月収400万の師匠と大阪で会ってきて思った事。積極性とレベルの高い人と会うことの重要性について書いてみる。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

先日、月収400万越えの師匠と大阪で会って色々とお話ししてきました。

ビジネスの話はもちろん、お互い服好きなので古着屋を回ったり。

インスタ映えするハンバーガーを食べたり。w

 

 

めちゃ美味かった〜。

ポテトにぶっかかってるチーズもたまらんでした。

 

ちなみに店名は「shake shack」というお店。

店内もめちゃお洒落でハンバーガーも美味です。

難波にあるんで気になった方はぜひ行ってみてくださいね〜。

 

 

 

この日は結局8時間ぐらい大阪に滞在して色々とお話ししたんですが、

刺激のある楽しい時間になりましたね。

 

 

で、8時間師匠とビジネスのことを中心に色々とお話しして

僕自身が感じたこと得られたものがたくさんあったので、

今日はそれについて書こうかと。

 

 

積極性を持ってビジネスに取り組むことの重要性

 

 

まず「積極性」についてですね。

師匠と話していて、ビジネスで成果を出していく上で「積極性」の必要性は強く感じました。

 

 

僕自身も積極性を持ってこの日を過ごしていました。

僕の中では自分よりもレベルの高い人と一緒に過ごす時間はめちゃくちゃ貴重だし、

この時間は絶対無駄にしたくないと思っています。

 

 

なので例えば、

事前に質問したいこととかをメモにまとめたりしてますし、

気づきが得られたり、貴重なお話をしていただいたときなんかも

すぐにスマホでメモをとります。

 

さらにはこうしてブログを書いてアウトプットさせます。

とにかく積極的にガンガン攻めます。

 

 

こう書くと、「そこまでやる?」

とか思われたりもするんですが僕の中では割と当たり前の基準値で、

目上の人がせっかく時間をとって話してくれてるんだから

そのぐらいして当たり前でしょって感覚なのです。

 

 

てか、メモらないとその日聞いた話なんてすぐに忘れちゃうし、

人間の記憶力なんて大していいものじゃないので1日寝ればほとんど忘れてしまうもんですよ。

その日1日時間を削って大阪まで新幹線代払って行って

何も得られずに帰るなんて普通に考えて勿体無さすぎるんですよ。

 

 

なので、言ってしまえばこれらの「交通費」や「宿泊費」も僕にとっては「情報投資」なんですよね。

逆に、数万円で自分よりもはるかに上の実力の人とお話ができるだけで

相当コスパの良い投資だと思っています。

 

 

本当の意味での情報投資について再定義する。

 

 

情報投資っていうとただお金を情報に投資すればいいんでしょ?

って思ってる方が多いんですが、

実は、上記で言ったことも「情報投資」の一部になるんです。

 

 

コストをかけて、凄い人に会いにいく。

そこで話をするだけで質の濃い情報が手に入りますから。

 

 

それと、情報にはお金を投資するだけではダメだと僕は思っています。

 

お金投資して情報を得るのはあくまでスタート地点なんです。

そこからどれだけ時間とやる気を投資できるかが勝負でだと思っていて、

これまで様々な人を指導してきてこれが出来てない人って結構多いなあと。

 

 

例えば、教材買っても1回通りしか学習しないとか。

かくいう僕も初期の頃は1回や2回聞いただけで終わってたりしたんですが

まあ恐ろしいぐらい身につかないわけですよ。

 

情報を買うのも目的は結局のところ知識を身につけることだから

身につかなきゃ意味がないんですよね。

 

で、そのために5回や10回は当たり前に教材も聞く。

これが当たり前にできる基準値を持たないと厳しいよなあって自分でも思うんです。

 

 

それと同じで、僕は目上の人に会った時とかも

きちんとメモをとってその日学んだことを全て盗み取る意識を大事にしています。

 

 

その上で、「積極性」を持って貪欲に知識や情報を得る姿勢ってのは超大事だなあと

改めて感じる事が出来ましたね。

 

 

コンサル生を見ていて勿体無いなあと思うこと

 

 

僕と師匠はお互いコンサルなどをして様々な人を指導する立場にあるんですが、

色んな人を見ててもやっぱり積極性がない人って多いよなあって話になるんです。

 

 

せっかく高いお金を払ってコンサルを受けたりコミュニティに入ったりしてるのに、

活用できるサービスを使わないとか、会える機会があっても質問しないとか。

でも僕からするとそれってすげー勿体無いなって思うんです。

 

 

もちろん僕らは儲かりますよ?

儲かるからこちらとしては別にどっちでもいいんですけど、

それでいいの?って思うわけなんです。

 

 

僕は30万のお金を払って師匠からコンサルを受けた時は

初期の頃は特に質問しまくってたし、話を聞くとメモとりまくってました。

 

教材も聴きまくったしアドバイスされたことはすぐに実践してましたね。

やっぱり30万とか払って行動しないってのは機会損失でしかないと思ったし、

僕は是が非でも会社をやめたかったのでもう必死に動きまくってましたね。

 

 

僕はそんな経験があるからこそ余計なんですが

コンサル生と会った時に全然喋らなかったり黙ってる姿を見ると、

もったいねーーーー!!!って思うんですよ。

 

 

もちろん、初対面とかで緊張することもあるだろうし、

喋りにくい面は僕も人見知りだったんでわからないこともないのですが

せっかく大金払ってサービス受けてるんだから絶対に元を取ってやる!!って勢いでやるべきだと思うし、

 

ましてや対面で会える機会なんてそう滅多にないんだから

質問しまくってメモとりまくった方が絶対にいいわけですよ。

 

 

そこで「僕人見知りなんで、、」とか言ってられないわけで。

人見知りだろうがコミュ障だろうがそこは腹をくくってやろうぜって思うし、

全く質問しない人よりも緊張しながらもガンガン質問してくる人の方が

こいつやる気あるな〜って思うし、確実にそういった人は伸びてます。

 

 

事実、良い事例もあってこないだ僕の古着転売の教材を買ってくれた人で

コンテンツを聞くたびに毎回しつこく感想をくださる方がいたんですよね。

 

「いっせーさんこんにちは!今日は○○の動画見させていただきました!こんなところやあんなところが勉強になってこんな気づきが得られました。今日もありがとうございます!」

 

みたいな感じで。

 

 

僕は教材内でも「感想ください」ってことはしつこく言ってるんですが、

一瞬くれる方はいても毎日継続的にくださる方って中々いないんですよ。

簡単そうに見えるかもなんですけど、そうできることでもないんです。

 

 

でもその方は毎度感想を送ってくれるから知識もどんどん身につくし、

嫌でも僕は覚えるわけなんですよね。

 

 

それに、「この人は成長意欲があるな」って感じるから

こちらからオススメの仕入先や卸を教えてあげたりってことにも繋がるんです。

やっぱ積極性がある人は成功者に好かれるし、得するよねって感じた話ですね。

 

 

それに、自分よりも遥かに稼いでる人間と直で会えるなんてチャンスしかないわけですよw

その日1日でかなりパワーアップできるチャンスなんです。

 

 

極端な話を言えば、自分の大好きなアーティストと1日一緒に行動できますよ!

ってなったら色んなこと質問しまくりません?

そこで俺人見知りだから、緊張しいだからとか言わないと思うんです。

 

僕だってミスチルの桜井さんと1日一緒に行動できるなら

事前に質問することメモって、なんならボイレコとか持っていって

絶対にその日聞いた話を忘れないようにしておきますねw

 

 

だってそんなチャンスいつ舞い込んでくるかわからないわけですから。

積極的に行く以外ないと思うんです。

 

 

まあ何が言いたいかって、

そんな意識で僕はいつも目上の人と会ってるって事ですね。

 

 

自分よりもレベルの高い人と接することの重要性。悔しい気持ちが原動力になる。

 

 

あとやっぱり自分よりもレベルの高い人と会うことってすげー大事。

やっぱり月収100万とかのお金を稼げるようになると、

周りにそんな人なんてほとんどいないわけだから

気がつくと天狗になってしまうこととかあるんですよ。

 

 

特に僕は田舎に住んでるので余計にそんな人は周りにいません。

だからこそ、こういった機会は大事にしています。

 

 

わかっていても調子に乗ってしまうことってあるんですよ。

でも実際に目の前にすげー人がいたら、もう調子に乗りようがないじゃないですか。。

だから、謙虚な姿勢を保つ上でも大事なことなんですよね。

 

 

悔しさも感じますしね。

自分も月収が100万を突破したし、

だいぶ成長できたぜウェーイ!みたいな感じでいたけど、

師匠は別次元のレベルで成長してるみたいなね。笑

 

この記事でも書いたんですが、

悔しさを感じることのできる環境って

めちゃくちゃ貴重です。

 

そんな環境で常に上の人間と関わっていると、

うわーー俺まだまだやんけーーーって気づかされるわけです。

認める以外選択肢なくなるわけなんです。

だったらやるしかねえってなるし、成長しなきゃって危機感にも繋がる。

 

 

それと同時に、「あーまだまだいけんな俺」ってことにも気付けるわけです。

 

 

今まではだいぶ稼げたし、割といけるところまで来れたんじゃないの?

って感じでなんとなくで自分の中に限界を設置してしまっていたけど、

実際にめちゃくちゃ結果出してる人を目の当たりにするから

全然いけないことないよねってことがわかるんですよね。

 

 

悟空がやっとの思いでベジータを倒したけど

ナメック星に行ったら異次元並みの強さのフリーザに会って世界の広さを知るみたいなね。

でも悟空はフリーザを倒そうとしたからこそまた1段階強くなれたわけで、

フリーザと会ってなかったら全然強くなってなかったかもしれないわけなんですよね。

 

 

だから、自分よりもレベルが高い人と会うってことは

成長スピードを上げるための最高の手段だったりもします。

 

 

で、そんな人たちに会うと自分の弱さとかレベルの低さが浮き彫りになって

落ち込みそうになることもあるんですけど、

それよりも世界は広いな〜まだまだ成長できるぜって思えて刺激があります。

 

 

オラ、ワクワクすっぞ。

いや、本当に。

 

 

長くなりましたがすげえ大事なこと書きました。

ぜひ積極的になって感想送ってください。

積極性のある方は目立つし、好かれますし、得する事が多いですよ!

 

 

それでは今日はこんなもんで。

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください