「あり金は全部使え」書評。お金に対する成功者の価値観について。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

先日、ホリエモン著書の

「あり金は全部使え」という本を読んだので、

今回はレビュー記事を書いていきます。

 

 

「あり金は全部使え」ってパンチのあるタイトルですよね。

は?正気で言ってんの?ってなりますよね。笑

 

 

内容もタイトル通り、中々にパンチが効いていて、

刺激的なものでした。

 

 

まあ僕自身も起業してからは、

とにかく情報や体験にお金をつぎ込んできたので、

この価値観ってのはすげー理解できるし、

実際に読んでみて、共感できる部分はたくさんありました。

 

 

その反面、思考が出来ていない状態の方が

この本を読んで訳も分からずお金を使って失敗してしまうという状況はまずいなと感じたので、

その辺の僕の考えも交えてレビューしていこうと思います。

 

 

何に「あり金を全て」使えばいいのか?を考えるべし。

 

 

まずこの本が伝えたいことざっくり要約すると、

 

 

・貯金はするな。あり金は全て時間、情報、体験に投資しろ。

 

 

と言う事。

 

「貯金信仰」が叫ばれる今の日本の常識的な価値観に

一石投じるような内容となっています。

 

 

ただ、タイトルの「あり金は全部使え」と言うのは比喩でして、

実際には「あり金を全部使うつもりでお金を使え」と言う事ですね。

間違っても破産するほど使いまくらないようにしてくださいw

 

 

ただ僕も、「お金はガンガン使え」と言う意見には賛成ですね。

 

 

なぜなら貯めてても、貯金以外に何も得られないからです。

 

それよりも自分の能力アップにつながる、本や情報に投資して言った方が、

結果として自分の収入が増加するし、

頑張って月に2万貯金してちまちまと貯金額を増やすよりも、

その2万を学びに投資して、稼げるスキルを身につける方が

断然コスパがいいんですよね。

 

 

しかし、何に使えばいいかもわかっていない状態で、

ただただお金を使ってしまうのは非常に勿体無いし、危険だなと思います。

 

 

だからこそ、僕は自分のやりたい分野を把握し、伸ばしたい部分はなんなのか?

って部分を理解した上で、その上で不足を補うように

情報なりにお金を投資していけば言いと思っています。

 

 

例えば、ネットビジネスで稼ぎたいと言ってるのに、

経験が大事だ!とか言って無駄に海外に行ったり、

無駄に人脈を広げようとしたり、

もちろん、100%無駄って訳ではありませんが、

何にも知識が身についていない初期段階でやったって、あまり意味がありません。

 

 

初期はともかく、知識を身につけることが先決です。

そのために本や情報に投資すべきなのです。

 

 

ただ、情報投資をするにしろ、

訳も分からず変なセミナーに行って、

「行動しましょう」「自由になりましょう」などの

抽象的でなんの役にも立たない話のために

時間とお金を使ってしまうのはマジで勿体無いですから、これも気をつけるべきですね。

 

 

アフィリエイトで稼ぎたいならアフィリエイトの教材を、

古着転売で稼ぎたいなら古着転売の教材、コンサルなりを受けるべきなのです。

 

 

まず、自分がどんな手段を使って稼ぎたいのかを決めて、

そのためにはどこを伸ばせばいいのかを把握する。

ここまでが出来て初めて、お金を突っ込むという行為ができるのです。

 

 

だから、見当違いのものにあり金突っ込んでしまったらそれこそ大変なので、

まずは上記で説明したことを元にして実践してみるのが賢明かと。

 

 

お金の本来の目的とは?

 

 

この本でホリエモンは

 

・「お金の本来の目的は使う事だ。貯める事じゃない。」

・「お金を使って楽しい経験をたくさんした方が、人生の幸福度に繋がる」

 

ざっくりですが、こう言っています。

 

 

この部分もすごく共感で、

ここに僕の意見を付け足すとしたら、

貯金って一番面白くない金の使い方だということ。

 

 

それってお前が稼いでいるから言える事だろ?

って思われるかもしれないんですけど、

全然そんなことはなくってですね。

 

 

と言うか、僕も会社員時代なんかは頑張って貯金をするタイプでした。

毎月2万とか、3万とか、コツコツと。

でも車が壊れただとか、体調崩して入院したってことがあると

頑張って貯めたお金もすぐに吹っ飛んで、なくなっちゃったんですよね。

 

 

欲しいもの我慢して貯めたのに、

関係のないものに持っていかれた挙句、お金もたまらない。

 

急な出費が来た時なんかはマジで涙目になってました。w

これらの経験から、貯金なんかする意味あるのだろうか?

と疑問に感じたことがありました。

 

 

そんな矢先、初めて古着転売のコンサルを受けた時に、

僕は30万と言う多額のお金を支払いました。

その時はマジで怖かったですよ。

 

てか、元々はコンサルに30万も払うなんて頭おかしいんじゃねえの?

とかってことも思ってました。

 

でも、今の自分は何か行動を起こさないと

絶対に変わることもできないと感じていたので

えいや!の気持ちでガツンと投資したんですよね。

 

 

投資した時は、

これだけ払って稼げなかったらどうしよう?

うああメンタルが持たないよーーー

ってただただ恐怖でした。

 

でもそんな不安はすぐに払拭されて、

僕はすぐに月収30万を自力で稼げる力が身につきました。

 

さらに、その後は外注も実践したので、

たとえ自分が倒れたとしてもお金が発生するという

貯金よりも優秀な構造が出来上がりました。

 

 

その時に僕は感じたのです。

「あ、貯金額を増やすよりも収入増やす方が簡単だし楽しいじゃん」と。

 

 

それ以来は情報という情報にお金を突っ込み続けて

情報のシャワーを浴びる毎日です。

 

 

すげーコスパいいですよね。

だって、30万の投資をしたことによって、

月収が30万、50万と増えていくって事は、

年間でいうところの300万ぐらいの利益となっているんですから。

 

 

さらに稼いだお金でまた新たなことができるし、

どんどん選択肢が広がります。

 

 

実際に僕はタイや韓国などの海外に足を運ぶ経験もできました。

今では各地のコンサル生に会いに全国を飛び回ったり、

現在22才ですが、かなりの経験ができていると思います。

 

 

これは、30万という金額を投資したからこそ出来た経験であって、

その30万を銀行に預けておいたままだと、

絶対に経験することができなかったと断言できますね。

 

 

だからこそ、お金っていうのはツールで、

お金の使い方が上手い人こそがこの人生を楽しむことができるんだと思います。

その上で、貯金するのは1番つまらないよな〜

と僕は思うんですよね。

 

 

銀行貯金は不安の貯金だ

 

 

 

こんな名言も言ってましたね。

 

「銀行貯金は不安の貯金だ」

 

いやーーなるほど。って思いました。

 

 

これは安全欲求という人間心理に基づいた観点からも言えることなんですが、

貯金があることによって、人って安心を覚えるんですよね。

まあこれは間違いないかと。

 

 

僕も、口座に1円も入っていないよりも

1000万入っている方がそりゃあ安心できます。

 

 

ただ、貯金がある状態に安心して自分の能力を伸ばす努力を怠るのは

けっこー危険かなあとも思うんです。

この考えだと、何かのきっかけでお金が吹っ飛んだ時に

無収入になってしまう恐れがありますからね。

 

 

それよりもやはり大事なのは知識。

いつでもお金を生み出すことのできるスキルであったり知識というものが

真の意味での安心に繋がります。

 

 

だって、貯金はいくらあっても収入源が勤め先の会社からもらう給料しかなかったら

その会社が倒産したらアウトですからね。

 

 

逆に、たとえ倒産したとしても、副業で50万ぐらい稼げるスキルがあれば、

人生どうにかなりますから。

 

 

 

やっぱり知識は最強だなあと。

 

僕が尊敬する人もこんなことを言っていました。

「貯金は使っても使ってもたまる状態になってから初めて出来る事なんだよ。貯金しているうちはまだまだだ。」

 

 

これが僕の中での格言となっていて、

ちょっとでも守りに入ろうとして学びに投資を怠ってしまっているときは、

必ずこの言葉を思い出すようにしています。

 

 

とりあえず、真の意味で安心したいなら

知識を身につけるほかないよ、ということですね。

 

 

そのためにも銀行口座に眠っているお金を

知識に投資していくべきだと僕は思います。

 

 

貯金型思考と投資型思考の違い。投資型思考を持つことで人生を活性化させることができる。

 

 

そして、この本の中でホリエモンは

新しいことへの挑戦を我慢して、

お金にも時間にも余力を残しておくような価値観のことを

「貯金型思考」と呼んでいます。

 

 

お金を貯めて増やそうとする考えのことですね。

 

 

逆に、手持ちのお金をどう使えば増やすことができるのか?

と考えることのできる思考の事を「投資型思考」と呼んでいます。

 

 

で、ホリエモンは成長するためにも「投資型思考になれ」

ということを力強く言っていましたね。

 

 

僕も完全にその意見には同意で、

僕の考えだと、自分が楽するためにもお金はどんどん投資すべきだと考えています。

 

 

それは知識以外のことにも言える事で、

例えば僕は古着転売というビジネスをやっているんですが、

現在外注を2人ほど雇っています。

なぜならめんどくさい作業をやりたくないからです。

 

 

たまに、「外注費払うの無駄じゃね?」ということを言ってくる人がいますが、

外注費ケチって無駄な作業ばっかやる方が損じゃね?

って僕は思うんですよね。

 

 

だって、出品作業とかめんどくさいじゃないですか。

梱包だって自分でやる必要あります?

誰がやっても同じだと思うんです。

 

発送が増えてくると、売れるのは嬉しいけどたくさん売れた日は梱包が面倒で

売れているのになぜかモチベが下がるという現象が起こります。

「あーもう売れないでくれよ、、」みたいなね。

 

 

せっかく結果が出ているのにモチベが下がるって最悪ですからね。

だから、そういった作業はお金を払ってアウトソースし、

自分は自分のやるべきことや楽しいことに没頭していればいいと思うんですね。

 

 

あと、家事も自動化していますね。

 

乾燥機付き洗濯機を買っていて、

乾燥までやってくれるので、干す手間が省けます。

突っ込んで回しておけばOKって感じです。

ちょー楽、まじツール神。笑

 

 

家事も同じで、自分がやる必要ないと思うんですよ。

今はルンバなどのツールが神かってほど便利なので、

物的資産に投資する意識大事だぜって話もこちらでしてます)

その辺もどんどん投資して自動化していくべきだと

僕は思っています。

 

 

知識だけじゃなく、外注や便利なツールも自分をどんどん楽にしてくれます。

だから、あらゆる場面で「投資型思考」を持って行動することが成長に繋がるかと思います。

 

 

投資の意識を持つことは大事。しかし、身銭を削るほどの無理な投資する必要はない。

 

 

最後にですが、ひとつそれは無茶じゃね?

って思ったのが、「お金は借りればいい」って意見。

 

ホリエモンは起業初期は10万円しか手元になく、

600万の借金をして開業したらしいんですね。

だから、「ないなら借りればいい」ということを言ってました。

 

 

投資の意識を持つっていうのは完全同意なんですが、

いや、いきなり借金はハードル高くね?

って思うんですよ。w

 

 

借金してでも起業しましょう!

って言って起業できる勇気のある人は中々いないと思うし、

無理矢理に借金してでも起業する行為を勇気とは呼べないです。苦笑

 

 

それに、今はインターネットが発達していることから

かなりのローリスクで起業ができる時代ですから、

ネットから挑戦しようぜって思うんですよね。

 

 

開業資金に何百万、何千万と必要なオフラインのビジネスは

ネットで成功してからでも遅くはないかと。

 

 

実際に僕はメルカリを使った古着転売から始めていますし、

それだけで30〜50万という金額を稼ぐことができました。

リサイクルショップで仕入れた古着をメルカリに出しまくっただけですよ?

しょぼいし、地味ですよね。笑

 

 

最初にかかったお金はせいぜい5万とかですかね。

1着500円とかで仕入れられますから、リスク低くてとっかかりやすかったです。

そんで仕入れて、売るを繰り返して30万ぐらい稼げた時は

「ファ!?こんだけで30万?」

って思いましたね。w

 

 

 

だから、最初は地味でいいんですよ。

ギラギラ系の起業家なんか目指さなくても。w

 

 

起業ってすげー華々しいイメージを持たれがちですが、

こんなショボい起業の仕方もあるんだよということを知っていて欲しいのと、

ホリエモンの言っていることを全て鵜呑みにして、

大借金して再起不能になるようなビジネスは間違っても始めないでください。

 

 

ショボいステージから始めましょう。

その上で古着転売はビジネス初心者が取り組みやすいビジネスかと。

詳しいことはメルマガ、YouTubeなどで発信していますのでぜひです。

 

 

まあつらつらと書いていきましたが、

お金に対する価値観をぶっ壊して、

成功者マインドになるにはもってこいの本でしたね。

 

 

この記事で書いてあること以外にも、

 

・安定志向はゴミ箱に捨てろ!

・欲望のままに遊び倒せ!

・金で買える時間は全て買え

・チンケな節約を辞めろ

・ゴールを設定するな

 

 

などの目次で構成された、ホリエモン節が炸裂しまくった内容でした。

 

あと、

え、ホリエモンって以外にそんなところあるんだ!?

ってなる内容もありましたねw

いくら天才だと言われている人もやっぱ人間だなあと思いました。

 

 

まあ、普通に面白いし、読みやすいし、

気になった方はぜひ買ってみてください。

 

 

ただ、鵜呑みにしたらやばい情報も入ってるんで、

そこはしっかりと見極めて、

良い部分だけを吸収していただければと思います。

 

 

では!

 
 
 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください