【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

最近、古着転売の調子がかなりいい感じです。

 

というのも、最近アカウントを少し

テコ入れしたのですが、

その後にガンガン高単価で

商品が売れるようになっていきました。

 

 

ちなみに、ここ1ヶ月の1万越えの実売は以下です。

 

 

 

                

 

 

 

7000円〜1万ぐらいの単価でも、

ポロポロと売れています。

 

 

 

 

ちなみに、特別な商品は

そんなに多くは扱ってなくて、

 

アディダスとか、ナイキとか、チャンピオンとか・・・

もちろんコアなストリートブランドも

最近はネットで仕入れたりしていますけど、

 

割と王道のブランドを売りながらも、

1万以上の単価でコンスタントに

販売することができていますね。

 

 

 

あ、ちなみに寝ている間にも

1万越えが二つ売れていました。。

 

 

 

 

この、寝ている間に、

数万円稼げている感覚は

マジで安心感強くていいですねー。

 

 

あと、僕は基本、雑務は

外注とツールを使って全て自動化しているので、

収入のほとんどは自動で入ってくる感じです。

 

 

やることといえば、

月一の卸仕入れと、週に1回カフェでのんびり

ネットでポチポチ仕入れをするぐらい。

 

 

そんな感じで、高単価で売れる施策をとり、

それを仕組み化しているので、

自動で数万円の商品がポロポロと売れる状態を

作ることができました。

 

 

もちろん、僕よりもっと高単価で、

もっとたくさんの数を売りまくっている人はいますが、

 

僕の場合、在庫200着程度で、

しかも全て自動化での販売実績なので、

そう言った点をみていくと悪くないのではないかなーと。

 

 

 

ではなぜ、こんな状態を作ることができたのか?

それについて今回は話していきますね。

 

 

 

万越え商品がポロポロと売れるようになった理由

 

 

さっき、ちょろっとアカウントをいじったら、

万越え商品がポロポロ売れるようになった

ということを言いましたが、

 

具体的に何を意識してどこをいじったのか?というと、

それは、ブランディングです。

 

 

「高単価でもいい商品が揃っている」

というブランディングを固めるために、

アカウントをいじっていったんですね。

 

 

それこそ、しょぼい商品は仕入れないようにしたり、

質の高い商品を仕入れるために仕入れ先を広げていったり、

色々と工夫をとっていったところ、

 

7000円オーバーとかは普通に売れるようになったし、

1万越えの商品とかもコンスタントに売れるようになったのです。

 

 

 

最初は僕自身、

「古着転売なんて仕入れスキル鍛えて、いいやつ仕入れて、出しまくっておけばいいんでしょ?」

 

みたいな浅はかな考えでやっていました。

 

 

もちろん、それは間違いじゃないし、

仕入れスキルを鍛えることは変わらず重要なのですが、

 

もっと上にいくためには、

ブランディングについて

もっと深く学ぶ必要があったんですね。

 

 

 

それこそ、それに気づいてからは、

マーケティングに関する本や教材を買いあさって、

ブランディングの本質を学んでいったし、

 

 

エルメスやバーバリー、ヴィトンやグッチ、

メルセデスベンツやアップル、スターバックスなど、

そう言った事例もとことん深く研究していったのです。

 

 

それこそ、ハイブランドのお店とか、

高級ホテルに泊まったりすると、

本当に細部までブランディングに拘っている部分が垣間見えます。

 

 

例えば、

 

大理石の床や、

照明の絶妙な薄暗さ、

スタッフの清潔感のある装い、

お客の手を全く煩わせない手厚いサポート、

店内においてある一つ一つの家具の質、

 

・・・など、隅々までみてみると、

こだわりがすごいなーってことがわかります。

 

 

お客にとことんVIPな感じを味合わせていて、

ちょっとでも「不潔だな、、」って感じる部分とか、

「不便だな、、」と感じるような部分は、

サービスの中から徹底的に排除しているのです。

 

 

 

そうやって、本質や事例から学んで得た知識を、

メルカリにも応用したところ、

 

少し前まで、高くても、

6000円とか、7000円ぐらいでしか

売れなかったのが、

 

7000円以上はもちろん、

1万越えや、中には2万越えの商品でも

売れるようになっていきました。

 

 

だから、ブランディングを学ぶことは、

古着転売で上を目指すためにも

重要なことだと思っています。

 

 

 

高単価戦略のメリット

 

 

また、高単価で商品が

売れるようになっていくと、

メリットがかなり多いです。

 

 

とにかく、高単価で売れると、

作業や売上の効率がグーンと上がります。

 

 

それこそ、平均の売上単価が基本1万円であれば、

30万の売上を稼ぐのに、

売る着数は30着で達成できます。

 

 

逆に、薄利多売をずっと続けていて、

1着あたりの平均単価が1000円とかだったら、

30万を稼ぐのに300着を売る必要があり、

 

300着分の、

仕入れ、検品、出品、撮影、梱包、発送・・・

などの作業が必要になってしまうのです。

 

 

 

でも、ブランディングを意識して、

高単価で商品が売れるようになれば、

30着分の労力で、同じ売上を出すことができるのです。

 

 

つまり、ブランディングを意識するかどうかで、

作業効率が10倍ほど変わってくるということ。

 

 

 

もちろん、実績も知識も経験も乏しい

初期段階での、戦略的な薄利多売は必要です。

(僕も、最初は薄利多売戦略で一気にアカウント力をつけていきました)

 

 

だけど、資本を持っているわけでもない個人が、

ずっとそれを続けるのはあまりに無理があります。

 

 

それこそ、ツイッターとかで、

薄利多売をずっとやりながら、

毎日、労働労働の連続を繰り返しているのですが、

めちゃくちゃ大変そうです。。

 

 

もちろん、本人がいいのであれば、

とやかくいう必要はないと思うのですが、

 

せっかく自由を目指してビジネスを始めたのに、

結局、労働しまくっていたら、

僕は意味がないと思ってしまうんですよね。

 

 

お金だけを稼いでも自由とはいえないし、

ちゃんと、時間の自由も確保していかないと、

一生労働地獄になってしまいます。

 

 

その上で、個人レベルで成功し、

自由を手にしたいのであれば、

 

途中から、ブランディングを意識して、

売上効率を上げて、作業を楽にさせていくのが重要です。

 

 

個人が古着転売成功する上で、効率の良いルートとは?

 

 

ちなみに、今回の話は、

初心者の人にとって少し高度だったかもしれませんが、

初心者でも最初から意識するかどうかで、

将来的に変わってくると思っています。

 

 

僕は、途中からブランディングの重要性に気づいたので、

最初の方は少し苦労してしまいましたが、

 

でも、高単価戦略の重要性に気づいて、

途中から戦略を意識して変えていったところ、

冒頭でも書いたような状態を手に入れることができました。

 

 

 

この経験から、まず初心者の人は、

基礎である仕入れスキルを高めて、

薄利多売でもいいからガンガン売って、信頼を貯めていく。

 

 

ある程度、ブランディングが育ってきたら、

高単価での戦略に切り替えて、

効率よく売上を上げていく

 

 

・・・という流れが最強なのかなーと。

 

 

 

もちろん、最初から仕入れ資金もめちゃくちゃあって、

スタッフの人材も、仕入れ先のパイプも豊富だよ

って人は、スタッフを雇いまくって、

 

ブランディングなんか気にせず、

仕入れまくって売りまくればいいと思います。

 

 

 

でも、僕はあくまで、

お金や時間などの資源が乏しい個人でも、

成功できる方法を中心に話しています。

 

 

その上で、古着転売で個人が成功するのなら、

仕入れスキルはもちろん、

ブランディングも深く学ぶ必要があるな

ということを思いました。

 

 

浅いブランディングの知識でやると事故る

 

 

ちなみに、ブランディングが大事だからと言って、

浅はかな知識の元、動こうとしても、

まっっっったくうまくいきません。苦笑

 

 

たまに、高単価で販売しているアカウントを真似て、

手当たり次第、出品している商品を高値に設定しまくって、

全然売れていないアカウントを見かけますが、

 

「あーやっちゃってるな、、」

って思いながらみてしまいます。

 

 

表面上だけを真似ても、

ビジネスってうまくいきません。

 

そりゃあもう、面白いぐらいに。

 

 

 

そうじゃなくって、本質から深く学んだ上で、

売れているアカウントを隅から隅まで、

分析しないと見えないものがあるのです。

 

 

ぼくは、そういうインプットと分析に対して、

力を入れまくったからこそ、

今こうして、高単価で商品を得ることができているのです。

 

 

 

だから、

 

「高単価で売れてるぜー楽だぜー」

 

とかいう気はさらさらないです。

 

 

もちろん、薄利多売をしていた時よりは

めちゃくちゃ楽になりましたけど、

それを実現するまでは結構大変でした。

 

 

要は、知識を得る努力をすれば、

後から楽ができるようになるし、

 

知識を得る努力から逃げて、楽をしようとすれば、

後々大変な思いをするようになる。

 

たったそれだけの違いです。

 

 

 

なので、楽に古着を売れるようになりたいのであれば、

それ相応の努力をしていきましょう。

 

 

結局、知識に投資して、思考を磨いて、

成長し続けるのが大事ということですね。

 

 

そうすれば、古着転売で成功するのはもちろん、

古着を高単価で売るのも楽勝になるでしょう。

 

 

追伸

 

 

ちなみに、今古着転売の企画の準備をしています。

 

今回話した内容の、

もっと奥深い部分を学べる企画です。

 

 

それこそ、今の僕がやっている戦略の裏側を

がっつりと学べる内容になっているし、

 

古着転売のゼロイチ突破はもちろん、

中級者の壁を突破する上でも、

かなり参考になる内容に仕上げるつもりです。

 

 

数日後、メルマガの中で案内できると思います。

 

メールマガジンはこちら

 

 

興味のある方は、登録をしたのち、

案内を待っていてくださいね。

 

 

追記

 

書き終わった頃にまたまた万越え売れてました、、。

 

 

 

やっぱり月初は調子良く売れてくれますね。

 

今ちょうど、古着転売は稼ぎどきなので、

ガンガン知識を学んで、仕入れて出品して、

稼ぎまくっていきましょう。

 

 

ではでは。

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 

僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

【期間限定】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」プレゼントキャンペーン
24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
古着転売をやっていると、ただインスタやYouTubeを見ることが仕事につながる
不用品販売で得た軍資金をもとに古着転売を始めたら速攻で月10万円稼げた話
古着転売で月利30万を自動化した元コンサル生なおやさんと対談しました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください