起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

※1年前に書いた記事です

 

 

どうも、いっせーです。

 

 

先日、起業家仲間とLINEでやりとりしてたら

「そおいやタイって古着の市場デカイよね?」

って話になったので、

 

そこから完全にノリで

2泊3日のタイ旅行に行ってきました。

 

 

目的としては、普通に旅行目的で行ったのと、

タイは古着の市場が大きいので市場調査もかねて

少し倉庫を回ろうかな〜といった感じです。

 

 

写真もかねてゆるくお伝えしていこうと思います。

それでは、スタート!

 

 

1日目。タイのホテルとご飯と街を体験してみて

 

 

1日目はほとんど移動に時間を使いました。

 

僕は今回が初の海外旅行だったので、

一人でタイまで行くのは少し不安な思いもあり、

成田空港にて東京の起業家仲間と一緒に

飛行機に乗って向かいました。

 

 

フライト時間は6時間ほど。

昼過ぎごろ日本を出発して、

タイに着いたのはすでに夕方。

 

 

入国審査やらなんやかんやしてたら夜の8時ぐらいになったので、

まずはホテルにチェックインして、

バンコクの街を歩いて散策。

 

 

パチモンだらけの服のお店や屋台が立ち並んでいました。

 

 

 

 

 

通称「バイタク」と呼ばれるバイクのタクシーも。

 

 

 

トゥクトゥクをみたときはタイに来たな〜

って改めて感じましたね。

てか普通にレトロな雰囲気出てて可愛かったです。

 

 

 

 

散策を終えて、

近くのレストランでひとまず食事。

 

 

 

 

 

僕は早速ハイネケンを飲みながら

本場のグリーンカレーを食べました。

 

本場のグリーンカレーはべらぼうに辛かった、、

一人でヒーヒーいいながら食べました。笑

でも味は普通に美味しかったです。

 

友人はチャーハン的なやつを食べてましたね。

 

 

タイってなんかご飯やばそうなイメージあったんですけど、

バンコク市内のちゃんとしたレストランで食べれば

全然問題なかったですね。

 

 

 

ちなみに、泊まったホテルは中々豪華な場所でした。

 

 

 

2泊で3700バーツ(日本円で1万円ぐらい)で

プール付きの豪華なホテルに泊まれます。

 

タイは日本よりも物価が安いので、

1泊5000円も出せばいいとこ泊まれます。

 

 

1日目はこんな感じで、

身体も結構クタクタだったのでホテルで爆睡しました。

 

 

2日目。タイの古着倉庫調査

 

 

二日目はタイの古着倉庫を回る予定です。

 

 

朝起きて時間があったので少しホテル周りを散歩しました。

 

 

 

スタバもありました。

 

 

 

散歩を終えて近くのカフェでひとまず腹ごしらえ。

 

 

 

 

その後、予め予約しておいたアテンドさんとひとまず合流。

タクシーを近くで拾って古着の倉庫を目指します。

 

 

 

 

 

45分ほどタクシーに揺られて、

お目当の倉庫へ辿り着きました。

 

中を見るなり、古着の山に圧倒されましたね。。

 

 

 

僕は元々古着屋で働くこと、

バイヤーとして海外に買い付けに行くことが

1つの夢としてあったので、

 

こうした光景を生で見られたのは

自分の中ではかなり大きな経験でした。

 

 

多少ですが、ピックもしました。

 

 

 

内容としては、ナイキのナイロンジャケットや、

バーバリーのトレンチコート、マフラー、

ラルフのスイングトップなどなど。。

 

この辺りが200バーツから400バーツ(日本円で400〜800円)の

格安の値段で手に入ります。

 

 

印象としては、メルカリでも普通に利益の出せる、

いいアイテムは多いなあという感じでした。

 

ただやっぱり、良いアイテムは資金力のある業者優先に卸されているらしく、

僕らが見たときは状態の悪いものがほとんどって感じでしたね。

 

 

 

倉庫でピックを終えた後は、

チャトチャックウィークエンドマーケットへ。

 

「チャトチャック」という場所で週末に開かれる、

かなり大規模な市場です。

 

 

人がたくさんで凄くにぎわってて

まさにお祭りって感じでしたね。

 

 

ここでも古着は仕入れられるのか、

散策して見たところ、

結論から言えば古着はたくさんありました。

 

 

ただ、先ほどの倉庫に比べると全体的に価格が高く、

ほとんどが日本円で1500円から3000円ほど。

 

 

仕入れられない事もありませんでしたが、

先ほどの倉庫に比べると量が確保出来ない、

人が多すぎて服が見にくいといった事があるので、

仕入れには向かない場所だと判断し、断念しました。

 

 

ですが、私物を探すには楽しめる空間でしたね〜。

 

 

グッチやイヴ・サンローランなどのロゴが入った可愛いスウェットたち。

でもボディはヘインズやギルダンのブート物です。

 

ブートだからもちろん仕入れることはできないけど、

普通に可愛いから寝巻きとして欲しいな〜とも思いました。w

 

 

 

あと、休憩の時に食べた野菜炒め?的な食べ物も美味かったです。

 

 

 

 

チャトチャックでの散策を終えて、

夜はラチャダーのナイトマーケットの市場調査へ。

 

 

 

ここもチャトチャックと同じように結構規模の大きな市場でしたね。

 

ですが、ここは古着自体が少なかったです。

 

古着ってよりも新品のTシャツやデニムなどの

コピー品や偽物ばかりって感じ。

 

 

柄シャツは良いのがいくらかありましたが、

総合的に見て仕入れには向いてない市場だと判断。

 

 

こう行ったマーケット市場は仕入れには向かないのかなー

って印象でした。

 

だから、がっつり仕入れる目的で来るのであれば、

資金をたくさん持って倉庫を回った方がいいみたいですね。

 

 

 

こんな感じで古着の市場を見終えて、

夜は安定に飲みました。笑

 

 

 

 

バーのテラス席で優雅にワインも頂きました。

 

 

 

飲んでたら道端を歩いている人に

ロレックスのパチモンの時計をセールスされたのでビビりましたw

いやータイ人抜け目ねえ、、

 

 

それと、飲みながら、

思えば数ヶ月前まで普通に会社員やってたな〜

って事を思い出してなんだか不思議な気分になりましたよね。

 

 

本当にお金が稼げるようになってよかったな

って思う瞬間です。

 

 

こうしてノリでチケットをとってのんびり海外に行って、

大好きなお酒を飲んだり、海外で古着の仕入れをしたり、

少し前の自分が今の自分を見たら羨ましすぎて発狂すると思います。

 

いやー本当に独立できてよかったなー

副業きつかったけど頑張ってきてよかったー

ってしみじみ思いました。

 

と同時に、これからも頑張っていかないとなあと、

気が引き締まりましたね。

 

 

こんな感じで二日目は終わり。

 

 

3日目は1日観光。タイの文化に触れまくった。

 

 

 

3日目。

 

帰りのフライトは夜で、時間があるという事で、

タイの文化に触れまくろう!って事で

がっつり観光する事に決めました。

 

その場のノリで決めるっていう、

自由人ならではのスケジュールの組み方です。

 

 

 

で、まずは「ダムヌン・サドゥアック」という場所にある、

巨大な水上マーケットに行きました。

 

 

 

 

その名の通り水上に立ち並ぶマーケットで買い物を楽しめます。

友人と「こんなの日本にないよね」って話で盛り上がりましたね。

 

 

 

お姉さん、めっちゃカメラ目線。w

 

 

 

とにかくお店の量がすごかったです。

お目当てのものが見つかればボートの運転手に声をかけて

お店の前に止めてもらう感じ。

 

 

 

ランプータンと言う奇妙なフルーツを食べました。

味はライチに近くて普通に美味しかったです。

 

 

 

 

カエルの小物があったので

カエルが大嫌いな彼女にお土産で買いました。w

普通に可愛いけどな〜

 

 

 

 

途中、お寺も観光。

 

中にガンジーみたいな人がいたんですけど

うっかり写真撮り忘れました。。

 

 

 

 

像にも乗りました。

像のカラダってブヨブヨそうに見えるけど、

意外にめちゃくちゃ硬かったです。笑

 

 

乗り心地はあまりよろしくないので

乗り物酔いとかする方にはオススメ出来ない感じでしたね。

 

だけど凄い体験だった〜〜

 

 

 

近くの屋台でご飯も食べてみました。

 

 

 

屋台で食べる料理は家庭の味に近かったですね。

 

ただ、たまに生物や腐っている具材が入ってたりするみたいなので、

違和感を感じたものはすぐに吐き出したほうが良いです。

 

 

あと、タイの人は適当でマイペースなので

複数の料理を頼むと一人ぐらい忘れられます。笑

 

急かしても急ぎません。

なので気は長く持っておくほうが良いですね。

 

 

あと、屋台の近くにハンモックで寝てる子供がいました。

多分、僕が寝たら余裕で地面に着くでしょうね。笑

 

 

 

 

そんな感じでがっつりとタイの文化と触れ合って、

ホテルにひとまず戻って最後にもうひと泳ぎしました。

 

 

 

 

で、チェックアウトを終えた後は安定の飲みです。

結局毎晩飲んじゃいましたね。笑

 

 

 

こんな感じでタイ旅行は終了〜。

ノリで行った割には中々濃い時間を過ごせたと思います。

 

 

 

正直、古着の市場に関しては、

個人レベルだと別に来なくていいかなって感じでしたね。

 

 

海外仕入れとなると、

飛行機代、宿泊費、現地での移動費、アテンド代、食費、などなど

様々な経費がかかる事を考慮して仕入れをしないといけないので、

数百万は資金を持ってないとあまり美味しくないのと、

 

大量に仕入れるとなるとやっぱり

スタッフを雇ったり物販の組織化を図らないといけないので、

資金力の乏しい個人はどちらにせよ来るレベルではないという感じです。

 

 

僕はそれよりも、転売はそこそこにしておいて

情報発信の方に力を入れたいと思っているので、

海外仕入れはしなくてもいいかなと感じました。

 

 

同じく、まだまだスキルの身についていない個人の転売ヤーも

海外仕入れに行くよりも、まずは国内で経験を積んだり、

卸を活用したりした方がいいと思います。

 

 

とは言え、経験としては全然アリなので、

もし海外旅行なんかをする際にはついでとして

倉庫を回ったりするのもアリなのかなーと。

 

とにかく様々な異世界に触れることができて

とても刺激のある3日間でした。

 

 

ここからこの旅行期間で感じたことなんかを

がっつりと書いていきますね。

 

 

イメージはあくまでイメージでしかなかった。まずは何でもやってみることが大事。

 

 

 

僕は今回のタイ旅行が初の海外だったということで

全てが本当に異世界の体験でした。

 

 

で、こちらに来る前にはやっぱり

自分の中で勝手な想像を膨らませて不安になることもあったんですよね。

 

 

例えば、狂犬病が怖いだとか、トイレの水はちゃんと流れるんだろうかとか、

変な人に襲われないだろうかとか、食べ物に変なものは入ってなかっただろうかとか、、、

 

もちろんあってる部分はあったんだけど、

全ては杞憂に終わりました。

 

 

というよりも、自分が思っているよりも

タイは経済発展していたというか、

 

泊まったホテルのサービスもめちゃくちゃ立派なものだったし、

通りすがった人たちもめちゃくちゃ気さくに話しかけてくれたし、

ほんと、いいところだったな〜ってイメージです。

 

 

もちろん、タクシー代をぼったくられそうになったり、

頼んだ料理が中々来なかったり、

日本よりも雑な部分は多かったですが笑

 

それでも自分の想像してたよりも

タイって立派な国だったんだなって思いましたね。

 

 

で、これは色んなことにも言えることで、

イメージってあくまでイメージでしかないんですよ。

 

 

例えばネットビジネスを始める前も

胡散臭いだとか、詐欺だらけの世界だとか

色んな間違ったイメージを膨らませていたけど、

実際やってみたら間違ってた場合の方が多かったんですよね。

 

 

実際に僕にビジネスを教えてくれた人は

めちゃくちゃ頭のいいちゃんとした人だったし、

 

ネットビジネス自体も怪しいものが全てではないし

やれば稼げて人生が変わる最高のツールだっていうのが

今の僕の印象です。

 

 

こんな感じで、やる前にもっていたイメージと

やった後にもつイメージって大きく違うことがほとんどなんです。

 

 

だから、新しいことにチャレンジする前って

あれこれ不安な妄想を膨らませて行動が止まってしまうことがあるけど、

自分の中で勝手に作り上げたイメージに惑わされるのではなくて、

とりあえずやってみてから考えればいいってことです。

 

 

それに、やってみてわかることってたくさんあります。

 

例えば、自転車を練習する時だって、

乗り方を研究しまくるよりも

転びながらでも乗って運転してみた方が

すぐに乗れるようになることができますよね。

 

 

古着の仕入れに関しても同じことが言えて、

ブランドやデザインの勉強ばっかりをするよりも

実際に店舗に足を運んでみて現場の空気を味わってみたり、

自分で練習してみないといつまでも出来るようにはならないんですよ。

 

 

もちろん、勉強したり分析することもめちゃくちゃ大事です。

 

だけど、それだけじゃダメで、

特に何もわからない段階なのであれば

ひとまずやってみることが重要です。

 

 

 

だから、勉強も大事だけど、まずは実践してみること。

 

いつまでも準備、準備、準備、、、

じゃあ、前に進むことはできないので、

思い切って飛び込んでみることがめちゃくちゃあ大事。

 

 

 

それに、実践してみれば

出来ないことや自分に足りない部分もわかってきます。

 

だけど、実践してみないことには、

自分が今どのレベルにいるのかも、

何が出来て何が出来ないのかもわからないから、

一向に前に進んで行くことができないんです。

 

 

僕自身、情報発信を始めた時もとりあえず

コンテンツを作ってみるとことから始めました。

 

 

すると、めちゃくちゃ下手くそなブログ記事が出来上がったんです。

 

でも、だからこそ「自分はまだまだ文章が下手なんだな」

ってことがわかったし、自分のレベルがわかったからこそ、

もっと勉強して練習して上手くなろう!

という気持ちになることができたのです。

 

 

だけど、もし僕がいつまでもコンテンツを作らずに

勉強ばかりしていたら?となると

一向に文章も上手くならなかっただろうし、

ビジネスが前に進んでいかなかっただろうなと思います。

 

 

だから、不安なこともわからないことも、

なんどもやっていけばできるようになるし、

逆にとりあえずやってみないことには

何もできるようにはならないんですね。

 

 

今回のタイ旅行も起業家仲間に誘われた時に、

初めての海外でタイか〜、、

もっとクリーンそうな国に行きたいなあ、、

みたいな事を思って行動が止まりかけましたが、

 

それよりも行ってみないとわからないよな!

って思いの方が強かったので

思い切ってGOしてみたんです。

 

 

そしたら様々な異世界に触れることができて

自分の知見が広がったし、

何より自分の中での経験値が増えて

また一段とレベルアップできた気分になりました。

 

 

だから、行動する前から自分のイメージで判断するんじゃなくて、

まずやってみてから判断するクセを身につけること。

これが大事なのかなーと思ってます。

 

 

そして今回のタイ旅行を通して、

その事を改めて確認することができました。

 

 

 

これからも異世界だからと行って拒むのではなくて

積極的に自分から行動を起こしていって、

どんどん世界を広げていこうと思った次第です。

 

 

それでは!

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由を獲得できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

 

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じような人が一人でも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的自由を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、noteにて有料で販売している教材になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収100万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、180万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
仕組みを作って圧倒的に幸福度が上がった。金銭的自由だけでは幸福度は上がっていかないという話。
情報発信の本質についてツイート集。如何にして感情を動かせる作り手になるか?
「会社員=安定」→「スキルを持つ個人=安定」の時代へ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください