他人と比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち周りを気にせず生きられるようになったわけ

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕は昔から他人と自分を比べて、

自分の能力のなさ、スペックの低さに絶望し、

落ち込んでしまうクセがありました。

 

 

スポーツ万能でコミュ力が高いやつがいれば

あーゆう奴はいいよな。俺なんて、、

ってことを思ったり、

 

めちゃくちゃ稼いでる成功者を見ると、

才能ある奴はいいよなー。

俺には才能がないから無理だ。

みたいなことを思ったり。

 

 

そのせいで自己肯定感かなり低い状態で

長いこと人生を生きていました。苦笑

 

 

 

だけど、そんな僕でも

今では他人と比べることはなく、

しっかりと自分の中の軸を持って、

ブレずに生きることができています。

 

 

ではなぜ、変化できたのか?

今回はその理由についてお話ししていこうと思います。

 

 

僕は他人と自分を比べて落ち込むのがクセだった

 

 

僕は今ではネットビジネスを約2年間ほど実践しており、

毎月100万の利益を切らない状態を作ることができています。

 

 

で、こういう状態だと

周囲からも常に「すごいね!」みたいな言葉をもらうし、

他人と比べる癖なんてないでしょ?

みたいなことを思われたりするんです。

 

 

だけど、僕は元々めちゃくちゃ他人と自分を比べて

自分の能力のなさに落ち込んでしまうことがあったんです。

 

 

 

というのも、ネットビジネスを始める前までの僕は、

本当になにも持ち合わせていない人間でした。

 

 

学生時代と会社員時代の僕の状態をサクッと説明すると、

 

・コミュニケーション苦手

・女子とまともに話ができない

・同性の人とも目を合わせて話ができない

・声ちっさい

・暗い

・故に友達全然できない

・スポーツそんなにできない

・サッカー部時代はずっと補欠

・一回も賞状とかもらったことない

・勉強もできない

・最終学歴高卒

・しかもその高校は偏差値40

・仕事の要領悪い

・頭悪すぎて肉体労働しかできない

・舐められがちな性格からパワハラ上司のいじめの対象に合う

・ネットビジネス独学でやるも、知識なさすぎて4ヶ月結果でない

 

・・・みたいな、

自分で書いてて悲しくなるほど

なーんにも誇れるものがない人間だったんです。苦笑

 

 

 

だから、学生時代なんかは、

クラスの中心でみんなを笑わせている

キラキラした「陽キャ」たる人間がいたら、

 

「いいなー。俺にはあんなに

 みんなを笑わせることのできる

 才能も明るさも持ち合わせてねえや」

 

と、自分の根暗っぷりに嫌気が差してきたり、

 

 

スポーツ万能のイケメン野郎が

集会の時にみんなの前で賞状をもらっている姿を見ると、

 

「クッソ、才能ある奴はいいよなー。

 俺なんて部活でずっと補欠だぜ。。」

 

と、劣等感の塊みたいになってました。

 

 

話も下手だし、コミュニケーションも取れないから

ずっと友達もできなかったし、

 

スポーツやってもだめ。

勉強やってもダメ。

 

だから就職先も肉体労働しか

できないところにしか就けなかったし、

 

自分でネットビジネスやろう!

と思って独学で突っ走ってみるも、

才能ないから全く上手くいかなかったり。

 

そんな時にツイッターを開いたら、

すでに結果が出ている人がたくさんいて、

その人たちを見て自分のダメっぷりに嫌気がさしたり。

 

 

マジで何にもなかったからこそ、

周囲の人間が羨ましく見えて仕方がなかったんです。

 

 

 

だから、才能ある人間、

自分にはない能力を持っている人間をみると、

 

自分の中のダメダメな部分が引き立ってしまって、

どんどん気持ちがネガティブになっていました。

 

 

他人と比べる→自己否定の負のスパイラル

 

 

で、他人と比べることが癖になってくると、

どんどん自己否定の渦に巻き込まれるという、

負のスパイラルに突入してしまうようになるのです。

 

 

例えば、

 

他人と比べる→自分の能力の低さに絶望する→自己否定に陥る→自分より下の人間を見つける→安心する→自分より下の人間を見て安心している自分が嫌になる→自己否定の渦に巻き込まれる

 

みたいな感じで、

どんどん負のスパイラルに突入してしまうのです。

 

 

こうなるともうメンタルはどんどんえぐられて

最悪な状況に陥っていきます。

 

 

自分のダメな部分しかみることができなくなって

消えたくなるほど自分のことが大嫌いになり、

常に気持ちがネガティブになる。

 

結果、何事も素直に楽しめなかったり、

「どうせ俺なんて、、、」

が口癖になって、側から見ると面倒なやつになる。

 

で、それをまた自分で思って、

ネガティブになる。という。w

 

 

その結果、自己肯定感もどんどんなくなっていき、

いつもネガティブなメンタルになり、

何事も上手くいかなくなってしまっていたのです。

 

 

そんな僕がなぜ他人と比べる癖をなくすことができたのか?

 

 

 

じゃあなんで劣等感の塊だったような僕が、

他人と自分を比べる癖を無くして、

自分の軸からブレずに生きることができるようになったのか?

 

僕が経験してきた中でこれが効いたよなー

って思うことが三つあるので、

これから共有していきたいと思います。

 

 

周囲が気にならないレベルに自分を追い込んだ

 

 

まず、周囲が気にならないレベルに自分を追い込んだ

っていうのがかなりデカかったと思います。

 

 

僕は、元々工場勤務のサラリーマンだったのですが、

会社がブラックすぎてヤバかったことを理由に、

3年目の21歳の時に辞めるためにネットビジネスを始めたんですね。

 

 

で、その際に、

 

稼ぐ前から会社を辞めることと

30万の高額コンサルにガツンと投資すること

 

この二つを実践して、

極限まで自分の状況を追い込んだのです。

 

 

そうすることによって、

周囲が気にならなくなったというか、

気にする余裕がなくなっていきました。

 

 

だって、このままいくとただの無職のニートになってしまうし、

死ぬ気で稼げないと生活していけない状況でしたからね。

 

 

その結果として、

とことん自分のやるべきことに集中できるようになりました。

 

 

だから、周囲が気にならなくなるほどの状況に

自分を追い込んでみるっていうのはかなり効果があります。

 

 

僕の場合、ネットビジネスに取り組んだのですが、

別にネットビジネスじゃなくても、

 

例えば受験だったら、

周囲にこの学校に絶対に受かる!

みたいなことを宣言した上で死ぬ気で取り組むとか、

 

何かしらの物事に、退路を断った状態で

必死に取り組んでみるといいんじゃないかなーと。

 

 

結局、追い込む前はクヨクヨ悩む余裕があったというか、

行動してないからこそ思い悩む時間が多かったんですよね。

 

だから、そんな暇もないほど

行動しなきゃやばい!

という状況、気持ちに自分を追い込めば、

周囲なんて気にせず突っ走れるようになるはずです。

 

 

まあ、僕みたいに何十万もの情報にお金を突っ込んだり、

稼ぐ前から会社をやめるとかそんなハードなことは

無理にやらなくてもいいと思いますが、

 

可能な限り、自分を追い込んでみるっていうのは

かなり効果あると思います。

 

 

雑多な情報を遮断した

 

 

で、二つ目が

「雑多な情報を遮断した」です。

 

 

雑多な情報っていうのは、

SNSやニュースアプリ、

テレビなどから入ってくる情報のことで、

 

これらの媒体から入ってくる情報って、

ネガティブなものが多かったり、

知人の情報が入ってきたりするので

あんまりいいもんじゃないです。

 

 

僕も、ネットビジネス初心者で

まだ全然稼げていなかった頃、

 

ツイッターを開いてすでに稼いでいる人の発信とかを見て、

うわー俺ジョボすぎだろ。。

みたいなことを感じてしまってたんですね。

 

 

あとはインスタなんかを開いたら、

自分が必死に本業と副業に取り組んでいる横で

 

いかにも充実してまっせ感満載の写真を

彼女や友人が乗せてたりしてるので、

それを見るとかなり気持ちが沈んだりしてました。

 

 

だから、インスタとかツイッターとかを

思い切って削除してビジネスに打ち込むことで、

強制的に周囲の情報が遮断されるので、

自分のやるべきことに打ち込むことができました。

 

 

SNSやニュースアプリなどが常に開ける状況にあると、

嫌でも周囲の人間の情報が入ってくるようになるので、

その度に自分の状況、ダメっぷりに落ち込んだりしてしまいます。

 

 

だから、SNSやニュースアプリは削除したり、

テレビは売ってしまって見れない状況を作ったり、

環境そのものを工夫するとかなり効果が見えてきます。

 

 

成功者の「過程」を見る癖をつけた

 

 

あとこれもすげー大事なんですが、

「成功者の”過程”を見る癖をつけた」

 

これも癖づけていくとかなりマインド変わってきます。

 

 

僕はこのマインドを持つ前までは

キラキラした成功者を見ると、

 

「結果」だけに注目してしまって、

「才能ある奴はいいよなー」

みたいなことを思ってしまっていたのです。

 

 

でも、これは起業してたくさんの成功者を

見てきたからこそ言えることなんですが、

成功者はやることやってるだけなんですよね。

 

 

今は結果を出していて

才能やセンスがあるように見えるかもだけど、

そこにくるまでの過程の中で、

しっかりと努力をこなしているんです。

 

 

例えば、僕の知人に年商5000万以上稼ぐ経営者がいますけど、

彼も元からそこまで稼げるほどの才能はあったのか?というと、

全然そんなことはなかったんですよね。

 

 

元々はFラン大学を留年するほどだったらしいし、

詐欺案件に引っかかって300万ほどの借金をするほど

情報弱者だったらしいのです。

 

 

だけど、そこから抜け出すために、

成功者にツイッターやらLINEでこちらから連絡を送りまくって

無視されたりしながらも会える人には会いに行って。

 

情報には数百万というレベルで投資して

とことん学んで知識を身につけて、行動しまくって・・・

 

ということを繰り返した結果として、

今年商5000万ぐらいを稼いでいるんだろうなー

というのがわかるのです。

 

 

僕自身も、今では毎月100万以上稼いでいるので、

いっせーさんはすごいですよね!

みたいなことを言われることもありますが、

 

100万稼げるようになるまでの過程って

そんなに簡単なものじゃなかったし、

 

それこそ情報には300万近く投資しているし、

本も何百冊も読んで勉強してきました。

 

 

もちろん、そこまでやらなくても

月収100万ぐらいは稼げるのですが、

僕自身、捨てるものを捨ててきたからこそ

ここまでくることができています。

 

 

だから、過程を見るのって大事で、

結果ばかりに注目してしまったら、

そりゃあ落ち込んでしまいます。笑

 

だって差がありすぎますからね。

 

500万とか1000万とか億とか、

ウジャウジャいるもんだから、

そりゃあ比べてたらキリがないです。

 

 

だから、忘れちゃいけないのはその成功者も

これまでに途方もない努力を積み重ねてきたという事で、

その積み上げた結果として、今大きな成果が出ているということです。

 

 

で、過程をちゃんと見るようになれば、

あ、やることやってるんだなー才能じゃないんだなー

ってことに気付けるので、

自分の才能のなさに落ち込むこともなくなるんですよね。

 

 

で、これはビジネスでの成功者だけじゃなくって、

スポーツで結果を出している人も、

勉強で結果を出している人も、

 

才能だけで結果を出している人って中々いないし、

やっぱり、結果を出すまでの過程で一定の努力をしている人がほとんどです。

 

 

だから、すでに成果を出している人を見るときは、

「結果」だけを見るんじゃなくて、

「過程」を見る癖をつけるのが大事です。

 

 

 

・・・と、実際に他人と比べる癖から抜け出す

三つの方法をお話ししていきましたが、

これちゃんと意識して実践するとかなり変わってくると思います。

 

 

で、自分のやるべきことに一定期間集中して取り組めば、

どんどん力がついてくるので、

その経験自体が自分の自信になります。

 

 

僕も、自分のやるべきことに集中して取り組んでいたら、

古着転売で30万の副収入を得ることができるようになって、

情報発信のみで200万とか稼げるようになって、

仕組みから毎月80万以上の自動収入が入るようになってました。

 

 

で、これらの経験と結果が

自分の中での強い自信となったし、

 

「自分のやるべきことだけに集中してるだけで十分に成長できる」

 

という確信を得ることもできたので、

次第に周囲が全く気にならなくなっていきましたね。

 

 

昨日の自分よりも一歩先をいけば十分成功

 

 

あと、

昨日の自分よりも一歩先にいけば十分に大成功

って感覚を持つのも大事です。

 

 

僕ら人間って脳の構造とか、

体格、体質、細胞など、何もかもが違うので、

全く違う周いの人と自分を比べるのってナンセンスだったんですよね。

 

 

それに、どうあがいたって

自分の力では他人を変えることはできないし、

自分の力で変えられるのは「自分だけ」なんです。

 

 

だから、打ち勝つべきなのは常に昨日の自分であって、

昨日よりも少しでも先に進むことができたか?

ってことを考えるべきなのです。

 

 

どんだけ小さなことでもいいと思ってます。

 

 

例えば、昨日は1出品当たりに30分かかってたのが

25分でできるようになった!

っていうのも素晴らしいことだし、

 

今まで全く本を読んだことなかったけど、

今日は1ページだけ読んでみた!

みたいなことでも十分成長だし、成功です。

 

 

僕だって、最初からできることって少なかったです。

 

古着の仕入れもできなかったし、

写真撮るのも下手だったし、

文章も全然描けなかったし、

トークもめちゃくちゃ下手だった。

 

 

だけど、そこから少しずつ、

練習して、実践して、ダメなら再度学んで・・・

ってことを繰り返したからこそ、

今の状態を得ることができているんです。

 

 

 

で、その努力の過程で常に意識していたのは、

周りではなく、昨日の自分より先に行くこと。

その上で、成長を楽しむこと。

これを常に意識してました。

 

 

やっぱり、一気に高みに行こうとしたら、

理想と現実のギャップが開きすぎて、

日々の作業やら勉強やらが楽しめなくなってくるんですよね。

 

 

どっちみち、少しずつでしか進むことはできないし、

それなら昨日の自分より少しでも先に行くこと、

その上で小さな成長を楽しむこと。

 

これができたらいんじゃない?

ってマインドを持つようにしています。

 

 

誰しも必ず強みはある

 

 

あと、最後にもう一つ。

僕は、誰しも必ず強みはあると思ってます。

 

 

これはハッタリでもなんでもなくって、

ストロングポイントとウィークポイントって、

紙一重だったりするからです。

 

 

例えば、コミュニケーションが得意で

大勢で仕事をするのが得意な人は、

逆にたった一人で作業するのは向いてないかもしれない。

 

行動しまくるのが得意な人は、

逆に勉強するのが大の苦手かもしれない。

 

 

だから、自分の中での強みを「強み」というのか、

それとも「弱み」というのかはその人の意思自体なんじゃいかな?

と、僕は思うのです。

 

 

例えば僕は、

コミュ障だったこと、

周囲とうまくコミュニケーションが取れなかったこと、

体力がなくてスポーツで使い物にならなかったことなど、

 

これらがずっと弱みで、

学生とか会社員時代にはこの三つの「弱み」が

足を引っ張っていました。

 

 

 

だけど、ビジネスを始めてからは

それらが逆に強みになりました。

 

 

例えば、コミュニケーションが苦手だったこと。

 

僕は大勢と仕事をすることは苦手だったけど、

でも逆に、一人で作業することが得意でもあったので、

今取り組んでいるネットビジネスは僕にとっては

かなりの天職になってます。

 

 

カフェで一人でブログを書いたり、

メルマガを書いたり、本を読んだり

っていうのは全然苦にならないので

ずっと続けていますし、

 

最初に取り組んだ古着転売ビジネスは

家で一人で作業ができるので、

割と短期間で成果を出すことができたんです。

 

そのおかげか、会社員や学生の世界で立場が弱かった僕も、

資本主義の世界の中ではそこそこ上の方にくることができたのです。

 

 

 

それと同じで、今あなたの弱みは、

別の世界で強みに変えることもできるかもしれない。

 

 

だから、今自分にないものをないからと言って嘆くよりも、

自分がすでに持っているものを集中して伸ばしたり、

自分だからこそできることはなんだろうか?

と考えてみることが大事なんじゃないかなーと。

 

 

僕自身も、今自分にできないものは

もう、「できない、無理」と割り切って、

出来ることのみに集中しています。笑

 

 

僕には協調性とかコミュ力が欠けているので、

(昔よりは全然マシになりましたが)

会社員なんてできないです。

 

そもそも、気の合わない人間に無理して

コミュニケーションとるとかもやりたくない。

 

身体弱いからスポーツとかあんまできないし、

体育会系の鬱陶しいノリも苦手。

 

 

だけど、一人で黙々と文章書いたり、古着転売したり

仕組みを作るのは超得意だから、

それを徹底して伸ばしているのです。

 

 

で、自分の強みを元に出来ることをとことん伸ばしていけば、

自身が身について他にもどんどん出来ることが増えていく。

 

この、正のスパイラルに巻き込まれることで

人生がどんどん好転していき、

気持ちもどんどんポジティブなものに変わっていきました。

 

 

 

だからぜひ、

周囲を見て自分の才能のなさに絶望したり、

自分にないものをないと嘆いたりする前に、

 

自分だからこそ出来ることはないだろうか?

ということも考えてみて欲しいんです。

 

 

 

長くなってきたのでまとめますが、

今回のブログで言いたかったことは、

 

・他人と自分を比べるのは百害あって一理なし

・周囲が気にならなくなるほど自分追い込み、雑多な情報を削除し、成功者の「過程」を見る。

・他人がどうこうではなく、昨日の自分より成長することが大事

・他人は変えられない。変えられるのは自分だけ

・誰しも必ず強みはあるから、その強みを徹底して伸ばせばいい

 

ってことです。

 

 

何か思うことがありましたらぜひ感想くださいな。

 

 

 

それでは!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

大容量の古着転売教材プレゼントキャンペーン&いっせー公式メールマガジン
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ
将来返ってくるものに今どれだけ投資ができるかで、未来の自分の収入が決まる

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください