出品が続かないのはあなたの意志が弱いせいではない。環境が悪いだけである。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕はいろんなメディアを使って、

古着転売をやろうぜ!

ってことをここ数年ぐらい発信し続けています。

 

 

なんでかって、古着転売は、

小資金で始められるし、利益率が高いし、

その上結果が出るまでのスピードが早いからなんですね。

 

なので、ビジネス初心者にとっては

打ってつけのビジネスじゃん!と思って、

古着転売をずっと進めています。

 

 

僕自身も、元々はビジネスのビの字も

知らないような奴でしたが、

古着転売のおかげでたった半年の期間で

経済的自由を得る事ができました。

 

 

だから、自分の経験からしても、

古着転売は本当にいいビジネスだなー

って思っているのです。

 

 

 

だけど、古着転売ももちろん、

いいことばかりではなくって、

やっていて面倒な作業も結構多いです。

 

 

で、その面倒な作業っていうのが「出品」ですね。

 

 

事実、僕自身メルマガをやっていてわかるのですが、

「出品作業が面倒で中々捗りません、、」

って声をたくさんいただくんですよね。

 

 

すごくわかります。

僕もそうでしたもん。

出品するの、めちゃくちゃ面倒でしたよ。笑

 

 

で、読者さんからの悩みを聞いているとわかるのが、

「今日こそはたくさん出品するぞ!」と決めたのに、

面倒になってすぐにダラダラしてしまうということ。

 

 

その結果、作業が進んでいないことに罪悪感を感じて、

「自分はなんて意志力が弱い人間なんだ。。。」

という風に感じてしまうらしいのです。

 

 

でもですね、僕が今回言いたいのは、

出品が中々続かないのって別に

あなたの意思が弱いせいじゃないよ

ってことです。

 

 

大事なのは意思じゃなくて、

「環境だ」ってことを今回は話していきたいと思います。

 

 

意思力に頼るといいことはない

 

 

まず、意思力に頼ろうとするとろくな事がないです。

 

 

そもそも人間の意思ってのは続かないようにできているので、

意気込みとか決意っていうものをしたところで、

全く意味がないんですね。

 

 

事実、過去の僕を見ていてもそれはすごくわかります。

 

 

例えば、僕自身も、

大量に古着を仕入れて帰った日は、

「よし、明日はこの古着を全部出品してやる!」

とかってことを意気込んでました。

 

 

だけど、一晩寝て朝起きたら、

昨日のやる気なんてとっくのとうに吹っ飛んでいて、

やろうやろうとは思いつつも、ソファに横になったまま

 

「あー出品面倒臭えなあ」

「YouTube見てからやろう。。」

 

とか言いながら結局夜まで永遠とYouTubeを見てしまって、

全く作業が進まない事がよくありました。

 

 

 

だけど、そんな事なんか全く知らなかった当時の僕は

全く作業が進んでいない問題に直面して、

「うわー、、今日全然出品できなかった。。」

「俺まじでダメな奴だわ。。」

 

って自己否定してしまってたんですよね。

 

 

だから、

「明日こそは今日の分を取り返すぞ!」

「1日で30出品だー!!」

とかって無茶な計画を立てるんですが、

 

無茶な計画を立てることで

無駄にハードルは上がりまくり。

 

 

次の日も面倒になって、

永遠と漫画を読んでたりしました。苦笑

 

 

こんな感じで、意思力に頼ることで、

 

決意する→できると思い込む→面倒になる→サボる→できると持ってたのにできない現実を目の当たりにする→意思の弱い自分を否定する→落ち込む→次こそは!と思って前より無茶な計画を立てる→ハードル上がりまくってできない→また落ち込む

 

・・・の負のループに突入してしまうのです。

 

 

意志力依存は今日から捨てる

 

 

で、ですね。

こういう負のループっていうのは

どっかで断ち切る必要があります。

 

 

その上で、断ち切るためには

”意志力依存を捨てる”

というマインドを落とし込む必要があります。

 

 

思えば、これまで自分の意思力に頼って、

上手くいったことって僕はなかったです。

 

 

新しい一年を迎えた時は

毎年のように「#今年の目標」をSNSに書き込むけど、

達成した試しなんか一度もなかったし、

 

今日は古着を30着出品するぞ!!

とか意気込んだことは何度もあったけど、

実行したことは一度か二度ほどしかなかったです。

 

 

なのに、懲りずに何度も

意思力に頼ろうとしていたんですよね。。

 

そりゃあ、上手くいく事がなかったわけです。

 

 

 

だから、こういうのはマインドをバチっと切り替えるのが大事。

 

僕自身も、意思力に頼るのをやめて、

もうやるしかないっしょ

っていう環境を作るようにしてから、

 

作業も勉強も毎日のように

捗るようになっていきました。

 

 

物理的に逃げられない環境を作れ

 

 

例えば、最近で言うと僕は

古着転売の方は外注してしまってるので、

仕入れ以外はやる作業がないのですが、

 

情報発信の方では、毎日勉強したり、

こうやってコンテンツを作ったりってことをやってます。

 

 

で、「よし!今日はブログ描きまくるぞ!」

とか意気込んで家でやろうとしたら、

これが続かないんです。笑

 

 

家にはテレビもあるし、ベッドもあるし、

漫画もあるし、YouTubeもすぐに見れる。

とにかく環境が悪すぎるから。

 

 

だから、毎日のように、

余計なもの(スマホとか漫画とか)は全部家において、

家から出て近所のカフェに出向いて作業をしています。

 

 

すると、毎度コーヒー代も懐から出ていくし、

周りには人の目もあるから、

変な動画とか見れないわけだし、

 

何しろパソコンしか持っていってないわけなんで、

作業するしか選択肢がないわけなんです。

 

 

そうなると、不思議なことに、

怠け者の自分でもできちゃうわけなんですよね。

 

 

 

で、古着転売を自分でやっていた時も

同じように工夫はしていました。

 

 

例えば、プライベート用のスマホで

古着の撮影とかやってしまうと

すぐにYouTubeとかツイッターを開いてしまうので、

 

プライベート用のスマホの電源はブチッと切って、

作業部屋から一番遠い部屋に置いて、

作業用のデバイスを使って作業をしていたんです。

 

 

その上で、出品もサボってしまいがちだったから、

彼女や友人に「今日10着出品できなかったら10万円払うわ」

って宣言×罰則を設けた上で実践していました。

 

 

 

そうなると、もうやるしかなくなるわけで、

どんどん出品作業が捗るようになるんですね。

 

 

 

だから、大事なのは、

 

・人間の意志は弱いと言うことを受け入れる

・その上で、やるしかない環境を作る

 

と言うのが重要になってきます。

 

 

この二つをしっかりと意識していくことで、

どんなに怠け者の人でも

作業に集中できるようになると思ってます。

 

 

なので、ぜひ実践してみてくださいな。

 

 

「逃げられない環境を作ることから逃げないこと」これ鬼大事

 

 

もう一つ大事なことをば。

 

 

今回の記事では

意志力依存を捨てて環境を工夫しようぜ

って言うことを言いましたけど、

 

こう言うことを言うと次に出てくる問題が、

「逃げられない環境を作ることから逃げてしまう」

と言うことです。

 

 

例えば、さっきいった、

宣言と罰則を使うルールだって、

宣言して、破って、罰金を払う羽目になったらどうしよう?

 

と言う気持ちが出てきてしまって、

中々できなかったりします。

 

 

僕もそうでした。

 

上級者の人から

「罰金ルール使うといいよ!」

とか言われても、

 

罰則設けて破っちゃったらどうしよう?

とか考えて中々実践しなかった事があります。

 

 

だけど、その時点で逃げてたんですよね。

でも、ここで逃げてたらいつまでも成長できないんですよ。

 

 

だって、これまで何度も自分の意思に頼ろうとして、

ほとんど上手くいかなくて挫折してきたわけなんだから、

これからも同じような手法で実践したって

上手くいくわけないんです。

 

 

 

だから、当時の自分に言いたいのは、

そのまんまじゃいつまでも成功できないよ

って事。

 

 

成功したいんだろ?

そのために古着転売始めたんじゃないの?

覚悟決めろよ?

ってことを言ってやりたい。

 

 

それに、追い込まれたら人間って

案外やるんですよね。

 

 

僕も、今脱サラして

ビジネスを専業にして生きていますけど、

 

これって最初から

独立して食っていける自信があったから

会社をやめたわけじゃなくって、

 

自信なんか全然なかったし、

会社やめて食っていけるかすげー心配だったけど、

それでも会社を辞める宣言をしちゃうことで、

やるしかない!って状況に追い込めたわけなんです。

 

 

これがもし、会社を辞める宣言をせずに、

のんびりと会社員をやりながら副業をやってたら、

多分、今のレベルまでは到底来れなかったです。

 

 

これは何も、会社をやめろとか言ってるわけではなくって、

自分が本気で取り組みたいことに対しては、

先に宣言やらしてしまって追い込んじゃう

って言うのが大事だよってことです。

 

 

だから、古着転売の出品に関しても、

面倒な時ほど先にサクッと宣言してしまって、

やるしかない状況に追い込んだ方がいいってこと。

 

 

とにかく追い込んでみましょう。

 

その方がウダウダ悩む時間も無くなるし、

やるべきことをやらなくて自己否定する時間もなくなるから、

かえって楽ですよ。

 

 

だから、ぜひ実践して欲しいなって思います。

 

 

また、今回話した方法は

古着転売だけじゃなくっても、

ダイエットとか禁煙とか受験勉強とか、

あらゆることに応用可能です。

 

 

落とし込む事ができれば、

どんな物事も遂行できる人間になりますよ。

 

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

 

では!

 

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

 

僕は22歳で月収100万に到達し、

お金と時間の両面で自由な状態を手に入れることができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われる会社員だったし、

舐められがちな性格から

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕も古着転売というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たった半年で給料以上の利益を得て脱サラし、

人生を大逆転させることができました。

 

仕事が出来なかった、

コミュニケーションが下手だった、

勉強も出来ないから会社員になっても肉体労働しかできなかった。

 

そんな僕でも、古着転売を学ぶことで

経済的自由が獲得できるほどの収入が手に入り、

文字通り、人生を大逆転させる事ができたのです。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し継続して実践さえ出来れば、

誰だって短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような

古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて販売している書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

今までの僕の経験やノウハウを絞り出したので

約32000文字という

かなりの容量となってしまいましたが、

 

読者の方からは「スラスラ読めた」

と言った声も頂いておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、

活字が苦手な方でも簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

具体的に学べる内容はと言うと・・・

 

✔︎経済的自由を得るために必ず落とし込んでおかなければいけないビジネスの本質とは?

✔︎ビジネスの世界において成功するために必ず持っておくべき5つのマインドセットとは?

✔︎古着転売で成功するために必須な「仕入スキル」を伸ばすための具体的な方法とは?

✔︎僕が店舗仕入れのみで30万の副収入を得る事が出来た理由とは?

✔︎たった2ヶ月で月収40万に到達し自由を得た僕のコンサル生が実践した、たった一つのシンプルな思考法とは?

 

上記のような内容が学べます。

 

実際に本教材を学んで

「月収5万~10万を稼げるようになった!」

と言う報告もたくさん頂いておりますので、

ぜひこの機会に学んでみてください。

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
公式LINE始めました。登録で無料プレゼント「古着転売仕入れスキルマスター講座」もあり
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
僕が定期的に自己分析する理由と、一見遠回りに見える事が一番の近道だという考え方
背伸びの重要性。「自分にはまだ早い」が口癖の人は成長スピードが鈍くなる
出品が続かないのはあなたの意志が弱いせいではない。環境が悪いだけである。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください