【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

今日は、コンサルティングに30万も払うなんて頭おかしいだろ?

と僕自身が思っていた頃のお話をしようと思います。

 

 

僕は古着転売を独学でやっていた時に、

中々思うように成果が出ず、悩んでいた時期がありました。

(その当時のリアルな状況はこの記事に書きました)

 

その期間は約4ヶ月ほどあったのですが、

4ヶ月実践して稼げるよになった金額は8万ほど。

 

この時、3ヶ月後には会社を退職するのも決まっていたので

とにかくなんとかしないとやばい!

といった状況でした。

 

 

そんな時に、すでに結果を出している人をブログで見つけて

今中々結果が出てない状況なども踏まえて連絡を送ったんですよね。

 

で、スカイプでもお話しさせて頂く事ができたのですが、

その時にコンサルの料金も聞きました。

 

すると、「30万です」という答えが返ってきたんですね。

 

僕は正直この金額を聞いて、

「は!?コンサルに30万も払うとかやばくね?普通じゃなくね?」

みたいなことを思っていました。

 

てか普通に、「やっぱ騙されかけてるのかな、、」

とか思ってましたからね。

 

 

でも、今思えば、

これって全然普通のことだったなって思うんです。

 

 

何かを学ぶ、何かを得ることに対して、

それなりのお金がかかるってことは普通のことなんです。

 

例えば、小学校に入ってから大学に出るまでにかかる学費は

ざっと1000万円ぐらいかかります。

 

学校に入って教科書などを揃えて、

1日8時間ぐらい教師に算数やら国語を教えてもらう。

それを16年ほど継続してもらうのに1000万円です。

 

結構な金額だと思います。

 

でも、子供を学校に通わせて、

クラスメイトとコミュニケーションが取れる力を得て、

最低限読み書きができたり、話せる教養を得るのに、

1000万円の金額を払うのは世間では常識だと言われています。

 

 

他にも、車の免許を取るために教習所に通にしても、

平気で30万とかかかりますし、

サッカーを習ったり、英語を習いに行くにしても

それぞれの知識やスキルを身につけるためにお金がかかるのは普通です。

 

 

だけど、ビジネスで稼ぐためのスキルを得るのに

お金がかからないのが普通だろ!!

っていうのは冷静に考えたらおかしな話だったんですよね。

 

 

だって、その30万を払えば稼げるスキルが身について、

会社を辞める事ができたり時間的な自由が得られたり、

いわば、「人生が変わる内容」が詰まっているのに、

 

その有益な内容を無料あるいは低価格で盗み取ろうとしている

自分の思考そのものが中々やばかったなって思うんです。

 

 

100歩譲って、僕が対価として払える何かがあれば話は別です。

 

例えば仮に、僕がFXで50万稼ぐことのできるスキルを持っていたとして、

そのスキルを教える代わりに古着転売で稼げるスキルを教えてもらう、

みたいな価値の交換ができるのであればいいんです。

 

でも、当時の僕は学歴もなけりゃ特別なスキルもない、

ただのサラリーマン。

 

すでに成功している人にとっては、

そんな人間と時間を惜しんで関わるメリットがなかったんです。

 

だからこそ、わかりやすい価値として、

「お金」を払って教えてもらうのは至って普通のことだったんですよね。

 

 

当時の僕はかなり間違った価値観を持って

ビジネスに取り組んでいました。

まあそりゃあ、稼げなかったわけです。。

 

 

世の中の価値って基本、トレードオフの関係で成り立っています。

だから、何かを得たいなら何かを失わなければいけない。

 

例えば、僕は車は作れません。

だから、トヨタや日産に作ってもらった車を

「お金」という価値を提供して交換しているんです。

 

で、その車が壊れたりすると、

僕は車を自分で直すスキルを持っていないので、

修理屋さんに直してもらうために「お金」を払って

代わりに直してもらいます。

 

飲食店に行く時もそう、

ご飯を自分で作る労力を浮かせるために、

「お金」を払って料理を提供してもらっているのです。

 

 

”何かを得るために、何かを失う”

 

これがビジネスでも当たり前として持っておくべき価値観で、

お金は払いたくない。でも稼げる情報は教えろ!

っていうのは甚だおかしい話だったんです。

 

 

だから、古着転売で稼ぐための情報に

「30万」という価値が宿っているのは普通のことで、

その金額を決めるのもサービスを提供する側の人間だし、

それが高いと思うのであれば買わなきゃいい話だったんです。

 

でも、僕は最終的にその30万に価値を感じたから、

お金を払って知識やスキルを叩き込んでもらいました。

 

 

その結果、毎月最低でも30万は稼げるスキルが

身についたし、そのおかげで毎日自由に生きる事ができて、

文字通り人生が変わったんです。

 

払った当時はもちろん、安いとは思えなかったし、

「俺の1ヶ月分の給料よりたけえじゃん、、」

とか思いましたよ。

 

でも、今思えばその30万を払うだけで

経済的自由を獲得できるスキルを身につける事ができて

嫌な会社を辞める事ができ、自分の思い通りの人生を歩む事ができた

と考えたら安い投資だったなって思うんです。

 

 

それからは何かスキルを教えてもらうことに対して

お金がかかるのは当たり前だ、という価値観が常識になったので、

10万〜40万ほどする教材にも平気でガンガン投資してきました。

 

そしたら、やっぱり人生が変わる内容のものが

どんな教材にも含まれていて、

それを学んで実践するたびに僕の収入、スキルは

ぐんぐん伸びていったんです。

 

 

だから、逆に言えばお金って

すごく便利なツールなんですよね。

 

僕は2年前までなんのスキルもない人間でした。

 

古着転売だってどんな古着を仕入れたら良いのかわからなかったし、

文章も書けないし、喋る事もできないし、

パソコンでタイピングすることすらできませんでした。

 

でも、そんなレベルだった人間が

たったの2年間で古着を転売してお金を稼げるようになり、

文章もスラスラとかけるようになり、

なんの台本がなくてもアドリブでスラスラと喋れるようになった。

 

で、それは間違いなく、

お金を払ってそれぞれの分野のプロから

スキルを学び取ったからなんです。

 

 

要は、僕はお金というツールを使って、

様々な人の力を「借りて」いるんです。

 

 

自分一人で全てをこなそうとすると

膨大な量の労力が必要なので、

挫折する確率がほとんどです。

 

 

でも、お金を払って、

古着転売なら古着転売のプロから、

ライティングならライティングのプロから、

マーケティングならマーケティングのプロから

力を借りたことによって、短期間で大きな成長が出来たのです。

 

 

だから、何かを得たいと思っているなら、

対価として何かを払うというのが

当たり前のことだと今は思う事が出来ています。

 

 

お金を払えば払うほど、いろんな情報が手に入り、

それを学べばスキルが身について自分のレベルが上がります。

 

で、自由を得るために一時的に

お金、娯楽を捨てて、勉強に時間を費やした人間だけが

その対価として、自由な世界で繁栄していく事ができるのです。

 

 

逆に、そのお金をケチって、

なんの生産性もない飲み会や娯楽に

どんどんお金を消費して、

 

サボって楽することを選んだ人は

40年間一生労働を続ける人生を歩む羽目になるのです。

 

 

僕はそれが嫌だったからこそ、この記事でも書いたのですが、

一時的にお金を失って、大好きな飲み会を封印して、

がむしゃらに努力して自由になる道を選びました。

 

 

僕はこれまでたくさんのお金を学びに投資してきましたが、

そのおかげで自分一人では一生かかっても得られないであろう

スキルや知識を身につける事ができました。

 

そのおかげで自由な人生が手に入ったり、

時間をショートカットして一気に成長する事ができたのです。

 

 

学びにお金をどんどん投資していけば

異次元なスピードで成長していき事ができます。

 

 

だから、ビジネスの世界でいち早く成功を納めたいなら

どんどん自分の成長にお金を投資していくことをお勧めします。

 

 

 

今回の話をまとめると、

 

・スキルや知識を得ることにお金がかかって当たり前

・人生はトレードオフ。何かを得たいなら何かを失わなければいけない

・お金というツールを使えば人の力を「借りる」事ができる

 

って事ですね。

 

 

ぜひ今日から意識して行動してみてください。

 

それでは!

 

 

 

追伸

 

 

 

価値を感じる事ができれば、

高いとか安いとか関係ないんですよね。

 

だから、たまに高額コンサルを批判している人がいるんですが、

そんな人を見るたびにあちゃーって思ってしまいます。

 

高額のコンサルだろうがなんだろうが

買った人が価値を感じていればそれでオールオッケーなんですよ。

 

それを第3者が高いだの安いだの

いう事ではないんです。

 

 

車だって安けりゃ50万ぐらいで買えるところを

1000万出してベンツだったりを買う人いるじゃないですか。

 

車なんていってしまえば移動する事が目的で乗っているものですから、

1000万の車に乗っても、50万の車に乗っても、

「移動する」という目的は果たしてくれるんです。

 

 

でも、1000万とか出して高級車に乗る人はいるってことは、

移動すること以外の部分で大きな価値を感じているからなんですね。

 

つまり、お客さんが幸せになっていれば

高いとか安いとか関係ないんです。

 

そこで、「ベンツのオーナーは詐欺師だ!」

とか言っても、は?何言ってんだコイツw

と思われて終わるだけですからね。

 

 

逆に言えば、その商品に価値を感じればお金を払えばいいってことです。

 

 

僕も先日20万の教材を買ったのですが、

中身の6割ぐらいはすでに学んだことのある内容でした。

 

でも、残りの4割はめちゃくちゃ価値の感じる内容だったので

それで大満足しています。

 

 

だから、高いから悪いとか、安いから良いとか、

そんな話じゃないってことです。

 

安くてもダメなもんはダメだし、

高くても質の高い商品はたくさんあります。

 

 

何がダメかって、

高い金をとって、なんの価値も与えないということがダメなんです。

これをやると詐欺師と一緒ですね。

 

 

だから、僕らはイチサービスの提供者として、

価値を提供していくことを第一に考えて動いていきましょう。

 

お金が第一にきてしまったら、

面白いぐらい上手くいかないようになります。

価値提供が最優先事項ってことですね。

 

 

で、自分が価値を感じたもの、今の自分に必要だと感じたものには

高くてもガツンとお金を投資することをお勧めします。

 

それで得られるものは計り知れないので。

 

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 

僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

【期間限定】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」プレゼントキャンペーン
24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
古着転売をやっていると、ただインスタやYouTubeを見ることが仕事につながる
不用品販売で得た軍資金をもとに古着転売を始めたら速攻で月10万円稼げた話
古着転売で月利30万を自動化した元コンサル生なおやさんと対談しました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください