悔しくてしょうがない経験から45万の自己投資をした話。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

今回は、僕が起業して3ヶ月で月収50万に到達して

調子に乗っていた時にもっとすごい人たちが現れて、

ちょー悔しい思いをしました。

 

それと同時に、もっとレベルアップするために

45万の自己投資をした話をします。

 

 

せっかくなのでストーリー形式でお話ししていきますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

僕は起業して3ヶ月で月収50万に到達する事が出来た。

サラリーマン時代の倍の収入だ。

22才でこの収入に到達出来たので

周囲からもちやほやされた。

 

僕にビジネスのイロハを教えてくれた師匠からは

「22才で月収50万ってやばくね??」とか言われたり、

会社員時代の同期と久しぶりに会うと

「え!そんな稼いでんの?ヤベーな。」

「やっぱいっせーって人と違う部分あったし、才能あったんだな!」

みたいなことを言われた僕は

有頂天になりまくった。

 

「うわーやっぱ22で月収50万とかヤベーよな?」

「周りにそんなに稼いでるやつ全然いねーし、やっぱ俺才能あるのかな?」

 

みたいなことを思ってしまっていたと思う。

実際には思わないようにはしていたし、

口には出していなかったけど

顔に現れていたと思う。

 

ひじょーーにイタイやつだった。

 

僕は2018年の7月に古着転売で月収30万に到達して、脱サラした。

その後、情報発信もすぐさまはじめ、

すぐに収入が50万に到達した。

 

当時は自分でもびっくりだった。

会社員時代の自分からすれば、

月収50万なんて、30年ぐらい会社に勤めて

始めてもらう事ができる額だと思っていたからだ。

 

それを22才で起業して3ヶ月で到達してしまった。

当時の自分のダメダメな価値観からすれば

「自分には才能がある」

と思ってしまうのも、まあ無理がなかった。

 

そして、月収50万に到達してからは成長が止まった。

端的に言うと、頑張らなくなったのだ。

 

「あーもう、これだけ稼げたら頑張らなくても生活していけるし、それなりに贅沢もできる。」

「さーて、お笑いみるなり、漫画読むなりしてのんびりすっかー」

 

そんな調子で余裕こきまくって、

僕はだらけまくった。

 

翌月になると、当然収入は落ちた。

50万に到達した理由も対して分かっていなかったからだ。

「たまたま」稼げただけで、

当時の僕はにはきちんとした思考が備わっていた訳ではなかった。

 

だから、安定するはずもなかったのだ。

その後の3ヶ月間ほどは30〜50万の月収をうろうろ。

成長するための努力ができていなかったから、

収入がアップするはずもなかった。

 

当然だ。

22の若造が、対して勉強もしてないくせに

たまたま50万の月収を稼いで

調子こいていたのだ。

成長が止まって当たり前である。

 

その上、自分よりもすごい人がどんどん現れていった。

具体例を出すと、

 

・パートをやりながら古着転売をして月収が50万以上に到達した主婦さん

・副業で古着転売をして月収80万を稼ぐサラリーマンの方

・古着転売を初めてたったの4ヶ月で月収30万に到達した教え子

 

などなど。

自分に追いつく、追い越していく人がどんどん現れてきた。

主婦さんに関しては自分よりも遅くビジネスを始めた方だ。

なのに僕よりも稼いでいる。

僕は正直、内心ではめちゃくちゃ悔しかった。

悔しくてたまらなかった。

 

けど僕は、

「別に、俺は転売だけで稼ぎたい訳じゃねーし」

などといったことを思って、

自分よりも成果を出している人たちを

否定的な目で見ていた。

 

この「別に」と言う言葉は非常にまずいこと。

絶対に思っても口に出してもいけない。

 

とゆーか、めちゃくちゃダサい。

当時の自分には、

「お前、言い訳してねーでもっと頑張れよ」

と言いたい。

 

そのぐらい当時の僕はダサかった。

今では認めることができているけど、

当時は、自分の実力のなさを認められずに

言い訳ばかりしていた。

 

言い訳していても、

当然収入が伸びる訳でもない。

結果を見れば同然だ。

自分は確実に負けている。

 

その後ものらりくらりとしていた僕は、

収入は伸び悩んでいたままだった。

そこでいい加減、弱い自分と向き合わなくては。

と思った。

 

自分は稼げていない。

実力もまだまだすぎる。

これからどうすればいいんだ?

そう考えたときにまず思ったのが、

成功者のマインドになれていなかったこと。

 

成功する人は奢ることなく、

自分の目標に対して一生懸命に努力をしている。

僕の師匠なんかがそうだ。

自分の力で道を切り開いて

自分の収入を伸ばすことに成功している。

その上でまだまだ努力している。

 

それにくらべてなんだ俺は。

努力してんのかよ?

全然やってねえだろ?

月収50万に到達したごときで何調子乗ってんだよ。

まじねーわ。ダサいわ。ダサすぎる。

あーもう自分が嫌になってくる。

 

思い返せば自分は全然努力してなかったな。

「自己投資が大事だ!」とか言って、

自分の貯金から言って痛くも痒くもない5万の額の教材に投資したけど

2、3周学習して終わり。

身についている気ではいるけど、

全く身についていない。

 

いくら勉強したところで、

知識は使えて始めて意味がある。

だから、使えるまでインプットしてないと全くもって意味がないのだ。

 

本も全然読まなかったな。

「俺教材買って勉強する派なんだよね〜」

とか言う理由で全く本を読まなかった。

 

今考えれば成長したいくせに

本読まないなんてまじであり得ねえわ。

どんだけやってないんだよお前って感じ。

 

僕は今、物凄く尊敬している方がいる。

その人は年収で3億以上稼ぐ実業家の方だ。

当然会ったことはない。

僕ごときのレベルで会えるわけがない。

足元にすら及ばない。

知識も思考も経験も何もかも

自分とは桁違いなお方だ。

 

でも僕はその方の背中を本気で今追いかけている。

「異次元だ」「自分とは人種の違う人だ」

そう思ってしまいそうにもなるが、

そう思ったらおしまいだ。

 

今どれだけレベルが違う人でも、

自分の努力次第で現状は変える事が出来る。

いや、変えていくしかないと思っている。

 

その実業家の方が言っていた言葉を聞いて、

僕の価値観は大きく変わった。

てゆうか。ズタズタにされた。

 

稼ぎたいって口では言ってるくせに、情報に投資しない。

本も読まない。って人、まじであり得ねーわ。

 

これだ。

まさに自分の事だと思った。

グサああああああああああっっっっっっ

と胸に深く突き刺さった。

 

うーわあああああ。

俺まじでくそしょっぱいわ。。。。。。

情けなさすぎる。。。

 

2万とか、5万の情報投資しかしてなくて、

しかも、「俺、本は読まないタイプなんだよね〜」

とか真顔で言ってた俺。。。。

 

まじで情けない。。

うおおおおおおおお

マジクソすぎるぜ俺。。

 

その方は、5分でもあればkindleを開いて本を読むと言っていた。

毎日、時間があれば、本を読んで、

学んだ知識を自分のビジネスのフレームに当てはめて

収入を伸ばすと言っていたのだ。

 

しかも僕と同じ22才の頃には呼吸レベルで

億単位のお金を稼いでいた。

僕が月収50万程度でウェイウェイしてた時に

億単位のお金を普通に稼いでいたのだ。

 

僕は全くもって理解できなかった。

どうやったら本で学んだだけで収入伸ばせるんだよ。。

22で億とか、バケモノかよ。。。。

俺にはわかんねえ。まだまだなんだ俺は。

つーか恥ずかしすぎるわ。

月収50万なんてこのお方からしたらミジンコ以下じゃねーかw

そう思った。

 

自分との圧倒的なレベルの違いを思い知った。

 

そんな最中、その実業家の方のメルマガで

企画の案内が送られてきた。

情報発信について学べる企画だった。

 

情報発信に関しては当時の僕もかなり伸び悩んでいた。

と言うか、原理原則の知識がなさすぎた。

稼げていたことが奇跡に近かった。

 

だからこそ、体型的な知識を身につけて、

情報発信でもっと結果を出したい!

と思っていた僕にとってはもってこいな企画だった。

 

とりあえず、送られた企画に登録して、

送られてきたレターを読んでいった。

 

「ふむふむ。いやー絶対欲しいわこれ。」

「と言うか買わなきゃダメだろ。成長できないわ。」

 

そう思い、最後まで読み進めていき、

その教材の価格が発表される欄まで読んでいった。

心して、価格を確認した。

 

「ドキドキドキ。。」

「んーまあ15万とかかな?いっても20万だろ?」

 

 

 

そんなことを思いながら恐る恐る価格が表示されている欄を確認した。

すると、そこに表示されていた値段は、

 

350000円

 

だった。

 

「え?????????????」

「さ、35万???35000の間違いじゃなくって???」

 

流石にびっくらこいた。

無形のものでこんな値段がするものがあるのかと。

「旅行何回いけんだよ。」

「なんならアメリカとかヨーロッパ行けるよw」

当然悩んだし、その日は買う事が出来なかった。

 

まあ当時はここまでびっくりしていたけど、

情報の価値ってのはえぐい。

知っているか知らないかで稼げるかどうかが決まってしまうのだから。

だって5万の情報買って月収10万稼げるようになれば、

年間で115万の利益。

こんな利回り良い投資ってないよって思う。

 

この教材を買った今では、むしろ安い金額だと思っているし、

50万でも買ってOKだわ。って感じ。

 

ただ、当時の僕は大きな金額を目の前に

2日、3日ほど時間をとって、悩みまくった。

でも自分の中ではこの投資は必要不可欠だ。

そんな風に感じていた。

 

「これ払わなかったら多分俺は負けっぱなしだ」

その気持ちが、成長欲求が、

自分を奮い立たせた。

 

「悩んでる時間がもったいないわ。」

「さっさと投資して、レベルアップするぜ、俺は!!!」

 

そんなノリでえいや!と35万のお金を投資した。

銀行の貯金残高が一気に減った。

そこでやばいやばいやばいと、

一気に不安が襲ってきた。

 

そこから僕は一気に成長ブーストがかかった。

朝起きると速攻でヘッドフォンを耳に装着し、音声を流す。

一つの動画を10回、20回と聞き返した。

 

今まで全然読んでいなかった本も買いまくって、

マーケティングやら、心理学やらの本をとにかく学びまくった。

やる気が出ない日はスタバなどに積極的に出向いて

強制的に自分を動かした。

 

勉強すると本当に色々なことがわかった。

まず、自分の無知さだ。

本当に自分は何も知らなかった、アホだったんだと感じた。

「俺、本は読まないタイプなんだよね〜」

とかほざいてた頃の自分、マジでぶん殴りたい。

 

イチローとかスティーブ・ジョブズが言うのはわかるよ?

22の若造でビジネスやってちょっと稼げたからといって

調子に乗ってるやつがそんなこと言うのは

マジでイタイ。イタすぎる。

 

もう二度とこんなことは口には出すまいと思った。

それはそうと、学ぶと本当にいろんな知識が身についた。

空っぽだった僕の脳みそに知識がどんどん溜まっていった。

楽しくてしょうがなかった。

 

人に会って、ビジネスのことを聞かれると、

ガンガン話せるようになっていた。

自分でもびっくりしたぐらいに。

「ああ、ちゃんと学べば知識って身につくんだな」

そんなことを思った。

 

僕は、最終学歴偏差値40の高卒で、

工場勤務の底辺だったからこそ

勉強に対するコンプレックスが激しかった。

「才能がない俺はいくら努力しても無駄だ」

そんな風にハナから諦めていたのだ。

 

今ではそんなことは絶対ありえないと言い切れる。

て言うか、学校の勉強ができたからと言って、

ビジネスで稼げるってことでもない。

 

ビジネスで稼ぎたいなら、

ちゃんとビジネスの原理原則から学べば、

誰だってある程度のレベルまで行くことはできるのだから。

こう言った価値観も、勉強することによって得られた。

 

いやーーーーマジで、勉強大事。

大事すぎてやばい。

 

そして、35万の教材で学びまくってコンテンツを作り上げた。

それを仕組みを作って販売した。

すると、それから2ヶ月で情報発信のみで

50万の利益をあげることができた。

たったの2ヶ月で教材代はペイだ。

 

「え、、、、?ご、50万????」

「学んだこと実践しただけだぜ?それだけでこんな簡単に50万が???」

 

ハイ、価値観崩壊です。

古着転売でコンサル受けた時以来の衝撃がやってきました。

 

うおおおお!やっぱ情報投資えぐい!

てか、情報の価値ってやばくね?

気づいた俺サイコーじゃね?

もっともっと本読んで情報に投資して

突っ走るしかねえべ!!!

 

そんな調子で本も買いまくって、

学びまくった。

 

それと同時にまだまだ学びたい分野が出てきた。

その分野に関する企画も送られてきた。

10万の教材だ。

 

「やっす。買お。」

そんなノリで教材を買った。

これまた欲しかった情報、

学びたかった知識がわんさかだ。

 

そして買った瞬間に音声を聴きまくって知識を血肉にした。

それを実践。学んで、実践。

シンプルだが、ビジネスで結果を出すにはこの繰り返しが大事だ。

 

本当に知っているか知らないか。

ビジネスはこれだけの差で稼げるか稼げないかがわかる。

僕は合計で45万の自己投資をした。

やる前とやった後では見える景色は見違えるように変わった。

 

僕にとってもはやお金は、

「自分を成長させるためのツール」となっている。

貯金は最低限だけ残して、

あとは自己投資に回す。

 

完全に味を閉めてしまったので

これからもお金が許す限り

情報に投資しまくろうと思った。

そして、本も読みまくる。

 

理由は成長したいし、お金をもっと稼げるようになりたいからだ。

こんなところでくすぶっているわけにはいかない。

もっと成長しなきゃ、自分しょっぱいし、

悔しいまま逃げてても虚しいだけ。

何より楽しくない。

 

たまに、

「俺は別にお金のためなんかのためにやってねーし」

大して稼いでもない奴が言っていることがある。

 

こういうの見るとダセーなあ〜って思う。

稼いでから言えよwみたいな。

 

ビジネスをやる動機なんて本当になんでもいいのだ。

僕なんて、

 

・会社を辞めたい

・毎日昼まで寝ていたい

・楽して稼ぎたい

 

こんな理由で起業した。苦笑

 

でもネットは楽して稼ぐことが可能なのだ。

これも知っているか知らないか。

もちろん、そうなるためには一定数の努力は必要だけど。

 

事実、僕の尊敬する金持ちはみんな働いていない。

というか、暇だ。笑

なぜなら、知識があるからだ。

楽するために勉強している。

 

僕はこの姿勢にめちゃくちゃ憧れた。

だってかっこいいじゃん。

余裕がすごすぎる。

俺もこんな人たちになりたい。

 

だから今は、楽して稼ぐためにも

情報に投資して、本を読んで、

学びまくっている。

楽するために、努力をしている。

 

最近は勉強がシンプルに楽しくも感じてきた。

あれだけ勉強が大嫌いだった僕にとってとてつもない変化だ。

これもリスクを侵して45万の自己投資をした結果得られた変化だと思う。

知識が身について、成長して行く感覚が

肌で感じることができてとても楽しい。

 

ある程度のレベルまで来れたとは思っているけど、

上を見れば、キリがない。

調子になんて乗れやしない。

この世界は本当にそんなことをちゃんと思わせてくれる。

手遅れになる前に気づけてよかったなあと思う。

 

いや、逆に早い段階で調子に乗って

痛い目に会えて良かった。

もう二度とこの失敗は犯さまいと肝に命じるべきだな。

 

そして、僕の尊敬してやまない人の足元にでも及べるように

これからも奢り高ぶらず、

着実に進歩していこうと思う。

 

そして、成長して行くためには

学びと実践。これの繰り返しだ。

学ぶためには情報が必要。

その上で本を読んだり教材に投資したりってのは

大事ってゆうか、必須。

絶対やんなきゃいけないことだと深く学んだ。

 

僕は昔から負けるのがすごく嫌いだ。

でも、負けを認められない自分はもっと嫌い。

だから、自分のレベルの低さをもっと受け入れて

もっともっと収益を伸ばして行く。

負けたままでは絶対に終わらない。

そして、人としても成長して行く。

 

 

終わり。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

いやー思うがままに書きなぐってみたのですが、

かなりの量になってしまいましたね。

 

今回は僕にとっての黒歴史を語らせていただきました。

 

僕はとても弱い人間です。

ちょっとでも自分が優位に立つと、

調子に乗ってしまう。

で、気がつくと周りに抜かれている。

 

そんな癖があります。

気をつけようとは思っていても

気が付いてない場合が多い。

だから、今回はこのように書き綴って、

調子に乗っていた頃の自分を反面教師にしようと思いました。

 

この記事は僕にとっても非常に価値のあるものです。

これからも何度も読み返していこうと思います。

読み返すたびに気づきがあるし、

多分、1年後も2年後に

この記事を読んでも気づきを得られるでしょう。

 

人間、進歩してないと本当に腐ってしまいます。

「ああ、俺はすごいんだ」

そんな風に勘違いした瞬間に、

一気に下り坂に言なってしまう。

 

僕の場合は下り切る前に色々と気づけて本当に良かったなと思っています。

22で社会のことも対してよくわかってない若造が

些細なきっかけでたまたま稼げてしまった。

それで調子に乗って、ダメになりかけた。

ダメにならなくて本当に良かった。苦笑

 

そして、自分の欲求には素直になるべきですね。

お金が欲しい。モテたい。いい車に乗りたい。

素晴らしいことじゃないですか。

僕だってお金がたくさん稼げるようになりたいし、

モテまくりたいですよ。

 

欲求のために生きて何が悪いんだという感じ。

ただ、そのためには努力が必要です。

稼ぎたいけど、勉強はしたくない。

そんな甘い世界は残念ながら、ないです。

 

 

僕はもっともっと自分が楽しながらでも稼げるようになりたいです。

そのためには勉強することが大事だということが

最近になって、ようやくわかりました。

 

まだまだ楽できるレベルではないけど、

正しい方向に進んでいけば

必ず到達できる部分だと思います。

それも、勉強することによって確信を得ることができました。

 

とにかくもっともっとレベルアップが必要です。

やるべきことがたくさんありすぎて

途方に暮れそうになるけど、

人生まだまだ長いんだから、

色々学んでいけるものにしたいなと思っています。

 

今回の記事で書いたことは、

正直、自分にとっては目を向けたくない部分でした。

自分の弱さと向き合う必要があったから。

でもこうやってさらけ出さないと、

僕は前に進んで行くことができなかったと思います。

 

皆さんも、過去の僕を反面教師にして、

自分の成長に役立てて頂けたらなと思います。

 

感想などがあれば、ぜひ。

 

それでは!

 

 

 

2万文字綴った大容量の古着転売の教材が無料で手に入ります

 


僕は22才の頃から月収100万を稼いでいます。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司にイジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、ネットビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

そのビジネスを学ぶ過程で

ネット上で商品を売る方法や

優秀な起業家の思考方法、

仕組みを作って自動収入を得る方法など

会社や学校では学べないようなことを知る事が出来ました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しています。

 

そして、同じような人が少しでも多く増えたら、

自分の思い通りの人生を歩める人が増えて、

一人一人の幸福度は上がっていき、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そういった理念から僕がどのようにビジネスに取り組み

如何にして、ゼロから経済的自立が果たせるほどの収入を得る事ができたのか、

その成功体験、方法を1つの教材にまとめました。

 

約25000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから無料で受け取ってください

 

→メルカリ古着転売の教科書を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収112万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください