自動掃除ロボットを導入してみた。物的資産に投資して時間を味方につける考え方。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

先日、自動掃除ロボットの「ルンバ」を買って、

部屋に導入してみました。

 

結論から言うんですが、

掃除がめっちゃ楽になりましたね。

 

 

 

こんな感じで思ったよりも音がうるさかったのですが笑

ボタン1つを押すだけで頑張って掃除してくれて、

時間が経てば勝手に定位置に戻って充電してくれます。

 

 

ルンバを導入したおかげで、

毎日掃除機をかけることによってかかっていた体への負担も減りましたし、

何よりも、1日2、30分ほど掃除機をかけていた時間が浮いたのがでかいです。

 

 

で、今回共有したい考えと言うのが、

”物的資産に投資して時間を味方につける”

という事です。

 

 

まず、物的資産ってなんやねん?って事なんですけど、

ここで言うのは物的資産とは、

1度投資しておけば長期的に時間を生み出してくれる物

のことです。

 

 

物的資産といえば、

一般的には不動産などのお金を生み出してくれる資産を指しますが、

僕はこのような時間を生み出してくれるようなツールも

物的資産と呼んでいます。

 

 

で、今回僕が買ったルンバがまさにそれで、

ルンバは長期的に僕の時間を生み出してくれる物的資産になるんですね。

 

 

僕が買ったモデルはこの、

35,000円ぐらいのやつ。

 

 

掃除機って今だったら5000〜10000円ぐらいで

それなりに良い質のものが売ってあるし、

35000円って掃除機にしては結構高い値段だと思うんです。

 

 

でも、考えるべきなのが、

値段ではなく、「時間」です。

 

僕はこれまで毎日30分ほどの時間を

掃除機をかける作業に費やしていました。

 

なので、1ヶ月で考えると、30×30で900分。

1年で考えると、900×12で10800分もの時間を

ただただ掃除機をかけるだけの時間に使っていたのです。

 

掃除機をかける時間ってぶっちゃけ無駄です。

何も生み出してくれません。

 

身につくとすれば掃除機を効率よくかけるスキルとかでしょうか?

でも、それを身につけたところで1円にもならないですね。。

 

僕はそれよりも本を読んだり、

ブログを書いたりする時間に宛てたいのです。

 

 

 

だからこそ、ルンバのような一見すると

ただの掃除機と呼ばれているものでも

僕にとっては貴重な時間を生み出してくれる資産となるのです。

 

こいつがあることによって、

毎日の30分のなかったはずの時間が生み出される。

 

つまり、年間で言うところの

10800分の時間が生み出される。

 

5年は問題なく稼働すると考えたら

54000分もの時間が生まれると言うことなんですね。

 

 

こう考えたらすごくないですか?

 

だから、一見すると35000円と言う高い金額も、

5年のスパンで見ると、

1日あたり20円の投資で済むと言うことです。

 

1日20円投資して、54000分もの時間が浮くって考えると、

かなりコスパのいい投資なんですよね。

 

 

だって、54000分もあればかなりのことができると思うんです。

 

 

古着も出品しまくれるし、

ブログも書きまくれるし、

本も音声も勉強しまくれる。

 

 

結果的に自分のビジネスの収益アップにつながることになるし、

得られるものは計り知れないと思うのです。

 

 

物的資産は他にもあって、

例えば、乾燥機付き洗濯機も

物的資産に当たります。

 

 

乾燥機付き洗濯機を導入すれば、

洗濯物を干す手間が省けます。

 

つまり、毎日洗濯物を干していた30分ほどの時間が

これまた生み出されるということになります。

 

 

僕は去年、20万ぐらいで買った、

乾燥機付き洗濯機を使っているのですが、

これも10年稼働し続けてくれると考えたら、

 

1日54円あたりの投資で、

108000分もの時間を生み出してくれる

ということになるのです。

 

 

ルンバと乾燥機付き洗濯機を導入している僕は、

毎日1時間は家事に費やしていた時間を

勉強するなどビジネスに使えるということになるので、

 

毎日掃除機かけたり、洗濯物干すことに必死なライバルと

かなりの差をつけることができることになりますね。

 

 

ライバルと差をつける。

僕はこういったツールに投資するときに、

常にそんなことを考えています。

 

教材やコンサルに投資するときもそうで、

ここでお金を払ってガッツリと時間をショートカットすれば

かなりライバルと差をつけることができるよね?

という考えでガンガンお金をぶっこんでいます。

 

だからこそ、時間をショートカットできるなとか、

これでライバルと一気に差をつけることができるな

と思えば、たとえ10万以上の価格の教材にも

迷わずぶっこむのです。

 

 

なんでここまでするの?

って聞かれると、それは、時間が一番大事だからです。

 

変な話、お金って後からいくらでも取り返すことができるし、

それよりも若くてエネルギーの溢れるこの20代の時期を

できるだけ無駄にはしたくないんですよね。

 

 

お金って案外大事じゃないんです。

銀行口座に眠らせておいても何も生み出してくれないし、

それよりもこうしたツールや教材にガンガン投資して

時間を有効活用した方が絶対にいいと思うんです。

 

何より、過ぎた時間は二度と返ってこないですからね。。

 

 

それに、1日に使える時間が多い人の方が、

今後のビジネスの成長スピードもグンとアップさせることができます。

 

逆に、こういったツールにケチって

なんでも自分でこなそうとしてしまう人は

時間に常に追われるようになるため、

 

ビジネスにかけることのできる時間もなくなるし、

成長するスピードも亀のように遅くなってしまうのです。

 

 

物的資産や知識に積極的に投資している人が

新幹線のような速さで進んでいるのに対して、

ケチっている人は一生懸命チャリンコで進んでいるような

差になっていくのです。

 

チャリンコで行くのも別にいいっちゃいいんですが、

迷うし、疲れるし、パフォーマンスも落ちるし、

良いことないなって思います。

 

 

”物的資産に投資して時間を味方につける意識”は

めちゃくちゃ重要なことです。

 

 

だから、これからも、

時間を生み出してくれるようなツールにはバンバン投資していくし、

生み出した時間で、ビジネスや、自分の趣味に費やしていきたいところです。

 

 

今回はルンバを題材にして

時間の重要性について語っていきましたが、

他にもたくさんの優秀な物的資産が存在します。

 

 

例えば、僕はkindle paper white(電子書籍)

というツールを用いて本を読んでいますが、

本をクレカで決済した瞬間から読むことが可能です。

学びたいと思ったことがすぐに学べるんですね。

 

逆に、紙本だと頼んでから届くまでに

長いもので1週間とかかかっちゃうことがあるから

そんなに時間が経ってしまうとやる気も下がってしまうんです。

 

だから、時間だけでなく、モチベーションを維持する上でも

kindle paper Whiteは大きな働きをしてくれていると言うことになりますね。

 

 

あとは、このブログでも紹介した、

古着の撮影用ライトとかもそうだし、

(メリットは記事に書いた)

この動画で紹介したワイヤレスイヤホンもそう。

 

 

時間を生み出してくれる優秀なツールは

今はたくさんある世の中なので、

ぜひ皆さんもガンガン投資して本来やるべきことに

集中していきましょう。

 

 

読者さんの中で

「こんな便利ツールがあったぜ!」

ってのがあればぜひ教えてくださいな。

Amazonで即ポチりますw

 

 

追伸1

 

 

今回紹介したルンバや乾燥機付き洗濯機は、

特にビジネスに挑戦している主婦さんに

導入して頂きたいなと思ってます。

 

主婦ってやること多いですよね。

僕のおかんも専業主婦で、毎日家中を掃除しまくってたり、

家族4人分の洗濯物を凍えるほど寒い冬でもせっせと干していたのをみて、

本当にすごいなって思ったのをよく覚えています。

 

 

でも、僕は主婦だからといって、

お母さんが全ての家事をこなす必要はないと思っているんです。

 

僕の家は父親が硬い考えの人だったから

家事はぜーんぶ母親がやっていたんですが、

なんでお父さんはやらないんだろう?

と子供ながらに思ってました。

 

そこは家族で分担してやればいいと思ってるし、

ツールに任せられる事であれば、

どんどんまかせればいいと言うのが僕の考えです。

 

 

家事って体力も気力も削がれます。

洗濯物を干したり、掃除機をかける行為って

体への負担も中々に大きいです。

 

それに、毎日やったからといって、

お金やスキルに変わるか?と聞かれると

残念ながら一円にもならないのです。

 

今の時代は本当にツールが優秀ですから、

そういった雑務はツールに任せて、

浮いた時間で積極的に

ビジネスの勉強や作業に取り組んでほしいなと思ってます。

 

 

最近は主婦の読者さんからも

非常に多くのメッセージも頂くということもあって

こういった事を書かせて頂きました。

 

ローン組んででも払う価値があると思ってるのでぜひです。

 

 

追伸2

 

 

ちなみにルンバは「iRobot」と言うアプリをとって

スマホと同期させれば、スマホから操作できます。

 

下の「CLEAN」のボタンを押すだけで、

ルンバが起動して掃除を初めてくれるんです。

いやーまじ便利なんですよね。

 

 

 

それと、名前をつけることができる機能も

上手いマーケティング戦略だなって思いましたね。

 

名前をつければ愛着が湧くし、

例えば、一人暮らしをしている人にとっても

寂しさを若干和らげてくれる効果があったりとか。

 

こうして上手く感情を揺さぶることで

商売ってすごく上手くいくんです。

 

ルンバを使ってみて、

それがすごく上手くできてるなあと思いましたね。

 

 

ちなみに僕は初めて稼働させた時に

台所に敷いているマットやコードを絡めながら

進みまくってエラー起こしてる姿をみて、

 

「めっちゃ無双するやん、こいつ、、」

と思ったので、「ムソ太郎」に名付けました。笑

 

 

コードとか、ぶ厚めの絨毯とかは

上に上げてから稼働させて上げたほうが

良いっぽいですね。笑

 

 

追伸3

 

 

時間が如何に重要か?

ということがよく分かる記事もここに貼っておきます。

 

書いている内容を実際に実践した読者さんもいますけど、

仕事効率が上がったり、無駄なことに時間使わなくなって

以前よりも充実感が増えたと言った言葉ももらいました。

 

ぜひ、愚直に実践してみてください。

→(時間の細分化思考。成功するために持つべき時間に対する意識について語る

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由を獲得できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

 

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じような人が一人でも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的自由を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、noteにて有料で販売している教材になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収100万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、180万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
仕組みを作って圧倒的に幸福度が上がった。金銭的自由だけでは幸福度は上がっていかないという話。
情報発信の本質についてツイート集。如何にして感情を動かせる作り手になるか?
「会社員=安定」→「スキルを持つ個人=安定」の時代へ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください