岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、古着転売で月商50万を

稼いでいる友人と一緒に

岡山県の倉敷市にある古着卸「リストレージ」さんに行ってきました。

 

 

 

結論から言うと、

内容はかなりよかったです。

 

厳選しつつ、2人で合計70着ほどの古着を仕入れました。

 

 

 

倉庫に入るなり、

かなりの古着の量でした。

 

 

 

今では卸でも中々手に入りづらくなっている、

ブランド、カラー、デザインの三拍子揃っている

ナイロンジャケットがたくさんあったり。

 

 

 

もう少ししたら、2階も解放されて、

商品数も増えるみたいです。

 

 

 

 

人気の高いカーハートのアイテムもズラリ。

 

 

 

 

スイングトップ、ワークジャケット、コートなどの、

アウター類もたくさんありました。

 

 

 

一度行っただけなので、

まだ全ては判断できませんが、

 

割合的にはナイロンジャケット、スウェット当たりが

豊富だった印象でしたね。

 

 

どちらも、特に今の時期では

かなり高単価で売れるアイテムなので、

僕としては嬉しい限りでした。

 

 

 

 

1時間ほど2人で仕入れをしていたら、

「もしよかったら甘いお菓子でも食べて休憩でもしてください^ ^」

 

と、オーナーさんがシュークリームを御馳走してくれました。

 

 

 

 

僕は過去に、とある地区の卸に行った時に、

店員さんがめちゃくちゃ愛想が悪くて、

嫌な思いをした印象があったので、

 

オーナーさんなどの人柄の良さも、

今後、利用していくかどうかの判断軸として重要だと思っています。

 

 

僕が言うのもおこがましいかもしれませんが、

リストレージさんのオーナーさんは

すごく人柄もよくって話しやすかった人なので、

今後もヘビロテ間違いなしだなあと。

 

 

 

やっぱり、人間って感情的な生き物なので、

いくら商品がよくっても、

 

店員さんの愛想が最悪だったり、

嫌な思いをさせられてしまうと、

「もう行きたくないや」ってなってしまうものです。

 

 

 

先ほど例に出した卸も、

「もう行かねえ」って僕は思っちゃったんで、

 

変な話、長い目で見れば、

そう言った数字では見えづらい部分も

売上を伸ばす上では大事だなーと。

 

 

 

少し話が逸れてしまいましたが、

今回の卸仕入れで僕自身が強く思ったことを

つらつらと書いていこうと思います。

 

 

 

古着転売は地方でやる方が有利?

 

 

 

今回仕入れをしたリストレージさんは、

僕が住んでいる家から、

車でわずか10分ほどの場所にありました。

 

 

で、他にも僕が住んでいる岡山には、

あと2箇所、古着の卸があったり、

 

(どちらも品揃えはかなり良い方だと思います。

参考の記事を載せておきますね

岡山の卸「ラッシュアウト」で仕入れをしてきた。

月利350万を稼いでいた元古着転売ヤーがオーナーをしている卸に行ってきた話

 

全部で10〜15店舗ほどリサイクルショップがあったりします。

 

 

で、大阪や東京、名古屋などの

中心部に比べると、置かれている商品の価格もウンと安い。

 

 

 

今回のリストレージさんも、

デザイン、ブランド、カラーの三拍子揃ったアイテムが、

1500円〜3000円ほどの価格で

バンバン手に入りました。

 

 

厚手のアイテムは普通に

1万以上の高利益も狙えるので、

上記の価格はかなり安いと思います。

 

 

 

で、たまーに、

「地方住んでいると、古着転売では成功しづらいのでは?」

と言う質問を頂くことがありますけど、

 

僕自身、岡山という地方に住みながら

古着転売をやっている上で思うのが、

 

逆に、古着転売は地方の方が有利だよ

 

ってことです。

 

 

なぜなら、さっきも言ったように、

地方だからといって、地方の中の中心部のほうに行けば、

リサイクルショップも卸も十分にあるし、

 

価格も東京や大阪の中心部にある店舗に比べたらかなり安い。

 

 

 

逆に、東京とか大阪なんかの

駅近にあるリサイクルショップに入ったら

「これは到底仕入れられないな、、」

って思わされる価格がほとんどだったり、

 

卸に行っても、

大人数が同時にピックしてたりするので、

自分が見る頃には在庫が枯渇していたり、、

ってこともあります。

 

 

 

もちろん、地方にしても、

リサイクルショップが1店舗しかないとか、

それぐらいのレベルの地区になっちゃったら

流石に厳しいなーってなっちゃいますが、

 

 

例えば、岡山みたいな、

”田舎すぎず、都会すぎず”

みたいな地区であれば、

逆にめちゃくちゃ稼ぎやすいです。

 

 

 

車を持ってない方も、地方の中心部の駅近に住めば、

岡山とかなら家賃5、6万で十分に住める物件がありますし、

 

すぐ近くにカーシェアのお店があるので、

レンタカーを月に2、3回だけ仕入れをする際に利用すれば、

問題なしだと思います。

 

 

古着転売はやっぱり仕入れが命。ってことは同時に仕入れ先もめちゃくちゃ重要

 

 

 

で、古着転売は、

僕がブログやメルマガ、YouTubeなどで、

かなり口酸っぱく言っているように、

仕入れが最重要項目になります。

 

 

良い商品が仕入れられなければ、

いくら在庫を積んでも売れないし、

そうなるとどんどん不良在庫が溜まってしまう。

 

 

だから、それを避けるためにも、

常に仕入れスキルを高め続ける意識、

そして、良い仕入れ先を確保しておくことがめちゃくちゃ大事です。

 

 

僕が今となっても、

いろんな卸に足を運びにいくのは、

 

常に良い仕入れ先を確保しておけば、

古着転売で困ることはない

と、思っているからです。

 

 

それと同時に、仕入れ先というのは、

住んでいる地区によって左右されることもあるので、

 

戦略的に岡山のような地方に移り住んで、

仕入れを安定させることも重要なのかなと。

 

 

それこそ、地方だったら、

あらゆる固定費が安くなる上に、

都会のように誘惑も少ないので、

ビジネスにしっかりと打ち込めるようになります。

 

 

この記事でも書いたように、

僕も岡山でこれまでビジネスを実践してきて、

1年の実践で月収100万を突破することができました。

 

 

それは、良くも悪くも、

孤独に1年間、ビジネスにしっかりと打ち込めたからです。

 

 

 

なので、よくある

「地方=成功しにくい」

という理論は僕の経験上では成り立たない

と思ってます。

 

 

 

情報感度高く持ってますか?ビジネスにおいて「情報は生命線」

 

 

 

で、ビジネスにおいて情報は生命線です。

 

だから、良い情報が得られるのであれば、

僕は労を惜しまないようにしています。

 

 

それこそ、卸となると、

 

「業者じゃないと無理なのかな?」

「アポをとるのなんか怖い、、」

 

と感じてしまう人が大半なので、

僕は逆に、速攻で連絡を送ってアポをとります。

 

 

この記事でも書いているように、逆張りですね。

みんなと反対のことをやるから得をしているのです。

 

 

そうやって、常に仕入れスキルを高めるために、

ライバルのアカウントを分析したり、

リサーチを1日カフェにこもってやったり、

 

卸がオープンした!との情報を仕入れたら、

速攻でアポをとって確かめに行きます。

 

 

そうやって貪欲に、

情報を追い続けているからこそ、

 

情報を追っていないライバルと差別化できたり、

美味しい思いができたりするのです。

 

 

 

で、この意識は古着転売に限らず

ビジネスで成功する上でめちゃくちゃ大事なことです。

 

 

さっきも言いましたが、

良い情報を取りに行くためには、

僕はぶっちゃけいくらでもお金を払うし、

労を惜しみません。

 

 

先日も、起業家の先輩に

東京で行われるセミナーに誘われたので、

一つ返事で参加してきました。

 

また、つい最近も、

大阪にて情報発信ビジネスで月収200万以上を

自動化している起業家の先輩とご飯を食べて、

 

かなり有益な情報を教えてもらったので、

ご飯台全部出して、おごりました。

 

 

なぜなら、それぐらい情報には価値があると思っているからです。

 

 

知っているかどうか。

たったそれだけで、余裕で収入は数十万、数千万と変わってくるからです。

 

 

 

そして、古着転売だったら、

重要なのは仕入れ先であり、

仕入れ先の場所を調べるだけでなく、

 

実際に自分で行ってみて、

自分の目で確かめることが重要なんじゃないかなーと、

僕は思っています。

 

 

とはいえ、結局は「知識」。どこに住んでいても知識さえあれば突破できる

 

 

 

ここまで、仕入れ先の重要性とか、

地方の方が古着転売有利なんじゃね?

ってことを話しましたが、

 

でも結局大事なのは「知識」です。

 

 

最低限の知識がないと、

いい卸かどうか、いい店舗かどうかの判断さえつかないからです。

 

 

僕自身も、最初の方は

リサイクルショップに足を運んで、

 

「どこにも仕入れるものがないじゃん!」

「岡山って価格が高いのかなー、、?」

 

とか思ってましたが、

今考えれば当時の自分に知識がなさすぎただけだったんですよね。

 

 

事実、その頃から2年経っても、

今でも同じ岡山で活動していますが、

問題なく売上を上げ続けることができています。

 

 

だから、結局一番大事なのは「知識」です。

 

 

古着転売だったら、

 

どんなブランドが人気なのか?

どんなデザインが人気なのか?

どんなカラーが人気なのか?

 

・・・などということが、

呼吸レベルで分かっていれば、

ぶっちゃけ、どこに行ってもある程度は仕入れができます。

 

 

 

だから、初心者の方は、

まずはしっかりと知識を得ることから始めてみてください。

 

 

その上で、僕自身、

YouTubeチャンネルの方で、

古着転売の知識を語った再生リストを作っています。

 

無料で学べるのでぜひ使い倒してくださいね^ ^

古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました

 

 

 

とにかく、今回リストレージさんの方で

仕入れをしてみて思ったことを

つらつらと書いていきました。

 

 

今回の記事で話したような

マインドを持って、

ぜひビジネスに取り組んでみてください。

 

 

リストレージさんの方にもぜひ行ってみてくださいね!

 

 

 

ではではー

 

 

追伸

 

 

 

先日、取り組んでいた仕事に一区切りついたので、

大阪に行って3日ほど休暇をとっていました。

 

 

がっつりリフレッシュするつもりできたので、

いつもよりもいいホテルを予約しましたが、

めちゃくちゃ綺麗な部屋でした。

 

 

 

ホテルでは、昼間からビールを飲みながら、

気になっていたコンテンツを消化したり、

文章を書いたりしていました。

 

 

 

 

起業家の友人と、

美味しい串カツ屋さんにも行きました。

 

 

京橋にある「四季一善」という場所で、

料理が絶品でしたね。

 

 

 

この、「とんぶり」という、

キャビアのような薬味乗っかった、

太刀魚の串がめちゃくちゃ上手くって、

 

3人で飲みに行ったのですが、

みんなそれぞれ、4回もリピートしてました。笑

 

 

 

大阪にいったら、必ず立ち寄る

梅田のピグスティ。

 

ここでは、いつもいい古着と出会えるので、

大阪に行った際には必ず立ち寄るようにしています。

 

今回も、いい古着に巡り逢えて、

4着ほど買っちゃいました。

 

 

 

3日間ほど、大阪でのんびりしたり、

友人とお酒を飲んだり、

リフレッシュをしてきました。

 

 

仕事を頑張る期間は頑張って、

「休みたいな〜」って思ったら、

即、新幹線のチケットを取って、ホテルを予約して、、

 

自由度の高い人生はやっぱりいいな、、

って感じています。

 

 

会社員の頃は、毎日サービス残業に明け暮れて、

長期休暇もほとんどとれなくって、

 

休みが取れて旅行に行ったとしても、

旅行中はずっと上司の顔や、

会社に残してきた仕事が頭に浮かんで、、

 

 

とにかく、自由度は低いし、

余裕のなかった人生だったなって思います。

 

 

余裕のない人生はどうしても

ストレスが溜まってしまうので、

 

自由度を低くしないためのも、

これからもっともっと知識を身につけて

成長していこうと思います。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください