お世話になっている卸で16万円分の古着を仕入れてきた話。プロのお客さんになることのメリットについて。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

昨日の話なんですが、お世話になっている地元の卸で

一人で16万円分の古着を仕入れてきました。

 

 

 

合計120着以上の仕入れ。

ジムニーのトランクは古着でパンパンになりました。w

 

 

卸を使うと1回の仕入れで質の高いアイテムが

一定数集まるので、コスパがいいです。

しかも、今は外注さんを二人雇っているので、

大半は外注に投げるだけで終わるんで楽でいいですね。

 

 

卸仕入れ→外注

これができるようになると、

やらなきゃいけない作業もめっきり減って楽になります。

 

 

僕らのやるべき仕事は実務ではないですからね。

自分がやらなくてもいい仕事は基本、人やツールに任せて、

自分にしか出来ない事をやっていくべきです。

 

 

 

それともう一つ。

こうやって毎月のように10万単位の金額分を仕入れていると、

当然のごとく、他のお客さんよりも優遇されます。

 

 

事実、昨日も割引をしてくれましたし、

「今の価格でも大丈夫ですか?」とか、

「どんなアイテムがあればいいですか?」とか、

オーナーさんから逆相談してくれますw

 

 

こうなると僕からも色々と頼みやすくなるんで

ものすごく助かってますし、

また利用しよう!ってなるんです。

 

 

これって、毎月僕が利用している上に、

たくさんのお金を落としているからなんですよね。

これが月に1万、2万とかしか僕が仕入れなかったら

まあ煙たいと思うんですよ、卸さんからしても。

 

 

だから、僕はお互いwinwinの関係を築くためにも、

まずは自分からギブギブギブしていく精神を大事にしています。

 

 

結局そうすることで、

回り回って自分に返ってくるんですよね。

 

 

 

こういうこと書くと、

「めっちゃ計算してるじゃん」

とか思われるかもしれないんですが、

別に誰も損してないなら打算的でもいいじゃん

って思うんですよ。

 

 

お互い得してますしね。

 

 

ただ、勘違いして欲しくないのは

何でもかんでもギブしろってことではなくて

ここの卸いいなあ〜って感じたら、

とことん貢ぐって感じです。w

 

 

あと、それ関連でもう一つ。

僕はよく家の近くのカフェで仕事をしているんですが、

もうかれこれ50回ぐらいは通っているんですよね。

 

そうすると、店員さんも僕の顔を覚えてくれて、

頼んだカフェラテができるまでの間に

「車可愛いですね〜!」

って話しかけてくれて、話が盛り上がったり、

たまにコーヒー1杯サービスしてくれたりってこともあるんですよね。

 

 

これも、僕がそれなりの回数通って

常連の客になっているからこそこういった現象が起きるわけで

初見の人に対してはないことですよね。

 

 

こうやってプロのお客さんになるのってすごいメリットあるんです。

いいなってお店を見つけたらとことん通う。

そんで、とことん貢ぐ。

 

そうすることで、他のお客さんとの差別化になり、

優遇されるって結果になります。

 

 

店だろうが、人だろうが、

これは何にでも応用できることです。

まあ何が言いたいかって、ギブ精神大事だぜって話でした。

 

 

短いですが、今日はこんな感じで!

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由を獲得できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

 

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じような人が一人でも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的自由を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、noteにて有料で販売している教材になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収100万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、180万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
仕組みを作って圧倒的に幸福度が上がった。金銭的自由だけでは幸福度は上がっていかないという話。
情報発信の本質についてツイート集。如何にして感情を動かせる作り手になるか?
「会社員=安定」→「スキルを持つ個人=安定」の時代へ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください