起業家の友人と平日の昼間から北海道旅行に行って来て感じた、「選択の自由度」を高める重要性

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、年収3000万越えの起業家の友人から

「北海道にいかない?」というお誘いを受けたので、

一つ返事で「いきます!」と承諾し、

ノリで北海道に旅行に行ってきました。

 

 

ビジネスの仕組み化を頑張っているおかげで、

時間とお金の両面で余裕を持つことができているので、

こうしたお誘いにすぐに乗れるのは

つくづく幸せなことだなーと思いますね。

 

 

 

またこの時期の旅行は、

コロナ期間で人が少ないのと、

平日の昼間から出発したということもあり、

人が少ない中でのんびりと旅行を楽しむことができました。

 

 

 

そんな、北海道旅行の一部始終を少しお見せします。

 

 

当日は、関西空港から新千歳空港行きの便に乗って、

北海道に向かいました。

 

北海道に着くなり、

雪景色が一面に広がっていました。

 

 

 

 

雪景色を一通り堪能してからは、

「彩美(さいみ)」と呼ばれる、

北海道で有名な味噌ラーメンを食べにいきました。

 

 

普段から美味しいラーメンは

そこそこ食べてるつもりだったのですが、

彩美の味噌ラーメンを食べた途端に、

 

僕の歴代の美味しいラーメン順位が

一気にひっくり返ってしまいましたね、、。

 

 

それぐらい、マジで美味しかったです。

北海道に行くことがあれば、

ここは是非とも言ってみてください。

 

 

 

ホテルにチェックインして、

数時間のんびりした後は、

「有馬」というお寿司屋さんに行って、

北海道本場の新鮮な刺身やお寿司を堪能しました。

 

 

店内の雰囲気は抜群で、

目の前で大将がお寿司を握って

1貫ずつ出してくれました。

 

 

いやあ、、こうやって写真載っけてると、

また食べたくなります。

 

個人的にはサーモンと、

ウニとイクラが両方乗っかってるお寿司が最高でしたね。

 

 

 

2日目はサッポロビール博物館に行ったのですが、

ここでサッポロビールの創業当時の味を再現した

ビールを3杯ほど試飲しました。

 

 

 

キンピカのサーバーで

ビールを注いでくれたのですが、

ビール好きの僕にとってはたまらん味でしたね。。

 

 

昼に飲んだということもあって、

さらに美味しく感じました。

 

 

 

観光もブラっとして来ました。

 

赤レンガをみたり、

 

 

北海道神宮に行ったり、

 

 

ちなみに、北海道神宮で

おみくじも引いてみましたが、

「末吉」が出ました。

伸び代しかないですね。

 

 

 

 

 

3日目の夜もひたすら上手い飯を食いました。

 

ジンギスカン。

 

 

 

ラムユッケ丼。

 

 

そして、最後はやっぱりカニ。

 

 

 

北海道には2泊3日で滞在したのですが、

この3日間は、上手い飯を食って、お酒を飲んで、

温泉に浸かって・・・ということをひたすら繰り返していました。

 

 

まるで、大人になってからも

修学旅行のようなノリを楽しめていて、

すごく幸せに満ちた時間を過ごすことができましたね。

 

 

そして、今回、起業家の友人たちと

北海道での旅行を過ごして、

 

「選択の自由度を高めることの重要性」と、

「仕組みを作ることの魅力」の両方を強く感じたので、

それについて今回は話していけたらと思います。

 

 

選択の自由度が高い状態、低い状態

 

 

今回の旅行では、

年収3000万を自動で稼ぐ起業家と、

月数十万を稼ぐ起業家と行動をともにしました。

 

 

僕含め3人とも、

ビジネスを自動化していて、

時間にもお金にも余裕がある状態だったので、

 

誘われたら一つ返事で行くと返せたし、

旅行のスケジュールも

すぐに立てることができたし、

 

旅行に行ってからも、お金を気にせず

美味い飯を食べたり、

移動は毎回タクシーを使ったり、

ということができました。

 

 

そうやって、散々食べて遊んだ後も、

僕の仕組みからは12万ほどの

収益が発生していたし、

 

年収3000万の先輩起業家は、

30万ほどの収益が発生した

ということを言っていました。

 

 

このように、ビジネスを仕組み化していることで、

自分が働いていなくても、

十分な収益が発生するので、

 

金銭面はもちろんのこと、

時間の面でも余裕を持つことができたのです。

 

 

 

大事なのは、「お金」と「時間」、

この両面で余裕を持つことで、

 

例えば、僕ら3人がお金に余裕がなかった場合、

ご飯を食べるとなっても、

いちいち値段を気にする必要が出来てしまうし、

 

移動は毎回徒歩だったり、

電車に乗らないといけなかったりするし、

泊まる宿も、安いところしか泊まれない。

 

そんな状態になってしまいます。

 

 

じゃあ、お金を稼げていたらいいのか?というと、

それも違います。

 

 

収入はたくさんあるけど、

時間の余裕が全くない場合、

旅行を思い切って楽しむことができません。

 

 

それこそ、会社員時代の僕がそうで、

連休中も、会社でやらなきゃいけない仕事が

常に頭の中でチラついて、

心の底から旅行を楽しむことができなかったし、

 

そもそも連休が取れなかったがために、

旅行に行く際はいつも1泊2日とかの

詰め詰めのスケジュールで行動する必要がありました。

 

(まあ、僕の会社員時代の場合は、

お金も時間も余裕がなかったんですけどね。。苦笑)

 

 

 

お金と時間の両面あるいは、

どちらかで余裕がない場合は、

上記のように、「選択の自由度」が低くなってしまうのです。

 

 

選択の自由度が低いとどうなるのか?

 

 

じゃあ選択の自由度が低いとどうなるのか?

というと、”常に我慢が強いられる人生”

になってしまいます。

 

 

どういうことかというと、

例えば、「食べたいな」と思うご飯があっても、

 

お金がなかったらその場で

”我慢して”断念しないといけません。

 

 

移動の際も、タクシーを使えば楽なところを、

お金がないために、”我慢して”歩いたり、

ギュウギュウの電車に敷き詰められたりする必要がある。

 

 

時間がなければ、

詰め詰めのスケジュールで動いたり、

帰りの時間を気にし続けないといけない精神状況を

”我慢して”やり過ごす必要が出てくる。

 

 

そうやって、我慢を常に続けていると、

人間はストレスが溜まっていきます。

 

 

で、人間ストレスが溜まれば余裕がなくなっていきます。

 

 

それこそ、旅行中の移動を

我慢して徒歩で続けていたら、

当然、疲れるわけです。

 

疲れたら余裕がなくなるので、

せっかくの楽しい旅のムードが

だんだんと悪くなってくる。

 

 

そして、余裕がなくなると

人に当たってしまったり、

イライラした状態で

日常を過ごす必要が出てくるのです、

 

 

 

僕は、そんな人生を続けるのは

絶対に嫌だと思っていました。

 

 

だから、ビジネスを始めたし、

労働収入で止まるのではなく、

コツコツと資産作りや仕組み化を頑張って来ました。

 

 

そのおかげで今は、

お金と時間の両面で余裕が持てているので、

選択の自由度が高まっており、

 

行きたい時に行きたいと思った場所に行けるし、

食べたい時に食べたいと思ったものを食べられます。

 

だから、「我慢」をする場面が

人生においてグンと少なくなっていきました。

 

 

今回の旅でも、

移動はタクシーを使ってドアtoドアでしたし、

ご飯を食べるときも値段を気にせず、

お店を予約することができました。

 

 

だから、会社員時代や、

起業してからもまだ労働収入しかなかった時期に比べたら、

旅行終わりの精神的なストレスが

今回は全然なかったです。

 

(逆に、食べ過ぎで疲れました。笑)

 

 

収入は高いけど、余裕がない起業家

 

 

で、最近よく目にするのが、

「収入は高いけど、余裕が全然ない起業家」です。

 

 

それこそ、Twitterとかを見ると、

「古着転売で月の利益100万稼ぎました!!」

「情報発信開始3ヶ月で300万稼ぎました!!」

みたいな人はたくさんいるわけですが、

 

彼らは大きな実績を出している反面、

仕組み化していないがために、

 

裏側では常に、商品の仕入れや出品、

梱包や発送に時間を追われていたり、

 

コンサル生のサポートに追われていて、

スマホから手が離せなかったりするのです。

 

 

だから、自分の趣味や旅行のために

使える時間が皆無であり、

人生の大半が労働で占められるようになってしまう。

 

 

 

もちろん、大きなお金を稼ぐことは凄いことです。

だけど、それ自体を目的にしてしまうのは本末転倒で、

 

1番の目的として持つべきなのは、

自由を手に入れること、つまり、

「お金」と「時間」の両面で余裕を持つことです。

 

 

やってる仕事が大好きならいいんですが、

ビジネスを始める人って、

大半は「自由になりたいから」という気持ちが強いですよね。

 

 

だったら、収入の高さばかりを求めるのではなく、

ちゃんと時間の面でも余裕を持てるように、

工夫して稼いでいく必要があるし、

 

 

目指すべきなのは、

「めちゃくちゃ稼いでいるけど、全く暇がない状態」

ではなく、

 

「お金を稼いでいる上に、時間的な余裕もある状態」

だと思っています。

 

 

選択の自由度を高めるには、仕組み化するしかない

 

 

じゃあ、「お金を稼いでいる上に、時間的な余裕もある状態」

を実現するにはどうすればいいのか?というと、

”自分のビジネスを仕組み化していく”しかありません。

 

 

古着転売で言えば、

出品、梱包、発送などの雑務を外注化して、自動化する事。

 

情報発信で言えば、

集客〜販売までの流れを自動化する事。

 

これらをやっていく事が重要です。

 

 

 

そして、今現在、収入があるけど自由がない人は、

少しずつ、労働収入の割合を減らして、

仕組み化していくことにコストをかけていく事が大事です。

 

 

それこそ、毎日出品、梱包、発送を頑張りまくって、

古着転売で月利30万を稼いでいるのであれば、

そのうちの5万円を外注費などのコストに使って、

少しずつ雑務を自動化していく。

 

 

情報発信で、コンサルなどの

単発での収入しかない人は、

単発で稼ぐことに歯止めをかけて、

一定期間、商品作りやメルマガを書くことに集中していく。

 

 

仕組み化することには、

当然のことコストがかかってくるわけですが、

(ツール代や、外注費など)

 

そのコストを払わないことには、

一向に「本当の意味での自由」を

手にすることができません。

 

(本当の意味での自由とは何か?ということをこちらの記事で書いてます→僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて

 

 

だから僕は、一時的に収入が落ちてでも、

将来の自動化収入を得ていくために、

コストを払っていくべきだと思っています。

 

 

 

目先の利益ではなく、長期的な利益を大事にせよ

 

 

ただ、「仕組み化した方がいいよ!」

と言っても、ハードルを感じる人が多くて、

できる人が中々いません。

 

 

これはなぜかというと、

人って基本、目先の利益になるものに対してしか、

努力できないようにできているからです。

 

 

だから、古着を5着出品したら、

5着全部売れて欲しいと考えてしまうし、

実際に、ラッキーパンチで売れたら、

その報酬を再度求めてしまいます。

 

 

ギャンブルやゲームにハマってしまう人が多いのは、

まさにその理論ですね。

 

 

これらは、実践してすぐに報酬が現れたり、

もう少しで手が届きそう!という感覚を

味合わせるのが凄く巧妙にできているので、

 

脳内の報酬系が刺激されまくって、

やればやるほど、抜け出せなくなっていくのです。

 

 

お酒と、タバコとかも、

すぐに快楽が得られるので、

依存してしまう人が多いんですよね。

 

 

それと同じで、

単発ですぐに儲かるビジネスは、

実践した瞬間から収益が発生するので、

みんなそれをやっちゃいがちなのです。

 

 

逆に、実践してもすぐに結果として表れない、

仕組み作りの作業はみーんなやらない。

 

 

 

でも、逆説的に考えれば、

そう言った作業を頑張れる人が

長期的に生き残るのです。

 

 

僕がビジネスを実践し、

自由を目指す上で心がけていたのは、

「将来楽するために、今頑張る」

ということです。

 

(こちらの記事でも似たようなことを書きました→将来返ってくるものに今どれだけ投資ができるかで、未来の自分の収入が決まる

 

 

だからこそ、すぐには結果に現れない作業、

すなわち、

 

外注費を払って古着転売の作業を

自動化することだったり、

 

コツコツとブログやメルマガなど、

コンテンツを積み重ねていくことだったり、

 

本や教材を購入して、

知識を身につけて思考を磨くことだったり

 

 

・・・という作業に対して、

貪欲に取り組んでいったのです。

 

 

 

すると、そうやって撒いておいた種が、

時間が経つごとにだんだんと花を咲かせていって、

甘くて、美味しい蜜を味合わせてくれるようになったのです。

 

 

 

 

また、今回行動を一緒にした起業家もみんな、

「目先の利益<長期的な利益」

の思考ができていました。

 

 

年収3000万自動化している

先輩起業家なんか、まさにそうでしたね。

 

 

ラーメン食って、寿司食って、温泉入って、

ビール飲んで、ジンギスカン食って、また温泉入って・・・

 

そうやって旅行を楽しんだ後に、

「仕組みから30万発生してましたねー」

ってことをさらっと言ってましたから。笑

 

 

今の彼を見ると、

当然すごいなーと感じてしまうのですが、

 

今こうして年収数千万を自動化できているのは、

彼自身が過去に「長期的な利益になること」に絞って、

頑張っていたからに他ありません。

 

 

だから、これからも、

そうした地味なことに力をかけていくべきだなーと、

今回の旅行を通して改めて気づくことができました。

 

 

これからも、目先の利益になることではなく、

長期的な利益になることに絞って、

切磋琢磨していきたいところですね。

 

 

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

起業家の友人と平日の昼間から北海道旅行に行って来て感じた、「選択の自由度」を高める重要性
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
5泊で25万のホテルに泊まり込みで作業したら超捗った話。やる気はお金で外注できる。
有馬温泉に3泊4日の作業合宿に行ってきました。成功したいのなら我流は捨てるべきという話
城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
尾道旅行に行ってきた。地方ビジネスから学ぶ、弱者の戦略
「失敗の科学」から学ぶ、失敗に対して持つべき3つのマインドセット

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください