年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、年収1億円を稼ぐ

起業家の先輩に

 

「来週、シリコンバレーで活動している

 起業家が主催するセミナーに行くんだけど、

 いっせーくんもどう?」

 

と誘われたので、即答で

「いきます!!」

と返事して、セミナーに参加することにしました。

 

 

で、結論から言うと、

 

圧倒的格上の起業家との力の差を

まざまざと見せつけられて、

めちゃくちゃ悔しい気持ちになって帰ってきました。

 

 

とにかく、このセミナーに参加することで、

得るものが多すぎたので、

今回の記事で共有していこうと思います。

 

 

セミナー会場に行ったら、そこは月収300万ぐらいは常識の世界だった

 

 

当日になり、僕は

東京まで行ってセミナー会場に

足を運んだのですが、

 

セミナー主催者はもちろんのこと、

参加している起業家たちも、

とんでもない大物だらけだったんですね。

 

 

・主催者は日本とアメリカのシリコンバレーを

股にかけて活動していたり、

数百〜数千億の資金を動かしたり、

有名なチャットアプリを開発した大物起業家で、

 

・僕を誘ってくださった

年収1億をパソコン一台で自動で稼ぐ起業家、

 

・年収3億を自動化して、

他にも実業やコンサルなど

多岐にわたる事業を展開している起業家、

 

・ジョイントビジネスとウェブマーケで

月収300万を自動化している起業家、

 

・ウェブマーケ×広告で

月収200万を自動化している起業家

 

・恋愛×情報発信で

月収200万を自動化している起業家

 

 

・・・など、その他の人も、

200万~300万の月収ぐらい当たり前だぜ?

と、言わんばかりのメンツが揃っていました。

 

 

そんな人たちと対面して、

僕はぶっちゃけこのセミナーに参加した瞬間に、

これまでの自信が一気に崩れ去ってしまいました。

 

 

「あ、月収100万って底辺だったんだ」

 

そう、痛感させられたのです。

 

 

セミナー中も、主催者の話す知識が

高度すぎてなかなかついていけなかったり、

 

質問しようにも、

何を質問すればいいのかすら

わからなかったり、、

 

 

とにかく、収入はもちろんのこと、

知識の面でも自分の非力さを痛感させられたのです。

 

 

 

正直、めっちゃくちゃ悔しかった。

 

 

今までだったら、

地方でビジネスやって、

月収100万とか言っているだけで、

 

「若いのにすごいね!」

 

みたいな言葉をたくさんかけられたりしていたのに、

 

 

このセミナーに参加した瞬間に、

 

「100万くらい普通だよ」

「てか、まだその程度なの?笑」

 

と言われているような感覚がして、

今まで如何に生温い環境でやっていたか?

ということを痛感しました。

 

 

 

それに、地方でちょっと稼いだ程度で

井の中の蛙になっていた自分が

くっっっっっっそダサかった。

 

 

何お前、100万稼いだ程度で自惚れてんだよ、、、って。

 

 

とにかく、反省、反省の連続だったのですが、

でもそれと同時に、今の自分を見つめ直す、

いい機会にもなりました。

 

 

「3億稼いでいる俺が月収0円のやつでもできることをやっている。だから、負けるわけがないんだよ」

 

 

で、セミナーが終わった後は

お酒を飲みながら

起業家同士で交流できる機会があって、

 

自分よりも圧倒的格上の起業家たちと

お酒を酌み交わしながら色々と話を聞いていたのですが、

 

そこで年収3億を稼ぐ起業家が

言っていた言葉がすごく刺さったんですね。

 

 

というのも、

その年収3億の起業家の方は、

 

セミナー中、何度も挙手をして

質問を投げかけていたり、

 

自分の考えをぶつけていたり

ってことをやっていたんですね。

 

 

その反面、僕は

質問どころか、何を質問したらいいのかもわからず、

ただただモジモジして終わってしまっていました。

 

 

そして、僕と同じ実力ぐらいの起業家たちも、

僕と同じような状態に陥っていたのです。

 

 

そんな僕らを見て、

年収3億越えの起業家の方が、

 

「俺はさ、昨日徹夜して

 主催者の人のコンテンツを消化して

 リサーチをしていたし、

 

 だからこそ、今日のセミナーで

 たくさん質問を用意することができたんだよ。」

 

「でもこれってさ、

 別に俺が3億稼いでいるから

 できたことでは全然なくってさ、

 

 なんなら月収0円のやつでも

 できたことなんだよね」

 

「そういうことを

 俺より稼いでない奴がやってなくて、

 

 3億稼いでいる俺がやってるんだから

 負けるわけがないじゃんww」

 

と、言っていたのです。

 

 

もう、まさにその通り過ぎて、

なんも言い返せなかった。。

 

 

自分も前日から、全く何も

用意していないわけではなかったけど、

 

徹夜するほどやったか?

って言われると全然そうじゃなかった。

 

 

自分の基準値の範囲で考えて、

「これぐらいでいいっしょ」

って量でやっていたのです。

 

 

 

その結果が、

セミナーに参加したのに、

全く質問ができない。

 

すごい人と会えているのに、

何も引き出すことができていない。

 

ってことにつながってしまっているという。。

 

 

自分の基準値のしょぼさに

落ち込むのと同時に、

 

「成功している人はやることやってるだけなんだな」

 

ってことを肌で感じました。

 

 

成功者は誰でもできることを圧倒的な量こなしているだけ

 

 

要は、圧倒的に成果を出している人って、

”誰でもできることを圧倒的な量こなしているだけ”

だったのです。

 

 

例えば、前日から徹夜で

セミナー主催者のリサーチをしたり、

セミナーにいって質問をしたり、

意見をぶつけていったり、、、

 

ってことって、

別に年収が1億じゃないとできないとか、

全然そんなことってなくって、

 

1円も稼げてなかろうが、

誰でもできることなんですよね。

 

 

僕は今回、それができてなかった。

 

 

億単位の金額を稼ぐ人がやって、

数百万レベルの自分ができてない。

 

そりゃあ勝てるわけないんですよね。苦笑

 

 

やることやんないと、

そりゃあ成果って出ないです。

 

 

それこそ、圧倒的に結果を出している

成功者を見ていたら、

 

「どうせこの人は才能があったんだろうなー」

 

とかって考えたりもしてしまいそうになるんですが、

 

 

今回、格上の人たちと過ごして思ったのが、

「みんなやることやってるだけだった」

ってことです。

 

 

だから、今一度

「自分はやることやれているのか?」

ってことを確認しなきゃなあ、、と。

 

 

僕はできてるつもりで、

できていないところがたくさんあった。

 

 

100万を安定して稼げるようになって、

「あれ?俺ってだいぶいいところまで来てんじゃね?」

とか、知らぬ間に余裕ぶっこいてしまって、

 

数億クラスの起業家を目の前にした時に

ボッコボコにされて終わると言う。。

 

 

ほんと、ダサいったらありゃしないし、

まだまだ全然出来ることは残っているのに、

何余裕ぶっこいてんだよ俺、、、

って感じです。

 

 

 

とにかく、自分の甘さを痛感しました。

 

もっともっとやらないと、

この差は絶対に縮まらないし、

それどころか広がる一方だなって思いました。

 

 

月収100万稼いでいるからって

余裕ぶっこくんではなくって、

 

常に上の基準値に合わせて

行動していかなきゃダメだなー、、と。

 

 

能力不足を言い訳にしてはいけない

 

 

で、自分が上手くいかない時って、

能力が不足していることを言い訳にしてしまいがちです。

 

 

僕も今回のセミナーに参加した上で、

 

シリコンバレーのこととか異次元すぎるわ、、

とか、

 

実業とか経験ないからイメージ湧かないなあ、、

とかって思ってたのですが、

 

 

でも、わからないで終わらせようとするのではなくって、

年収3億の起業家の方がしたように、

 

前日からみっちりリサーチして準備したりだとか、

セミナー中、必死に食らいついたりだとか、

 

別に、能力外の部分で努力はできたわけで、

能力不足は言い訳にはならなかったんですよね。

 

 

 

何事も初心者のうちってそうですけど、

「自分は初心者だから、、」

ってことを言ってしまいがちです。

 

 

初心者であることを言い訳に、

保険をかけてしまいがち。

 

 

それこそ、僕は古着転売初心者の時に、

上手くいかないことがあれば、

 

「まあ初心者だから仕方ないっしょ」

 

とかって、「初心者であることを言い訳に」

失敗を正当化していました。

 

 

だけど、初心者だって、

別に10時間リサーチすることはできるし、

 

古着転売だったら、

10店舗ぐらい仕入れを回って

練習しまくることだってできる。

 

 

できることなんでいくらでもあるわけです。

 

 

なのに、ちょっと上手くいかなくなったら

自分が初心者であること、

能力不足であることを言い訳に、

上手くいかないことを正当化してしまっていたんですよね。

 

 

 

で、ある程度成果を出せるようになってからも、

セミナー時に上手くいかなかったり、

自分の実力不足を痛感した時に、

 

「自分はまだまだこのレベルじゃないしな、、」

とか、

 

「まあ実業とかまだ早いし、、」

みたいな、

 

能力不足を言い訳にして、

失敗したことを正当化しようとしてしまう気持ちが生まれたんですよね。

 

 

でも、それを言い訳にする前に

できたことなんていくらでもあったわけなんです。

 

 

東京に来るまでに時間あったじゃん?

それまでにいくらでもリサーチできたじゃん?

なんでやらねえんだよ?

って話。

 

 

マジで、

「言い訳すんなよ。黙ってやれよ。」

の一言です。

 

 

才能がなくったって、

リサーチはできるし、本は読める。

 

 

才能やセンスに逃げるんじゃなくって、

やれることをやるべきだったんですよね。

 

 

成功しているからマインドが高いんじゃなくって、マインドが高いから成功しているんだった

 

 

あと、成功している人をみた時に、

全員、マインド偏差値が鬼のように高かったな、、

って感じました。

 

 

相手が格上だろうがガンガン絡みに行くし、

自分が疑問に思うことは余すことなく質問しまくる。

 

とにかく、行動量と、

情報を取りに行く姿勢の貪欲さが半端じゃないなって感じたんです。

 

 

実際、会う前までは、

億以上稼いでいる人とかのことを

 

「どっかで才能があったんじゃないの?」

 

とかって思ってしまっていましたが、

 

 

実際にあってみると、

 

「あ、そりゃあ成功しないわけないわ、、」

 

と言う気持ちに変わりました。

 

 

圧倒的な成功者って、

圧倒的にマインドが高いパターンが多いですけど、

 

それって、成功しているからマインドが高いんじゃなくって、

元からマインドが高いからこそ大成功を収めているのです。

 

 

要は、数千万とか、億を稼いだ実績っていうのは、

”後付け”であって、高いマインドを持って、

行動しまくった”結果論”でしかないのです。

 

 

僕はその点、マインドがまだまだだったなあと。

 

 

もっともっと日頃から意識して

高めていかないことには、

今以上に成功し、成長し続けることは難しいな

と、思わされてしまいました。

 

 

格上が相手だろうが、

自信を持って自分を売り込めるくらいの、

絶対的な知識量とかがまだまだだったなあと、、

 

 

だけど、それを知れただけでも、

すごい大きなことだなって感じたし、

 

得たものをもとに、

またイチから学び実践を繰り返して、

成長していくだけだなーと。

 

 

格上の人間と関わってます?自分の殻破れてますか?

 

 

僕は今回、圧倒的格上の起業家たちが

集まるセミナーに参加してみて、

自分の無力さを痛感させられました。

 

 

ぶっちゃけ、死ぬほど居心地悪かったし、

恥ずかしい思いもたくさんしたし、

早く帰りたいって感じてしまった。

 

 

だけど、なんで今回、

あえて居心地の悪い環境に飛び込んだのか?というと、

 

そうやって、居心地の悪い環境に身を投げて、

自分の実力以上の人たちと関わっていかないと、

大きな成長って見込めないと思ったからです。

 

 

ネットビジネスは自分1人ででもできますが、

1人でやっていると、良くも悪くも、

自分のペース、基準値でこなしてしまいます。

 

 

そして、自分の基準値と、

格上の人間の基準値との差に気づけなかったりするのです。

 

 

 

僕自身も、普段は岡山で、

”自分の中での基準値の範囲で”

作業や勉強をしていたのですが、

 

今回セミナーに参加してなかったら、

その基準値をもっと高めないといけない

という事実には絶対に気づけませんでした。

 

 

こんな感じで、

格上の人間にあったり、

あえて居心地の悪い空間に飛び込んだりすると、

 

基準値の違いを肌で感じることができるので、

自分の基準値を一気に

スケールアップさせることができるのです。

 

 

だからこそ、ぜひ格上の人間に連絡を送ったりして、

勇気を持ってコンタクトをとったり、

実際に会ってみて刺激をもらったり、、

 

ってことをしてみてください。

 

 

それこそ、僕に連絡を送ってくれてもいいです。

メルマガに登録して、

返信を送ってくれたら必ず目を通します。

 

いっせーのメルマガに登録してみる

 

 

たまにですが、

丁寧な感想を送ってくれたり、

しつこくメルマガに返信してくれた人とは

 

スカイプで話したり、実際にあったりしています。

 

 

で、僕も億クラスの起業家と比べたら

至らない点はたくさんありますけど、

 

でも初心者の人や中級者の人には

提供できるものはたくさんあるので、

 

話した人からは、

「数時間で一気に基準値が上がった気がします!」

と、言われることも珍しくないです。

 

 

行動するのはプライスレスなので、

ぜひフットワーク軽く行動してみてくださいね。

 

 

 

とにかく、僕自身、

今回のセミナーに参加して、

格上の起業家たちに会うことで、

 

自分の基準値の低さを痛感して、

今後の行動を見つめ直すことができました。

 

 

マジで、もっとやらないとな、

もっとリスクとって動かないとな、

ってことを感じましたね。

 

 

とにかく、悔しくてたまらないので、

今日も夜まで勉強しようと思います。

 

 

ではでは

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください