華金に読書せずに飲み会行ってる人ってめちゃくちゃ損してるんだけど・・・

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

今回は

華金に勉強せずに飲み会に行ってる人って

めちゃくちゃ損してるよなー

という話をしていきたいと思います。

 

 

日本には「華金」とか「金晩」っていう、

金曜日に仕事が終わったら次の日休みだから飲みにいこう!

という風習があります。

 

 

会社員の友達をSNSとかで見ていても、

「#華金 #飲み最高 #やっと仕事終わった」

みたいな投稿がされていたり、

 

「終業時間までのカウントダウン開始、、

 早く飲み会行きたい(TT)」

という投稿がよくされているのがわかります。

 

 

また、僕自身も元々は会社員だったので、

週末、居酒屋に仲間と集まって、

お酒を飲みながらストレスを発散するのは

すごく楽しみでもありました。

 

 

なので、すごく気持ちもわかります。

 

 

でも、ビジネスを始めて、

毎日勉強するようになった今となっては、

過去の自分と同じような行動をとっている人たちを見て、

 

華金に飲み会いくのってもったいなくね?

なんでみんな読書しないのかな?

 

って思ってしまうのです。

 

 

今回はその理由について書いていこうと思います。

 

 

飲み会で得られるもの・失うもの

 

 

飲み会って確かに楽しいです。

 

美味しいお酒を飲んだり

同僚や友人と仕事の愚痴を言うことで

日頃の仕事のストレスが発散されるし、

その瞬間は充実した時間を過ごせます。

 

 

だけど、考えるべきなのが、

飲み会に行くことで何が得られるのか?

そして、何を失ってしまうのか?と言うところで、

 

それらを天秤にかけて考えたときに、

失うものの方が多いよなって思ってしまうのです。

 

 

 

まず、飲み会に行くことで、

最低でも5000円はお金を失います。

 

 

で、お金だけならいいものの、

うざい上司の愚痴を言ったり、

低い給料に対して文句を言ったり、

残業の多さに文句を言ったり、、、

 

と言う不毛な時間を過ごすことに対して、

多大なる時間を浪費してしまうのです。

 

 

さらには、最悪の場合、

飲み食いしたものを最後には

飲み代に使った5000円と一緒にトイレにぶちまけて、

 

翌日には二日酔いになって、

休みの時間のほとんどをパーにしてしまう・・・

なんてパターンも珍しくないです。

 

 

と言うか、僕自身も

会社員時代に上記のことをやってしまった経験があります。

 

 

華金に職場の中の良い先輩と一緒に居酒屋に出向いて

上司の愚痴やサービス残業に対して、

先輩と愚痴を言い合って、

 

調子に乗って飲みすぎて、

フラフラになりながら家に帰って、

トイレに全てを戻すと言う。。苦笑

 

 

いやー今思えば何してんだよお前

って感じなんですが笑

 

 

その結果として、

お金も失うし、時間も垂れ流してしまうし、

 

話している内容も愚痴がほとんどなので、

ほとんど得られるものはなかったです。

 

 

 

確かに、人と会って会話をする時間は大切かもしれないし、

そうすることで得られることもあるかもしれません。

 

 

だけど、現実的に考えれば、

毎週変わらないメンツと飲んでいても、

得られるものって本当に微々たるものです。

 

 

僕自身、会社員時代は

毎週のように仲の良い先輩と飲んでたりしてましたが、

 

毎週のように同じ話をして、

同じ上司の愚痴をいいまくって、

ゲラゲラ笑って終わってました。

 

だから、マジで得られるものって

何もなかったです。

 

 

 

もちろん、当時の先輩たちを否定するつもりはないです。

面白い先輩は好きだったし、

一緒にバカやってる時間はめちゃくちゃ楽しかった。

 

 

だけど、僕は毎週愚痴を垂れてても

何も変わらないと思ったし、

 

変わるためには自分自身が変化を起こしていく必要があるな

とも思っていたので、

そうした時間からは距離をとったまでです。

 

 

 

で、飲み会で得られるものといえば、

一瞬のストレス解消ぐらいでしょうか。

 

 

お酒を飲んでたかが外れて、

仕事に対する愚痴を言っている瞬間は

確かにストレスの解消につながると思います。

 

 

だけど、それを毎週続けていたとしても、

根本的な問題って解決されないんですよね。

 

 

例えば、給料が低いことに不満があるのなら

給料を今よりも高くするにはどうしたらいいか?

と言うことを考えたり、

 

副業をやって副収入を得るために動いたり

って行動をとっていく必要があります。

 

 

そうやって根本的な問題の解決に進んで行く方が

大事なんじゃないかな?と思うのです。

 

 

 

もちろん、毎週ストレスが溜まって、

飲まなきゃやってらんねえ!って気持ちもすごくわかるし、

僕自身も会社員時代はその気持ちでいっぱいでした。笑

 

 

だけど、毎週のみを続けていては

 

仕事でストレスを溜める→華金にお酒を飲んで騒ぐ→ストレスが一時的に解消される→また仕事でストレスがたまる→華金に居酒屋に行って騒ぐ→ストレスが一時的に解消される・・・

 

の無限ループから脱することってできないんですよね。

 

 

 

だから、今の現状に不満があるなら、

どこかで決心して抜け出す努力は必要なんじゃないかな?

って思うのです。

 

 

読書で得られるもの・失うもの

 

 

なので、僕が提案したいのは、

華金こそ読書して知識を身につけようぜ

と言うことです。

 

 

毎週華金に飲み会に行ってたら

多大な時間とお金を失ってしまいますが、

 

読書に切り替えることで

将来にわたって通用し続ける「知識」

を得ることができます。

 

 

例えば、心理学の本を読んだとすると、

人が行動する上での心理的な原則を知ることができるので、

どうしたら思い通りに人を動かすことができるか?

と言うことがわかるようになるのです。

 

 

そうなれば、営業職をやっている人であれば、

取引先の顧客に思い通りの行動を

とってもらうことが出来るようになり、

 

営業成績が上がり、結果的に給料も上がる

なんてことも出てくるかもしれません。

 

 

もちろん、その本を買うことで

一時的にお金は減ってしまいます。

 

 

だけど、本に投資したお金は知識に変わって、

その知識のおかげで給料が上がれば、

結果的に、投資した以上のリターンとなって

自分の懐に返ってくるのです。

 

 

お酒に対して使うお金は

何かを生み出してくれることはほぼないですが、

本に投資したお金は知識に変わるので、

その知識を使ってお金を生み出すことが出来るようになるのです。

 

 

 

そして、そうやって毎週のように

華金に読書を続けていけば、

 

2年、3年と言う長期的な目線で見たときに、

ただただ飲み会に行っている人と

大きな差となって現れてくるでしょう。

 

 

 

かたや社内で成績を上げて年収が

1000万に到達しているのに対して、

 

かたや華金に飲み会を続けている人はずっと年収が変わらず、

労働地獄とカツカツの生活が待っている・・・

 

と言うようなパターンも普通に起きてくると思ってます。

 

 

 

また、会社で給料をあげるのが難しいよー

って人がいるのであれば、

もう副業で稼ぐことに振り切って動いてみるのもありです。

 

 

僕自身、ガッチガチに年功序列の工場で働いていたので、

いくら頑張ろうが怠けようが給料が変わらない環境でした。

(だからみんな頑張らなくなるんですよねw)

 

 

なので、一時期から残業も飲み会も

ほとんど断るようにして、

仕事が終わったら速攻で家に帰って、

副業に励んでました。

 

 

その結果、会社の上司に白い目でみられたこともありましたが笑

半年で月収30万も収入がアップしたので、

やってよかったなーって思ってます。

 

 

ちなみに、僕がやったビジネスは、

「古着転売」と言うビジネスで、

 

ざっくり言うと、

リサイクルショップから古着を仕入れて、

メルカリに出品して価格差を利益として得る。

と言うものです。

 

 

古着は仕入れ値も安いし、利益率も高いので、

個人がサクッと起業する上で

めちゃくちゃおすすめのビジネスだと思ってます。

 

 

まあ、ここで古着転売のことを話しだすと

話が長くなっちゃうので、

もしよかったらこちらから僕が出してる

古着転売のノウハウが学べる書籍を受け取ってみてくださいな

古着転売の電子教材を無料で受け取る

 

 

書籍ですが、活字が苦手だって方からも、

「読みやすかった」って声をたくさん頂いてますので、

本苦手だなーって方はぜひこの書籍から読んでみてください。

 

今なら無料ですのでぜひです!

 

 

 

話を戻します。

 

 

瞬間的な目線で見たら、

そりゃあ華金に飲み会に行く方が

楽だし、楽しいと思います。

 

 

だけど、そこをグッと堪えて

長期的な目線で見て読書に時間を費やせる人は

将来、ウンと楽できるようになると思います。

 

(長期的な視点を持つことの重要性はこちらの記事でも語ってます→将来返ってくるものに今どれだけ投資できるかで、未来の自分の収入が決まる

 

だから、今楽をして将来的にずっと苦労をするのか、

今勉強する苦労をして将来ウンと楽をするのか。

 

その違いでしかないよなーって思うのです。

 

 

僕は華金の飲みを読書に当てることで人生が豊かになった

 

 

また、僕自身も華金の飲み会を我慢して、

その時間を読書に当てることで、

ウンと人生を豊かにすることができました。

 

 

ブラックな職場環境に嫌気が刺し、

副業で稼いで独立することを目標にしてからは、

華金の飲み会を断って読書をするようになりました。

 

 

最初は自己啓発本を読み漁って、

成功者のマインドを固めていき、

 

その後は心理学に関する本を読んで、

人間はどう言う心理状態の時に行動するのか?

と言うことを落とし込んでいきました。

 

 

そうすることによって、

ビジネスで戦う上でのマインがガッチリと固まったし、

セールスやマーケティングも上手くなり、

 

副業を初めて半年後には

月収30万の副収入を稼げるようになって、

見事独立することができたのです。

 

 

 

華金に読書をするのは、

最初はもちろんキツかったし、

呑みいきてえええええええ

って気持ちになることもありましたが笑、

 

ほんの一定期間、飲み会を我慢して

読書や他にも勉強を続けることによって、

 

金銭的な自由、時間的な自由を手に入れ、

人生が豊かになっていきました。

 

 

その結果、我慢していた飲み会も

いつでも自由に行けるようになったし、

毎週飲まないと発散できないほどのストレスを

抱えなくても済むようになったのです。

 

 

 

こうした経験から、

華金には飲み会じゃなくって、

みんな本の一冊でも買ってみて読めばいいのになーって思うし、

 

世の中、華金に飲み会に行く人がほとんどだから、

その時間に1ページでも本を読むことで

周囲と簡単に差をつけることが出来るのになー

ってことも思っているのです。

 

 

 

この記事でも書きましたが、基本的に、

周囲と同じことをやってたら成功できないけど、

周囲と逆の行動を取れば、

簡単に結果って出せるようになります。

 

 

その上で、華金に読書をするってすごく最適で、

みんなが飲み会に行ってる時に、

一人家で黙々と読書をしている人は

そりゃあ勝てるよねって思うのです。

 

 

 

ただ、華金に読書をしている途中に、

SNSなどを見てしまって、

友人が飲み会に言っている風景を見て

落ち込んでしまっては元も子もないので、

 

スマホの電源はブチッと切って、

スタバなどに行って、

コーヒーやフラペチーノを飲みながら、

 

お酒じゃなくって、華金にスタバで

優雅に読書をしている自分に酔いながら

ドヤ顔で読書してやればいいと思ってます。笑

 

 

 

別に読書じゃなくてもいい。音声学習とか、とにかく学ぶことが大事

 

 

また、今回は華金は飲み会じゃなくって読書しようぜ!

ってことを話しましたが、

 

本が苦手なら読書じゃなくてもよくって、

音声学習とかでもいいと思ってます。

 

 

僕自身も、最初は本を読むのがすごく苦手だったので、

音声学習をするところからはじめました。

 

 

音声学習ってすごくよくって、

本は文字を読まないといけないから

自発的に動いていく必要があるけど、

 

音声だったら耳に流すだけでも勉強になるので、

イヤホンを耳に突っ込んで再生ボタンを押しておくだけで

どんどん知識が身についていくのです。

 

 

 

だから、もし読書苦手だー

って人がいるなら音声学習することをオススメします。

 

 

その上で、僕自身も

YouTubeの方で流すだけで知識と思考が磨かれる

ビジネス(古着転売のことが中心)の再生リストを作っているので、

ぜひ聞いてみてください。

聞くだけで知識が身につく再生リストはこちら

 

 

読書と同じく、音声学習もやってる人は中々いないので、

1日一つ動画を聞くだけでも、

グンと成長することができます。

 

 

そうやって、周囲と差を徐々につけていって、

1年後、2年後にウンと楽をする気持ちで

日々頑張っていきましょう。

 

 

では!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください