2ヶ月でYouTube動画を100本作ってみた話。苦手を克服する上で大事なマインドセット。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

実は、8月〜10月の2ヶ月間でYouTube動画を

100本ほど作成していました。

 

今回はなんで短期間でたくさんの数を一気に作ったのか?って話と、

僕自身が苦手なことを克服する際に持っている

マインドセットについて話していこうと思います。

 

 

苦手な事を克服する方法。短期間で一点集中。

 

 

まず、なんで2ヶ月で動画を100本も作ったのかというと、

単純に、喋ることに慣れていなかったので、

慣れるためにも数をこなそうという目的があったからです。

 

 

まだまだ動画を作ることに対して僕は、

苦手意識を持っていたのです。

 

 

情報発信を初めてこれまで、

ブログやメルマガを通して文章はたくさん書いてきたのですが、

動画だけはどうしても少しハードルを感じていたんですよね。

 

 

でも、そろそろちゃんと作らなきゃな〜

とも考えていたので、短期間で一点集中でやる戦略をとりました。

 

 

この2ヶ月間は本当に動画しか作っていなくて、

ブログもほとんど更新してなかったと思います。

そのぐらい、動画を作ることに集中してやっていました。

 

 

最初は5分〜10分程度の簡単な動画を作っていったので、

サクサクと進んで行ったのですが、

50本ぐらい作った頃にすごいしんどくなっていったんです。

 

 

なぜなら、ネタがないからです。

50本ぐらい一気に動画を作っていったら、

自分の中に蓄えられていたネタが一気になくなってしまうのです。

 

 

なのでここからネタ入れという作業もしないといけません。

それも中々きつかったんですよね。。

 

 

本を読んだり、また音声を聞いたり。

あるいは、普段の生活の中に何かネタは落ちていないかなあ?

と考えながら行動したり。

 

 

正直、「動画を作る」という行為よりも、

「ネタを探す」ことの方がしんどかったなと思います。

 

 

で、なんでこれがしんどいかというと、

慣れてないからですね、これも。

 

 

普段からアウトプット前提でのインプットが癖になっていないから、

いざ動画を作ろうとしても中々話せなかったり

って現象が起きてしまうのです。

 

 

だけど、しんどいなあと感じながらも

やんなきゃできるようにならないよね

って考えがあったのでやり続けました。

 

 

そしたら、ネタを探す思考、

普段から常にアウトプットすること前提で

本を読んだり音声を聞いたりってことが

癖になっていったんですよね。

 

 

で、ネタを入れたらすぐに動画を作って吐き出す。

 

 

例えば、この動画↓

移動中の時間の使い方1つで人生の質は変わる

 

 

これは、コンサル生に会いに博多まで行ってた時に、

新幹線に乗っている途中に思ったことをネタにして

ホテルに着いてから作ったものです。

 

 

これも、動画を作ろうと決心してから、

ネタを探す思考が癖になっていたからこそ

できた動画だと思います。

 

 

1つの苦手なものを克服するために動いてたら、2つ、3つとスキルが身についていく

 

 

こんな風に、喋ることに慣れるために動画を作りまくった僕は、

結果的に、ネタ集めの思考、喋る能力、コンテンツを作る力

というものが備わってったんですね。

 

 

最初は動画で喋ることに慣れようという目的で

100チャレンジを始めた僕でしたが、

いつの間にかいろんなスキルが身についていました。

 

 

これはあらゆることに言えることで、

例えば、文章を書く練習をしていたら、

いつの間にか文章の読解力が身についていたとか。

 

うまい文章を書くためには上手い文章を分析しなければいけません。

で、分析してたら上手い文章の裏側にある戦略や、

「この文章を書いた人はきっとこんな事を考えながら書いたんだろうな」

という思考力が身につくようになります。

 

 

これは、「文章を上手くかけるようにする」事を目的に動いた結果、

途中で上手い文章を書くために必要な要素に気づくからです。

 

 

だって、ただただ文章を書いてたら

文章が上手くなるなんてことはありませんからね。

 

いろんな必要な要素を組み合わせた結果として、

上手い文章がかけるようになるのです。

 

 

だから、短期間で一点集中っていうのは本当にコスパの良いやり方で、

一度なんでもいいからやってみる事をお勧めします。

 

 

古着転売の仕入れもそう

 

 

だから、これは古着転売の仕入れや出品にも応用できますね。

 

 

古着転売の一番の肝である部分は仕入れです。

僕はここの部分を突破しないことには

古着転売で稼いでいけないと謳っています。

 

 

だからこそ、古着転売初心者の方を指導するときは、

最初の1ヶ月や2ヶ月は「仕入れスキルを身につけることだけに集中しろ」

と言ってます。

 

 

巷ではいろんなことが大事と言われています。

中にはマーケティングが大事だ!と言ってる人もいますね。

でも、売るものが分からないのにマーケなんか極めてどうすんだ?

と突っ込みたくなります。

 

あくまでマーケやセールスは、

売るべき商品が手元にあって初めて効果を発揮する手法です。

 

 

古着転売はまず、”商品を仕入れる”という作業から始まります。

だからこそ、仕入れスキルというものを鍛えなければ

何も始まらないんです。

 

 

だからこそ、初心者の方にはここを鍛えて欲しいと思ってます。

 

 

で、仕入れを極める上でもいろんな要素が絡んできます。

文章を極める時と同じで、ただただ仕入れにいくだけでは

仕入れスキルは向上しません。

 

 

まず、仕入れるものを把握しなければいけません。

そのために市場ではどんなアイテムが売れているのか?

って事をリサーチする必要があります。

 

市場で売れているものがある程度把握できれば、

それはメルカリ市場でお客さんが欲しがっている服になりますから、

それを仕入れていけばいいという事です。

 

あとは、基本的にどんなデザインが人気なのか?

どんなカラーが人気なのか?

という本質的な部分も学んでいくと仕入れスキルは

だんだん上がっていく事でしょう。

 

 

そして、ある程度どんな商品が売れるのか?

ということがわかれば仕入れに行ってみます。

 

で、そこで仕入れたアイテムを実際にメルカリで販売してみて、

「これは売れる」「これは売れない」というデータを

積み重ねていくことが大事です。

 

 

このように「仕入れスキル」1つを極めようとするだけで、

あらゆる知識が身につきます。

 

それは上記でも言った、リサーチ能力だったり、

服のブランドの知識だったり、タグの知識だったり。

 

 

一点集中で学んでいくことで、苦手を克服できるのはもちろん、

あらゆる知識・スキルが身についていくんですね。

 

 

だから、出来ない事、苦手な事を克服する上では、

1つの事を短期間で集中してやるのが一番だなと思います。

 

 

 

「できないからやらない」じゃあいつまで経ってもうまくならない

 

 

何かに挑戦する場面でよく、

「出来ないからやらないわ〜」

と言った言葉を口にする人がいますが、

この人は何を言っているんだ?

と思ってしまいます。

 

 

そもそも、

出来ないことはやらないとできるようにはならないんです。

 

 

今当たり前にこなしていることも、

思い返せばなんども反復してこなしているはずだし、

いきなりできるようになったことってないと思うんです。

 

 

今みんなが当たり前のように乗っている自転車だって、

元々はみんな乗れなかったはずです。

 

最初は補助輪つけて、慣れてきたら補助輪を外してみて、

時には転んだりしながら練習して乗れるようになった人が

ほとんどだと思います。

 

 

それはあらゆる場面で言えることであって、

古着転売の仕入れだってそうだし、

文章も喋りも、練習してやってみないとできるようにはならないんです。

 

 

行動力ないんです〜って言ってる方も

踏ん張って行動していかないことには

行動力は身についていかないんです。

 

 

ただ、出来ないことに不安を抱くのはすごいわかります。

僕も、YouTube動画100本撮るぞ!

と決めた時は良い心地しなかったです、、

 

 

でも、期間を決めて、

その間だけはがむしゃらにやり続けることで

だんだんとできるようになってきて、

気づけばいろんなスキルが身についていったんですよね。

 

 

だからこそ、これからビジネスに取り組む上で不安を抱いている人も、

少しの勇気を持って行動してみて欲しいんです。

 

 

で、だいたい行動した後には、

「思ったほど大したことなかったな」

って思えますからね。

 

 

最初はみんなゼロからのスタートです。

 

 

僕の古着転売仲間で副業で30万稼いでいる人がいますけど、

その人は、

「俺、最初トミーヒルフィガーも知らなかったからね〜」

と笑いながら話してました。笑

 

 

でも、そんなとこからのスタートでも

副業で30万稼げるまで成長することは可能ってことです。

 

 

なので、とりあえずやってみましょう。

手をつけてみたら何をやるべきかがだんだんとわかってきますから。

 

 

今回の話をまとめると、

 

・苦手なことは短期間で一点集中で克服すべし

・1つのスキルを追い求めるうちにいろんなスキルが身につく

・出来ない事はやらないとできるようにならない

 

って事ですね。

 

 

皆さんも何か苦手なことに立ち向かう時には

このマインドセットを参考にしてみてください。

 

 

それでは!

 

 

追伸

 

 

がむしゃらになって動画を作りまくってたら、

気づいたらチャンネル登録者が300人を超えてました。

ありがとうございます。

 

僕のYouTubeはユーチューバーの作る動画ように

娯楽チックなものではありませんが、

聞いているうちに思考が鍛えられたり、

成長ができるように作っています。

 

 

ビジネスで成功したい方にとっては

うってつけの内容の動画ばかりですので、

1日1個でもいいので何か聞いてみてください。

 

ここにリンクを貼っておきますね↓

いっせーのYouTubeチャンネルを見る

 

 

聞いた後に感想とかくれると喜びます!

ぜひぜひお待ちしております。

 

2万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才の頃から月収100万を稼いでいます。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司にイジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、ネットビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

そのビジネスを学ぶ過程で

ネット上で商品を売る方法や

優秀な起業家の思考方法、

仕組みを作って自動収入を得る方法など

会社や学校では学べないようなことを知る事が出来ました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しています。

 

そして、同じような人が少しでも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

一人一人の幸福度は上がっていき、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そういった理念から僕がどのようにビジネスに取り組み

如何にして、ゼロから経済的自立が果たせるほどの収入を得る事ができたのか、

その成功体験、方法を1つの教材にまとめました。

 

約25000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから無料で受け取ってください

 

→メルカリ古着転売の教科書を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください