【古着転売】撮影のストレスを極限まで下げてくれる最強ツールの紹介

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

今回は古着転売をやる上で

撮影のストレスを極限まで下げてくれるツールを

紹介したいと思います。

 

さっそくですが、これです。

 

 

これがあるだけで撮影ストレスが異常なまでに減ります。

なぜ異常なまでに減るかと言いますと、

時間帯、天候を気にせずいつでも撮影が出来るからです。

 

古着転売で稼いでいくためにも

良い写真を撮ることはかなり重要ですよね。

ただ、自然光で撮影するには

ある程度条件が揃ってないと

良い写真が取れない事が多いです。

 

例えば僕は、

普段は自然光で古着の撮影をしていたのですが、

天気が悪い日なんかは良い写真が取れない。

夜に撮影ができないから、

「昼のうちに終わらせなきゃ!」となる。

 

このように、

時間と天候にめちゃくちゃ縛られるんですね。

 

古着を1日仕入れて、

「よっしゃー明日は出品しまくるぞー!」と意気込んで

朝起きると天気が最悪。

「うわーまじかよ。。。。撮影できねえーじゃん。めちゃめちゃやる気だったのに。萎えたああああ」

って気分になります。笑

皆さんも経験あると思います。

 

他には、白色やイエロー、薄いネイビーのカラーのアイテムなんかは、

自然光で撮ると変色したりなんてことも。

 

撮影する上で中々ストレスってありますよね。

ただ、今回紹介したライトを導入したら、

ストレスが一気に解消されました。

 

明るかろうが、暗かろうが、

天気が良かろうが、悪かろうが、

昼間だろうが、夜中だろうが、

アイテムが何色であろうが、

関係なく良い写真が撮れるのです。

ノンストレスですね、はい。

 

時間にも天候にも縛られなくなるので、

本当に時間がない時でもサッと1着だけ

写真を撮ることも可能だし、

夜寝る前にも、夜中でも出品できるようになりますね。

 

めっちゃやる気あるのに

「暗くなってきたから」

「天気が悪いから」という理由で

撮影作業が強制的に断念されるのは勿体無いじゃないですか。

 

やる気があるときこそ大量に出品ができるチャンスなので

こういったツールを導入して

やる気を維持できたらそりゃあデカイです。

結果、売上もアップします。

 

これって副業で古着転売をされている

サラリーマンの方なんかに特におすすめだと思います。

 

僕も副業でやってた頃は中々大変でしたね。

特に三交代で寝る時間、起きている時間がバラバラだったので

夜勤の週なんかは昼間の寝る時間を削って

自然光で撮影していました。

おかげで睡眠時間2時間とかで仕事に行ってましたね。w

ちょーーきつかった。

この頃にこのライトがあれば、、

 

日勤で働いている方も

仕事がある日は昼間の撮影が厳しいと思いますので

こいつを導入すれば夜撮影&出品ができるようになりますよね。

 

ツールやITに任せる事が出来るものは

どんどん任せた方がいいです。本当に。

プロのカメラマンも使うほどの本格ライトなので、

鮮明度は申し分ないし、

買ってから最低でも2年は問題なく使えるでしょうから

これらのことを踏まえて7000円はかなり安い。

僕は普通に15000円くらいするのかと思ってました。w

いや、なんなら15000円でも買ってOKです。

そのくらいコスパ最強ですね。

 

 

・三脚スタンドの高さ調節可能

・210℃の首振り回転可能

・8000時間の使用寿命を持つ、1600Wの白熱電球に匹敵する、耐高温ネジ式電球

などなど、組み立ても簡単だし、機能面でも申し分ないです。

使ってみて最高すぎたんで今回は紹介させて頂きました。

 

実際に僕のコンサル生にはほぼ強制で買わせています。w

 

 

「時間がないから出品できない」

「昼間撮影出来る時間がない」

「自然光が入らないから良い写真が撮れない」

 

上記の悩みは解消されるので、

古着の撮影にお悩みの方がいたら

ぜひぜひ、投資してストレスを無くしましょう!

 

 

それではまた。

 

 

追伸

 

 

他にも古着転売でコスパの良いツールや資材、アプリなどを

こちらの記事でがっつりと紹介してます。

古着転売をやる上で最高にコスパの良い資材・ツール・アプリをレビューしてみた

 

必要な資材等、しっかりと揃えてから、

古着転売ビジネスに取り組んで見てくださいね。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

僕は22才で月収100万に到達することができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで、

短期間で経済的自由が達成できるほどの

収入が手に入り、

 

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
自分と他人を比べて落ち込みがちだった僕が、自分の軸を持ち、周りを気にせず生きられるようになったわけ
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
月20万の安定を求め続けた結果、失った健康と精神的安定。金銭的安定を求めすぎることで伴うリスクのデカさ
度重なるサービス残業や上司からのパワハラによるストレスで、蕁麻疹だらけの身体になっていた会社員時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
なぜ、全く同じ古着なのに1万越えで売れたり、3000円でしか売れなかったりするのか?その秘密を書いてみた

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください