継続力のある人ほど実は自分に甘い理由と、努力いらずで継続できる習慣化のコツ

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕はこれまで約2年間ほど

ネットビジネスを継続してきました。

 

 

その過程で、古着転売だったら

仕入れとか出品などの雑務を繰り返してきたし、

 

情報発信の方では

ブログを書いたりメルマガを書くってことを

この2年間続けてきたんですよね。

 

 

他にも、最近は筋トレや読書も

毎日のように続けています。

 

 

なので、こと何かを継続する

ということに関しては、

かなりコツをつかめたと思っています。

 

 

そのコツについて今回は

共有していきますね。

 

 

継続のコツは「自分に甘く」すること。自分に厳しい人ほど実は上手くいかない

 

 

で、継続することのコツについて

結論から述べてしまうと、

とことん自分に甘くすることが大事です。

 

 

え?って思ったかもしれませんが、

これ、めちゃくちゃ大事なことなんですよね。

 

 

毎日努力を継続している人って、

一見、ストイックに見えるし、

自分に厳しい人なんだろうな、、

って思ってしまうかもしれません。

 

 

でも、僕自身継続力に関して

これまでに勉強してきたからこそわかるのですが、

全くの真逆だったんですね。

 

 

継続力のある人ほど、自分に甘かったのです。

 

 

 

逆に、これからビジネスなり、

ダイエットなり、読書なり・・・

 

何かを始める際に、

自分に厳しい課題を持とうと思っている人は

(例えば、「今日から毎日1冊は本を読んでやる!」みたいな)

 

おそらく9割の確率で

その物事は挫折してしまうので、

ここで考えを改めた方が良いと思います。

 

 

なぜなら、自分に厳しくするということは

自分にとってハードルの高い目標設定をするということなので、

 

毎日きつい思いをしながら、

物事を続けていくことになってしまい、

そのうちキャパオーバーになって挫折してしまうんですよね。

 

 

例えば、僕もよくあったのが、

書店で本を買ってみて、

その瞬間は一時的にテンションが上がって、

 

「よし!今日から1日1冊は本を読むぞ!」

とか無茶な意気込みをするのですが、

 

でも読書なんかこれまでやってこなかったし、

活字に対して抵抗があったので、

すぐに読むのがしんどくなって、

3日坊主で終わってしまったみたいなこと。

 

 

で、継続できなかった自分に対して

「なんて意志力のないやつなんだ俺は・・・」

と自己否定をしてしまったり、

 

継続できなかった読書に対して

嫌なイメージを持ってしまったりしていたんですよね。

 

 

だから、自分に対して厳し目の

目標を設定してしまったら、

99%の確率で挫折してしまうと考えておいた方がいいです。

 

 

そもそも人間はやる気が継続しないようにできているということを認識すべし

 

 

そもそも認識しておくべきなのは、

人間には「恒常性維持機能(こうじょうせいいじきのう)」という、

 

要は、一時的に伸びたやる気も、

落ち込んでしまったやる気も、

一定の時間が経つと元に戻ってしまうという機能が備わっているので、

 

この機能のせいでやる気っていうものは

長期間維持しないようにメカニズムされているのです。

 

 

例えば、どれだけテンションが上がって、

今日から毎日読書しまくるぞ!!

とかって決意をしても、

 

数日後にはそのテンションが

元通りになってしまうのは、

恒常性という機能が人間に備わっているからなんですね。

 

 

だから、やる気が続かないとか、

決意しても三日坊主で終わってしまうというのは、

人間としては正常である証なんです。

 

 

逆に、めちゃくちゃな目標を立てて、

それを毎日継続できる人がいたら、

その人は相当変態なんだと思っておけばよしです。笑

 

 

なので、大事なのは、

継続できない理由として、

「自分の精神力が弱い」

という認識をするんじゃなくって、

 

「恒常性があるから仕方ないことなんだ」

という認識をすることです。

 

 

この認識を持っておくだけでも、

かなり精神的に楽になると思います。

 

 

習慣化の威力はめちゃくちゃ強い

 

 

その上で、自分の精神力に頼らず、

「習慣化」というこれまた人間に備わっている武器を

使った戦い方が重要になってきます。

 

 

習慣化の威力はめちゃくちゃ強くって、

習慣化が完了した物事は、

努力をしなくても毎日続けられるようになるんですよね。

 

 

僕が、現在毎日のように

読書と筋トレを続けているのも、

2年間ネットビジネスを継続してこれたのも、

「習慣化」の力を利用したのが大きいです。

 

 

で、なんで習慣化の威力が強いのか?というと、

それは、習慣化したものは、

”毎日こなさないと気持ち悪い”という感覚を持つからなんですね。

 

 

例えば、歯磨きって努力しなくてもできるし、

なんなら毎日やらないと気持ち悪いじゃないですか?

 

これは、毎日歯磨きを繰り返すことで、

完全に習慣化しているからなんですよね。

 

 

で、あの感覚を、読書や筋トレなど、

別のものに応用するのです。

 

 

これいうと変態かよって思われるかもですが、

僕は読書、筋トレを完全に習慣化しているので、

毎日やらないと気持ち悪いという感覚まで

覚えてしまっています。

 

 

もはや、努力している感覚なんて皆無です。

 

 

ここまでのレベルまでこれたら、

努力しなくても勝手に成長していけるようになるので、

かなり楽になりますよ。

 

 

習慣化のコツは大きく分けて3つある

 

 

で、習慣化のコツを話していきますが、

コツは大きく分けて3つあります↓

 

1:小さく始める

2:できた自分を毎日褒める

3:絶対3週間は続ける

 

 

このサイクルを意識して取り組めば、

どんな物事でも習慣化できるので、

ぜひ実践してみてください。

 

 

それぞれ詳しく話していきますね。

 

 

小さく始める

 

 

まず、小さく始めるということですが、

ここが「自分に甘くするのが大事」

と言ったところと通ずるところで、

 

どんな物事も、慣れていないものであれば、

小さく始めないと継続ができないんですよね。

 

 

例えば、読書だったら、

読書に慣れていない人が

「1日1冊本を読むぞ!」と意気込んだところで、

 

3日も経てば本を読むのが嫌になって、

挫折してしまうでしょう。

 

 

だからこそ、

「まずは寝る前に1日1ページ読むことから始めよう」

という感覚で、小さく始めるのが大事。

 

 

自分に無理のない、

継続できる量で始めるのが大事なんです。

 

 

僕自身、今では1日に1冊、

多い時で2冊ほどほど本を読んだりしますけど、

それは慣れたからこそできていることで、

 

最初はあらかじめ枕元にKindleを置いておいて、

夜寝る前になったら開いて1ページだけ読むという、

小さなステージから始めていました。

 

 

逆に、いきなりでかくやろうとしたことって、

中々継続できないパターンがほとんどです。

 

 

だから、習慣化したいのであれば、

 

まずは小さく始める。

目標はとことん甘く設定する。

 

これがめちゃくちゃ大事なんですよね。

 

 

できた自分を褒める

 

 

次に大事なのが、

毎日できた自分を褒めるということ。

 

 

え?そんなことが大事なの?

って思ったかもしれないですけど、

これも中々バカにできないです。

 

 

なんでかって、継続する上で

ネガティブ思考は極力排除しておいた方がいいからです。

 

 

例えば、挫折する時だって、

できない現実に直面して、

 

「自分は意思が弱いんだ。。」

「なんてダメなやつなんだ。。」

 

と思い込むからじゃないですか。

 

 

そうやってネガティブな思考が癖になっていると、

知らず知らずのうちに

「自分は何をやってもダメなやつ」

 

という認識を持ってしまって、

継続がストップしてしまうんですね。

 

 

だから、読書だったら

1日1ページでも本を読めたら

大いに自分を褒めてやることが大事。

 

 

僕自身も、

「よっしゃ!今日も1ページ読んだ!自分よくやった!」

 

と、自分を鼓舞してあげてました。

 

 

そうすることで、

小さなことかもしれないけど、

行動している自分のことを好きに慣れて、

自己肯定感を高めることができていたんですよね。

 

 

だから、できた自分をしっかりと褒めて、

自己肯定感を高めていきましょう。

 

 

絶対3週間は続ける

 

 

最後の「絶対3週間は続ける」

というところですが、

なぜ3週間なのか?というと、

 

物事が習慣化するまでには、

3週間の時間が必要だからです。

 

 

逆に、どんな物事でも、

小さく始めて3週間続けてしまえば、

習慣化することができるということです。

 

 

例えば、読書にしたって、

1日1ページの量を3種間続けてしまえば、

それ以降は歯磨きするのと同じ感覚で

読書ができるようになるのです。

 

 

だから、必ず3週間は続けるのが大事。

 

 

その上で3ヶ月とか、半年とか、

長期間継続していくと、

そのうち読書しないと気持ち悪い、、

という感覚に襲われます。

 

 

活字アレルギーならぬ、

活字中毒です。笑

 

 

 

そこまでいってしまえば。

努力や精神論に頼らずとも、

どんどん成功に近づくことができるようになります。

 

 

だから、

 

小さく始める、

できた自分を毎日褒める、

絶対3週間は続ける

 

この3つのフェーズを意識して、

習慣化したいことに応用してくださいな。

 

 

精神論に頼るのは今日で終わり。今日から努力は習慣化してしまおう

 

 

 

ここまで、

人間がやる気を継続できない理由、

習慣化のコツなどについて話してきましたが、

 

今回話したことは、様々なことに応用できます。

 

 

古着転売の出品作業とか、

ダイエットとか、

筋トレとか、掃除とか、禁煙とか・・・

 

 

自分が、これ習慣にしたいなー

ってことがもしあれば、

今回話した方法を応用して

どんどん良い習慣を増やしていってください。

 

 

とにかく最初は、

自分に甘く、小さく始めること。

これを意識してください。

 

 

読書なら、1ページ読むことから、

古着転売なら1出品することから、

筋トレなら腹筋を3回することから。

 

 

僕自身も、そうやって、

無理のない目標だったからこそ、

確実に力にすることができました。

 

 

だから、とことん自分に甘くしていきましょう。

 

 

それを癖にしていけば、

案外、大抵のことも上手くいくようになりますからね。

 

 

 

まとめると、

 

・自分に厳しくしない方がいい

・やる気が続かないのは恒常性のせい

・継続させるには習慣化の力を使う

・3つの習慣化のコツを意識すれば、習慣化はどんな物事でも可能

 

という感じですね。

 

 

ぜひ、意識して実践してください!

 

 

ではではー

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
公式LINE始めました。登録で無料プレゼント「古着転売仕入れスキルマスター講座」もあり
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
古着転売をやるにあたって、古物商許可証はとった方がいいのか?について答えてみた
起業に準備が必要だと思っている人へ。とりあえずやってみなきゃ何にもわかんないぜ
虚弱体質だった僕が脱サラして2年以上風邪すら引いてない。体の不調の原因はストレスが大きく占めていたという話

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください