【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

努力しても万年補欠だった高校のサッカー部員が、起業で成功し年収1000万稼いだ話

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕は、現在ネットビジネスを実践していて

年収1000万以上の利益を稼ぐことができています。

 

 

その結果、会社に雇われずとも

毎日自由に暮らすことができているし、

 

魅力的な仲間たちに囲まれて、

充実した人生を送ることができています。

 

 

こう話すと、

「いっせー さんは元々センスがあったんですね!」

みたいなことを言われるのですが、

全くそんなことはありません。

 

 

勉強も特別できたわけじゃないし、

学生時代はサッカーをやってましたが、

それもダメダメでした。

 

 

高校のサッカー部時代は、

毎日練習しまくっているのに、

3年間、ベンチにすら入れない補欠要員だったのです。

 

 

なので、当時の自分は劣等感の塊で、

ずっと惨めな気持ちを感じながら、

部活に取り組んでいました。

 

 

当時の経験を聞くと、

僕が元々才能に溢れた人間じゃないこと、

 

また、起業はセンスや才能が関係なくても

成功できることが少しでもわかるかな?と思います。

 

 

また、現在進行形で、

部活などに取り組んでいて、

 

中々試合に出られず

悔しい思いをしている人がいれば、

かなり勇気づけられる内容になると思います。

 

 

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

劣等感の塊だった高校のサッカー部時代

 

 

僕は、中学から高校までの6年間、

学校の部活動でサッカーをしていました。

 

 

中学時代はチーム自体が弱かったため、

割と速い段階から試合に出ることができました。

 

大会などでは、

毎度地区大会で敗退するほどの弱さだったのですが、

 

サッカー自体は大好きで楽しかったし、

何より、試合に出てプレーできることが

自分にとって大きかったと思います。

 

 

ですが、中学での部活動を終えて、

高校に進学する際に、

「もっと強いチームでやりたい」

と言う気持ちが芽生えてきました。

 

 

私立の学校は家計的に無理だったので、

公立の中でそこそこ強い学校を選んで入学したんですね。

 

 

入学後、すぐにサッカー部に志望を出し、

入部するなり毎日練習に通って、

上手くなるために努力をしていました。

 

 

ですが、チームのレベルもそこそこ高く、

周りの選手のレベルも高かったことで、

チーム内における自分の序列は中々上がりませんでした。

 

 

まず、中学時代に強豪のクラブチームで

活躍していた同学年の選手たちが、

すぐに飛び級で徐々に試合に出始めていました。

 

 

まあでも、まだ1年だし、

2年になって出始めることができればいいかなー

 

と言う、楽観的な気持ちもあって、

当時はまだ焦ってはいませんでした。

 

 

そんなこんなで、2年になり、

学年が一つ上がったことで、

3年生は引退し、新しく1年生が入ってきました。

 

 

すると、同級生の上手い選手たちが、

2年生に混ざって、

どんどん試合に出始めるようになりました。

 

 

僕がいた学校の部活では、

公式戦や遠征のたびに集会があって、

 

その中で、Aチームに選ばれる人と、

そうじゃない人たちが発表されるのですが、

 

周りの同級生はAチームに選ばれるのに、

自分は中々選ばれない。

そんな状況が増えていったんですね。

 

 

別に、練習をサボっていたわけでは

全くありませんでした。

 

 

毎日練習には参加していたし、

その上で、遅くまで残って、

居残り練習をやっていたこともありました。

 

 

通っていた学校は、

家から電車で1時間以上の場所にあったので、

 

夜の10時とか11時に帰宅することも

しばしばありました。

 

 

それだけ、練習も真面目にやっていたのに、

自分よりも適当に練習をしている同学年のやつが

選ばれたりしていたのです。

 

 

「くっそ、、なんで真面目にやってる俺が外れて、サボってるやつが選ばれるんだよ」

 

そんな感情も頻繁に現れるようになりました。

 

 

ですが、文句を言ったって、

状況が変わるわけではないので、

とにかく練習を続けることだけ考えました。

 

 

ですが、どれだけ頑張っても

自分はAチームのメンバーのは選ばれず。

 

それどころか、1個下の後輩が

自分よりも先にメンバーに選ばれ始めていったのです。

 

 

そんなこんなで、

 

「練習は誰よりもやっているはずなのに、中々Aチームに選ばれない。毎回、同学年と後輩が選ばれて、そいつらが試合で活躍する姿をベンチに座って眺める」

 

と言う状況が続いたまま、

サッカー部の2年間が終わっていきました。

 

 

 

「まあ、2年になれば試合でれるんじゃね?」

 

と思っていた僕は、

2年間が終わっても試合に出られない状況に

焦りを感じ始めていました。

 

 

 

ただまあ、

3年になれば流石に出れるでしょ、、

 

そう、僕は感じていました。

 

 

ですが、3年になっても中々状況は変わらず。

 

相変わらず試合に出ているのは、

同学年と後輩の実力のある奴らばかり。

 

自分の名前がAチームで呼ばれることが

まだ全くなかったので

どんどん焦っていきました。

 

 

「このまま、試合に出られないまま3年間終わったらどうしよう?」

 

「補欠のまま、サッカー部人生が終わってしまったら・・・」

 

そんな不安がよく、

頭をよぎるようになっていました。

 

 

 

入部した手の頃にイメージしていた自分の姿は、

ピッチに立って、活躍して、

チームメイトたちと勝利の喜びを分かち合っている姿でした。

 

 

ですが、今自分が置かれている状況は、

 

・3年になってもAチームのベンチにすら入れない

・後輩やチームメイトが活躍する姿を、ただ外から眺めるだけ

・水を用意したり、ビブスを畳んだりの雑用ばかり

・朝5時に起きて、1時間以上かけて学校に行き、1番最後のCチームぐらいの試合をこなして帰る

 

・・・と言う状況です。

 

 

ずっと、ベンチにすら入れない

補欠要員だったので、

 

だんだんとチームメイトからの

あたりが強くなってくるのもわかりました。

 

 

3年になってもベンチすら入れていないことや、

試合に出ても使えないこと、

後輩に負けていることなどを、

 

部員全員がいる前でバカにしてきたり。

 

 

試合の日に会場に行くと、

 

「なんでいっせー試合に出ないのに、来てんの?意味なくね?」

 

みたいなことを言われたり、

 

「よう!雑用係!」

 

みたいなことも言われました、、。

 

 

本心では、はらわたが煮えくりかえるほど

苛立っていましたが、

小心者で自信損失していた自分は何も言い返せず。

 

 

「別にいいじゃん、ハハ、、w」

と、力なく返すだけで終わっていました。

 

 

 

そんな状態だったから、

親に試合に見にきてもらうことも

めちゃくちゃ嫌でした。

 

 

まずそもそも、

自分は試合に出れないし、

 

出たとしても、

最後の方のCチームレベルの試合。

 

その試合ですら大して役に立てず、

ひどいプレーを見せて終わるだけ。

 

 

だから、親に対して

「試合見にきて」

なんて台詞を言ったことは

一度たりともありませんでした。

 

 

 

だんだんと、

「もうサッカー部なんて辞めたい、、」

と言う気持ちも芽生え始めました。

 

 

ですけど、サッカー部を辞めたら、

学校の連中から確実に、

「なんで辞めたの?」と聞かれるし、

 

その際に、

「試合出れなかったから」

と言うのも恥ずかしい。

 

 

で、そんなことを言ってしまうと、

「いっせー、補欠だったから部活辞めたらしいよw」

と言う噂が一瞬で広まっていきます。

 

 

それに、辞めたところで

サッカー部で補欠だったと言う過去を

変えることは出来ないし、

 

サッカーと同等以上に

打ち込めるものが見つかるわけでもない。

 

 

また、何よりも、

 

今までずっとお弁当を作ってくれたり、

試合会場まで送り迎えをしてくれたり、

道具を揃えるための安くはないお金を出し続けてくれた

 

親に対して、申し訳ない気持ちで、

「部活を辞めたい」

なんて言葉は言い出せませんでした。

 

 

だから、本心は、

辞めたい気持ちでいっぱいの中、

 

我慢して毎日練習に行き、

試合で雑用をこなす

と言うことを続けていったのです。

 

 

 

そんなこんなで、

3年生になって時間は過ぎても、

試合に出られない状況はずっと変わらず。

 

 

同学年の部員はほぼ全員が

選ばれている中で、

 

インターハイの予選も、

ベンチメンバーにすら選ばれない。

 

中国地方で開催されていた

「プリンスリーグ」のメンバーにも

ずっと選ばれない。

 

選手権の予選のメンバーも

当然のこと選ばれない・・・。

 

 

相変わらず自分は、

1年生や2年生の後輩に混ざって

 

CチームとBチームを行き来しながら、

苦汁を舐め続けていました。

 

 

3年生最初の方は、

試合に出れる希望を捨てずに、

練習を頑張っていたのですが、

 

いくら頑張っても使われないし、

相変わらず自分よりも練習を頑張っていない

センスのあるやつばかりが使われるばかり。

 

 

だんだんと、

 

「いくら練習を頑張ったところで報われないじゃん」

 

「どうせ、センスのない俺はいつまでも使われないんでしょ?」

 

と言う気持ちが芽生えてきて、

どんどん気持ちが腐っていき、

練習にも力が入らなくなっていきました。

 

 

「どうせ誰にも期待されていない」

「Aチームのメンバーも俺のことを下に見ている」

「後輩も俺の存在なんて必要ないと思っている」

 

最後の半年ぐらいは、

そんな腐った気持ちで過ごしていました。

 

 

部活も、前より頑張らなくなって、

適当に練習をして、

終わったらさっさと家に帰るようになりました。

 

 

 

そんな姿を監督も見かねたのでしょう。

 

3年生最後の試合に当たる、

プリンスリーグの最終節のメンバーに

「お情けで」選ばれて、

「お情けで」試合に出してもらいました。

 

もちろん、監督は

「お情けだ」とは言わなかったですけどね。

 

でも、使われる側の自分は

すぐにわかりましたよ。

 

 

だから余計に、精神的にしんどかったです。

 

お情けで出されるぐらいなら、

最後まで補欠で結構でした。

 

なんなら、試合にすらいきたくなかった。

 

 

でも、断ることなんかできず、

渋々、親に送ってもらって、

試合に出ることになりました。

 

 

 

ですが、最後の方は適当に

練習をこなしていたし、

 

ずっとBチームだった自分にとって、

トップレベルのスピードに

ついていけるわけもなく。

 

 

最後の試合でもひどいプレーを連発して、

最後までチームのお荷物であり続けました。

 

 

その姿を、親、後輩、

チームメイトの親に見られて、

恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。。

 

 

試合後、涙がこぼれました。

 

その涙は、他のチームメイトみたいな、

3年間の部活が終わったことに対する涙ではなく、

 

この3年間、努力が報われなかった悔しさだったり、

バカにされた毎日だったり、

自分の不甲斐なさに対しての涙です。

 

 

こうして、僕の高校の

サッカー人生は幕を閉じました。

 

 

正直のところ、

 

「もう途中でやめたほうがよかった」

 

と、今でも思っています。

 

 

それだけ自分にとって、

惨めで、悔しさで、劣等感で溢れた

3年間でしたね。。

 

 

特別勉強ができない上に、スポーツもできない状態にとてつもない不安を感じた

 

 

3年間、部活動に

力と時間をかけてきたことで、

勉強も中途半端です。

 

 

だから、部活を終えた後は、

将来に対しての

漠然とした不安も襲うようになりました。

 

 

とにかく、部活を通して、

「デキる人間に対しての劣等感」

が大きくなっていったのです。

 

 

就職先は無事に決めることができたのですが、

 

「どうせ自分は仕事ができないんじゃないか?」

 

「サッカーと同様、会社でも使えない人間になってしまうんじゃないか?」

 

「周りが昇進していく中、自分だけずっと底辺のままでいるのが怖い」

 

そんな気持ちに苛まられることがあったのです。

 

 

 

勉強を特別やっていなかった上に、

そもそも工業高校だったことから、

 

エリートコースを歩めるルートもなかったので、

自分の人生はこれからもあんまり

光が当たらないんだろうなってことは見えていました。

 

 

実際、会社に入って

上司から部活時代のことを聞かれたりして、

 

試合に出られなかった事を正直に伝えると、

「スタンド要員」「太鼓叩き」

みたいな心無い言葉を言われたりもしました。

 

 

僕は笑って過ごしましたが、

その言葉がまた、

過去の傷口を深くえぐってきました。

 

 

 

学校や会社といった世界ではなぜか、

 

「スポーツができるかどうか?」

 

みたいなところが、

あたかもその人自信の価値

みたいに取られることがあります。

 

 

運動音痴や、部活で補欠要員の人間は

なぜかバカにされたり、

カーストを低く設定されたりする。

 

 

そして、そんな扱いを受け続けると、

遂には自分自身で自分のことを、

 

「俺はダメな人間だ」

「どこにいっても使えない」

「ずっと人生負け組なんだ」

 

と言うレッテルを貼ってしまうのです。

 

 

僕がそうでした。

 

学生時代から、会社員時代まで、

ずっとコンプレックスを引きずり続けていたのです。

 

 

年収1000万稼げるようになって分かったこと。お金を稼げば大抵の評価はひっくり返せる

 

 

ですが、冒頭でも少しお話した通り、

僕は会社員を3年経験した後、

 

ネットビジネスでお金を稼いで、

独立することができました。

 

 

その後、月収50万、70万、100万・・・

と稼いでいき、

 

独立して2年で、最高月収250万、

最高年収1000万を超えることができたのです。

 

 

その結果分かったことがあります。

 

 

社会に出てからは、

 

「収入さえあげれば、大抵の評価はひっくり返せる」

 

と言うことです。

 

 

年収1000万に到達してから、

周りの目が面白いように変わっていきました。

 

 

周囲の会社員の友人たちは、

昔のように僕をバカにすることはなく、

 

「お前はすごい」

「昔からセンスがあった」

「やると思っていた」

 

と言う言葉をかけてくるようになりました。

 

 

僕からしたら、

「どの口が言ってんだよw」

って感じですが、

 

まあ、それだけ人の評価とは

適当なものなんだなと思います。

 

 

あと、普通に高校のサッカー部の先輩から

「ビジネス教えてくれ」

と言われることもありました。

 

 

実際に、その人からお金をもらって、

教えることもしましたね。

 

(その先輩は、今では月20万以上稼げるようになってました)

 

 

もう、

 

僕が部活で補欠だったとか、

バカにされていた

 

なんてことを指摘する人間は全然いません。

 

 

 

だからですね、

今部活で補欠要員だったり、

スポーツがうまくいってない人に伝えたいのは、

 

「部活で補欠だったり、スポーツができないからと言って、人生そのものが終わるわけじゃない」

 

と言うことです。

 

 

特に、学生時代は、

部活とかスポーツの出来によって、

価値をつけられたりしますから、

非常にデリケートな問題だと思います。

 

 

僕は、過去にそれで

大変な目にあった経験があるので、

すごく気持ちがわかります。

 

 

ですけど、社会に出れば、

そんなことは価値を持たなくなる。

 

 

変な話、日本は資本主義ですから、

お金さえ稼げるようになれば、

大抵の評価はひっくり返せるのです。

 

 

 

なんなら、今の時代、

高校生でも起業している人はたくさんいます。

 

僕のメルマガ読者さんにも、

ネットビジネスで

月10万以上稼いでいる高校生の方を

ちらほら見かけますしね。

 

 

部活を辞めて、起業して、

お金を稼ぐことに熱中しても、

僕は全く問題ないと思うのです。

 

 

高校生であれば、

月に10万円とか稼いだら

多分神扱いされますよw

 

 

あー僕も高校生のうちに

ネットビジネス知ってたら、

さっさと部活辞めてたんだけどなー。苦笑

 

 

だからまあ、道は一つじゃないよ

と言うことだけは覚えておいてください。

 

 

それだけでも、いくらか心は

軽くなるんじゃないかな?と思うので。

 

 

スポーツと違って、起業の世界はセンスや才能が必要ない

 

 

あと、ネットビジネスをやってみて

いいなーって思ったのが、

 

起業の世界では、才能やセンスは必要ない

 

と言うことです。

 

 

スポーツの世界って、

僕は経験あるからわかるんですが、

センスというもので差がつくことはあると思ってます。

 

 

なぜなら、体格とか、スピードとか、

生まれつきの身体で決まってしまう部分が

どうしてもあるからです。

 

 

サッカーだって、

めっちゃ身長でかいやつとか、

スピードが速いやつとか、

スタミナがえげつないやつとか・・・

 

色々いるじゃないですか。

 

 

でも逆に、

 

生まれつき身体が弱かったり、

太れない体質だったり、

足が遅かったり、

身長が低い時点で、

 

他の選手よりも

ハンディーキャップがあるわけです。

 

 

 

でもビジネスの場合、

ある程度結果を出すためにやるべきことが

パターン化されています。

 

 

身長の大きさも、

足の速さも、

スタミナの有無も、

何も関係ありません。

 

 

もちろん、頭の回転が速いとか、

あったらいいなぐらいのものはありますが、

必須ってわけではないです。

 

 

あと、脳みそや頭の回転は、

後天的に鍛えられます。

 

 

僕も、起業してから、

脳みそはかなり鍛えることができました。

 

たまに、ビジネスのことを話してたら

「脳みそ交換してほしい」

とかって言われることもあります。笑

 

 

学生時代なんか絶対に言われなかったですけどね。苦笑

 

 

要は、それぐらい

誰にだってチャンスがあるってことです。

 

 

自分の努力次第で

いくらでも収入を伸ばすことができるので、

この世界はかなり楽しいですよ。

 

 

高校生でも稼げた、初心者におすすめのビジネス

 

 

じゃあ具体的に

何をやったらいいの?って話ですが、

 

僕は、初心者の人には

「古着転売」を勧めています。

 

 

古着転売とは、

その名の通り古着を転売して稼ぐビジネスで、

 

リサイクルショップやネットから

安く古着を仕入れてきて、

メルカリで高く売ることで利益を得ることができます。

 

 

やるべきことは、

 

「安く仕入れて、高く売る」

 

たったこれだけなので、

専門的なスキルとか頭の良さは

必要ないのです。

 

 

僕も、学歴高卒で、

ただの工場勤務だった状態から実践して、

半年で月30万以上の利益を得ることができました。

 

 

僕の周りにも、

中卒で月40万稼ぐ人だったり、

 

バイトでお荷物状態だった学生が

半年で35万稼いだりしています。

 

 

また、高校生でも

古着転売で稼いでいる人は

たくさん見かけています。

 

 

ぶっちゃけ、

強豪校のサッカー部に入って、

レギュラーを目指すよりも、

 

古着転売を実践して、

月10万円稼ぐ方がめっちゃ簡単です。

 

 

だからじゃないんですが、

もし、今の状況が辛いなら、

努力する方向性を変えるのもありだと思います。

 

 

僕は、才能にも体格にも恵まれず、

身体も人より弱い中でサッカーを始めて、

中々試合に出られない悔しさを味わったので、

その辛さってめちゃくちゃ理解しています。

 

 

しかも、学生の時って、

極端に選択肢が狭い世界で生かされるので、

一つのことで上手くいかなかった時の絶望感って

半端じゃありません。

 

 

だから、伝えたいのは、

「逃げてもいいんだぜ」

ってことです。

 

 

別に、部活で補欠だったとしても、

スポーツができなかったとしても、

人生が終わるわけじゃありません。

 

 

僕みたいに、

 

部活で補欠要員でも、

会社で仕事ができなくても、

身体が弱くて体格に恵まれてなくても、

 

起業の世界では、

年鑑1000万以上稼げた。

 

って事例もありますからね。

 

 

だからまあ、選択肢の一つとして、

持つだけ持っておいてください。

 

 

特に、学生時代から

お金を稼げるようになっておくと、

将来がグンと楽になりますからね。

 

 

と言うことで、長くなりましたが、

そろそろ話を終わろうと思います。

 

 

もし、古着転売に興味が出てきた人は、

僕のメールマガジンに登録してみてください。

 

いっせーのメルマガに登録する

 

 

無料で古着転売について、

かなりのことが学べますので。

 

 

メールに今回のブログの感想も送ってくださると

めちゃくちゃ嬉しいです。

 

 

ではでは!

 

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 

僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

【期間限定】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」プレゼントキャンペーン
24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
古着転売をやっていると、ただインスタやYouTubeを見ることが仕事につながる
不用品販売で得た軍資金をもとに古着転売を始めたら速攻で月10万円稼げた話
古着転売で月利30万を自動化した元コンサル生なおやさんと対談しました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください