1日かけて断捨離しまくってみた話。断捨離する事のメリットと、成功する上での本質について書いてみた。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

先日、1日かけて家にあったいらないものをガツンと断捨離してみました。

 

夢中になっていらないものをゴミ袋に投げまくっていたのですが、

気づいたら45リットルのポリ袋が5袋ぐらいと、

ツールボックスが3箱もパンパンになっていました↓

 

いやあーーめちゃくちゃスッキリしましたよね、、

 

それと同時に、

今までこれだけのいらないものに

囲まれて生活していたのかと考えると、

少しびっくりしてしまいます、、

 

 

で、今回は、

僕自身が要らないものをガツンと断捨離して得られたもの、

感じたことがたくさんあったので、

 

成功する上で大事な本質も交えながら

ガッツリ語っていこうと思います。

 

 

モノは人からエネルギーを吸い取る害悪なもの

 

 

まず前提として、

モノが多ければ多いほどエネルギーって吸い取られます。

 

これは別にスピリチュアルな話をしているわけではなくて、

本質的にそうなのです。

 

例えば、クローゼットに服がパンパンに入っている状態だと、

朝着替える時に、「どれ着ようかな、、」と悩んだり、

 

20足ぐらいの靴が家にある状態だと、

「どれ履こうかな、、」と言った風に迷ってしまいます。

 

人はこうして迷っている間に、

どんどん気力を削がれてしまっていくのです。

 

モノが多いということはつまり、

選択肢が多くなるということ。

 

なので、いつもたくさんの選択肢を見て、

迷って、エネルギーを消耗して、

精神的ストレスを溜める事になるのです。

 

 

僕自身もファッションが趣味という事もあり、

気づけばクローゼットに大量の服が入っていることが多々あります。

 

だけど、今回着なくなった服を一気に断捨離することで

選択肢と迷いが減り、毎日のストレスが減っていったのです。

 

 

極端な話、靴が1足しかなければ、

出かけよう→どの靴履こうかな→靴箱を開けて悩む→靴を決める→靴を履く→出かける

という普段の流れを、

出かけよう→靴を履く→出かける

といったように、とことんシンプルにすることができます。

 

このように、日々の行動をシンプルにするためにも

余計なものは捨てるべき。

 

 

モノはエネルギーを吸い取る害悪なものです。

だから、少なければ少ないほど選択肢を削ぎ落とす事が出来、

自分の行動をシンプルにしてくれるということですね。

 

 

捨てまくった事によって得られた最大のメリット

 

 

捨てまくった事によって得られた最大のメリットとして、

時間が増えたということがあります。

 

例えば、僕は断捨離をする前まで玄関の靴箱に

15足ぐらいの靴が入っていたのですが、

それを一気に5足ぐらいまで減らしました。

 

ここまで減らせばお気に入りのスニーカーを迷う事なく履くことができることで、

出かける前に「どの靴履こうかな?」と迷う時間がなくなり、

時間がどんどん浮いていきました。

 

 

他にも服を減らしたり、

デスクの上の書類を捨てたりしたことで、

 

「どの服着ようかな?」と迷う時間や、

「あーこの書類どうしようかな、、」と悩む時間が

削減されました。

 

 

実際に、デスク上がここまでスッキリしたので、

 

無駄なことがとことん排除されて、今まで

椅子に座る→机の上の書類等を整理する→何をやろうとしたか忘れる→考える→思い出す→パソコン開く→仕事を始める

という余計な行動が入っていた流れから、

 

椅子に座る→パソコン開く→仕事を始める

といったシンプルな流れが組めるようになりましたね。

 

 

 

ウダウダ悩んでいる時間って

1日の中に30分ぐらいは余裕であります。

 

たかが30分でしょ?と思うかもしれないけど、

1週間で考えたら約3時間。

1ヶ月で考えたら15時間も無駄にしている事になります。

 

この15時間を勉強に使う時間や

古着を出品したり、ブログを書いたりする時間に当てれば

かなり前に進むことができると思うんです。

 

 

実際に捨てたもの一覧と、捨てる時のコツについて

 

 

僕が実際に捨てたものとして、

 

・着なくなった服

・家電製品を買った時に付いていた説明書

・パソコンや時計を買った時の外箱

・その他色々

 

があります。

 

それぞれ捨てる時のコツを話していこうと思います。

 

 

服は基準を決めて、サクサク断捨離していこう

 

 

まず、服や靴を捨てる時の基準ですが、

僕自身はシーズンが終わって数回しか着なかった服は

問答無用で捨てるか売る事にしています。

 

僕はファッション好きなので服を手放す事に若干の抵抗があるのですが、

経験上、シーズンを通して一度も着用しなかった服は今後も着用しない可能性が高かったので、

迷わず捨てる事にしていました。

 

着なくなった服でもクローゼットにかけているだけで、

1つの選択肢として加算される事になりますから、

サクッと除外して迷う時間を減らすべきだと思います。

 

 

家電製品を買った時に付いていた説明書も開くことはない

 

 

電子レンジや炊飯器などの家電製品を買った時に付いてくる説明書って

なぜか「取っておいたほうが良さそう」と感じていたんですよね。

 

だけど、家にあったところで見ることはないし、

物置に積まれてくだけだったんで、

思い切って捨ててみると、超スッキリしましたね。。

 

 

皆さんも「なんとなくこれいるよね?」と思って

取っておいた書類って結構あると思うんですけど、

それってほとんどが不必要なものだったりするので

思い切って捨てたほうが身軽になりますよ。

 

 

パソコンや時計を買った時の外箱もサクッと捨てるべし

 

 

新品の外箱もなりふり構わず捨ててみました。

 

macbookを買ったときにmacが入ってた外箱や

他にも動画撮影用のカメラを買ったときに入ってた外箱を

丁寧に保管しておいたんです。

 

必要ないのは薄々わかっていたんですけど、

「また売るときがきた時のために、、」

とか考えて捨てるに至れなかったんです。

 

外箱があるのとないのとでは

売る時の値段も若干違ってくるという

貧乏思考に惑わされていました。。

 

ただ、今はもうお金には困っていない状態なので、

こういった外箱類は迷わずゴミ箱へ。

 

ただの紙箱でもがっつり捨てればかなりのスペースができましたね。

 

同じようにこのような、

パソコンやスマホを買ったときに入っていた外箱を

取っている方もいると思いますが捨てることをお勧めします!

 

売るときがきたとしても、

大した付加価値にはならないでしょうし、

部屋のスペースを潰すだけなので、、

 

 

捨てる時に考えるべき重要な事

 

 

とはいえ、捨てたり手放したりって行為は中々勇気の要ることだと思います。

 

そこで、断捨離する時に考えるべきこと、

僕が実践していることなんかをお話ししていこうと思います。

 

 

捨てることで得られるものを想像する

 

 

これはすげー大事なことなんですが、

僕は捨てることで「何が得られるか?」ということを考えながら

断捨離をしていました。

 

部屋のスペースはもちろん、

選択肢が削られるから気力も回復するだろうし、

迷う時間そのものが消滅されるから時間も増える・・・

 

こういったポジティブなことを考えながら断捨離をすると、

割と楽しく作業することができますよ。

 

時間や気力が増えれば、

自ずとお金もどんどん増えていくようになります。

 

逆に、たくさんのモノに囲まれて生活を送っている人は

気力も時間もどんどん削がれて、次第にお金も失っていくのです。

 

だから、モノは自分の大切なエネルギーや時間、お金を奪うものだ

と定義すればどんどん断捨離も進むと思います。

 

 

ただ、中にはプレゼントされたものだったり、

思い出の詰まったものもあると思います。

 

なので、感謝の気持ちを持ちながら捨てる作業をしてみてください。

 

こうすることで、少し温かい気持ちになれたりもしますので、

オススメの思考法です。

 

 

「ちょっと好きぐらいのもの」は迷わず捨てる

 

 

これもまた、思い切りを持たせる上で大事な考えです。

 

ちょっと好きぐらいのものはどんどん捨てて、

自分にとってオンリーワンのものを残していくんですね。

 

そうすることによって、

中途半端なものは自分の身の回りから消えていき、

本当に大切にしているものだけに囲まれる生活を送ることができます。

 

僕も、「まあまあ気に入ってるんだけどなー」程度の服は捨てて、

3年以上愛用している服だったり、

本当に気に入っているものだけをクローゼットに残しました。

 

こうすることで、

部屋にあるものが自分にとってオンリーワンのものばかりになるので、

次第に人生の質も上がっていくと思うのです。

 

”ちょっと好きぐらいのもの”

これって誰しも思い当たる節があると思うんです。

 

だけど、それは使われることなく永遠とクローゼットの中で

眠り続けるだけの可能性が極めて高いです。

 

思い切って断捨離して、

大好きなものだけに囲まれる生活を送ってみましょう。

 

 

「捨て」は人生を変えるための本質

 

 

断捨離をしたことで僕自身が感じたことをツラツラと書いていきましたが、

捨てることは人生を変えるための本質だなということを改めて確認しました。

 

今回の記事は、”目に見える物質的なものに関しての捨て”についての事でしたが、

”目に見えない余計なもの”を捨てることも成功する上での本質としてあります。

 

例えば、僕の友人も一人、ビジネスで成功するために

趣味でもあったスニーカーや服をほとんど売り、

友達との遊びや飲みの誘いも全て断っている人がいます。

 

そして、浮いたお金で僕の販売している教材を全て買い、

浮いた時間でとにかく勉強と古着の出品に励んでいるようなのです。

 

モノはもちろん、友達とただただ遊んでいた時間や、

飲み会をしていた時間、趣味や娯楽に関しても次々と捨てて、

ビジネスに取り組んでいるのです。

 

ここまでの姿勢を見たときに、

「あ、こいつ、余裕で成功するな」

と感じましたね。

 

 

この記事でも書きましたが、

僕自身も会社員時代は飲み会や遊びを我慢して、

睡眠時間も削りに削って作業に励んでいたので

 

人生を本気で変えようとしている彼を見て、

昔の自分を思い出して懐かしくなりましたね。笑

 

 

捨てることのできる人は本当に強いです。

逆に成果が出ていない人、あまり上手くいってない人は

共通して余計なものを捨てることができていないです。

 

モノはもちろん、プライドとか、趣味とか、娯楽とか、、、

稼ぐために不必要なものばっかりを大事そうに抱えている。

 

本当に成功したいと思っているのであれば、

一時的に捨てなきゃダメだと思います。

 

 

良い車も、好きな服やスニーカーも、漫画も、飲み会も、旅行も、

お金を稼いだ後でいくらでも買うことができます。

 

だけど、過ぎ去った時間はいくら悔やんでも

帰ってくることがありません。

 

今や億万長者となったの孫正義だって、ホリエモンだって、

いくら大金をはたいても時間は取り戻せないのです。

 

 

だから、僕自身も今はもっと自分を成長させることだったり、

金銭的にも時間的にも自由を得るために

お金をガンガン投資していこうと思っています。

 

僕だって良い車に乗りたいとか、

広い家に住みたいという願望は少なからずありますが、

それはお金持ちになってからでも遅くはないのかなあと。

 

 

それよりも今ある若い時間だったりエネルギーというものを

フル活用して悔いなく生きたいところですね。

 

 

なんか、断捨離のテーマだったのに熱く語ってしまいました、、笑

 

とにかく、要らないものはどんどん捨てて、

浮いた時間、エネルギーを自分のやるべきことに

フル活用していこうぜというお話でした。

 

早速、捨てることに取り組んでみてくださいね。

 

 

では!

 

 

 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください