時間もお金も体力も手に入る、1日1.5食のススメ

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕は、ここ一年ほどずっと、

「1日1.5食」を続けています。

 

 

朝飯は食べず、昼に軽食を食べて、

夜はがっつり食べる。

という生活を続けているのです。

 

 

で、こういう生活をしていると、

それってお腹減らない?大丈夫?

ってことをよく聞かれるのですが、

 

別に慣れてしまえば

お腹が減ることはないし、

 

消化に使うエネルギーを節約できたり、

日中の仕事のパフォーマンスをあげることができたり、

メリットの方が多いよなーって感じています。

 

 

だから、今回は、

1日1.5食にすることのメリットを

共有していこうと思います。

 

 

1日1.5食にすれば、時間もお金も体力も増える

 

 

まず、結論から言うと、

1日1.5食に変えることで、

時間・お金・体力

この三つの面で得することができます。

 

 

(あ、ちなみになんで1.5食買って言うと、

流石に1日1食はきつかったから、

昼に軽食を食べた方がいいなって思って、

1.5食にしてます。

 

だから、できる人は

1日1食とかでもいいと思います。)

 

 

まず、時間に関して言うと、

ご飯を自分で作って食べようとしたら、

 

・料理にかける時間

・食べる時間

・洗い物をする時間

 

が必要になってきます。

 

 

で、これら全てを自分でやっていたら、

少なくても30分〜1時間ぐらいは

時間を取られてしまうんですよね。

 

 

これ、結構もったいないなーって思うんです。

 

 

だから、食事の回数を減らすことで、

これら30分ぐらいの時間を

一気に浮かせることができるんですよね。

 

 

その空いた時間で読書量を増やしたり、

古着の出品の量を増やしたり、

収入をもっと高めるための行動を増やせるようになるのです。

 

 

次に、体力の面ですが、

ご飯を食べたら当然ですけど、

食べたものを消化しますよね。

 

 

で、消化する時って、

人間めちゃくちゃエネルギー使うんですよ。

 

 

例えば、どか食いした次の日とか

夜寝る前にカップ麺を食べた次の日って、

なんか身体だるいなーって感じません?

 

 

あれって、食ったものを消化するのに

かなりのエネルギーを使っているからなんですよね。

 

 

それと一緒で、食事量が多いと、

消化に必要なエネルギーの量も自然と多くなるので、

 

日中に疲れてしまって、

仕事のパフォーマンスが落ちたり、

勉強に集中できなくなってしまうんです。

 

 

僕も、独立して数ヶ月は

毎日のように3食どか食いしてたんですが、

そのせいで日中のパフォーマンスがだだ下がりでした。。

 

 

読書してたらいつの間にか眠ってしまったり、

ブログを書こうとしても集中できなかったり、、

ってことが多かったんです。

 

 

だから、食べる回数を減らすことで、

単純に消化に使うはずだったエネルギーを

節約することができて、

日中のパフォーマンスをあげることができるんですね。

 

 

 

最後にお金に関してですが、

これは単純に食費が減るって言うのもそうですけど、

 

 

さっき言ったように、

時間と体力が増えることによって、

 

浮いた時間でもっと世の中に価値提供したり、

体力を節約することで日中の仕事効率を

あげることができる。

 

 

その結果として、

収入も今以上にアップしていくのです。

 

 

だから、1日1.5食にすることで、

時間・体力・お金

この三つの面で得することができるのです。

 

 

 

そういった点から見ると、逆に考えれば、

1日3食食べることで起きる弊害も

中々大きいんですよね。

 

 

単純に食費はかかるし、

洗い物とか料理に時間を持っていかれるし、

日中眠くなってしまって仕事のパフォーマンスが落ちる

 

・・・など、これを毎日続けていたら、

生産性って鬼下がってしまいます。

 

 

 

だから、1日1食までとは言わずとも、

昼は軽食で夜がっつり食べると言う、

1日1.5食に食事回数を減らせば、

 

人生全体で見たときの生産性を

一気に高めることが可能です。

 

 

今の日本人はぶっちゃけ食べ過ぎ

 

 

僕は、今の日本人はぶっちゃけ

食べ過ぎだと思っています。

 

 

過去の僕を見てても思うけど、

朝はご飯に納豆に、卵に味噌汁。

昼はラーメン大盛りで、夜もまたカレーライスにがっつく・・・

 

 

朝から晩まで炭水化物のオンパレードでした。笑

 

 

これだと、当然だけど

仕事でいいパフォーマンスは出せないし、

1日中身体にダルさを感じたまま働く必要が出てきます。

 

 

 

そもそも、人間の体は、

石器時代に生きていた先祖の身体の構造がベースになっていて、

 

その当時の僕らの先祖は

1日1食が習慣だったみたいなんです。

 

 

だから、そもそもで考えたときに、

1日3食って食い過ぎだったと言うことで、

本来は1日1食ペースで食べるのが

僕らの身体にマッチしていたんですよね。

 

 

もちろん、ご飯を食べないと

中々エネルギーが出ない感覚もわかるし、

僕自身も美味しいものを食べる時間は幸せだし、

 

食事回数減らすのって抵抗あるかもしれないです。

 

 

だけど、僕はそれ以上に

ビジネスでお金を稼ぐのが優先で、

 

その上で時間が削られたり、

日中のパフォーマンスが下がるのって致命的だったので、

食事を捨てて成功をとる選択をしました。

 

 

だから、ビジネスはやってるけど

別にそこまで成功したくないよって思っていたり、

 

別に飯を1日に何色食べようが、

身体のコンディションは変わらないよ

って人は、今回の方法も実践しなくていいと思います。

 

 

だけど、本気でビジネスに取り組んで、

成功を目指すのであれば、

何よりもビジネスを最優先にして欲しいし、

 

その上で、早く成功するためにも

仕事のパフォーマンスを高めることは鬼重要なので、

今回の方法も実践してもらいたいなーって思うのです。

 

 

それに、これも結局慣れで、

やってみたら案外できるもんだなーって思いますよ。

 

 

いきなり食生活を変えるのはきついので、徐々に食事量を減らすべし

 

 

とはいえ、1日3食食べてた人が

いきなり1日1食とかに変えるのって、

身体が慣れていない分大変だったりするので、

 

まずは少しずつでもいいから

食事量を減らすところからやってみるといいです。

 

 

例えば、今まで昼にラーメンを大盛りにして

食べていたところを、

普通の量に変えてみたりとか、

 

朝飯をがっつり食べていたなら、

1品か2品減らしてみたりだとか・・・

 

 

この記事でも書いたように、

習慣にするためには小さく始めるのが大事なので、

 

いきなり1食とかに減らすんじゃなくって、

身体が負荷を感じないように、

まずは少しずつ減らしていくのが大事です。

 

 

で、慣れてきたら、

朝ごはんを抜いてみたり、

徐々に体を鳴らしていくのが大事。

 

 

 

僕も、最初はそんな感じで

体を鳴らしていって、

今では「1日1.5食」を定着させることができました。

 

 

多分、これに成功したら、

1日に使える持ち時間とか体力が増えるので、

充実度も上がっていくと思いますよ。

 

 

なので、特にビジネスパーソンには

実践して欲しいなーって思い、

共有してみました。

 

 

実践していただけると嬉しいです!

 

 

ではでは!

 

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
公式LINE始めました。登録で無料プレゼント「古着転売仕入れスキルマスター講座」もあり
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
古着転売をやるにあたって、古物商許可証はとった方がいいのか?について答えてみた
起業に準備が必要だと思っている人へ。とりあえずやってみなきゃ何にもわかんないぜ
虚弱体質だった僕が脱サラして2年以上風邪すら引いてない。体の不調の原因はストレスが大きく占めていたという話

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください