経営者の仕事は仕組みを作ること。労働依存はビジネスマンとしてやばい。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

今回は、ビジネスをやる人間の

あるべき姿についてお話ししていこうと思います。

 

 

僕はビジネスを始めて以来、

「仕組み化」「自動化」

に徹底的に拘って取り組んできました。

 

 

おかげで今は、

古着転売も情報発信もがっつり仕組み化できており、

毎月80〜100万ほどの利益が自動で入ってくる状態になっています。

 

 

これって一見、異常にみられるかもしれないけど、

でもビジネスをやる以上は「経営者」としてあるべきなので、

仕組み化して業務を自動化することは

識字率レベルで取り組んでおかなければいけないことです。

 

 

経営者のやるべきことは労働ではなく、

仕組みを作って雑務や業務やらを自動化していくこと。

 

その上で、自分自身は情報収集などをして、

ビジネスをどうやったら多角化していけるか?

ということを考えたりアイデアを出したりすることが大事です。

 

 

だから、僕自身、

仕組みを作ることはここ1年ぐらいは

割と当たり前だとおもって取り組んできました。

 

 

 

とはいえ、現時点で労働への依存度が高いなーって人も

全然焦る必要はなくって、

 

今回のブログでしっかりと経営者としてのマインドを固めて

ビジネスに取り組んでいただければいいかなーと思います。

 

 

僕の作ってきた仕組みは僕の分身となって働いてくれている

 

 

現在僕は、情報発信と古着転売のビジネスをしていますが、

どちらも仕組み化させているので、

自分自身が実際に労働することはほとんどありません。

 

 

月一ぐらいで古着の仕入れに行ったり、

たまにコンサル生のサポートをしたり、

新たに仕組みを作る時に動くぐらいで、

 

ほとんど僕自身が手をつけなくても

自動でビジネスが回るようになっています。

 

 

 

で、ざっと収益の内役の方はどうなっているのかというと、

古着転売の方はまだ本腰入れて拡大していないので、

一つのアカウントから月に20〜30万の報酬が

自動で振り込まれてくる感じで、

 

 

情報発信ビジネスの方はかなりいい感じに拡大できていて、

毎月50〜80万ぐらいの利益が自動で入る感じです。

 

 

これで、月間80〜100万ぐらいは

自動で入ってくる感じなので、

金銭面はもちろん、時間の面でも

かなり安定した状態を保つことができています。

 

 

で、空いた時間で本を読んだり、

働きたくないなーって日はのんびり漫画読んだり、

ノリで彼女や友人と旅行に行ったり、

あとはまた新たに仕組みを作ったり。。。

 

ってことをやっている感じです。

 

 

僕がこれまで作り上げてきた

古着転売と情報発信の仕組みが

僕の分身となって動いてくれているので、

 

僕自身は無理して労働をする必要が全くありませんし、

またすぐに新しいことをするために動いていくことが可能です。

 

 

 

経営者としてあるべき姿とは

 

 

先ほど僕の事例を出しましたが、

こんな状態を得ることが、

経営者としての目的でもあります。

(僕のはまだまだ序の口ですが、、)

 

 

ずっと労働をしている状態はあまりよくなくって、

それよりも常に暇でいられる状態が好ましいのです。

 

 

これは意外かもしれませんが、

優秀な経営者ほど暇で暇で仕方がない状態である場合がほとんどで、

 

あまり優秀じゃない経営者ほど

自分の足で動いてしまっているパターンが多いです。

 

 

これ、何でかっていったら、

 

暇でも仕組みが勝手に回っている状態を得ていたら、

情報収集をして新たなアイデアを出すことに時間を割けるし、

 

急なトラブルがあったとしてもすぐに対処できるし、

不意に大きなチャンスが降ってきたとなっても

すぐに飛び込めるからです。

 

 

でも逆に、労働収入に依存して

自分が動き続けて暇が全くない状態だと、

 

情報収集する時間が取れないから

新たなアイデアも生まれないし、

 

急なトラブルが起きても

収入を得るための労働もあるからすぐに対応できない。

 

不意にチャンスが降ってきたとなっても、

労働に時間を割かないと収入がなくなるから、

飛び込むことができない。

 

という、あらゆる面で機会損失してしまうのです。

 

 

だから、労働依存の状態の経営者と、

仕組みを作って暇な状態をキープしている経営者では

どんどん差が開いてしまうのです。

 

 

 

理想としては、1ヶ月全く自分が労働をしなくても

収益が生まれる状態を保ち続けること。

 

 

もちろん、ある程度仕組みを作るまでは

自分自身が動いていく必要がありますが、

 

動いた先で完全放置でも回るような仕組みを

どんなビジネスでも作っていく必要があるのです。

 

 

繰り返し言いますが、

経営者がやるべき仕事というのは、

仕組みを作ることであり、労働をすることではありません。

 

 

だから、今もし労働への依存度が高い状態の人がいれば

少しずつ仕組みを作る方向へと動く必要があります。

 

 

 

あ、ちなみに、「経営者」と言うのは

法人の人のみではなく個人事業主だろうが会社員だろうが

何かしらのビジネスをやっているんであれば

「経営者」としてあるべきだと僕は思っているので、

一つのくくりとして今回の記事では話しています。

 

 

収入を減らしてでも仕組み化はすべき

 

 

で、仕組みを作り始める段階で大事な考え方として、

収入を減らしてでも仕組み化をすべき

ということがあります。

 

 

まず、前提として、

自動化にはコストがかかります。

 

 

例えば、古着転売を仕組み化しようとしたら、

外注を雇うためのコストがかかりますよね。

 

仮に外注費が月に3万円かかるとしたら、

今まで10万円出ていた利益も

7万円に減ってしまいます。

 

 

あとはお金のコストだけじゃなくても、

様々な面でコストはかかってきます。

 

 

例えば、「教育」と「時間」の面でのコスト。

 

古着転売の作業の流れがすぐに理解できるような

マニュアルを作成する必要があるし、

外注さんも最初は作業のクオリティが低い状態で始まるので、

少しずつ育てて成長させていく必要があります。

 

 

だから、マニュアルを作る時間や、

外注の作業の精度を高めるための教育など、

時間や教育の面でもコストがかかってくるのです。

 

 

 

こんな感じで仕組み化、自動化するということには

コストがかかってくるし、

作り上げるまでは結構めんどくさかったりするので、

あまりみんなやろうとしません。笑

 

 

 

だけど、僕は現時点での収入が下がってでも

自動化はする必要があると思っていて、

 

なぜなら労働での収入はその瞬間でしか

利益を生み出してくれないので、

自分自身がずっと労働し続けないといけない状況になってしまうからです。

 

 

さらに、自分自身で労働しているうちは、

時間的な自由が圧倒的に枯渇してしまうので、

すぐに稼げる額のアッパーがきてしまう。

 

 

月収100万も頑張れば

古着を仕入れまくって売りまくってを繰り返せば

いけるのかもしれませんが、

 

200万、300万と拡大していくことは

自分の身一つではかなりきついと思います。

 

 

だから、仕組みを作って、

仕組みに働かせてしまえば、

ビジネスは青天井に伸び続けていくし、

 

自分の労働の範囲内では価値を届けられなかった場所にも

拡大して届けていくことができるようになるのです。

 

 

 

僕は大袈裟抜きで、

月収100万を自力で稼いでいる人より、

月収20万を自動で稼いでいる人の方が優秀だと思っています。

 

 

なんでかって、

経営者としての素質がどう考えても後者の方があるし、

 

後者の方が長期的にみたときに

繁栄するだろうなーっていうのがわかるからです。

 

 

それに、最悪、月収20万でも

自動で入るような仕組みを作ってしまえば、

生活の面は切り詰めればなんとかなりますから、

まずはその状態を目指すのが先決でしょう。

 

 

で、その上で自分は情報に投資してスキルを磨いたり、

磨いたスキルを活かして仕組みを拡大していくことで

どんどん収入を高めていくことに動いていくといいんじゃないのかなと。

 

 

 

労働依存の怖さ

 

 

仕組み化しないということは

自分自身が常に動いていないと

ビジネスが回らないということになります。

 

 

だから、ある日突然事故に遭ったり、

病気になったりして動けない状態になった時に

収入が激減してしまう恐れがあるのです。

 

 

例えば、古着転売を自分でやりまくって、

月収50万稼げたぞ!!って状態の人でも

 

もし次の日トラックにはねられて手足が骨折して

3ヶ月ぐらい入院ですってなった場合、

その50万は翌月にはもう入ってこないでしょう。

 

 

そんな大袈裟な、、、

って思うかもしれませんが、

僕は常に最悪の状態を想定して動くのが大事だと思っているので、

 

もしものことが起きても、

すぐに対処できる状態を普段から意識して

作っておくことが大事だと思っているのです。

 

 

それがビジネスをやっている人でいう、

「仕組みを作ること」であり、

そのために普段から仕組みづくりに勤しむ必要があるのです。

 

 

 

僕は、もうノータッチでも

回る仕組みを作ることができているので、

仮に明日事故って一定期間入院です。働いたらダメですよー。

って言われたとしても問題なしですね。

 

 

多分、入院中はもう割り切って、

ずっと本読むか音声聞くかをすると思います。笑

 

 

だから、もし急に半年動けません!ってなっても、

問題なく俺の仕組みは回るぜー

って状態を目指すのが大事なのです。

 

 

自動化には手順がある

 

 

とはいえ、仕組み化、自動化にも

きちんと手順というものがあって、

 

ビジネスを始めたばっかりの初心者の人が

いきなり自動化できるか?というとそれは難しいんですね。

 

 

なんでかって、最初は自分自身も作業の流れとか

そもそも知識とか何もわかっていない状態から始まるからです。

 

 

例えば、古着転売を始めたばかりの人って、

仕入れもできなければ、

上手く写真をとることもできないし、

文章だって中々かけないと思います。

 

 

僕なんか最初はメルカリの使い方すら

わかんなかった状態でしたからね。苦笑

 

 

そんな状態だったら当然ですけど、

外注を雇って教えるなんてことはできないわけで。

 

 

まずは自分が問題なく全ての作業の流れ、

各細かい部分での売上をあげるための工夫など、

しっかりと説明できる状態になる必要があります。

 

 

だから、流れ的には、

 

まず自分でやる→できるようになる→人orツールorシステムに任せる

 

って感じです。

 

 

自分がこなせる状態になって、

なおかつ問題なく売上をあげることができるようになれば、

そこで初めてレッツ仕組み化って感じです。

 

 

だから、最初の方で「分身」という言葉を使いましたが、

今自分がプレイヤーとして動いている状態の

分身を残すという感覚でやるといいですね。

 

 

労働から抜け出さない限りは真の自由は得られない

 

 

あと、最後に大事なマインドについても。

 

僕は自由を得ることができる人を増やすために

こうやって情報発信に取り組んでいるという節があるのですが、

 

僕が言っている「自由」というのは、

お金はもちろん、時間、精神、健康の4つの面で

充実した状態を得ることを言ってます。

 

(この記事でも同じことを言ってます→仕組みを作って圧倒的に幸福度が上がった。金銭的自由だけでは幸福度は上がらないと言う話

 

なんでこんな定義なのかというと、

お金、時間、精神、健康とそれぞれの面で充実していないと、

人生は余裕を持って楽しめないからです。

 

 

お金をたくさん稼げていたとしても、

朝から晩まで働きづくしで時間が全くない状況だったら、

趣味を楽しむ時間とか、大切な人との時間とか

全く取れなくなってしまいますし、

 

仕事しかできない毎日だと

当然精神も病んで、結果として

健康も害することになってしまうでしょう。

 

 

そうならないためにも、

お金の問題だけを解決するんではなくって、

時間、精神、健康面も徐々に満たしていく必要があります。

 

 

 

その上で仕組みは最高の手段です。

 

仕組みを作ればまず時間の自由が手に入り、

浮いた時間で好きなことに熱中できたりするので、

精神面が充実し、身体にもいい影響が生まれて健康になれる。

 

 

僕みたいに浮いた時間でさらに仕組みを拡大すれば、

また仕組みが稼いでくる額が増えて、

さらに余裕が生まれる。

 

 

お金が稼げるようになり、

しかも自動収入なので暇になり、

暇だからまた仕事やるかーってなって仕組み作って

またお金が増えて暇になる。

 

という、正のスパイラルに突入することも可能です。

 

 

こうなれば、人生はかなり安泰かと。

 

 

こんな状態を目指すためにも、

ぜひガンガン仕組みを作っていって欲しいなって思ってます。

 

 

で、時間もお金も自由になった先で、

一緒に遊んだり、面白いことができたらいいですね。

 

そんな未来を楽しみにして、

僕も日々仕組みを拡大していこうと思ってます。

 

 

 

あと、仕組みに関して詳しいことは

僕のメルマガで話したりしてるので、

ぜひ登録してくださいね。

 

 

 

今回の話をまとめると、

 

・経営者の仕事は「仕組みを作る」こと

・仕組みを作ることにはコストがかかる

・いきなり仕組み化はできない。手順通りにやるべし

・労働依存は危険な状態

・お金だけでなく、時間、精神、健康面での自由も手に入れるべし

 

 

ということでした。

 

 

あと、僕の仕組みはかなりレベルが高い方だと思うので、

ぜひがっつり研究して真似してみてくださいな。

 

 

 

ではでは!

 

 

 

追伸

 

 

 

先日、情報発信を教えているコンサル生と

地元の行きつけの焼鳥屋とバーに行ってきました。

 

 

 

コロナの自粛期間中の2ヶ月間は

全く外で飲んでなかったので、

久しぶりに外で飲んだお酒はべらぼうに美味かった。。。

 

 

 

どちらのお店も結構リピートしているのですが、

リピートしたくなるお店ってやっぱり、

料理が美味しい以外にも、

 

数回行っただけで顔を覚えてくれていたり、

お店の居心地が最高に良かったり、

アフターフォローがきっちりしていたり、

 

商品以外の部分でも手を抜いていないという

共通点があるのがわかりますね。

 

 

こういう、一見コストがかからないような部分でも

手を抜かず提供していけるビジネスが

長期的に繁栄していくんだと思います。

 

 

だから、自分のビジネスにも取り入れていこうと思いましたね。

 

 

 

普段、飲みに行ったり、

飲食店に行ったりするときにも

 

「自分のビジネスに活かせるところはないかな?」

 

って視点を持ってみると、

たくさん学びが得られるようになるのでおすすめです。

 

 

あらゆる商品、サービスを買ったときには

いいところはしっかり盗んで、

悪いところは反面教師にして、

 

ぜひ自分のビジネスを

より良くしていけるように意識してみてくださいな。

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください