1つの会社で一生を勤め上げるのは、これからの時代はリスクでしかない

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

日本の古い常識として、

「一つの会社で一生を勤め上げろ」

と言う教えがあります。

 

 

僕自身も、自分の父親が

サラリーマン信仰の人だったので、

 

「お前は大企業に就職して、

その会社で一生を勤め上げろ」

 

と言うことは口酸っぱく言われてきました。

 

 

確かに、少し前までの時代は、

企業もすごく安定していたし、

日本全体の経済もすごく勢いがあったので、

 

一生を勤め上げると言うのは

安定という意味では良かったのかもしれません。

 

 

だけど、今、あるいはこれからの時代を

生きていくということを考えたときに、

一つの会社で一生を勤め上げるのは

マジでリスクでしかないです。

 

 

 

その理由を今回の記事では話していくのですが、

もし、今働いている会社で一生を勤めようとか、

将来安定した会社に就職して一生勤めようと考えている人に

ぜひ読んで頂きたいなって思います。

 

 

これからの時代、1つの会社で一生を勤め上げることがなぜリスクなのか?

 

 

これからの時代を生きるにあたって、

1つの会社で一生を勤め上げるのはリスクでしかないです。

 

 

なぜなら、一つの会社で一生を過ごしていたら、

その企業の中で通用するスキルは

身につくかもしれないけど、

 

一度外に出れば、そのスキルは

他では全く役に立たなくなってしまう可能性があるからです。

 

 

例えば、僕自身も2年ほど前まで

工場勤務のサラリーマンをやってましたけど、

 

その工場では、8時間永遠と

クレーンを動かす仕事をやっていました。

 

 

だから、クレーンの操作方法はある程度分かったし、

運転のスキルもある程度は身についたと思います。

 

 

だけど、このスキルって、

工場内でしかもクレーンを操作する必要のあるところでしか、

必要のないスキルなので、

 

仮にクレーンがAIによって自動化されて、

営業やIT関係のところに転職しないといけない!

ってなると、全く通用しなくなってしまうのです。

 

 

 

なので、一つの会社で一生勤め上げようとして、

仮に50歳ぐらいでリストラにあってしまったら、

 

他の業界で通用するスキルを持っていない状態で

職を失ってしまうので、

一気に食いっぱぐれてしまう心配があるのです。

 

 

で、そうならないためには、

一つの会社にずっと働き続けるのではなくって、

 

他の業種を経験したり、

今求められているスキルを考えて、

それを磨き続けるという努力も必要になってくるのです。

 

 

 

何より、人生において一つの仕事しか経験できないのは機会損失でしかない

 

 

何より、一度きりしか生きられない人生の中で、

無理に一つの環境に固執してしまうのは、

機会損失でしかないよなって思うのです。

 

 

それよりも、いくつかの業界を転々としたり、

様々な仕事を経験しておいた方が

武器も増えるし、世界が広がるから面白いと思うのです。

 

 

例えば僕は、2年前に会社を辞めて、

ネットビジネスというものを専業にしましたけど、

 

その過程で古着を転売して稼ぐスキルとか、

文章を書いてネット上に仕組みを作って

自動収益を生み出すスキルとか、

広告を回すスキルとか・・・

 

色んなスキルが身につきました。

 

 

だから、今仮にビジネスが倒れて

稼げなくなったとしても、

 

またイチから古着を転売すれば、

すぐに生活費ぐらいは稼ぐことができるし、

 

他にもウェブライターとして

案件をもらって捌くことで

お金を稼ぐことだってできる。

 

 

つまり、働く環境を変えて、

様々なことを経験したからこそ、

色んな業界で通用するスキルが身について、

稼ぐということに対して困らなくなったのです。

 

 

 

で、これは前の会社で

作業着着てせっせとクレーン動かしているだけでは

到底身につかなかったスキルです。

 

 

だから、一つの会社にずっとい続けて、

他では通用しないスキルを

わざわざ何十年もかけて磨くよりも、

 

環境を変えたり経験を増やしたりして、

色んな場面で通用するスキルを身につけた方が

将来的に見るとずっと安心感があると思っているのです。

 

 

そもそも、考えが古臭すぎる。苦笑

 

 

というか、そもそも論、

今の時代において、

「一つの会社で一生を勤め上げろ」

という意見は古臭すぎます。笑

 

 

古すぎて、

いつの時代の話してんだよw

って思ってしまうぐらいです。。

 

 

なんでかって、

今は凄まじいスピードで時代が変わって行ってるし、

 

AIの台頭によって、

多くの雑務はどんどん自動化されつつあるし、

 

 

おまけに、ネットがあることで、

たった一人の個人でもレバレッジをかけることができ、

大企業に引けを取らないレベルの収入を得ることができるようになった。

 

 

だから、この時代において一番重要なのは、

変化し続けること、個人として成長し続けることであり、

 

一番のリスクは「変化しないこと」なのです。

 

 

そんな時代で、一つの企業の駒として、

一生を勤め上げるなんてことをするのは、

時代遅れにも程があるし、

 

その言葉を鵜呑みにして

一つの会社で勤め上げようとしたら、

時代に取り残されてしまう恐れだってあるのです。

 

 

 

だから、一部の時代の流れを把握できていない大人は

そんな意見をいってくるかもしれないけど、

 

鵜呑みにしていたらマジで

人生パーにしてしまう恐れもあるので、

 

そんな意見は無視して、

将来の自分を楽させるためにも、

フットワーク軽く動いて行った方がいいと僕は思うのです。

 

 

とはいえまずは一つを徹底的に。副業からスキルを身につけていくのがおすすめ

 

 

一つの会社に定住せず、

様々な分野、業界を経験した方がいいとは言いましたが、

 

とはいえ、まずは一つのスキルを徹底的に

伸ばしていった方がいいですし、

 

会社をいきなり転職するのは無理があると思うので、

まずは副業を初めて週末起業するのがおすすめです。

 

 

その上で、ネットを使えば、

誰でもいつからでもサクッと

ビジネスを始めることができます。

 

 

僕も週末起業から始めたことで、

経済的な自由を手に入れて、

独立することができて人生の選択肢を広げることができました。

 

 

例えば、僕がやったビジネスは

「古着転売」というビジネスで、

 

古着をリサイクルショップなどから安く仕入れて、

メルカリに出品して販売するという

シンプルなビジネスなのですが、

 

この古着転売というビジネスを通して、

ビジネス的な視点だったり、

価値提供することの喜びを僕自身感じることができました。

 

 

それに、1着数百円のレベルで

古着を仕入れることができる上に、

安くても3000円、高いもので1万円以上で

バンバン売れていくので、

 

資金のなかった自分でも、

数万円の資金を元手にスタートすることができたのです。

 

 

だから、初心者がビジネスに挑戦する上でも、

スキルを身につける上でも

古着転売は打ってつけなのかなーと。

 

 

また、ここで古着転売のことを話しだすと

止まらなくなってしまうので、

 

僕が出版している古着転売の書籍を参考にして、

初めてみてください。

古着転売のノウハウが詰まった書籍を無料で受け取る

 

まずは小さく始めて、

少しずつでいいので、

スキルを身につけていきましょう。

 

 

で、経済的な力を手に入れることができれば、

その先で他にも様々なスキルを磨いて、

どんどん変化を起こしていきましょう。

 

 

 

とにかく、今の時代において、

一つの会社で一生を勤め上げるなんてことは、

リスクでしかありません。

 

 

それよりも、様々なジャンルのことに触れて、

自分の可能性を広げていきましょう。

 

 

その方が、長い目で見たときに、

ずっと安泰だと思いますよ。

 

 

ではでは!

 

 

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください