副業感覚でビジネスはやらないほうがいいと思う。その理由について書いてみた。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

今日は、副業感覚でビジネスはやらないほうがいいよ

って話をしていこうと思います。

 

 

ネットビジネスがここ最近、

だんだんと主流になってきて、

副業がはやっていきましたよね。

 

FXなどの投資を代表に、

アフィリエイトとか、ブログとか、僕がやってる転売とか、

あらゆるジャンルのビジネスを副業で始める人が増えました。

 

 

少し前には安倍総理の口から直々に

「副業解禁」という言葉が出ましたし、

今後一層、副業をやる人は増えると思います。

 

 

でも、僕は正直言って、

「副業」って言葉が好きじゃないです。

 

 

もちろん、副業をやるなとか言ってるわけじゃなくて、

”副業感覚”でビジネスをやるっていうのが

どうも理解できないんですよね。

 

 

なんでかって、「副業」って言ってる時点で

「そこまで本気じゃない」って言ってるのと同じだからです。

 

でも、形が副業だろうがなんだろうが、

何か商品やサービスを売って利益を上げている以上は、

副業感覚ではなくて本気でビジネスに取り組まないといけないと

僕は思っているのです。

 

 

ビジネスというのは価値を提供して

その対価として報酬が得られることで成り立っていますから、

きちんとした価値を与えていくのが基本です。

 

 

だからこそ、副業感覚とかではなく、

本気でそのサービスを運営していかないといけないのです。

 

 

だって、普通に考えて手の抜かれた商品とかサービスって

受けたくもないし、買いたくもないじゃないですか。

 

 

例えば、マッサージ屋に行って

「いや〜ウチ副業でやっているんで

そんなにマッサージ上手くないんですけど大丈夫すか〜?」

とか言われたら、は?って思いません?

 

飯屋に行ってまずい料理出されて

「ウチ、副業でやってるんで我慢してくださいね〜」

とか言われたら、いやいやいや、、、

ってなりますよ。笑

 

「副業でやってるんで」

とか言われてもそのサービスを受けるお客からしたら、

 

お前は副業感覚でやってもいいのかもしれないけど

こっちは客だから関係ないんだよ

ってことなんですよね。

 

 

つまり、この記事でも書きましたけど、

何か商品を売って利益を上げている時点で、

もう立派なビジネスだし、プロなんですよ。

 

そこに専業だからとか、副業だから、

っていうのは関係ないんです。

 

買ってくれるお客さんがいて、

そこに利益が発生している以上は

こちらからも本気で価値を与えていかないといけない。

 

 

要はプロ意識を持ってビジネスをやろうぜってことですね。

 

 

 

もちろん、形として本業をやりながらビジネスをやるのは

全然いいと思ってるし、

会社員の方は少ない時間を抽出させてでもビジネスに取り組んで

スキルを身につけていくべきだと僕は思います。

 

でも、あなたが提供するサービスを買うお客さんからしたら

あなたが副業でやっていることも専業でやっていることも

全く関係ないので、きちんと本気になってビジネスに取り組まなきゃいけないってことです。

 

 

それに、副業で古着転売に取り組んだとしても

専業でバリバリやっているライバルも市場にはたくさんいるので、

副業感覚でやっても中々勝てないのが実情です。

 

 

実践する以上はプロ意識を持って

やったほうがいいよなって言うのが

僕の思う本音です。

 

 

だから、今専業でやっている人はもちろん、

副業でビジネス、古着転売に取り組んでいる人も

ぜひプロ意識を持ってビジネスに取り組んでいってほしいなと思います。

 

 

プロ意識を持って、たくさんの価値を提供していくマインドで

ビジネスに取り組んでいけば、自ずと結果も出ていくでしょう。

 

 

 

僕も自分が作るコンテンツも、販売する教材、コンサルティングも

メルカリで販売する古着も、全て本気で価値を提供するつもりで

世の中に出しています。

 

そうすることが結局、

成功への近道になるんじゃないかな思うので。

 

 

皆さんもぜひ意識してビジネスに取り組んでくださいね。

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由を獲得できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

 

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じような人が一人でも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的自由を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、noteにて有料で販売している教材になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、180万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
何をやっても続かない時、あえて環境のせいにしてみることで可能性が広がる。自己否定ばかりしている人へ
自己流かまして売れない古着を80着仕入れて7万円損したコンサル生の話
「中々忙しくてできない」と言っている人へ。お金で時間を買う意識、持ってますか?
ノウハウなんてぶっちゃけなんでもいい。大事なのは本質的な視点・スキルを持つこと。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください