城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、同棲している彼女と

「そろそろ温泉でもいきたいね〜」

って話をしていたのですが、

 

「次の休みいく?」

「いいねーいくか!」

となって、ノリで城崎に旅行に行ってきました。

 

 

その場のノリで決まったので、

急いで宿を探して、

良いところが見つかったら速攻で予約、決済して、、、

 

と、少しバタバタな感じだったのですが、

ノリで旅行にいけるのが、

今の仕事をやってて良いなーって感じるところですね。

 

 

 

で、当日は昼ごろゆっくりと起きて、

車で2時間ほどかけて城崎に向い、

まずは泊まる予定だった旅館を目指しました。

 

 

 

ちなみに泊まった宿はここです。

 

 

 

「水翔苑(すいしょうえん)」という場所で、

普通なら1泊2人で7万円以上いくところだったのですが、

GoToの影響でかなり安くなっていたので驚きましたね。

 

 

今の時期なら安い金額で

高級な場所に泊まれたり、

良いサービスを受けることができるので、

 

この時期を使って、

ハイクオリティのサービスを実際に受けてみて、

質の高いサービスのい裏側を学んでいくのもアリですよ。

 

 

 

で、中に入るなり、綺麗で高級感もあって、

かなり良い場所でした。

 

 

 

 

 

廊下を歩いてたら、

窓から中庭が見える感じもよかったです。

 

 

 

部屋も広くて綺麗でしたね。

 

 

 

 

とりあえず、部屋に着いて荷物を下ろしたら、

送迎のバスに乗って温泉街まで出ました。

 

 

西暦720年に城崎に温泉が湧いてから

丁度今年で1300年の歴史が経つ年みたいで、

 

流石それだけ歴史がある分、

温泉街の風情もたまらなかったですね。

 

 

 

 

 

この風情ある街並みを

浴衣を着てブラブラ歩くのも中々乙でしたね。。

 

 

 

 

土日ということもあり、

結構人が並んでいたので

多くの温泉には入れませんでしたが、

 

「まんだら湯」と「柳湯」の二つだけ

湯めぐりしました。

 

 

 

 

 

で、湯巡りした後は、

「TERME」というバーにて

スパークリングワインを頂きました。

 

 

 

 

 

「湯上りスパークリングワイン」

というものを頂きましたが、

かなり飲みやすくて美味しかったですね。

 

 

お酒好きな人にとって、

「風呂上りの一杯」は格別なものですから、

上手くその欲求を擽っているなーと思いましたね。。

 

 

ここ、めちゃくちゃ良かったので、

もし城崎行かれることがあれば、

ぜひいってみてください。

 

お酒好きにはたまらないと思います。

 

 

 

 

 

温泉に浸かって、バーでワインを飲んだ後は、

旅館に帰って旅館のご飯を頂きました。

 

 

 

料理はカニがメインで、

刺身を食べたり、カニしゃぶで食べたり。

 

 

 

 

この、プリップリのカニを

鍋でしゃぶしゃぶして食べたのですが、

 

口の中に入れた途端にとろけるように消えていって、

味も最高に美味しかったです。。。

 

 

 

炙って食べる焼きガニも

かなり美味でしたね。

 

 

 

 

その後も温泉に浸かっては、

美味しい料理、美味しいお酒を飲んで、

充実した時間を過ごしました。

 

 

やっぱり寒い時に入る温泉は

めちゃくちゃ良いなーと再認識しましたね。。

 

 

今回は彼女の仕事の都合もあり、

土日で1泊2日だけでしたが、

次はもう少し長期的に時間をとって、

温泉をゆっくり堪能したいなと思いました。

 

 

 

さて、ここからは

今回僕自身が大切な人と充実した時間を過ごして

感じたことがかなりあったので、

それに着いて書いていこうと思います。

 

 

僕は自己中を極めた結果、他人に尽くせる人間になりました。

 

 

今回の旅行はまじでノリでいきました。

 

温泉行きたいねー、

次の休みいく?

いいねーいくか!

 

このノリです。笑

 

 

また、旅館も少々値段のするところに泊まりましたが、

それもノリで決めちゃいました。

 

 

彼女がある程度探していて、

 

「こことここで迷ってるんだけどどうしよー」

「こっちの方が良さそうなんだけどちょっと高いんだよね、、」

 

という感じで迷っていたのですが、

 

 

「あ、俺旅館代出すから泊まりたい方でいいよー」

「まあどうせいくなら良いところ泊まろうや」

 

って感じで良いところに決めちゃいました。

 

 

 

こんな感じで、今はもう

ビジネスである程度稼いで

自由に使えるお金、時間が増えたことで、

 

旅行の際などにもなんの負い目もなく

大切なひとのためにリソースを割くことができるようになっています。

 

 

 

だけど、少し前までの僕は、

全く他人のために時間やお金を使えるような人間ではなかったです。

 

 

 

それこそ、会社員時代は、

時間もなければお金もなかったために、

 

旅行に行くとなっても、

「え、もっと安いホテルにしようよ」

とか、

 

「お金ないし疲れてるから1泊だけにしよう」

とか言ってたし、

 

 

美味しい料理を食べるにしても、

お金がなかったのでいつも割り勘でした。

 

今考えればダセー男です。。苦笑

 

 

でも、僕自身当時は、

常に時間とお金に縛られていたので、

一緒に過ごす人の気持ちとか、

そう言ったことを全く考えることができなかったのです。

 

 

 

だって、旅行にお金を使っちゃったら

せっかく貯めたお給料が減っちゃうし、

また残業しまくって稼がないといけなかったのもあれば、

 

とにかく毎日のサービス残業と

パワハラ上司との関係に疲れ切っていたので、

旅行に行く時間があれば家でゆっくり寝ていたい

 

・・・みたいな気持ちになっていたからです。

 

 

 

たまに、無理をして

ちょっと値段のする旅館やホテルに泊まったり、

高級な料理を奢ったりしたこともありましたが、

 

そうはしながらも、

「うわあ、、これめっちゃ値段いくやろうな、、」

とか、

 

「はあ、、またお金減るわ、、」

みたいに、心の底から相手に対して

尽くしてあげることができませんでした。

 

 

 

つまり、自分の気持ちに余裕がなかったがために、

相手のことを考える余裕がなかったんですよね。

 

 

だから、まずは自分自身を満たすところから始めました。

 

 

それこそ、会社員3年目の時に、

ネットサーフィンをしている時に出会った

古着転売に挑戦していったのです。

 

 

当然、家族とか、彼女とか、上司から、

猛反対を受けましたよ。

 

 

「そんなことして大丈夫なの?」

「怪しくないそれ?大丈夫?」

「将来性あるのそれ?」

「せっかく大企業に入れたのにもったいないよ!」

「もう少し考え直してみれば?」

 

・・・みたいなことを、

耳にタコができるぐらい周りの人に言われたのです。

 

 

こんな感じで心配かけまくっていたし、

言ってしまえば最初の方は

自分がビジネスに挑戦することで

周りの人間に迷惑をかけていたのかもしれません。

 

 

 

だけど、周囲の人のことを考えすぎて、

自分の人生を二の次にしてしまって、

一生我慢して生きる人生なんて絶対に嫌だった。

 

 

だから、反対の声を受けながらでも、

覚悟を決めて古着転売をやりまくっていったのです。

 

 

その結果、半年で30万を稼げるようになって、

嫌で仕方がなかった会社を辞めることができ、

 

その後もビジネスを拡張し続けることで

月収100万を突破して、

自分自身をあらゆる面で満たしてあげることができました。

 

 

その結果、今回のような旅行にも行けるようになったし、

旅費も、飲み代も、なんの負い目もなく、

サクッと払ってあげることができるようになりました。

 

 

そうやって、自分を満たした結果、

周囲の大切なひとを満たしていく事ができたのです。

 

 

こんな感じで、僕自身、

自己中を極めていった結果、

他人を満たすことができる人間になることができました。

 

 

この経験から、

 

自分が満たされていないのに、

他人のことを考えるっていうのは無理があるし、

 

まずは他の誰よりも自分を一番に幸せにしてあげないとダメでしょ?

 

ってことを心の底から思うようになったのです。

 

 

自分が満たされてないのに、他人を満たそうとするのは無理があるよ

 

 

で、最近読者さんと関わっていて思うのが、

自分が満たされてないのに、

他人のことを優先に考えている人が多いなーってこと。

 

 

それこそ、少し前にスカイプした方がいますが、

その人は会社の給料が鬼のように低かったり、

今の自分の生き方につまらなさを感じていたことから、

 

「古着転売に挑戦して、経済面で楽になれるようにしたい」

「ビジネスを実践して、人生をもっと充実させられるようになりたい」

 

と口では言っていました。

 

 

でも、その後に、

 

「自分には妻がいるので、自分だけの考えだけで動くことはできない」

「妻に心配させることはできない」

 

ということを同時にいっていたのです。

 

 

要は、自分が満たされていないにも関わらず、

他人のことを優先的に考えていたのです。

 

 

 

これを聞いて僕が思ったのは、

このマインドだったらこの人は一生満たされないだろうなー

 

ってことです。

 

 

なぜなら、自分が満たされていない状態では、

到底周囲の人のことなんて満たしてあげられないからなんですね。

 

 

例えば、自分が失恋して落ち込んでいるときに、

周囲のカップルの幸せを考えることなんてできないですよね?

 

 

それと一緒で、

自分の人生に不満があるのに、

他人の人生のことなんて考えられないのです。

 

 

自分がお金がない時に、

 

相手に美味しい料理は奢ってあげられないし、

旅行に連れて行ってあげることもできないし、

何かプレゼントを買ってあげることもできない。

 

 

自分が時間がない時に、

相手のために時間を使ってあげられることなんか到底難しい。

 

 

でも逆に、自分自身が

経済面でも、時間面でも、精神面でも、

しっかり満たされることができていれば、

 

周いの人のことを考えたり、

他人に対して思いやりを持つことは可能です。

 

 

だから、今自分自身が満たされていないのであれば、

周囲の人のことを無理して考えて

自分の気持ちを押し殺すよりも、

 

まずは自分の心を最優先に満たしてあげた方がいいと

僕自身、強く感じています。

 

 

まずは自己中でいい。周りの幸せなんて後からついてくる

 

 

極端なことを言うと、

まずは自己中に生きればいいとぐらいに思っています。

 

 

なぜなら、自分自身が

しっかりと満たされている状態であれば、

周囲の人たちの幸せは後から着いてくるからです。

 

 

僕だって、最初は親や彼女、会社の上司に

猛反対を受けながらも

 

「ビジネスで稼いで、絶対に自由になってやるんだ!!」

 

と言う気持ちと覚悟を持って、

自分勝手に古着転売に取り組んでいきました。

 

 

その際は、周囲の大切な人たちには、

かなり心配をかけたと思います。

 

それは事実としてはあるのです。

 

 

 

だけど、自己中に自分の人生と向き合って、

ネットビジネスを実践しまくった結果、

月収100万以上を安定して稼げるようになって、

 

自分自身の経済面はもちろん、

精神面でもウンと満たされるようになって、

 

親や彼女を安心させることができたし、

彼女を旅行に連れていってあげたり、

美味しい料理を奢ってあげることができるようになったりしました。

 

 

一定期間、自己中に生き抜いた結果として、

僕自身も、周りの大切な人たちも

幸せな気持ちになることができているのです。

 

 

 

逆に、あの時周囲の反対を真に受けて、

ビジネスに挑戦するのを諦め、

今も変わらず会社員を続けていたら、

絶対に僕は満たされていなかったです。

 

 

だから、ストレスを彼女とか友人に

当たり散らしていただろうし、

 

旅行に連れて行くとか、

美味しい料理をご馳走してあげるとか、

そう言ったことも難しかったと思います。

 

 

 

だから、まずは自己中でいいんですよ。

 

 

そりゃあネットビジネスなんか、

普通に考えたら胡散臭いし、怪しいし、

奥さんや家族から反対されて当然です。笑

 

 

だけど、その胡散臭いネットビジネスで

まっとうに価値提供してお金を今より、

10万でも20万でも多く稼げるようになる方が

どう考えても良くないですか?

 

 

だって、そうやってお金を稼げた方が、

 

家計がウンと楽になったり、

その結果、お金がなかったことで、

ギスギスした関係も解消されるかもしれません。

 

 

今まで何もしてあげられなかった奥さんやこ子供に

プレゼントを買ってあげられたりするかもしれません。

 

大切な恋人を旅行に連れていってあげることができるかもしれない。

 

 

そう考えたら、反対されながらでも、

自分がビジネスに挑戦して、

お金を稼げる力を身につけた方が

長期的に考えていいと思うんですよね。

 

 

ストレス溜めまくって、

病気で倒れて入院して、

結局迷惑かけるよりどう考えてもマシです。

 

 

そうやって、ビジネスでお金を稼いで、

まずは自分を満たしてあげることを優先にして、

周囲の人の幸せは、後から考えていけばいいのです。

 

 

 

これは極論かもしれないけど、

僕自身、このマインドを持って

自分の人生と向き合ったことで、

 

自分も周囲の大切な人たちも、

幸せにすることができました。

 

 

 

自分が満たされていないのに、

他人のことを満たしてあげることなんかできないなーと、

 

そんなことを、今回充実した時間を過ごして

感じることができたので共有しました。

 

 

ぜひ、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

追記:

 

ちなみに今回の話と近いテーマで、

動画も撮ってますので

ぜひこちらも見てみてください。

 

 

 

 

 

追伸2:温泉に入っている間に24万の報酬が入っていました

 

 

 

温泉に入って美味しい料理を食べている間にも、

僕が作り込んだ仕組みやメルカリから、

報酬がバンバン発生していました。

 

 

 

2日間の中で、

仕組みからは20万円分の教材が売れていて、

メルカリからは4約万円分の古着が売れていました。

 

 

 

最近、メルカリの方では、

ほぼ毎日のように1万円以上の価格の古着が売れていて、

 

今月もまだ半分ですが、

すでに25万円以上の売上が出ていて、

めちゃくちゃいい感じです。

 

 

これは、今ちょうど売れやすい時期というのもありますが、

ブランディングを極めた効果もでかいです。

 

 

僕自身、少し前からブランディングを意識して、

アカウントをちょちょいといじったことで、

1万越えの古着がバンバン売れるようになったんですね。

 

 

1万越えじゃなくても、

7000円とか8000円代とかの単価でもかなり売れています。

 

 

高単価で商品が売れるようになると、

本当にビジネスが楽に回るようになりますね。

 

 

なので、この辺のことも、

追々、ブログでお話ししていこうかなーと。

 

 

 

少し話がそれましたけど、

自分が動いていない時でも

これだけしっかりとした報酬が

仕組みから生み出されるようになれば、

精神面でウンと楽になりますね。

 

 

その結果、また家族や恋人、友人など、

大切な人のことを考えられる余裕が増えていきます。

 

 

これからも、知識を学んで成長し続けて、

今のような幸福度をずっと続けられるように

頑張っていきたいところですね。

 

 

 

ではでは!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください