僕の会社員時代の3年VS起業してからの1年。人生を変えるのに3年も必要ないという話

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

今日は、僕自身の会社員時代での3年間の経験と

起業してからの1年間の経験を比較してどうだったか?

と言う事を書いていきたいと思います。

 

 

まあ結論から言うと起業してからの1年間の方が

そりゃあ濃かったし、成長できましたよね。

 

 

会社員時代の3年間はは真夏は灼熱地獄、冬は極寒の中

毎日工場でヒーヒー言いながら働く毎日。

この3年は見事に代わり映えのしない生活を送っていました。

それに対して起業してからの1年間は収入は倍以上になるわ、

頭は良くなるわ、時間にも余裕が出るわでめちゃくちゃ変化がありましたね。

 

 

よく、「就職してとりあえず3年」みたいな事がささやかれますけど、

とりあえず3年働いた経験のある僕からすると、

その3年間って正直よっぽどのことがない限り意味ないよ、、って言えます。

 

 

会社員時代の3年間を振り返ってみて。

 

 

まず、会社員時代の3年間を経験して思ったことを書いてみようと思います。

 

 

就職して最初の3年間はほとんどが雑務

 

 

起業する上でもまずは会社員での経験をしておく事が大事だ!

って思う人が多いとは思うんですが、

正直、会社員として必要なスキルと起業する上で必要なスキルは全くもって別物です。

 

 

確かに、会社員としてでも出世して経営などに携わる事ができれば、

それも大きな経験になるんでしょうけど、

本当に優秀な人じゃないと入社したてで大きなプロジェクトには関われないです。

 

 

就職して最初の3年間って言ってしまえば下っ端の時期なので

やる仕事のほとんどは雑務です。

 

 

僕の場合も、入社して最初の3ヶ月間は研修。(大したことは学びません)

その後部署に配属されてからはまず仕事に慣れるために

雑務雑務雑務といった感じでした。

 

 

大きな仕事が出来るのって

僕の職場では10年ぐらいの年数の現場のリーダーとかでしたから、

会社に所属して大きな仕事をやりたいのなら

10年以上の時間をかけなきゃいけなかったりします。

 

 

大きな仕事を任されるのはすごいかもだけど、

10年待つほど価値のあるものか?って聞かれたらうーん、、って感じだったし、

仮に10年経ってその仕事を任されたとしても

給料が満足に上がるかと言われたら、そうでもなかったのです。

 

 

それよりも起業して1年で勉強しまくってスキルを身につければ

企業からヘッドハンティングを受けて、

大企業に就職&大きなプロジェクトを任せられる事だって全然ある話なので、それを狙ってもいいし、

単純に会社にいたら8時間、いや実質10〜12時間は拘束されてしまうので

勉強する時間もまともに取る事ができません。

 

 

しかも雑務ばっかやってるこの3年間って

面白くもなけりゃ、力にもなりません。

ただただ辛いことを3年間も続けます。

 

 

だから、みんな我慢しているわけですよ。

過去の自分を思い出しても我慢してたなあって感じます。

 

 

それに就職して最初の3年間って若くてエネルギー溢れる3年じゃないですか。

単純にその3年間を消耗してしまうのってもったいないと思ったんですよね。

 

 

もちろん、全ての会社がダメと言ってるわけではないです。

会社が好きで仕事が楽しければ全く問題ないと思ってます。

 

 

ですけど、無理して会社に通い続けている人が

他の選択肢もあるよってことを知れたら単純に

楽になるんじゃないの?って思うんです。

 

 

代わり映えのしない会社員生活に3年も費やすのは勿体無い

 

 

僕のやってた工場でのライン作業は慣れたら体が覚えてくれるので

頭を使わなくても流れでこなせちゃいます。

 

 

で、ライン作業って永遠と同じ事を続けるので、

8時間なんの変哲もなけりゃ刺激もないし、

そりゃあつまらないです。

 

 

とにかく、そんな退屈な毎日が続きます。

これじゃあ当たり前にスキルも身につかないし、

刺激もなけりゃ頭も良くなりません。

誰でもできる仕事だから給料も安いです。

 

 

事実、僕が入社したての頃の給料は手取りで17万程でしたが、

やめる前にもらった給料は手取りで20万程。

1年頑張って10000円上がる計算ですが、

実際は残業代がほとんどを占めているので、

 

1年頑張って5千円上がるぐらいの計算です。。

5千円なんてメルカリで古着1〜2着売れば稼げますからねw

今考えれば中々に洗脳されてたなと思いますね、、

 

 

 

それに僕が勤めていた会社は年功序列型賃金だったので、

いくら頑張ろうがなまけようが昇級する額は変わりません。

 

 

だったら頑張るわけないですよね。

頑張っても頑張らなくても同じならそりゃあ頑張りませんよ。

何も知らなかった最初の2年ぐらいは「昇級目指して頑張るぞー!」って時もありましたが、

正直者がバカを見る仕組みの上で無駄な努力をしているにすぎないことに

気づいてからは頑張るのを辞めました。

 

 

成長できない、給料も上がらない、つまらない。

こんな世界に3年間と言う長い年月をかけるのは本当に勿体無い事をしたと思うし、

まあ起業したからこそ言えることかもしれませんが、

僕は見事に3年というかけがえのない年月を無駄にしてしまったなあと思っています。

 

 

起業してからの1年間を振り返ってみて。思ったことを書いてみる。

 

 

 

ここからは起業してからの1年間を振り返って、思ったことを書いてみます。

 

1年努力するだけでも人生は十分に変えられる

 

 

去年の今頃に独立して起業の世界というものを1年間経験した僕ですが、

この1年で思ったことは、「人生変えるのは1年あれば十分だな」ってことです。

 

 

会社員時代での3年間はさっきも書いた通り、

給料が3万上がったぐらいで他は何も変わりなかったです。

 

 

それに比べて起業してからは1年で月収が5倍以上になりました。

その上、知識も身につきまくったし、

コンサル依頼の連絡も最近はかなり来るようになりました。

 

 

そんな僕も最初は古着を転売するところからはじめましたが、

初めて半年で給料以外で30万の収入を稼ぐ事に成功。

 

 

その後は、外注化を実践したり情報発信ビジネスにも挑戦した事で

起業して3ヶ月ほどで月収は50万に到達しましたね。

 

 

会社員時代はたった3万円の給料を増やすために3年もかけていた僕ですが、

ビジネスをはじめてからは半年で30万、

半年ちょっとで50万も収入を増やす事ができたんです。

 

 

50万も収入が増えた事で当然、

生活も楽になったし、自由度も増たし、

たった半年ですが人生は一気に変わりましたね。

 

 

ここからわかることは人生変えるのに1年もいらんってことなんです。

実際に、僕以外にもビジネスを始めることで

半年、早い人は3ヶ月とかでガラッと人生が変わった人がたくさんいます。

 

 

その人たちが口を揃えていうのは

「昔はマジで無知だったね」

ということです。

 

 

ってことは、今どれだけ平凡でつまらない人生を送っていたとしても、

正しい知識を身につけて実践していけば、

誰だってすぐに人生を変えられるんだぜって事なんです。

 

 

だから、「とりあえず」で3年という長い年月を消費してしまったのは

本当に勿体無かったなと悔やんでます。

 

 

タラレバですが、もっと早く気づいてこっちの世界に来られてたら、

今よりもっと凄い状態だったかも知れないのに、、って思ってしまいますね。。。

 

 

3年も働くと中々やめる事ができない

 

 

あとやっぱり、長い年月働いてしまうことによるデメリットって

悪い意味で慣れてしまう事なんだと思います。

 

 

・仕事は辛くて当たり前だ

・辛いからこそ稼げるんだ

・好きな事で生きていけるほど世の中甘くないんだ

 

 

会社に属していると上記のような情報が当たり前のように蔓延しているし、

僕も会社員だった頃にはおじさん集団に耳にタコができるぐらい

そういった話を聞かされていました。

 

 

で、3年間も会社に居座ってしまうと、

いくらその環境が悪いものでも、

悪い方に慣れてしまって中々仕事が辞めづらくなります。

 

 

実際に、前の会社に勤めていた時に、

「ぜってーこんな会社辞めてやる」と言うことを口癖のように言っていた先輩がいたんですが、

そんなことを言いながらも年数が経つにつれて結婚したり、

子供ができたり、家を建てたりするんです。

 

で、中途半端に上がった地位を捨てられなかったりして、

辞められないままズルズルいくような人が何人もいました。

 

 

結局、3年で辞められなかったら、5年。

5年でダメなら、10年。

そして15年、20年と働いていき、

今更会社やめるなんてできるわけないって状態に陥るんでしょうね。

 

 

どんだけ嫌な会社でも毎月安定した給料はでるし、

その環境に甘え続けてしまったら、辞めたくてもやめることができなくなるんです。

 

 

口ではそんな事は絶対に言わないのですが、

心の底ではそんなこと思ってるんだろうなって先輩は

たくさん見てきました。

 

 

こんなこと言っちゃあ悪いかもしれませんが、

僕はそんな状態には絶対に陥りたくなかったので、早めに行動をとりました。

 

 

行動し始めた当初は、うわあああ本当にうまくいくかなあ、、

と怯える日々を送っていましたが、

結果的には良い方向に行けたので良かったです。

 

 

で、僕のメルマガ読者さんやコンサル生は

会社だけに依存するのはやばいと行動している方が多いです。

なんなら最近は周囲の仲の良い友達までが

僕に感化されて行動しはじめています。

 

 

実際に会社にしがみつくだけって状態は厳しい時代がやってきていて、

天下のトヨタが「終身雇用はもうきついから自分でなんとかする力つけてねー」と言ったこととか、

麻生大臣が「年金は全額払えないから不足分の老後のお金は自分でなんとかしてねー」

と言ったことがニュースにもなりましたよね。

 

 

で、それでも依存度が高い人はデモを起こして

政治家を批判して俺たちをなんとかしろ!と、

甘えておられるのです。

 

 

この何かに対して依存している状態って中々やばいと思うし、

政治家とか会社を批判したところで変わらないんだから、

もう腹くくって自分に力つける努力しようぜって思うんですよね。

 

 

だからこそ、副業で5万でも10万でも稼ぐ努力を今からでもすべきだと思うし、

誰だってちゃんと勉強して実践すればできるんだから、

とりあえずやってみようぜって思うんです。

 

 

その点で僕は、胡散臭いと思いながらもチャレンジできたことが

いまだに良かったと思ってるし、

あの時思い切ってスタートダッシュを切れたからこそ今に繋がってるんだと確信できます。

 

 

ちょっと話は逸れましたが、

僕は社内での立場が中途半端にでかくなる前に

やめることができて良かったと思っています。

 

 

「起業」と「会社員」の両面を経験した僕が感じた、会社に依存しない力をつけることの大切さについて

 

 

 

とは言っても、社会人を経験しないと本当の絶望ってわからなかったりもします。

僕は両面を経験したからこそ、

毎日8時間、会社の駒として働く人生よりも

時間を自由に使いながら好きな事の出来るフリーランスの方が

メリットは大きいなあということを強く感じる事ができました。

 

 

だからこそ、就職したい人もそうじゃない人も

今の自分に稼ぐ事のできる力を身につけておくべきだと僕は思います。

(もちろん、すでに就職している人も)

 

 

この記事でも書きましたが、

知識やスキルは身につければ身につけるほど

後の人生をどんどん楽にしてくれます。

 

 

例えば、学生のうちから20万、30万と

自分の力で収入を得る事ができていれば、

就職する道もあれば、フリーとして生きる道もある。

 

 

つまり、選択肢が持てるのです。

大抵の人は自分で稼げる力は持っていないので、

学校を卒業すれば就職するしか選択肢はありません。

 

 

ってことは企業に面接を受けにいって、

頭を下げて「入社させてください!」と言わなきゃいけなくなるんです。

それこそ依存関係になっちゃうからやばいです。

 

 

逆に、稼げるスキルさえ持っていれば、

入りたい会社が見つかれば就職してみてもいいし、

良い会社ないな〜って思うのならフリーとして生きていけばいいし

就職して「なんかちげーな」って思ったらすぐに辞めてもいいんです。

 

 

 

僕の教え子にも古着転売で月収30万を稼ぐ専門学生の方がいますが、

彼も「今のところ就職するつもりはないし、勉強したいことがあるから古着転売で稼ぎながら大学院にいくつもりです!」

って言ってましたね。

 

 

やっぱスキルある人はそれだけ自由度が増すんだな〜ってことを目の当たりにした瞬間でした。

 

 

それに、企業も優秀な人材は常に欲しがっているので、

ビジネスやって稼げるスキルがあると、

それ自体が自分の希少価値を高める付加価値にもなり、

会社への大きなアピールポイントにもなるんです。

 

 

実際に僕の尊敬する、webマーケティングが得意な起業家さんがいるんですが、

その能力に惚れた大手企業からめちゃくちゃヘッドハンティングされるっていってましたしね。

 

 

要は、自分に力をつけておけばつけておくほど、

選択肢も広がるし、人生イージーモードになるよって事ですね。

単純に日本人は勉強していない人が多いですから。

1日1時間でも勉強すれば希少な存在になれます。

ぜひ勉強して己を高めていきましょう。

 

 

起業の世界なんて経験した事がない人からしたら怖いかもしれませんが、

案外、世の中自由にいきている人は多いです。

そして、僕の周りにもそんな人はたくさんいます。

 

 

1年あれば十分に人生は変える事ができます。

 

 

なので、「就職してとりあえず3年」とかいう迷信は無視して、

1年で人生変えてやるぜ!

ってぐらいの努力をぜひやってみましょう。

 

 

それでは!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からはわかりやすいと

言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
僕の当たり前は大好きな古着を着てカフェでMacBookを叩くこと。スーツやオフィスなんて堅っ苦しくてやってらんない
情報発信ビジネスで月収100万を稼ぐにっしさん、月収50万を稼ぐかつきんさんと岡山で飲んできた
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによっていうしなっているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
岡山県の古着卸「リストレージ」に行ってきた。古着転売は地方で取り組む方が有利かも??

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください