アメ村で古着屋巡りをして来た話。古着屋巡りは最高のリサーチになる。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

先日大阪に滞在していた時に、

アメ村の古着屋巡りもして来ました。

JAMやグリズリーにピグスティ。

久しぶりに大阪の古着屋を回れたので、楽しかったですね。

 

 

僕は根っからの古着好きなので、

やっぱり大阪の梅田やアメ村、堀江にくると普通にテンション上がります。笑

 

 

それと、アメ村は特にですが、

古着屋を巡るだけでもめちゃくちゃいいリサーチになりますよ。

価格設定、ブランド、デザイン、アイテムなど。

初心者が勉強するにはうってつけのリサーチ方法です。

 

 

なぜかって、アメ村にくる客層って20代前後の若い男女が多いんですよ。

で、そこをターゲットに古着屋も服を売っていくので、

僕らがメルカリで売っていくお客さんともろにかぶるんですよね。

 

 

なので、ブランドやデザインはもちろんのこと、

売っていく上での切り口、歩いている人たちのファッションなんかを見ていくと

いろんなことがわかって面白いです。

 

 

古着屋巡りをする際に見るべきポイント

 

 

こっから古着屋巡りをする際に見るべきポイントなんかを

解説してこうと思います。

 

 

最初はジャムに行きました。

 

 

看板がオシャレすぎる。

ファイヤーキング可愛い、欲しい、、

古着だけじゃなくてこういった雑貨も古いのが大好きなんですよね〜。

家具も見てたら欲しくなるな、、

 

 

まあそれは置いといて、

店内に入って古着を見てみると、

 

 

 

 

もろに僕ら古着転売ヤーが売っているようなアイテムがずらり。

 

 

ブランド、デザインに注意して見ていくと、

もろに今人気のものがわかります。

ハードロックカフェ、ゲス、ナイキはもちろん、

プラネットハリウッドみたいなコアなブランドも。

 

 

デザインも配色が派手なものが多かったり、

デカロゴの入ったものが多いですね。

 

 

グリズリーにも行きました。

 

 

マルチストライプなんかはもろ人気のデザインですよね〜

トミーヒルフィガーやノーティカによく見られるデザインです。

 

 

 

 

VANZのTシャツがあることには結構驚いた。笑

数年前にはまずなかったのにな〜。

アメ村の古着屋は90s色がかなり強めになってます。

 

 

 

 

続いては僕の大好きなピグスティへ。

ここでは毎度服を買っちゃうんで、爆買いしそうになったらやべえなー

とか思いつつ恐る恐る店内に入って行きました。

 

 

 

 

現在トレンドのフィッシングベスト。

これ、ノーブランドでも売れるんですよね〜〜

 

 

 

 

キャラロゴも今人気なんですよね〜。

ここはどちらかというとアメカジよりのお店なんですが、

それでも以前よりもトレンド物を多く取り入れている印象でしたね。

 

 

 

 

こんな感じで、デザイン、アイテム、ブランドなどをリサーチできちゃいます。

街を歩いている人を見て着こなしを勉強してもいいですね。

 

 

正直、別にリサーチするつもりではなく、

可愛い古着ないかな〜って気分で回ってたんですが、

どうしてもそんな視点を持って見ちゃいました。

完全に職業病ですね。w

 

 

大体の人気のデザインとか、ブランドがわからないよ〜

って初心者の方は今回お話した視点を持って

アメ村を回るとかなり勉強できると思いますので、

ぜひ、アメ村に足を運んで見てください!

 

 

激安古着屋「チャッペルル」では仕入れも出来るかも?

 

 

アメ村には「チャッペルル」と言う激安の古着屋があるんですが、

ここもタイミングによってはかなり良いアイテムが1000円以下で売ってたりします。

仕入れもやろうと思えば全然できちゃいます。

 

 

看板はこれが目印↓

 

 

ちなみにOPENは夕方ぐらいからなんで、ちょっと遅いです。

しかも、OPENの1時間前とかから長蛇の列が出来るので、

並ぶ元気のある方のみおすすめな場所ですね。

 

 

僕は並ぶのとか大っ嫌いなんで、仕入れには行かないですw

 

 

まあ一度興味本位でのぞいて見るのもありですよ!

古着が好きな方であれば普通に楽しめると思います。

 

 

フィルターを鍛えておくと、生きているだけで情報が得られる状態になる

 

 

今回、なんとなーく仲間と一緒に古着屋を回ったんですが、

歩いているだけでもかなりの勉強ができてしまいました。

これは完全に、ビジネスの基礎知識を学んできたからだと思います。

 

 

ただ古着を仕入れて売るってことを繰り返しやっていただけでは

絶対に得ることのできなかった知見だし、

ビジネスに取り組んで様々な知識を身につけていったからこそ得られたものだと思ってます。

 

 

知識を得て、強化されたフィルターを通して世界を見ていくことで、

今まで何気なく歩いていた場所にも様々な情報が落ちていたりするんですよね。

 

 

事実、アメ村は結構きているんですが、

今までは気づけてなかったことだらけでした。

 

今まではなんとなく、

「あー若い人ってこんな古着が好きなんだな〜」

ぐらいで終わっていましたが、

 

 

マーケティングの視点を持ってみれば、

アメ村→20代前後の若い層が多い=90sファッションが好き

よって、アメ村にある古着屋には90s系の古着が多い。

と言う風に深掘りして考えていくことができるんです。

 

 

ってことは、90sが今流行っているからといって、

どこでも90s系の古着が売れるとは限らないよねって言う。

 

極端な例で言えば、

90s系が人気だからといって熱海の商店街に古着屋を出しても無駄だし、

その市場には需要がないからこそ売れないよねって考えができる。

 

 

要は、需要のある場所をきちんと把握して、そこに価値を届けないと、

ビジネスって成立しないよねってこと。

逆に言えば、需要さえあれば価値を届ければ成立するんだとも言える。

 

 

例えば、こないだ母親にamazonの使い方を教えたんですけど、

すげー喜ばれたんですよね。

これで対価としてお金をもらえば、全然ビジネスとして成り立つんですよ。

冗談で「1万円な」って言ったらまんざらでもなく払おうとしてきたしw

まあ僕はやらないですけどねw

 

 

 

僕は、古着転売を独学でやっていた時に全然稼ぐことができなかった経験がありますが、

それは、需要のないところに無理に売り込んでいたからなんですよね。

そんなことしたってお客さんは欲しくないものは欲しくないのさ。

 

 

そんな失敗を犯さないためにも、

きちんとリサーチはして行かないといけないなってことを再確認しました。

リサーチしないとビジネスって始まらないですからね〜。

 

 

話を戻しますがこうしてフィルターを鍛えておくことで、

世界って違ったように見えるんですよね。

で、どうやったらフィルターって鍛えられるのか?と言うと、

それはもう知識を身につけるしかないです。

 

 

僕は具体的に言うと、マーケティングや心理学について学びました。

この辺は商売をやる人間にとったら必須の部分かと。

でも学んでわかるようになってくればかなり面白い。

 

 

これからの時代は特に、学ぶ人間とそうではない人間とでは、

かなりの差が生まれてきますからね。

置いてけぼりを食らわないようにするためにも、

常に情報には投資して、突っ走っていかなきゃな〜

とか思いながら古着屋巡りをしたのでありました。笑

 

 

思ったこと書きなぐりましたが、

なんか発見とかありましたら感想いただけると嬉しいです。

あと、ぜひ今回のブログで語った視点を持って、

古着屋巡りをしてみてください。

 

 

それでは!

 

 

追伸

 

 

メルカリでのリサーチ方法を書いた記事も載せておきます。

【古着転売】メルカリでのリサーチ方法について

 

今回お話した店舗リサーチの方法を

メルカリでのリサーチと並行してやれば

知識の定着力が格段に上がります。

 

是非実践してみてくださいね。

 

 

追伸2

 

 

ちなみに今回もピグスティさんの方で購入させていただきました。

カーハートのドクターシャツのような形のワークシャツ。

Tシャツはめちゃくちゃ見かけるんですが、

この形の物は見たことねえぞってことで即買いしちゃいました。笑

 

 

カーハート大好きなんですよね〜

ちなみに被っているキャップもカーハートです。笑

生粋の服好きなんで、古着転売は僕にとって天職ですな〜

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

 

僕は22歳で月収100万に到達し、

お金と時間の両面で自由な状態を手に入れることができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われる会社員だったし、

舐められがちな性格から

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕も古着転売というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たった半年で給料以上の利益を得て脱サラし、

人生を大逆転させることができました。

 

仕事が出来なかった、

コミュニケーションが下手だった、

勉強も出来ないから会社員になっても肉体労働しかできなかった。

 

そんな僕でも、古着転売を学ぶことで

経済的自由が獲得できるほどの収入が手に入り、

文字通り、人生を大逆転させる事ができたのです。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し継続して実践さえ出来れば、

誰だって短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような

古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて販売している書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

今までの僕の経験やノウハウを絞り出したので

約32000文字という

かなりの容量となってしまいましたが、

 

読者の方からは「スラスラ読めた」

と言った声も頂いておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、

活字が苦手な方でも簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

具体的に学べる内容はと言うと・・・

 

✔︎経済的自由を得るために必ず落とし込んでおかなければいけないビジネスの本質とは?

✔︎ビジネスの世界において成功するために必ず持っておくべき5つのマインドセットとは?

✔︎古着転売で成功するために必須な「仕入スキル」を伸ばすための具体的な方法とは?

✔︎僕が店舗仕入れのみで30万の副収入を得る事が出来た理由とは?

✔︎たった2ヶ月で月収40万に到達し自由を得た僕のコンサル生が実践した、たった一つのシンプルな思考法とは?

 

上記のような内容が学べます。

 

実際に本教材を学んで

「月収5万~10万を稼げるようになった!」

と言う報告もたくさん頂いておりますので、

ぜひこの機会に学んでみてください。

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
公式LINE始めました。登録で無料プレゼント「古着転売仕入れスキルマスター講座」もあり
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
僕が定期的に自己分析する理由と、一見遠回りに見える事が一番の近道だという考え方
背伸びの重要性。「自分にはまだ早い」が口癖の人は成長スピードが鈍くなる
出品が続かないのはあなたの意志が弱いせいではない。環境が悪いだけである。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください