義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕は起業したばかりの頃、

よく義務感を持ってビジネスに取り組んでしまい、

モチベーションをあげることに困っていたことがありました。

 

 

古着を出品するときも、

「あー出品しなくちゃなー」とか思ったり、

 

ブログを書く時でも

「あーブログ書かなきゃなーだりーなあ」

って思ったり、、

 

 

「やらなくちゃ」とか「やらなきゃ」

みたいな言葉を口癖に、

義務感を感じながらビジネスをやってしまっていたのです。

 

 

こんなマインド状態だったので、

ビジネスをする上で日頃やる作業とか勉強を

心から楽しんで取り組むことが中々できませんでした。

 

 

だから、毎日ダラダラと作業していたし、

中々結果も出なかったし、

日々の充実感もめちゃくちゃ低かったっです。

 

 

 

でも、今ではそんな状態からも抜け出すことができて、

毎日心から楽しんで作業したり、

本を読んで知識を身につけたり

することができるようになりました。

 

 

じゃあなぜ変化できたのか?

今回はその理由について話していこうと思います。

 

 

 

仕事は人生の大半を占めるから、仕事が楽しくなれば人生そのものが充実する

 

 

 

まず前提としてですが、

仕事って人生の大半を占めます

 

 

会社員の人なら1日最低でも8時間は仕事をするし、

起業してビジネスをやるってなっても、

人生の大半をビジネスに費やすようになると思います。

 

僕も今はほとんどの時間をビジネスに費やしています。

 

 

こうしてブログを書いたりはもちろんのこと、

作業する以外でも常に本を読んだり音声を聞いたり、

ビジネスのことを考えたり、

 

起きてる時間の大半はビジネスに費やしています。

 

 

だから、仕事やビジネスを楽しめるようになると、

単純に人生の大半を占める時間が充実するようになるので、

結果として人生そのものが楽しくなっていくのです。

 

 

 

逆に、過去の僕みたいに、

ビジネスそのものに毎日義務感を感じながら取り組んでしまうと、

仕事そのものを楽しめなくなってしまい、

結果として人生が毎日息苦しくなってしまうのです。

 

 

なので、ビジネスをやるとなった時に、

日頃の作業や勉強を楽しむことができるか?

ってことは非常に重要な部分だと僕は思っています。

 

 

 

なぜ義務感を感じてしまうのか?原因は大きく分けて3つあった

 

 

じゃあ日々の仕事を心から楽しめるようにして

人生の充実度を上げていきたいよね

ってところなんですが、

意識しただけでは中々変化しないのも事実です。

 

 

僕自身も、もっと仕事を楽しもう!

みたいなことを意識するようにしたこともあったのですが、

 

思い込むほど逆に、仕事が嫌になってしまって、

中々仕事が手付かずになるという

状態になったこともありました。苦笑

 

 

だから、真剣に問題と向き合って、

なぜ日頃の作業や勉強を心から楽しめないのか?

の原因について考えてみたのです。

 

 

すると、大きく分けて

 

・仕事そのものに対するイメージが間違っていた

・結果だけを求めてやってしまっていた

・作業や勉強をすることによって

 得られるメリットを考えていなかった

 

という3つの原因が浮かび上がってきたのです。

 

 

で、これらを意識して改善することで、

日々の作業や勉強を一気に楽しむことが

できるようになりました。

 

 

なので、それぞれどういうことなのか?

また、どう解決していけばいいのか?

ってことを話していきますね。

 

 

仕事そのものに対するイメージが間違っていた

 

 

まず、「仕事そのものに対するイメージが間違っていた」

ということ。

 

 

これ、どういうことかというと、

仕事に対する定義をネガティブに持ってしまっていた

ってことです。

 

 

何でかっていったら、

僕は子供の頃から親や学校の先生から

 

「仕事は汗水かいてやるものだ!」

って価値観を植え付けられたり、

毎度受ける授業がクソつまらなかったりすることから、

 

仕事=辛いもの

勉強=つまらない、楽しくないもの

 

というイメージを強制的に持たされていたのです。

 

 

だから、起業してビジネスをやるとなったときも、

こべりついたイメージが剥がれず、

古着を出品したり、文章を書く時に、

義務感を感じてしまっていたのです。

 

 

 

そういったことから、

自分が持っている仕事や勉強に対するイメージを

根本から変えていくように意識していきました。

 

 

 

じゃあどうやって変えていったのか?というと、

これは再現性ねーじゃんって思われるかもなんだけど、

仕事=楽しいもの、ワクワクするもの

という風に再定義して自己洗脳していったんですね。

 

 

長年かけてこべりついた価値観って

そう簡単に剥がれるものじゃないので、

意識して変えていくしかないんです。

 

 

その上で、僕は作業する前に

 

「っしゃー、今日も世の中に価値を与えていくかー」

とか、

 

「俺が出品する古着を待っている人のために今日も出すぞー」

とかってことを口に出していったりしてました。

 

 

こういった言葉を口に出すっていうのはめちゃくちゃ大事で、

何でかっていったら、人間って自分が発している言葉によって

マインドに影響をもろに受けていくからです。

 

 

これ、心理学の用語で「プライミング効果」っていうんですが、

要は、発している言葉によって、

どんどん気持ちが引っ張られていくのです。

 

 

だから、ポジティブな言葉を普段から発していると、

気持ちもどんどんポジティブになっていくし、

 

ネガティブな言葉ばかりを発していたら、

気持ちはどんどんネガティブになってしまう。

 

 

事実、僕は作業や勉強をする前は

いつもネガティブな言葉を発していました。

 

 

例えば、古着を出品する前は

うーわ、出品だりーなー。やりたくねー

みたいなことをいってたし、

 

本を読もうとしても、

あー勉強したくねー。

本読むのとかしんどいわ。

 

とかいって、面倒になって、

そのままYouTubeをダラダラ眺めたり

ってことをやってしまっていたんです。

 

 

だから、どんどん作業や勉強をすることに対して

ネガティブなイメージが湧いてきて、

その結果、義務感が生じてしまい、

仕事が楽しめなくなってしまっていたんですよね。

 

 

それはよくないということで、

発する言葉から意識して変えていくようにしました。

 

 

その結果、だんだんと仕事に対するイメージが

根底から覆されていって、

日頃の作業を楽しんでできるようになったのです。

 

 

まあ、古着の出品とかはもう外注しちゃったので、

やることはないのですが、

 

こうやってブログを書いたり、

YouTubeを収録したり、本を読んだり

ってことをするのも今では楽しんでできるようになったのです。

 

 

 

まあ、すげー単純な方法ですが、

心理学的にはすごく理に適った方法なので、

日頃から意識してやってみるといいです。

 

 

 

それに、成功者の中で日頃から

ネガティブな言葉を発している人って

中々いないんですよね。

 

 

いつも発せられる言葉は前向きなものだし、

「〇〇さんのああゆうところ、いいよねー」

って言葉がさらっと出てきたり、

常にポジティブな言葉が口から発せられています。

 

 

だから、気持ちも前向きなんだろうし、

魅力も溢れるんだろうし、

日々の充実度が高くなって仕事の結果も出るんだと思います。

 

 

 

逆に、成功できていない人ほど、

いつもネガティブな雰囲気を漂わせています

 

 

事実、会社員時代の僕は

だりーとか、眠いとか、疲れたとか、

っていう言葉がいつも口癖で、

負のオーラがビンビンに出てしまっていました。苦笑

 

 

だから、単純なことかもしれないけど、

全く無関係ではないと思うし、

 

僕自身、意識して変えていったからこそ

今毎日前向きな姿勢を持って

生きることができているんだと思います。

 

 

 

結果だけを求めてやってしまっていた

 

 

次、「結果だけを求めていた」

というところ。

 

 

これを変えたのも効果ありました。

 

 

楽しめてない時ってなんでもそうなんですけど、

「結果」ばかりを求めてしまっているんですよね。

 

 

例えば、古着転売をやっているときも、

売れなかった日はひどく落ち込んで、

逆に売れた日は人が変わったように飛び跳ねて喜んで、

 

お前、情緒不安定かよwって言いたくなるぐらい、

結果に左右される人間でした。

 

 

だから、楽しい時は「結果が出た時」だけで、

それ以外の時間って全然楽しくなかったんです。

 

 

これじゃあとてもじゃないけど、

ビジネスを続けることって難しくなってしまうし、

 

メンタル面での上下動が激しくなってしまう分、

感情に行動が左右されて、

余計な作業に手を出してしまう恐れも出てきます。

 

 

だから、常に精神を安定させる上でも、

作業や勉強を楽しんでいく上でも、

結果以外の部分でやりがいを見つけていく必要があると思ってます。

 

 

 

で、僕が意識したのは

「成長」そのものを楽しむということです。

 

 

例えば、これはどんなに小さなことでも良くって、

本を読んで昨日まで知らなかった知識を一つ身につけた!とか、

古着の出品スピードを早めることができた!

みたいなことでもいいのです。

 

 

自分の成長をどれだけ実感できているか?が大事で、

この実感が高まるほどに自己肯定感も高まっていき、

日々の作業や勉強に充実度が増します。

 

 

それをメモ帳やノートに書いて

実際に数値化したり、

可視化させることも効果がありますね。

 

 

人ってモヤモヤしている状態だと

本当に成長できてるのか?と

気持ち悪さを感じてしまうのですが、

 

可視化されていると、

あー俺ここまでできるようになったんだな

ってことが目に見えてわかるので、

それがそのままモチベーションにつながるのです。

 

 

僕も良く、初心者の頃は

夜寝る前に1日のなかでこなしたことを

小さなノートにメモ書きしていました。

 

 

小さいし地味なことだったけど、

実際はすげー効果ありましたよね。

 

 

おかげで毎日モチベーションを保って

作業や勉強に取り組めていましたから。

 

 

で、これはすごい大事なことなんですが、

人間って進んでいる実感があると、

やりがいを強く感じるようになります

 

 

逆に、進んでいる実感がなくって

モヤモヤしている状態だと

日々の作業にやりがいを見出せなくなってしまうのです。

 

 

だから、成長の度合いをぜひ

可視化させることを意識してみてください。

 

 

 

あと、成長を楽しむためにも、

工夫を入れて取り組むっていうのもすげー大事です。

 

 

例えば、古着を出品するとかっていう

地味〜な作業一つをやるにしても、

 

ただただ無思考でやってる人よりも、

「どうしたらこの作業を早く終えれるだろうか?」

ということを考えて取り組んでいる人では、

作業を終えた後での充実度ってめちゃくちゃ変わってきます。

 

 

で、やっぱり成長スピードが早い人って、

日頃の作業を工夫して楽しんで取り組む努力が

できているんですよね。

 

 

 

僕は、前までこの努力が全然できてなかったです。

 

 

だから、いつもめんどくさそうに作業をやってたし、

いくら本を読んでも「つまらない」という気持ちが抜けなくって、

中々知識が定着しませんでした。

 

 

だから、思うような結果が出なかったんだろうな

って思います。

 

 

 

当時の自分に会えたなら

「お前もっと頭使ってやれよ」

っていってやりたい。。

 

 

それと、成長スピード遅い人って総じて

頭使ってないんですよね。

 

 

 

だから、日頃何気ない作業でも、

頭を使って考えながら、

 

どうすれば上手くいくだろう?

どうすれば今より早くできるだろう?

 

ってことを考えながらやるのが大事だと思ってます。

 

 

 

作業や勉強をすることによって得られるメリットを考えていなかった

 

 

3つ目は

「作業や勉強をすることによって得られるメリットを考えていなかった」

ということです。

 

 

これを意識して考えなかったのも、

かなりもったいなかったなって思います。

 

 

例えば僕は、いつも作業や勉強をするときに

「めんどくさい」

という気持ちが勝っていました。

 

 

作業とか勉強に義務感を感じていたので、

めんどくさいなーやりたくないなー

って気持ちがすぐに出てきて、

 

YouTubeを眺めたり、

ソファで横になって漫画を読んだり、

楽な方向ばかりに逃げてしまってたのです。

 

 

でも、考えるべきなのって、

その作業が面倒かどうかってことではなくって、

 

その作業をすることによって

どんなメリット、理想のに未来が得られるのか?

ってことだったんです。

 

 

 

例えば、メルカリに古着を出品すれば、

 

その古着が古着好きの女子大生の目に止まって、

その女子大生の子が「この古着可愛い!」ってなって、

自分のアカウントを見にきてくれて、

「あれもこれも可愛い!」ってなってフォローしてくれて、

その中で1着古着を買ってくれて、

古着を包んで発送してあげたら発送の早さにも喜んでくれて、

自分は儲かって相手も喜んでくれて、

 

っていう状態になるかもしれないじゃないですか?

 

 

だけど、出品をサボれば

女子大生がフォローしてくれることも、

商品を買ってくれることも、

商品が届いて喜んでくれることも、

自分が儲かることも、

何も起こらないわけで。

 

 

勉強に関しても、

本を読んで何か一つでも知識を身につけたら、

 

例えばその知識を飲み会に行ったときに

話のネタが増えるだろうし、

友人にドヤ顔で喋ったら「お前すげーなあ!」

って言われるかもしれないじゃないですか。

 

 

だけど、本を読まなかったら、

話のネタも増えないし、

友人からすげー!って言われることもないですよね。

 

 

それに、だりーなあとか

面倒だなーってことを考えるより、

上記のようなこと考える方が楽しいと思うんです。

 

 

だから僕自身も、

普段こうやってブログやメルマガを書くときだって、

 

これを読んだ人の誰かのモチベーションが上がって、

感想が来てめちゃくちゃ感謝されたら嬉しいなー

ってことを考えながら作業してます。

 

 

そしたら自然と文章を書くのに力が入るし、

よし、今日も頑張ろうかって気持ちに切り替わるんですよね。

 

 

だから、メリットを考えるってのも大事なのです。

 

 

 

 

それと、メリットの応用として、

稼いだ先にある理想の1日を妄想する

っていうのも結構効果あります。

 

 

妄想ってめちゃくちゃ大事だと思っていて、

なぜかって、人間は妄想することで

強烈にその妄想を実現したくなるからなんです。

 

 

で、妄想するのはどんなことでも良くって、

自分が得たい理想の1日を馬鹿正直にしてみるといいです。

 

 

例えば、

 

ビジネスで稼いで成功したら、

朝起きてカーテンを開いたら

綺麗な海に映える太陽の光が差し込んでくる田舎に引っ越して、

朝からその光景を見ながら優雅にコーヒーを飲んで、

昼間はかっこいい四駆に乗って海辺をドライブして、、、

 

みたいな理想の1日を

本当にリアルに妄想してみるんです。

 

 

 

そしたら、稼いだ先にある未来が

いわゆる成功した後のご褒美になって、

そのご褒美を得るために今日も頑張ろうという気になれるのです。

 

 

 

これがもし「月収100万稼ぐ!」

という目標だけだったら、

ご褒美がないので、中々頑張ることって難しいんですよね。

 

 

それよりも、稼いだ先にどんな未来を得たいのか?

ってことが明確になっている方が、

走り出すことができるのです。

 

 

そして、毎日それを妄想して、

作業や勉強に取り組むといいです。

 

 

そしたらモチベーションも上がってくることでしょう。

 

 

 

ビジネスをやるのは「義務」ではない。だから、意識の工夫次第で差が生まれる。

 

 

最後に大事なことをもう一つ。

 

ビジネスの難しいところとして、

自由であるが故に強制力がないため、

常に自主性を持って取り組まないといけない

というところがあります。

 

 

会社員とかアルバイトとは違ってビジネスは

誰かに強制されるわけでもないので、

 

読書も音声学習も古着の出品も文章を書くのも

全て自発的に動いてやらないといけないんですね。

 

 

そこで、義務感を感じながら取り組んでいる状態では

作業も勉強も手付かずになってしまうので

中々前に進むことができなくなってしまうんです。

 

 

だから、考え方を工夫する必要があるのです。

 

 

 

今回話した方法って、

一見、しょぼそうに見えたかもしれないです。

 

 

だけど、こういったしょぼそうに見えるものを

どれだけバカになって実践できるか?で

差ってどんどん生まれてくるんですよね。

 

 

事実、僕は今回の方法を実践したことで

義務感に囚われながらビジネスをやっていた日々を

サクッと抜け出すことができたので、

 

今では毎日楽しんで

文章を書いたり読書をしたりすることができています。

 

 

だから、日々ガンガン前に進むことができるんですね。

 

 

だけど、今回話した考え方を落とし込んでいない場合は

いつも義務感に囚われながらビジネスをやってしまうので、

 

読書をしようとしても面倒だなーって感じてしまうし、

古着を出品しようとしてもだるいなーって気持ちを持ってしまいます。

 

 

その結果、作業が手付かずになって

YouTubeをダラダラ眺めて不毛な時間を過ごしてしまうのです。

 

 

このように、意識のある人とそうじゃない人では

成長の度合いにかなりの差が生まれてくるのです。

 

 

 

だから、ぜひ意識して取り組んでほしいな

って思います。

 

 

毎日取り組む作業や勉強が楽しくなれば

人生の充実度は高まっていくし、

仕事そのものが娯楽に変わっていきます。

 

 

そうなれば成功するのなんて簡単ですからね。

 

 

ぜひマインドを切り替えて、

楽しんでビジネスをやっていきましょう。

 

 

それでは!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

大容量の古着転売教材プレゼントキャンペーン&いっせー公式メールマガジン
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ
将来返ってくるものに今どれだけ投資ができるかで、未来の自分の収入が決まる

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください