大手企業を脱サラしてビジネスを専業にした僕が語る、大手企業に勤める事よりも大事なこと。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕は現在、古着転売や情報発信で月の利益100万ぐらいを稼ぎながら

毎日自由に暮らしています。

 

今自分の生活を縛るものはなく、朝起きるのもご飯を食べるのも自由。

家が職場になるので、出勤時間も退勤時間もありません。

そんな環境の中、自分の思い通りの人生を送る事ができています。

 

 

しかし、こんな僕も元々は会社員をしていました。

勤めていた会社がブラックで、毎日やりたくもない仕事を

1日15時間労働ぐらいのペースでやり続けていました。

 

 

そんな環境から抜け出すためにネットビジネスを始めて、

給料以上の額を稼いで独立したわけなんですが、

こんなことを言うと、

 

「行動力がすごいですね!!」

「僕にはそんな勇気が持てないんで真似できないです、、」

 

といったような言葉をかけられる事があるんですね。

 

 

でも、僕には並外れた行動力とか、

起業してバリバリやっていけるビジネスセンスとか、

そんなものは全く持ち合わせていなかったんです。

 

今でさえ、行動力はある方だと言われていますが、

当時はいろんなことにビビりまくって行動できないでいました。

 

 

ましてや、会社を辞めるなんて怖くて怖くてたまらなかったんです。。

 

僕が勤めていた会社は、名前を口にしただけで

「すごいね!」「頭いいんだね!」

みたいなことを言われるほど地元では有名な企業でした。

(地元レベルですが)

 

会社の福利厚生も厚かったし、

毎月安定してそれなりの給料も入っていたし、

年に2回ほどボーナスもありました。

 

内情はブラックな労働環境でしたが、

文字通り、かなり「安定」はしていたと思います。

 

 

だから、大手企業のブランドと安定を捨てて

ビジネス1本で生きていくのが

僕は怖くてたまらなかったんですね。

 

 

副業で30万ぐらい稼げた時、

よっしゃ、これで会社辞めれるぜー!

と思ったのも事実でしたが、

 

それと同時に、

本当に起業して生きていけるんだろうか、、?

という不安もあって、夜眠れなくなることもあったぐらいです。

 

 

ビジネス1本でやっていくとなると、

会社員とは全く違った境遇になります。

 

毎月安定して入っていた給料はもちろんないし、

来月入ってくる収入が約束されているわけでもありません。

 

仕事だって、自らの足で取りに行く必要があるし、

上から指示された仕事を淡々をこなす会社員とは

大きく違うのです。

 

 

ましてや、起業といえば、

「破産」とか、「借金漬けになる」みたいな

世間のイメージとしてありましたから、

恐怖心ももちろんあったのです。

 

 

周囲の友達や親に相談したとしても、

 

・せっかく大手に入れたのに勿体無いよ!

・大手なら人事部とか相談できる部署があるでしょ?

・お前は福利厚生や有給、賞与とか、なに一つない企業がどれくらいあるか知っててそれを言ってるのか?

 

と言った言葉を投げかけられるのが

いつものオチ。

 

つまり「辞めるな」ってことしか言われなかったんです。

 

だから、「やっぱり辞めるのは勿体無いかな、、」

という気持ちになってしまうこともあったんですよね。

 

 

 

今となれば、

ビジネスの世界最高だぜー!

と声高に言っている僕も、最初はビビりまくってたんですよね。

 

実際、ストレスで病気になってぶっ倒れた時に

本気で会社を辞めたいと感じたのですが、

実際に具体的な行動に移せるまでに半年もの時間がかかりました。

 

今思えば、悩みすぎだろw

って感じなんですが、

当時は色々不安で仕方がなかったんです。

 

 

でも、大手企業を辞めて

実際にビジネス1本で1年半ぐらい実践して

気づけたことがあります。

 

それは、大手企業にいることよりも自分自身に何ができるかが大事だってことです。

 

 

僕は会社員時代に自分の勤めている会社の名前を出せば

周囲からちやほやされたし、

俺ってやっぱすごいのかな?

って感じで、すごい良い気分になっていました。

 

実際は自分なんて全然すごいことないのに、

大手にいる俺=すごい

みたいな図式が頭の中で成り立っていたんです。

 

今思えばくそしょっぱいですけど笑

でも、当時はそんな風に勘違いしていたんですよね。

 

 

でも、大手企業を辞めて、

何もないフラットな状態になった時に

「あ、俺って何にも持ってなかったんだな」

ってことに気づくんです。

 

その事実に気づいてからは

一気に恥ずかしい気分になったし、

当時の自分、殴りてーーってなったんですけど、

 

逆に、自分にしっかりと実力をつけて、

これからは自分の力で生きていけるようになってやるぜ!

って気持ちになりましたよね。

 

 

そこからは必死にビジネスのことを

勉強しまくって、実践しまくっていったら、

だんだんと自分自身で生み出せる収入も増えていったし、

影響力もどんどん高めていく事が出来ました。

 

 

こないだもセカンドストリートで服を見てたら

「もしかして、いっせーさんですか、、?

やっぱりそうなんですね!いつもブログ見てます!!

まじか、、すげえ、会えるなんて、、」

 

みたいなことを見知らぬ人に言われました。笑

 

これは何も、自慢しているわけではなくて、

ブログやYouTubeなどのメディアを通して、

コツコツと自分の価値観を発信してきた結果だと思うんです。

 

で、その結果ファンが生まれ、

自分のことを知っている人が増えた。

 

これってつまり、

大手企業の中の一個人だった存在から、

「いっせー」という影響力のある個人に

生まれ変わる事が出来た証拠だと思うんです。

 

 

他にも、できる事がたくさん増えました。

 

メルカリで服を売って会社員以上の収入を得ることとか、

商品が自動で売れる仕組みをネット上に作ったりだとか、

何もないサラリーマンにビジネス教えて会社をやめる事ができるほどの経済力を身に付けさせたりだとか、、

 

 

自分自身の足で動いて、

勉強しまくったことによって

たくさんのスキルが身についていったのです。

 

これは、大手企業のブランドに守られて、

言われた仕事を淡々とこなしていただけの自分からは

大きな変化が得られたと感じましたね。

 

 

この経験から言えることは、

大手企業に勤めていたとしても、

自分に何のスキルもなかったら意味がないということ。

 

 

だから、会社を辞めてビジネスで稼げるようになった今思うのが、

あのまま何のスキルも身につかないままじじいになってたらやばかったな、、

って事です。

 

もし、大手に勤めていることを良いことに、

踏ん反り返って勘違いした状態のまま頭の固いおっさんになって、

会社が倒産してしまったら?

 

って考えると、中々悲惨だなって思うし、

ちゃんと気づけてよかった、、って思うんです。

 

 

大手企業に就職できたら一生安泰

みたいな事が世間の常識として定着していますが、

会社からもらう給料に依存している状態っていうのが

ぶっちゃけ、一番不安定です。

 

だって、その会社が倒産してしまったら

収入が一気にゼロになるって事ですからね。

 

それよりも、自分自身でいつでもどこでも

収入を生み出せる「スキル」を身につける事が

一番の安定だと僕は思います。

 

 

だから、たとえ今、

僕の収入が一気にゼロになったとしても

2、3ヶ月もあれば余裕で会社でもらってた給料以上を

稼ぐ事ができる自信があります。

 

 

メルカリで古着を売って収入を得る方法も知ってるし、

ネット上に仕組みを作って商品を売る方法も知っています。

そして、それを実践できるスキルも得ています。

 

収入がなくなったところで、

頭の中に蓄えておいた知識はなくならないですから、

大丈夫ってわけです。

 

 

これは今まで僕が持っていた常識を

一気に破壊してくれる大きな経験でした。

 

 

会社員の頃の僕は本当に無知で、

 

正社員である事が全て!とか、

福利厚生がないときつい!とか、

大手企業に入ったら人生勝ち!

 

って事が僕の中での常識だったのですが、

全然そんなことはなかったんですよね。

 

それって世間が勝手に作り出した迷信でしかなくって、

毎月安定して大きな収入を得ている起業家は

目立ってないだけで、世の中たくさんいます。

 

実際に、僕の周りにもそんな方はたくさんいるのですが、

たくさんの金持ちと出会った時に

あ、自分がいた世界っていうのは狭い場所だったんだな

ってことを痛感させられましたよね。。

 

 

 

世界は本当に広いです。

 

ネット上の仕組みから億単位の自動収入を得ている起業家とか、

毎月50万とか100万稼ぐ主婦とか、

パソコン一台で300万以上稼ぐ起業家とか・・・

 

本当にいろんな人がいるし、

そんな人たちを見てたら決して、

起業=不安定とか、ビジネス=危ないもの

ではないんだなという事がわかります。

 

きちんと勉強して、正しく実践を続けていれば

全く危ないものにはならないんですよね。

 

 

だから、世間の常識とか、みんなが言ってることに惑わされずに、

きちんと自分の目で確かめる事がめちゃくちゃ大事。

 

僕も、何も知らなかった頃は

周りの言っていることに惑わされて、

食わず嫌いをしていましたが、

 

自分の目で確認してないくせに

何で怪しいとか、胡散臭いって言ってるんだよ

って話なんです。

 

 

 

世間の言っている事が必ずしも正解ってわけではないし、

常識だって言われながら間違ってることはたくさんあります。

 

 

 

知らないことや未知なものって確かに怖いです。

 

でも、確かめないと真実ってわからないんです。

 

 

例えば、僕は韓国に数回行った事があるのですが、

行く前には、

 

韓国人って反日感情とか強いんじゃないかなあ、、

襲われたりしたらどうしよう?

 

みたいなことを考えていたんです。

 

だけど、実際にその地に足を運んでみたら

現地の人はみんな暖かく接してくれたし、

反日感情みたいなものは全く感じませんでした。

 

すごいフレンドリーに接してくれたし、

カタコトの日本語で頑張って喋ろうとしてくれるので

見ていて可愛かったです。笑

 

 

このように、噂は噂でしかないんです。

怪しいと思いながらも自分の目で確かめる事が大事。

 

だから、これからも先入観だけで

食わず嫌いはしないようにしたいところですね。

 

 

話が逸れてしまいそうなので、

今回伝えたいことをまとめると、

 

・大手企業にいる事が全てじゃない

・それよりも自分自身に何ができるかが大事

・世間の噂ばかり信じるのではなく、自分の目で確かめろ

 

って事です。

 

 

これは何も会社を辞めた方がいい!

とか言っているわけではなくて、

 

中小企業に勤めていようが、

大手企業に勤めていようが、

フリーランスであろうが、

 

自分自身にスキルを身につけなきゃダメだよ

ってことです。

 

特に、これからの時代は、

自ら収入を生み出せるスキルが必須になってきますから、

ぜひたくさんの人にそのスキルを身に付けて欲しいと思ってます。

 

僕は各メディアで、古着転売の情報や、

ビジネスに取り組む上でのマインドセットなどを

発信しているので、まずは情報を集めるところから始めてみてください。

 

 

あともう1つ。

 

ビジネスって才能やセンスが必要なんじゃないか?

って思うかもしれないんですけど、

そこはまず、確かめて、試してから判断して欲しいんです。

 

僕自身も決して、行動力があったから独立できたわけではないし、

元から才能やセンスがあったから今のような立ち位置に来れたわけでもありません。

 

きちんと自分の目で確かめて、

試しにやってみて、そしたら上手くいったから続けてみて、、、

 

って感じで今にいたる事ができたんです。

 

 

少しでも自分の枠から出てみれば

世界は広がっていきます。

 

 

そして、自分自身にスキルを身に付けて、

人生の選択肢を広げていきましょう!

 

 

 

それではこの辺で失礼します。

 

 

 

追伸

 

 

スキルや知識を身につければ身につけるほど、

本当に人生は楽になっていきます。

 

それがよくわかる内容の記事も書いてますので、是非読んでみてください。

知識を得れば得るほど人生楽になった。収入は魅力に比例して上がっていくという話。

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

大容量の古着転売教材プレゼントキャンペーン&いっせー公式メールマガジン
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ
将来返ってくるものに今どれだけ投資ができるかで、未来の自分の収入が決まる

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください