何をやっても続かない時、あえて環境のせいにしてみることで可能性が広がる。自己否定ばかりしている人へ

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

今回のテーマは、

「何をやっても続かない時、あえて環境のせいにすると可能性が広がる」

です。

 

このタイトルを見て、

少し驚いたんじゃないかな?

と思います。

 

 

というのも、

失敗したときに環境のせいにするのは

世の中では常識的に考えて、

良いとはされていませんからね。

 

 

環境のせいにするな!

という言葉も、この世界では常套句だと思います。

 

 

だけど、よくよく考えてみるとわかるのが、

挫折してしまう原因ってだいたい

「環境」にあるんですよね。

 

 

例えば、何度ダイエットをしても

誘惑に負けて甘いお菓子を食べて、

いつも挫折してしまうとか。

 

で、なんで痩せよう!と決意したのに

甘いお菓子を食べてしまうのか?というと、

それは、”家に甘いお菓子があるから”

なんですよね。

 

 

タバコをやめられない人とかもそうで、

常に、”タバコが手元にある状況だから”

という理由が強いです。

 

 

つまり、上手くいかない原因って、

「環境」にあることがほとんどです。

 

 

だから、失敗したときに

自分を責めるのではなくて、

 

あえて環境のせいにしてみようぜ

っていうのが今回の提案です。

 

 

あえて環境のせいにしてみるというマインドセット

 

 

あえて環境のせいにすることで、

環境の中にある上手くいかない原因が見つかります。

 

 

その上、仮設思考を繰り返すようになるので、

どんどん思考の幅が広がっていくのです。

 

 

例えば、

僕は最近コロナの影響で家で作業することが増えています。

というか、ここ最近はずっと家にこもって、

読書したりブログを書いたりしているんですよね。

 

 

僕は元々、家で作業することが苦手で、

いつもカフェに出向いていたので、

 

カフェが利用できないってなって

家で作業し始めたときに、

中々集中できない状態が続いていたんです。

 

 

本を読もうと思っても

めんどくさくて中々本を開けなかったり、

すぐ楽な方に逃げてYouTubeをだらだらと

眺めたりしてしまっていました。

 

 

そこで、やっぱり今までみたいに

「うわーやっぱ俺集中力ないなー。。」

とかって自己否定に陥りそうになったんですが、

 

そこをグッと堪えて、

「今の環境の中のどこかに原因があるはずだ」

という考えをしました。

 

 

その結果として、

僕は、スマホが手に届く距離にあると、

すぐに開いてダラダラと眺めてしまう癖がある

ということがわかったので、

 

アプリを消したり、

スクリーンタイムという機能を使って、

スマホを開ける時間に制限をかけたり、

 

電源を切って、一番作業部屋から遠い

洗面所にスマホを置いたり、、、

ってことをやれば集中できるんじゃないか?

という、仮設を立ててみたんです。

 

 

で、立てた仮説を検証してみたら、

かなり集中力が上向いたんですよね。

 

 

結果、今は毎日の家での作業を

充実した時間に変えることができています。

 

 

 

 

だから、何かに挑戦して挫折してしまいそうな時は

この、

 

環境への責任転嫁

どうすれば上手くいくのか?の仮説だて

テスト

改善

 

を繰り返す意識を持つといいです。

 

 

これを繰り返していくと、

必ずテストに対して

何かしらの結果が返ってくるので、

日々の作業や勉強が少し楽しくなってくるので、

挫折してしまう確率も減っていきます。

 

 

 

ビジネスもなんでもそうですが、

失敗する原因の中で多いのが、

継続できなくて挫折してしまうことですから、

 

あえて今の自分の環境に疑問を向けて、

改善していく意識を持ってみた方がいいです。

 

 

例えば、僕は最近、

家での作業の生産性を高めるために、

Amazonでツールを買ってみたりして、

 

それをテストしたりだとか

ってことを最近はよくやっているので、

めちゃくちゃ楽しいです。笑

 

(いいツールが結構発掘できたので、

 近々ブログで共有したいと思います)

 

 

コロナで自粛モードが続いたり、

ネガティブなニュースばかりが舞い込んだり、

何かと今はネガティブになってしまいがちな時期ですが、

 

どうせなら今、楽しめることを探して、

それをとことん楽しんだ方が

どう考えてもいいですからね。

 

ネガティブになることに

何もいいことはないです。

 

 

少し話がそれました。

 

環境のせいにして、

原因を見つけて改善していく

というマインドをぜひ持ってみてください。

 

 

壁にぶち当たった時こそ、

環境のせいにして仮説を立ててみることで、

 

「どうすれば上手くいくのか?」

というポジティブな思考に

自然と切り替えることもできます。

 

 

だから、めちゃくちゃおすすめな思考法ですね。

 

 

できることに注目すると、ポジティブになれる

 

 

あえて環境のせいにして、

原因を別のところから探ってみる

っていうマインドを持つことの

もう1つのいいところは

”ポジティブになれる”ってことです。

 

 

これ、なんでかっていうと、

人間はできることに注目すると

自然とポジティブになれるからです。

 

 

逆に、できないことにばかり注目してしまうと、

人間の脳みそはどんどんネガティブに

物事をとらえるようになってしまいます。

 

 

だから例えば、この記事でも書いたように、

今日は古着を30着出品するぞ!

と意気込んで、面倒になってできなかったときに、

 

「ああ、自分の意思は弱いんだ」

「自分はなんてダメなやつなんだ」

と、自分を責めると、

 

どんどん自己否定の渦に巻き込まれ、

ネガティブマインドが染み付いてしまうのです。

 

 

その結果、

「自分はダメなやつだ」

「何をやっても続かないやつだ」

 

というレッテルを自分自身で

貼ってしまうことになるので、

 

何か新しいことにチャレンジする時でも、

行動する前からいろんなネガティブなことを

妄想してしまうのが癖になってしまうのです。

 

 

それと、少し科学的な話をすると、

自己否定をするようになると、

 

脳みその中の「灰白質」という

感情をコントロールする部位が

どんどん削られてしまうので、

 

次第に感情の抑制が全く効かなくなり、

すぐに感情に流されやすくなってしまうのです。

 

 

だから、自己否定をするのって

脳みそにもろにダメージのいく行為なので、

やらない方がいいし、

 

そもそもネガティブな気持ちになって

いいことなんて何もないので、

出来るだけポジティブにいた方がいい

というのが、合理的な判断なのです。

 

 

だから、上手くいかないことがあったり、

挑戦して失敗してしまった時は、

一度、環境のせいにしてみて、

 

その上で自分の行動を思い返して、

環境の問題を取り除くのが大事になってくるんじゃないかなー

と思ってます。

 

 

失敗を成功の糧にできるのは、本人のマインド次第

 

 

「失敗は成功の元」

という、多くの人が

聞き覚えのあるであろう言葉がありますが、

 

この思考をちゃんと身につけられるかは

本人のマインド次第だと思っています。

 

 

例えば、さっき言ったみたいに

失敗したときに自己否定をしているようだったら、

そこから成功に進むことなんて難しいです。

 

 

だけど、

「あえて環境のせいにしてみて原因を探してみる」

という今回話したマインドを持っていれば、

 

「どうすればできるようになるだろう?」

というマインドに切り替わるので、

自然と、上手くいかない原因を探して、

それを潰すために行動するようになるのです。

 

 

例えば、

今日は古着を30着出品する!

と決意を固めたけど、

 

結局、YouTubeをダラダラとみてしまって、

何1つ進まなかったといういことがあれば、

 

そこで一旦、環境のせいにして

「どうやったら上手くいくだろう?」

と考えることで、

 

スマホの電源を切って、

作業部屋から一番遠いへやにおいておこう

みたいな思考ができるようになります。

 

 

だから、自己否定に陥ることもないし、

ネガティブな気持ちに汚染されることもないんです。

 

 

 

失敗は成功の元だ!

っていうのは本当にその通りなんですが、

 

間違ったマインドを持っていると、

失敗するたび自己否定をしてしまうので、

そこから成功につなげることはできません。

 

 

結局、失敗を成功に活かすことができるのは

本人のマインド次第なんですよね。

 

 

その上で、今回行ったみたいな

思考にひと工夫を加えるだけでも、

可能性は広がっていきます。

 

もちろん、

何でもかんでも環境のせいにするのはよくないけど、

戦略的に環境に責任転嫁するのは僕はアリだと思っています。

 

 

 

まとめると、

 

自己否定したり、ネガティブになって、

悩んで行動が止まる時間ってもったいないし、

その時間は何も生み出してくれないので、

 

どうせならポジティブになれる工夫をして、

ガンガン前に進んでいこうぜ

ってことでした。

 

 

ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

それでは!

 

 

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください