スターバックスカードから学ぶ、お客さんのハードルを下げる事の重要性

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

今日は、商売をする上で

すごい大事なことを書いていきます。

 

 

 

僕はいつも、スタバに行って作業をします。

 

で、毎度大好きなカフェラテを注文するのですが、

その度に財布から小銭を出したりお札を出したり、

お札を渡せば小銭を受け取らないといけなかったり、、、

 

と、中々手間かかるな〜

と思っていたんですね。

 

なので、「スターバックスカード」を

作ってみようかなと思い、

 

ネットでサクッと注文を済ませて、

1万円分の金額が入ったスタバカードを作ったんです。

 

ちなみに、スターバックスカードはこんな奴ですね↓

 

 

でまあ、これが本当に楽で楽で、、

 

毎回スタバに行って注文するときのハードルが

がくっと下がったんですよね。

 

「カフェラテください〜」

と言って、カードを渡すだけでサクッと会計が終わる。

 

小銭でぴったりに払えるかどうかを

いちいち計算する手間や、

お札を渡して大量の小銭を受け取って、

それを財布に入れる作業も解消される。

 

なので、

スタバに行く行為そのもののハードルが下がるんですよね。

 

例えば、他の個人経営のカフェなんかだと、

キャッシュレス対応していないところも多いから、

会計の際の手間って中々かかるわけなんですよ。

 

そうなると、

 

あそこのカフェはキャッシュレス対応してないからな〜、、

やっぱスタバ行くか。

 

って僕はなっちゃうんですよね。

 

さらに、カードを渡すだけで会計がサクッと終わるから、

車で少し出かける時もドライブスルーして

スタバでコーヒーを買ったりだとか、

そんな際にも利用するようになるんです。

 

 

カードで支払ってるから、

現金みたいに「使ってる感」もないので、

購買頻度も上がるんですよね。

(これはちょっと気をつけないといけない部分ですがw)

 

事実、スタバカードで支払いを終えた後に

残高の印字されたレシートが渡されるんですが、

え、俺もうこんなに使ったの?

 

って思う事が多々あるんです。笑

 

 

要はこれって、

会計のハードルを少し下げてあげるだけでも、

お客さんの財布がどんどん緩むってことになるし、

他のお店との差別化にもなるよって事ですね。

 

 

短期間でカードの残高が減りまくった事に気づいた時に、

僕はこの事実にハッとさせられました。

 

 

このように、商売をする上で

「お客さんをとことん楽させてあげる」

 

という発想は物凄く大事なことで、

その上でこのスタバカードは

きちんと役割を果たしているなあ

と思いますね。

 

しかも、持ってるだけで、

スタバの常連のような雰囲気が出せて

優越感にも浸ることが出来ます。

 

いやースタバから学べることは

本当に多いです、、

 

 

 

ちなみに、僕らが商売をする上でも、

”お客さんを楽させて上げる”という発想は常に持っておくべきです。

 

これがどれだけできるかでも

商売って売上が大きく変わってきます。

 

 

メルカリの古着転売にもこれは応用できて、

 

例えば、

ネットで服を買うお客さんって、

着用感をすごく気にするんですよね。

 

その中で転売ヤーっぽいアカウントは、

着丈や身幅などの実寸を書くだけ書いて、

「手元の服と比較してちょうだいね」

って状態がほとんどなんです。

 

でも、そんな面倒なことはお客さんは

したくないわけなんですよ。

 

そこで、

自分が着た感じの着用感とか書いてあげたら

周囲のアカウントとの差別化になるんじゃないかなあ?

と思ったりだとか。

 

あるいは、着画を載せてあげたら、

お客さんにとっては大きいですよね。

 

他には、

説明文を書くときでも、

行間がなくて詰め詰めで書いてる人とか

いるわけですよね。

 

これって自分が文章を読む時のことを

想像して欲しいんですけど、

 

ぎっしり詰めっている文章を読むのって、

なんかハードル高くないですかね?

 

だから、1文書き終えたら

行間を3〜5行空けてやるとか。

 

そんな小さなことでも、

十分に差別化になるんです。

 

 

・・・と、言ったように、

様々な事例を用いて解説してみました。

 

 

この、

「お客さんを楽させてあげる」

という発想を持って、

 

その上で自分のビジネスにはどう活かせるのか?

とうことを常日頃から考えておくと、

思考力は劇的に上がりますよ。

 

 

僕はサービスを受ける時とかは、

常にこんなことを考えるようにしています。

 

一見、何気ない日常の中からでも、

盗めるポイントはたくさんあるので、

常にアンテナを貼って行動するように

心がけてみてくださいね!

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

追伸

 

 

思考力を鍛えれば日常を生活しているだけで

様々な場面から学びを得ることができます。

 

その上で僕のメルマガでは

思考力の鍛えられるコンテンツをたくさん流しているので

ぜひ登録して学んでみてくださいね。

 

いっせーのメルマガに登録する

 

 

追伸2

 

 

スタバのカップのパッケージがクリスマス仕様になってました。

 

これを見て、そろそろクリスマスか〜と思ったのと同時に、

1年という時間の早さに少し驚いています。。

 

ぼーっとしてたらまじで何の変化も無いまま時間が過ぎてしまうので、

しっかりと噛み締めて日々を過ごしたいところですね。

 

とは言え、まだあと2ヶ月も残ってるので、

極限まで自分を高めて、悔いのないように、

2019年を終えたいところです。

 

皆さんもぜひ精進していきましょう!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください