

・・・という、最高の循環が出来上がるんですね。

 

 

高単価サービスの本質は、「ブランディング」にある

 

 

ちなみに、さっき言った、

 

・VIP感の演出

・高級感の演出

・徹底的な不便さの排除

 

などを意識して、価値を操作する技術のことを

「ブランディング」

と言います。

 

 

高単価サービスは、

このブランディングをうまく操作して、

ブランドイメージの向上や、

サービスの顧客単価の上昇につなげているんですね。

 

 

それこそ、今回の帝国ホテルもそうです。

 

 

お客をガンガン特別扱いして、

顧客満足度を高めたり、

 

お客の手の煩う作業を全て代わりに行って、

不便さの排除を行ったり、

 

高級感あふれる色やデザインを使って

洗練された世界観を演出したり・・・。

 

 

これ全て、

ブランディングを高めるために

やっていることです。

 

 

なぜなら、ブランディングを高める事ができれば、

商品の単価が高くなり、

リピーターが増え、

少ない集客数で儲かるようになるからです。

 

 

 

逆に、ブランディングを下げようと思ったら簡単で、

さっき言ったことと真逆のことをすればいいのです。

 

 

お客の手を煩わせて、

お客をぞんざいに扱って、

安っぽい色を使って安っぽい生活感を演出して・・・

 

ということをやれば、

一瞬でビジネスの顧客単価を下げる事が可能です。

 

 

まあ、当たり前ですが、

上記の要素が入ったサービスに、

高いお金を払おうとは思わないですよね。笑

 

 

だから、自分のビジネスの

ブランディングを高めて、

単価の高いサービスを作りたいと思うのなら、

 

ブランディングの高まることをして、

低くなることを全くしなければいいのです。

 

 

これが、単価の高低差を作るロジックの一つです。

 

 

ブランディングの考えを個人ビジネスに応用するなら?

 

 

で、これって、

個人がビジネスをする上でも

非常に大事な考え方で、

 

ブランディングを高めるのは、

特に意識するべきポイントです。

 

 

つまり、

 

不便さを排除して、

お客を特別扱いして、

高級感を演出すればいいんですね。

 

 

ちなみに僕は、古着転売という

ビジネスを主に実践していますが、

古着転売でも、十分に活かすことが可能です。

 

 

例えば僕は、自分のアカウント内で

独自の割引システムをつかているのですが、

 

その割引情報をわかりやすい場所、

つまりアカウントの名前の場所や、

商品説明文の最上部に記して

「不便さの解消」をしています。

 

 

また他にも、自分のアカウントから

2回以上商品を買ってくれた、

いわゆる「リピーター」のお客さんに対しては、

いつも以上に割引したり、

 

高単価の古着を買ってくれた際には、

ちょっと豪華な包装にして送ってあげて

特別感を演出する

 

・・・ということをしています。

 

 

僕自身、帝国ホテルに

泊まってみても感じたのですが、

やっぱり人は、特別扱いされると嬉しいですからね。

 

 

こんな感じで、

高級ホテルなどから学べる本質を

個人ビジネスに応用することも可能です。

 

 

 

逆に言えば、さっきも言った通りに、

どんなビジネスにおいても、

 

お客をぞんざいに扱ったり、

不便さを感じさせるものは

単価が下がるのはもちろん、

どんどん人が離れていってしまいます

 

 

それこそ、レストランに行って、

店員の愛想が悪かったり、

メニュー表がなかったり、

 

料理が出てくるまで

めちゃくちゃ時間がかかったりするだけで、

そのお店に対してマイナスの印象がつきますよね。

 

 

それと同じで、

メルカリでやり取りする際に

愛想のない返事をしたり、

 

商品を買ってくれたお客を

ぞんざいに扱ってしまうと、

どんどん人が離れていきます。

 

 

最悪、悪い評価をガンガンつけられて、

アカウントに対する信頼がなくなり、

集客数がどんどん目減りしてします。

 

 

だからこそ、単価の高くて、

なおかつ安定して売れ続けるサービスを作るには、

ブランディングは特に意識するべきなのです。

 

 

個人で大きく稼ぐなら、高単価商品の販売は必須

 

 

ちなみに、前提を共有しておくと、

個人でビジネスをやって稼ぐなら、

高単価商品の販売は必須です。

 

 

なぜなら、個人である以上、

大手のような資本力はないので、

薄利多売で商売をすると

到底勝つことはできないからです。

 

 

単純に、月100万を稼ごうとした時に、

1000円の商品を1000本売るか、

10万の商品を10本売るかでは、

 

どっちが労力が少ないかというと、

言うまでもないですよね。

 

 

前者はたくさんの人件費を払える大手なら

可能かもしれませんが、

 

資金や人材などの資源に欠けた個人が

同じことをやろうとしても、

中々できることではありません。

 

 

 

だからこそ、

個人で戦っていくのであれば、

 

効率を重視して、高単価でサービスを届けていく

ということをしないといけないのです。

 

 

高単価商品を販売できるようになるコツ

 

 

じゃあこれから頑張って、

高単価商品を売っていこうぜ

と言うことなのですが、

 

 

高単価商品を売るためのコツは、

 

「自分がお金を払って経験してみる」

 

ことです。

 

 

なぜなら、高単価サービスを

全く経験したことのない人が、

高単価商品を売ることは難しいからです。

 

 

例えば、過去の僕もそうですが、

多くの人は、わざわざ高いお金を払って

サービスを受ける意味をよくわかっていません。

 

 

実際過去の僕も、

 

「ホテルなんてどこ泊まっても一緒じゃね?

なんでわざわざ数万円も出して泊まる人がいるんだろ?」

 

とか、

 

「ハイブランドの服買うやつって馬鹿じゃないの?」

 

みたいなことを思ってました。苦笑

 

 

いや、馬鹿なのはお前だよ、、、

って言ってやりたいところなのですが、

 

なんでこんなことを思っていたのかと言うと、

実際に自分が経験したことがなかったからです。

 

 

ビジネスである程度

お金を稼げるようになって、

 

高級ホテルや高級レストランに行って

サービスを体験してみたのですが、

 

そこには、確実に低単価サービスでは

経験できないようなことがたくさんありました。

 

(もちろん、高単価サービスの方が偉いとか、そう言うわけではありませんが)

 

 

そして、それを自分のビジネスに活かすことで、

この記事でも書いたように、

 

今まで5000円前後の単価でしか

中々売ることのできなかった古着を、

1万越えでポンポン売れるようになったりしたのです。

 

 

 

だから、これから高単価商品を

売っていきたいと考えているなら、

 

ぜひ、高単価のサービスに

お金を払って体験してみてください。

 

 

それこそ、高級ホテルとか、

高級焼肉店とか、ハイブランドのお店とか・・・

 

それらを経験してみることで、

世界はどんどん広がります。

 

 

世の中には、

 

同じコーヒーでも、

缶コーヒーのように100円の物もあれば、

スタバのように500円を超える物もあるし、

 

同じ布を使った服でも、

ユニクロのように数千円で変える物もあれば、

グッチやエルメス、バーバリー のように、

10万円を超える物だってある。

 

 

車だって軽の中古車を買えば、

50万円ぐらいで乗れるのに、

 

1000万以上出してベンツやフェラーリを

乗る人だっているのです。

 

 

機能は同じなのに、

ブランドが違うだけで

かなりの価格差がありますよね。

 

 

高単価サービスに積極的に触れて、

分析していけば、

その違いもわかるようになっていきます。

 

 

そして、ブランディングについての理解が深まり、

それを自分のビジネスに応用することで、

 

全体の単価が高まり、

リピーターが増え、

少ない集客数でもたくさん儲かる

 

・・・という、最高の状態を実現する事ができるのです。

 

 

だから、ちょっと背伸びしてでもいいので、

高単価のサービスにも触れてみてくださいね。

 

 

僕みたいに、高級ホテルを何軒か回って

それぞれの戦略の違いを見てみるとか、

 

あとは情報に投資するにしても、

数千円の本とかじゃなくって、

10万円以上する教材に投資してみたりだとか。

 

最近だったら、高級車も

1日数万円でレンタルできたりするので、

そのサービスを利用して高級車に乗ってみるとか。

 

 

そう言った経験をしてみると、

安いもの、高いものそれぞれの違いが見えてくるようになります。

 

 

世の中には、経験するだけでも

学びになるものが多いです。

 

 

だからぜひ、学びを得て、

自分のビジネスに活かしていきましょう。

 

 

と言うことで、帝国ホテルに泊まってみた感想でした。

 

 

 

追伸:泊まっている間に宿泊費をペイしていました

 

 

ちなみに、ホテルの宿泊費は

5万円ちょっとでしたが、

 

ホテルでのんびりしている間に

仕組みが代わりに働いてくれて

宿泊費をペイしてくれていました。

 

 

古着は8万近くの売り上げ↓

 

 

 

売れた古着に関しては、

ほとんどが単価が落ちると言われている

半袖のTシャツメインでしたが、

 

それでも7000円前後で

売ることができています。

 

 

これも、日頃から高単価サービスを

経験し、分析してきたおかげですね。

 

 

 

高級ホテルに泊まっている間に、

勝手に宿泊費がペイされている感覚は最高ですね。。

 

 

高単価商品の販売をマスターすれば、

誰でもこんな状態が実現できるので、

ぜひ挑戦してみてください。

 

 

ではでは。

 

 

 

僕が会社員時代に古着転売で月30万の副収入を稼いだ戦略を無料公開中

 

 

僕は現在、たった1人の個人で

年収1000万の収入を得る事ができています。

 

ですが、最初から才能があったわけではありません。

 

元々は最終学歴高卒で、

工場での肉体労働しか経験してなかったですし、

学生時代には同じ資格試験に6回連続で落ちるほど

勉強が苦手でした。

 

 

ですが、そんな状態だった僕でも、

古着転売というビジネスに出会い

正しい知識を元に実践した事で、

たった半年で会社の給料を超える収入を得る事ができました。

 

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識を元に

古着転売を実践すれば、

人生は変えられると思っています。

 

 

ちなみに、これからの時代は、

会社に雇われるだけでは厳しい時代がやってきます。

 

人生を安泰に生きていくためには、

必ず、”自分の力でお金を生み出すスキル”を

身につけなければいけません。

 

ですが、今の日本の教育を受けていたら、

雇われとして生きるための選択肢しか与えられず

起業で成功するための知識は一切教えられません。

 

そんな中、起業で成功を目指せ!と言われても

何から始めたらいいのかわからないと思います。

 

 

なので、僕自身がただの工場勤務だった状態から

スマホ1台で古着転売を実践し、

半年で月30万の副収入を得た戦略を

丸裸にしたセミナー動画を作成しました。

 

 

普段は1200円で販売している

有料のセミナー動画になりますが、

今なら期間限定で無料で受け取る事ができます。

 

すでに学んで頂いた方からは、

「ゼロから成功するまでの道のりが明確に学べた」

と、好評です。

 

メルマガ登録後、

すぐにプレゼントを受け取る事ができますので、

興味があればぜひ視聴してみてください。

 

→古着転売の特別セミナーを視聴する

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
いきなりステーキの真似の失敗から学ぶ、ダメな真似のやり方
プレイヤーをやっていないのに、コンサルや塾でお金をとって教えるってどうなの?
転売はスキルに繋がらないって本当?3年古着転売を実践して得たものを共有してみる
独学にこだわって、時間という資産を溶かし続けた日々

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください