田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

僕は元々田舎の工場に通っていた会社員でしたが、

スマホ一台で起業して作業してたら

月収100万を突破しました。

 

今現在も岡山と言う田舎の傍で

ビジネスを専業にしてやっています。

 

 

なぜか、この業界では

「都会じゃないとビジネスは成功できないのではないか?」

といったことが懸念されていますが、

全然そんなことはないんです。

 

 

これは断言できますが、

田舎でもビジネスで成功することが出来ます

 

そもそも、インターネットを使って

小さなビジネスを起こす程度のことなので、

田舎にいながらでも、

それを拡大していけば稼ぐことができるのです。

 

 

 

じゃあ、なんでギラギラした起業家たちは

東京で活動しているの?

って言う疑問があると思うんですけど、

それは、単純に都会の方が情報の流通が盛んに行われているからなのです。

 

だから、とにかく上を目指している起業家は

都会に集まって成功者に会いにいくと言う事をやっています。

 

 

だけど、月収100万目指すとか、

そんなレベルであれば田舎にいながらでも

稼ぐことが可能です。

 

と言うか、1億までだったら

田舎でパソコン叩いているだけで突破できるそうです。

(実際にそんな起業家はたくさんいます)

 

ネットビジネスって言うと、

株とかFXとかをイメージする人が多いんですけど、

僕の場合はメルカリで古着売っただけですからね。

 

 

難易度も、投資なんかと比べたら、

めちゃくちゃ簡単です。

(スマホ使えたらOK)

 

だから、ある程度の収入を得るのであれば

田舎に住んでいたとしても

インターネットを使えば誰でも成功できます。

 

むしろ、田舎だと誘惑が少ないし

家賃もめちゃ安いので、

しっかりとビジネスに集中することが出来ます。

 

 

僕はサラリーマンで田舎に住んでいて

チャンスなんて降ってこないような環境にいたけど

自分で学んで行動したら

都会に住んでいるエリートサラリーマンよりも収入が多くなりました。

 

てか、勤めてた会社がブラックすぎて、

自力で稼いで抜け出さないと死ぬ、

って感じの状態だったんですよね。

 

だから、学校で学ぶようなこと以外も勉強したし、

普通に生きてたら出会わないようなビジネスの情報を元に

たくさんの勉強をしました。

 

 

 

というか、勉強しない人多すぎなんです。

 

なぜか、学校を卒業したら

勉強はしなくても良いと思っている。

 

ビジネスをやるにしても

適当に拾ったしょぼい情報を元にやろうとしてしまう。

 

濃い情報がないと作業しまくったところで

方向性がわからないから迷うだけだし、

どれだけ努力しても結果って生まれてこないんです。

 

 

だから、まずはたくさん学んで、

その上で実践するっていうのがマストです。

 

 

僕自身も、学生や社会人の頃は勉強嫌いだったし、

頭はめちゃくちゃ悪かった方だけど、

学校の勉強とビジネスの勉強って中身が違うので、

ハマってしまえば楽しくやれてしまいます。

 

 

ちなみに、努力次第で頭は誰でも鍛えることができるのです。

 

そして、お金は頭に蓄えられた知識によって生み出されるのです。

 

だから、お金も時間もガンガン学びに使えば良いし、

そうすればお金は稼げるし、成長もできるし、

一石何鳥もの成果が帰ってくるのです。

 

 

で、その上で僕がやったことというのは、

リサイクルショップで古着を仕入れて

メルカリに出品しただけです。

 

 

僕は元々給料も満足に得られない会社員で、

家賃6万の家で彼女と同棲して暮らしていました。

 

1LDKの狭い寝室を一室、作業部屋に変えて、

スマホで古着を撮影して、

メルカリに出品していたんです。

 

 

ちなみに、これが作業部屋。

 

 

設備は撮影ライトとハンガーぐらいです笑

 

毎日15時間ぐらいの労働を会社でして、

家に帰って目が血走った状態で作業してたので、

山のように積まれた古着の上で寝落ちしてたこともありました。笑

 

工場で夜勤もあったのですが、

昼間は寝る時間も惜しんで作業してたので、

寝ずに夜勤に行ってましたね。

 

あの頃はまじで死ぬ気でやりまくってたなあ。懐かしい。

 

 

 

だから、環境が整ってなくても成功できます。

 

 

意識の高い起業家が持っているような豪華なオフィスを構えて

ミーティングをしたり、パソコンを叩いたりする

ってこともなかったです。

 

やってることは本当に地味で、

家で冷凍ピザ食べながら古着を出品してただけです。

 

 

起業っていうとみんな派手なイメージをするんだけど、

地味なビジネスってたくさんあるし、

なんなら派手に動き回ってる人たちよりも、

僕みたいにコソコソやってる人の方が稼いでたりするんです。

 

 

むしろ、環境もお金も恵まれてない中でスタートしたことで

絶対ここから這い上がってやるぜ!

って気持ちが湧き上がるんですよね。

 

だから僕は、

「絶対稼げるようになって、会社も辞めて、

もっと良い環境を手に入れてやる」

とか思いながら古着を出品しまくってました。

 

そうやって、岡山の田舎で

会社員やりながら月収30万を突破して脱サラし、

その後も必死に学んで実践しまくってたら

月収100万を突破していました。

 

今は古着転売の方も外注化して、

パソコン1台で情報発信をしているので、

今よりも広いスペースで仕事ができています。

 

 

これは、自分の中での確固となる自信となっていて、

もし万が一今の収入がなくなってゼロになったとしても、

(戦略上99%あり得ないことですが、、)

 

もっとど田舎に引っ越して

スマホ一台でまたやり直せば良いよなーと思ってます。

 

服の在庫がある程度積める部屋に住めて、

1日2食のご飯が食べれたら

2、3ヶ月もあれば復活できるんですよね。

 

なぜかってそれは、

売上が上げる力も、人を集めることのできる力も、戦略を組む知識も二度となくなることはないからです。

 

だから、どこに行ったって収入を得ることができるし、

スマホさえ使わせてくれれば簡単に成果を出すことができるのです。

 

 

 

実際、僕の元教え子で、

鳥取のど田舎で会社員やりながら

古着転売で稼いで悠々自適に暮らしている人がいます。

 

彼は今、休日は仲間とBBQをしたり、

会社もそれなりに楽しいから、

副業で稼ぎながらのんびり働いているみたいです。

 

気が向いたら有給をとって会いに来てくれて、

一緒に古着の仕入れに回ったり、

居酒屋で焼き鳥食いながらお酒を飲んだりします。

 

たとえ田舎に住んでいても、

欲しいものはAmazonで注文すれば勝手に家に届くし、

Amazonプライムであれば映画も見放題だから、

困ることはないらしいです。

 

古着転売も外注してるので、

100万近くの売上がほぼ自動で入ってくるみたいです。

 

生活圏がほとんど、インターネットのなかで完結してしまうのです。

 

 

 

その方も、元々はビジネスの知識なんて皆無だったし、

ましてや古着もほとんど触ったことがないようなレベルだったんですが、

僕の元で真剣に古着転売を学んだら、

3ヶ月ぐらいで月収20万になってました。

 

普通に考えたら、

何もない凡人が凡人のまま逆転することは難しいのです。

 

家庭環境によって自力の学歴は大方決まってしまうし、

良い就職先っていうのは学歴によって決まってしまうのです。

 

これは現実で、大手役員の元に生まれる子供と

田舎の町工場の子供に生まれるのとでは

埋めきれない圧倒的な差があるのです。

 

僕はどっちの状況も経験したので

その差がよくわかります。

 

 

でも、今の時代はネットがあることで

ローリスクで起業できます。

 

日本に住んでいる人みんながスマホを持っているし、

便利なツールやアプリも揃ってるし、

ネットのインフラもしっかりと整っています。

 

だから、誰しもにビジネスチャンスがあり、

気軽にチャレンジして成功を収めることができる。

 

 

僕も気軽にスマホ一台で起業した一人でしたが、

一定期間、夢中になってやりまくってたことで

今では月収100万以を稼げるようになりました。

 

そのうちの半分の50万ぐらいは

ネット上の仕組みから生み出されるものなので、

何もやらなくても生きてはいけます。

 

でも、まだまだ上に行きたいし、

田舎に住んでいる人にとっての希望となる存在になりたいと思ってるので

毎日勉強してるって感じです。

 

 

 

そんな感じで、田舎にいるのであれば、

まずは情報に触れて学んで、試しにちょろっとやってみて

報酬を得る経験をしてみると良いです。

 

それで会社を辞めれるレベルの収入を得ることができたり、

今よりも生活が楽になったらシメたものだし、

もっと本格的にやったら、、

って思うとワクワクしませんか?

 

田舎だからビジネスで成功するのは難しいとか、

チャンスなんてこないとか、

今はそんな時代でもないんです。

 

本当にやったもん勝ちの世界だし、

もしやる気があるのなら、

一緒にチャレンジしてみましょう。

 

 

追伸

 

 

何からやれば良いかわからないよー、

って方がいましたら、とりあえず初心者の方向けに作った、

古着転売が学べる再生リストを

繰り返し学習してみてください。

 

古着転売が学べる大容量の再生リスト

 

兎にも角にもまずは知識を得ることが大事です。

頭は誰でも鍛えられるので、

ガンガン鍛えて成長して、

ビジネスの自由な世界に触れていきましょう!

 

ではでは。

 

 

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください