仕事が大嫌いだった元工場勤務の僕が、ネットビジネスで独立して仕事が大好きになったわけ

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

この記事を書いているのが2019年の7月ですが、

僕はちょうど1年前の今まで工場で働くサラリーマンでした。

 

 

工場の仕事は毎日が単調で、つまらない。

おまけに僕の勤めていた会社はちょーブラックで、

うざいパワハラ上司付きのフルコース。

 

 

仕事はつまらんわ、上司はうざいわ、

生きていても仕事と家の往復だけで消耗する毎日で、

楽しみといえば週末に居酒屋に行って仲間と

 

 

あー上司ウゼー。仕事だりーー。

 

 

と、愚痴大会を開くことでしたね。

(今考えると不毛で仕方がないですが。苦笑)

 

 

そんな僕もひょんなキッカケで会社を辞めて独立し、

今では岡山という田舎の傍らでパソコンカタカタしながら

サラリーマン時代の5倍以上の月収を稼ぐ事が出来ています。

 

おまけに、僕がやっているビジネスというのは

自動で回っている部分も多いので、時間的にも困っていません。

それに仲間にも恵まれて、仕事もプライベートも毎日充実していて楽しくて仕方がないです。

 

 

というか、最近はもう仕事とプライベートの境目がないですし、

何なら、仕事が趣味になっています。

 

 

たった1年でここまで変わるとは自分でも正直びっくりです。

お金が稼げるようになったとか、自由になれたとか、

そういったことはもちろんなんですが、僕にとっての1番の恩恵は

仕事が楽しくて仕方がなくなったこと。

これに尽きますね。

 

 

なぜそこまでの変化が得られたのか?

今回はそのことについて書いていこうと思います。

 

 

仕事がつまらなかった工場勤務時代の自分

 

 

冒頭でも書きましたが、

1年前の今頃まで僕は工場で働くサラリーマンでした。

 

 

工場での仕事というのは経験した方ならわかると思いますが、

まあ死ぬほどつまんないです。w

ライン作業と呼ばれる、言ってしまえばロボットでもできるような流れ作業を毎日8時間、永遠とこなす。

そんな仕事です。

 

(工場勤務当時のリアルな心境はこちらの記事に書きました→死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話

 

 

実際に将来はロボットやAIに代替されてしまうような仕事でしょう。

だからこそ、賃金も低けりゃ、楽しくもないのです。

 

 

もちろん、高学歴の方であれば、

機械の保全をしたり会社の経営に関わったりと、クリエイティブな仕事もできるんですが、

いかんせん僕は最終学歴は偏差値四十の工業高校卒。

勉強も大嫌いで、まともにしてこなかったがために、

肉体を動かす労働での仕事しか選ぶことができませんでした。

 

 

あー仕事だりーー

上司うぜえーー

仕事辞めてえーーー

 

 

こんなことを毎日口癖のように言いながら、

工場に通って、8時間機械をいじって、くっだらないサービス残業をして、

家に帰って寝る。

 

 

ちょっと仕事でミスしたり、作業スピードが遅かったりすれば

パワハラ上司様からあーだこーだ言われる。

別にやりたくも何ともない仕事だし、給料も特別高いわけじゃない。

その上、職場環境は最悪で、上司もみんな敵。

 

 

仕事ってこういうことなの?

つまらないし、しんどいから仕事なの?

これがあと40年続くことが世間の常識なの?

 

 

そんなことを心の奥底で思いながらも口には出せず

毎日をただ消費するように生きていました。

 

 

古着転売に出会って全てが変わった

 

 

そんなつまらないクソみたいな会社員生活を続けていた僕ですが、

途中、パワハラやサービス残業がひどくなってきたことから

精神を壊したり、入院を経験することもありました。

 

 

で、何とかこの状況を脱したいということで

自己啓発本を読んだり、ネットサーフィンをしていました。

そんな時に古着転売というビジネスと出会ったのです。

 

 

出会った時は中々に衝撃を受けました。

リサイクルショップやフリマから古着を500円とかで仕入れて、

それをメルカリに出品して4000円とかで販売する。

 

そんなビジネスモデルで、

今時そんなことでも仕事にできるんだ!

と衝撃を受けたのを未だに覚えています。

 

 

初めて見たときは正直、

何だうさんくせえ。メルカリなんかで稼げるのかよ?

とか疑いの目を持っていましたが、

冷静になって考えれば、1着2000円の利益が出る服を月に150着売れば

それで月収30万だし、大変そうだけど物理的に無理な数字ではないなと思ったんです。

 

 

しかも、目の前のブログではそれを悠々とやっている人がいる。

その上で、毎日自由に暮らしていて、嫌な上司もいなくて、

好きな時に寝て、好きな時に起きて、美味しいものも食べれて、

旅行も好きな時に好きなだけいける。

 

 

何だよ、そんなのずるすぎるやんけ。。

こちとら毎日汚ねえ工場でこき使われてるのに

それでも俺より稼げてるなんてムカつく。。。

 

 

純粋にそう感じました。

 

「仕事=辛いもの」という価値観でこれまで生きてきた僕にとっては

正直認めたくない気持ちもあったし悔しさもありましたが、

このまま一生工場でこき使われる人生は絶対に嫌だーーーー!!!

という気持ちが強かったために行動することを決意したのです。

 

 

そこから副業で始めた古着転売ですが、

取り組んで半年後には利益で30万の金額を稼ぐことができました。

この30万は丸々労働の収入で、当時は自動化などの知識や考えは全くなかったのですが、

とりあえず自分の力で稼いで自立する事が出来ただけでも

当時の僕にとっては大きすぎる一歩でした。

 

 

その後は、自由な生活を手に入れ、様々なことを学んでいきながら

価値観の合う仲間にも恵まれ、充実した生活を手に入れた僕ですが、

 

 

やっぱり、古着転売という如何にも胡散臭いビジネスに出会った時に

怪しいとか思いながらもとりあえずやってみた事が

今考えれば大きなターニングポイントになったんですよね。

 

 

本当に古着転売に出会って、行動したことによって

全てが良い方向に変わりだしたなあと実感しています。

 

 

思考力を磨いたからこそ、稼げるようになったのはもちろん常に仕事のことを考えるのが楽しくて仕方がない状態になった

 

 

 

仕事が楽しい!と感じるようになったきっかけとしては

情報発信を始めたことと、勉強の楽しさに気づけた事がデカイです。

 

 

古着転売で独立した当初は労働しまくっての収入だったし、

最初は自分の力で稼ぐのが楽しくて仕方がなかったものの、

まあ2ヶ月も毎日仕入れて、出品してを繰り返していたら飽きます。

なんと言うか、マンネリしてくるんですよね。

 

 

このまま毎日転売しててもなあ〜

 

 

そんなことを思っている時に当時古着転売を教えてくれていた師匠が

情報発信やろう!と誘ってくれたことがきっかけで僕はブログやツイッターなどのメディアを持って

情報を発信していくことを始めました。

 

 

これがまたひとつ良いきっかけとなりましたね。

 

 

でも正直、始めた当初はわけがわからなかったです。笑

勉強もろくにしてこなかったから、文章の書き方も話し方も全くわからなかったし、

初めて作った記事、動画なんかは下手くそすぎて発狂しそうになりましたw

 

 

でも下手くそすぎたからこそ、練習したし、学びました。

最初は5万の教材を買ったかな?

その教材はビジネスの仕組みとか全体像、成功者の思考について学べるものでした。

 

 

で、この教材を販売している人は僕が尊敬してやまない、

月収500万を自動で稼ぐ実業家の方なんですが、

この方がほんっとうに頭が良くって、

でもって難しい言葉を使わず僕みたいなバカにも理解できるように説明してくれたんです。

 

 

情報商材とか売ってる人って怪しい人も多いですよね。

でも僕はしょっぱなからきちんとした思考を持っている方から教わる事が出来たのが

本当にラッキーでした。

 

 

その後も35万、10万などの教材を立て続けに購入し、

僕は勉強することの大切さと同時に楽しさも理解する事が出来たんです。

 

 

今まで読まなかった本も今では月に10冊は読んでいるし、

毎日知識に触れることを習慣にもしています。

で、知識ってのは覚えるだけじゃダメで、

知識を用いてどうすれば日常やビジネスに活かす事ができるのか?

ってことを考えて当てはめていかないといけないんです。

 

 

最初は本を読んで知識を入れても、それを元にどうすればビジネスに応用できるのか?

なんてことは全く持ってわかりませんでしたが、

地道に抽象的な事例から具体例を考えたり、

逆に具体的な事例の抽象度をあげて、自分のビジネスに応用したりを

繰り返すことによって、思考力はえげつないぐらい上がりましたね。

 

 

で、思考力が身について常に目的意識を持って行動していると

普通に街を歩いたりしてても広告を見れば

あ、この広告は恐怖心を煽ってるな〜とか、

こういった層をターゲットにしてるんだな〜

って事がわかったり。

 

 

これってカラーバス効果っていうんですけど、

意識すればどんどんネタが情報が見つかるようになるんですよね。

 

 

例えば、道端を歩いていて黄色を見つけるように意識すれば、

黄色がどんどん見つかるようになるみたいな。

 

 

それと同じで、常にコンテンツを作る思考になっているので、

居酒屋にいったり、服屋にいったりして

自分がサービスを受けるときに、

そのサービスの良かったところはなんだろう?

または改善できるとこはなんだろう?

で、これを元にどんなコンテンツが作れるかな?

とか考える思考になるんですよ。

 

 

そしたら生きてるだけで楽しくなるし、

世の中から情報を得放題になるんですよね。

 

 

まさに、「生きてるだけで丸儲け」状態です。

 

 

勉強して、その上で思考する癖を身につけるだけで

こんなに仕事の事を考えるのが楽しくなるなんて思ってもみなかったです。

 

 

以前に勤めていた会社の同期に久しぶりに会って言われた一言を聞いて。勉強って大事だと強く感じた。

 

 

こないだ、前の会社で仲の良かった同期と久しぶりに飲みに行ったんですよね。

その際に、今やっているビジネスのこととか、

学んだセールスや心理学のこととかベラベラ喋ってたら、

「お前、たった1年で変わりすぎだろww」

ってことを言われたんですよね。笑

「ちょっと前まで機械いじくってたやつだとは思えないわ」ってw

 

 

それと彼曰く、僕は「そんなお喋りなキャラじゃなかった」そうです。

 

 

確かに、僕自身も自分は無口だと思っていたし、

実際に今までも口数は多い方ではありませんでした。

 

 

例えば、学生時代はクラスのいわゆる陽キャと呼ばれる、

キラキラした派手な人たちのグループには入ってなかったし、

どちらかというと教室の隅で一人か、少人数でいるようなタイプでしたね。

 

 

常に場を盛り上げて面白くする陽キャたちをみて、

「なんであんなに面白く喋れるんだろう?」

とも思ってました。

 

 

でも、喋れないのって結局、

話すネタがないだとか、知識不足なのが大半を占めているんですよね。

知識があることは当然喋る事が出来ます。

 

 

例えば、自分の好きな事、趣味であれば、

いくらでも話す事が出来ません?

僕は大好きなアニメのワンピースの事だったら一晩中話し続ける事が出来ますw

 

 

それと同じで、どんな分野でも勉強して知識を身につけると

誰だってベラベラ喋れるようになるぐらいはできるんです。

 

 

で、勉強して知識を貯めていくと、

どんどん自分の中に話せるネタが増えていくし、

実際に友達とかに話していると、びっくりされるし

食い入るように聞かれて、その姿をみるのもまた快感になります。笑

 

 

ああ、俺ってこんなに知識身についたんだ

という自信にもなりますしね。

 

 

それに、人間には皆、知的好奇心と言うのが備わっているので、

勉強って本来、知的好奇心を満たしてくれる楽しい事なんですよ。

やってみるとわかるんですが、知らないことに触れて、

脳みそが刺激されて快楽物質みたいなものが出てくる感じはたまらないですね。笑

 

 

心理学の本を1冊読むだけでも、

自分の知らない知識に触れる事ができて、脳みそが刺激されますから。

みんなもやればいいのに〜って思ってます。

 

 

 

で、このようにして仕事が大嫌いでつまらなくて仕方がなかった会社員生活を送っていた僕も、

ビジネスを初めて勉強の楽しさに気づく事が出来たことによって、

仕事の事を考えるのが楽しくて仕方がない状態になりました。

 

 

今仕事と人生が楽しくないなーと感じている方が状況を変える上で

何か良いきっかけとなればなと思い、こんな記事を書かせていただきました。

 

 

仕事って人生の大半を占めていますから、

仕事をする時間が楽しくなれば必然的に人生の充実度も上がります。

 

 

その上で勉強するのってめちゃくちゃおすすめです。

僕のメルマガでは読者さんから読むだけで思考が磨かれるといった声もいただいてます。

かたっ苦しい言葉とか全然使ってないので登録して学んでいただけたらと。

 

 

いっせーのメルマガに登録する

 

 

それではこの辺で失礼します。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください