僕は「逆張り思考」を持って行動し続けたからこそ、月収100万を稼ぐことができた

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

突然ですが、「逆張り(ぎゃくばり)」って言葉知ってます?

 

僕自身も最近知った言葉なのですが、

調べてみると、為替で使われている用語で、

株価が下がった時に買い、上がった時に売るという

アマノジャク的な投資手法のことを言うようです。

 

 

で、その逆張りって思考は、

どの業界でも成功する上で大事な考えと一緒だなと思い、

こうしてブログを書こうと思いました。

 

 

今日のブログのテーマは

「逆張り思考を持って行動すればどんどん成功に近づく」

というお話なんですが、ここでいう「逆張り」の意味は、

 

”周囲の人間が取る行動の逆の行動をすると成功しやすいよ”

ということです。

 

 

というか、僕は常に

逆張り思考を持って行動してきたからこそ、

ネットビジネスの業界で月収100万以上を稼ぎ、

それなりに成功を収めることができたのだと思います。

 

 

僕は、これまでネットビジネスを実践してきて、

サラリーマン時代は古着転売というビジネスで

30万の副収入を稼いだり、

 

独立後はメディアを使った情報発信にも挑戦して、

月100万以上の利益をあげる事が出来ました。

 

 

もちろん、上を見ればもっとすごい人はいるし、

僕なんてまだまだひよっこですが、

1年とちょっとの実践でそれなりの成功は収める事が出来ました、

 

 

で、短期間でなぜここまでの成果を

収める事が出来たのかというと、

それは常に周囲と逆の行動を取ってきたからだと思っています。

 

 

世の中の”成功者”と呼ばれる人たちも同じように、

常に周囲の行動とは逆の行動をとっているのがよくわかります。

 

 

例えば、今ではIT業界の立役者と呼ばれている、

ビルゲイツやスティーブ・ジョブズたちも

まだ「IT」という言葉が全然浸透していない頃から

「IT」業界を盛り上げる試みをしていたし、

 

世間に認知されていない時代から取り組んでいたからこそ、

大きな成功を収める事が出来たのだと思います。

 

 

それと比べたら僕なんてまだまだ小さなものですが、

僕自身もビジネスを始めてからは

常に周囲とは逆の行動を取るように心がけてきました。

 

 

ビジネスなんて怪しい!

と言われているからこそビジネスに挑戦したし、

そんな事誰もやってないよ?

と言われたからこそ愚直に実践してきました。

 

 

実践してからも、周囲の人間は全然情報に投資しないから

僕はとことんなまでに情報に投資してきたし、

周囲の人間は言い訳して全然行動しないから、

僕はビビりながらでも行動してきました。

 

 

今やってる情報発信も1年ほど前からやっているのですが、

始めた当初は古着転売をやりながら発信をしている人がまじでいなかったので、

がっつりと先行者利益を取る事が出来ました。

 

 

 

このように、常に周囲と逆の行動を取るように心がけてきたのです。

 

 

すると、面白いぐらいに結果がどんどん出るようになったのです。

 

 

行動する人も、情報に投資する人も、学ぶ人も、実践する人もいなけりゃ、

ましてやネットビジネスなんてみんな怪しいと思って挑戦しない。

 

 

だからこそ、その逆の行動をとれば取るほど少数派の人間になっていき、

結果が出やすくなったのです。

 

 

 

逆に、周囲と同じ行動しかとらない人は

本当にジリ貧になっていくなとこれまでの経験上、

しみじみと思います。

 

 

例えば、サラリーマンの給料はなんで低いのか?

という問いの答えは簡単で、「みんながサラリーマンをやるから」、

給料が下がっていくのです。

 

みんながやるからこそ、

どんどん希少性が薄れていくのです。

 

 

金融や外資系の超優秀な会社員ですら、

年収2000万ぐらいがアッパーですから、

まじでレッドオーシャン市場だなって思ってしまいます、、

 

 

 

そんな中、ネットビジネスという

世間では「外れた道」と呼ばれている道を歩む選択をとったからこそ

僕は外資系リーマンレベルの収入を得る事が出来ているのだと思うのです。

 

 

さらには外資系リーマンほど激務ではありません。

ネット上に仕組みを構築したり、物販の外注化を計っているので、

最近は週に1日も労働してないレベルです。

 

 

しかも、僕みたいな元々才能もなくて学歴もないレベルの人間が

実践してたった1年でここまでの収入を得る事ができるのは

本当に夢がある世界だなあと思っています。

 

 

 

それは置いといて、

みんな怪しいと思い込んで挑戦しない人ばかりだからこそ、

挑戦しまくる僕や僕の仲間がどんどん成功していくという

最高のスパイラルに入っています。

 

 

みんながやってないことにどんどん挑戦していけば、

面白いように結果って出ていきます。

 

 

周囲の人間は思った以上に行動しないし、挑戦しません。

 

 

言い訳して行動しないし、ビビって挑戦しないし、

ビジネスに挑戦したとしても、情報に投資しないから結果が出ません。

 

 

だから、単純な話、

その逆の行動をとれば成功する事ができるのです。

 

 

例えば、情報に投資する時も僕は逆張りの思考を持っていて、

先週ぐらいに20万ほどの教材を買ったんですけど、

 

その時も、ほとんどの人はビビってこの教材買わねーだろ?

と感じたから自分はぶっこんで一気にライバルをぶち抜いたるで!

と言った気分で教材を買いました。

 

 

で、やっぱり中身を勉強したら、

買わない人って絶対損してるよね、、

としか思えないようになるのです。

 

 

そこで学んだことを実践する自分と、

大事な本質を知らずにビジネスを進めて遠回りしてしまう周囲の人間と、

対極な関係が出来あがるのです。

 

 

 

常に僕は成功している側の世界に入っていたいから、

成功していない人の逆の行動を取るように心がけました。

 

 

そうやって僕はどんどん少数派の人間になっていって、

どんどん楽をしていこうという考えで行動しているのです。

 

 

世の中の価値って相対的なものだから、

常に少数派の行動を取るように心がければ

必然的に希少価値が高まっていきます。

 

 

 

みんなが辿っている道を無思考で歩いていくのも

一見楽には見えます。

 

 

けど、本質を見れば大多数の人間がとっている行動を

同じようにとっているだけだとまじで楽になりません。

 

 

赤信号をみんなで渡っても引かれるもんは引かれます。

みんなが乗っているからって同じ船に乗り続けたら船は重さで沈んでいきます。

みんながやっているから、正解ではないのです。

 

 

常に本質はどうなのか?

という思考を心がけたら、

余計な遠回りをせずに済みます。

 

 

 

僕は18の頃、周囲がみんな就職していくから、

「みんな就職してるし、就職するのが正しいだろ?」と無思考で判断して、

見事ブラック企業にはまってしまいました。

 

 

逆に、21の時にみんなにやめときなよと言われながら

えいや!の気持ちでビジネスの世界に飛び込んだら、

一気に周囲の友達がもらっている給料をぶち抜いてしまいました。

 

 

世間の常識では、

「大手企業に就職する」事が正解だとされていますが、

僕にとっては、世間では無謀だと言われている「起業」の方が大正解でした。

 

 

”世間の常識=正解”

”大多数の人たちがやっていること=正解”

ではないのです。

 

 

本当の意味で成功したいなら、

もっともっと本質を見る必要があると思っています。

 

 

 

 

なので、逆張りの思考を持って行動していけば、

まじで人生は楽になっていきます。

 

 

とは言え、

いきなり会社をやめた方がいい!とか、

全財産情報に投資した方がいい!

ってことをいってるわけではありません。

 

 

徐々に徐々に、

できることから周囲と別の行動をとっていくのです。

 

 

 

例えば、僕のメルマガを読んでくれている人は知ってると思いますが、

社会人の1日の平均勉強時間は6分と呼ばれています。

これは中々に驚愕なデータなんですが、

裏を返せば1日10分でも勉強すれば半分より上にいけるということです。

 

30分やれば、上位に食い込めるでしょう。

 

 

だから、本を何か1冊買ってみて、

明日から10分だけでも読む癖をつけるとか、

そんなことから初めて見ればいいと思うんです。

 

 

1日10分の勉強でも1ヶ月続ければ300分。

1年続ければ約60時間勉強したことになります。

 

 

60時間、何か1つの分野を勉強すれば、

かなりのレベルまで高める事が出来ますよ。

 

 

そんな感じで、少しずつ積み重ねて、

だんだんとやれることのレベルを上げていけばいいと思うのです。

 

 

 

僕はこれまで180万ぐらいの金額を情報にぶっこんできたり、

新幹線や飛行機での移動中にずっと音声学習をしたり、

会社員時代に睡眠時間を削りながら毎日10出品ぐらいを継続させたり、

ってことをやってますが、これも、

 

ここまでやる奴いねえだろ?

 

という考えでやってるって感じですね。

 

 

 

ビジネスを進めていくと、

様々な意思決定に苛まれることになります。

 

 

こっちを選んだ方がいいかなあ、、でも、、

みたいな感じで。

 

 

で、分かれ道ができた際には、

できるだけ「こっちは厳しそうだな、、」と

感じる方の道に進んでみて欲しいなと思います。

 

 

なぜならそっちは、

”みんなが選ばない道”だから。

 

 

 

常にみんなが選ばない道を選択して突き進んでいくと、

色んな体験に巡り会う事ができるし、

時には苦しいことを味わうかもしれないけど、

それは大きな経験値となって自分を強くしてくれるのです。

 

 

僕も厳しい道を選ぶたびに、

周りから止められたり、「あいつには無理だろ」と批判を受けたりしてきましたが、

それでも「絶対見返してやる」という気持ちを持って

人一倍勉強して努力してきたからこそ今があると、自信を持って言えます。

 

 

 

常に、逆張り思考を持って行動していきましょう。

周りがやってないことをどんどんやっていくのです。

 

 

少なくとも、もっと楽に生きたいとか、

お金が欲しいと思うのであれば、

これは絶対に持つべき思考だと僕は思っています。

 

 

周囲と一緒に大変なことをこなしていても、

いつまでたっても楽にはなりません。

 

 

だから、逆、逆、逆。

逆の動きをしてくのです。

 

 

とは言え、僕自身もまだまだビビってやれてないこともあるので、

そこも突き詰めてやっていかなきゃですね。

精進せねば、、

 

 

 

「逆張り思考」、ぜひ今日からでも意識して実践してみてください。

感想などもあれば。

 

 

これも逆張りで、ほとんどの方は感想送らないので、

送ってくれた方は嫌でも覚えます。

 

 

 

それでは!

 

 

 

追伸

 

 

 

この記事でも書いてますが、

楽をすることは悪いことではないです。

でも、将来楽をするためにはある一定数の努力は必要です。

 

とは言え学ぶことは難関大学の受験勉強なんかに比べたら

全然イージーなので、まずはしっかりと情報に触れることから始めてみてください。

 

 

追伸2

 

 

つい先日の話ですが、

岡山県の倉敷市にある「belk」というカフェに言って来ました。

 

 

 

 

 

瀬戸内海の絶景を眺めながら飲むカフェラテは最高でした。

こう言った場所で仕事をしている時に

「自由になれてよかったなー」と改めて思いますね。

 

岡山に住んでる方とかいましたら、

ぜひ一度足を運んでみて欲しいなと思います。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください