虚弱体質がコンプレックスだった僕にとって、在宅で出来る古着転売はぴったりの仕事でした。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

僕はスーパー虚弱体質です。

めちゃくちゃ身体が弱い。

身体が弱いがために、今まで大きなものから小さなものまで

たくさんの病気を経験してきました。

 

・インフルエンザ

・胃腸炎

・蕁麻疹

・肺気胸

・頭痛

・喘息

・アトピー

・貧血

 

インフルエンザと胃腸炎に関しては

数え切れないぐらい体験しましたね。

他にも、気圧が低い日は頭が破裂しそうなほど

痛くなって、1日中横になってたり。

季節の変わり目は必ずと言っていいほど風邪を拗らせたり。

 

Mr.虚弱体質です。

 

とにかく軟弱すぎるこの身体が

僕にとってはずっとコンプレックスでした。

 

 

学生時代。授業中にお腹が痛くなる事が日常茶飯事で、トイレに行く事が恥ずかしくてずっと我慢していた。

 

 

僕は食べても食べても太れない体質なので、

常に身体がガリガリでした。

女の子からは羨まし〜と言われるんですが、

男でガリガリって中々悩みが深いです。

で、痩せてるとわかるんですが、

冬場は死ぬほど身体が寒いし、

すぐにお腹が壊れるんですね。

 

事実、しょっちゅう胃腸炎にもなったりして、

学校もよく休んでいました。

 

すげーヤだったのが、学生時代の授業中とかに

お腹が痛くなる事。

特に、授業が始まって10分とかで痛くなったらまさに地獄。

自己主張が苦手で引っ込み思案な僕は授業中に、

「お腹が痛いので、トイレに行かせてください」

の一言が絶対に言えませんでした。

ましてや多感な中学生の時期なんかは、

授業中にトイレに行って10分以上経っても教室に戻らなければ

「え、アイツう◯こ行ってるよw」

と揶揄されます。

それが嫌で嫌でたまらなかった僕は

お腹が痛くなったら常に格闘していました。

 

お腹が痛くなり始めたらもう授業どころではありません。

先生の話も全く耳に入らない。

冷や汗垂らしながら1点しか見つめてない。

完全に不審者です。

 

腹痛って体験した人ならわかると思うんですが、

めちゃくちゃ波があるんですよね。

痛くなって〜おさまって〜また痛くなって〜

みたいな。

 

途中で一回おさまるのがマジでタチが悪いです。

おさまって気を抜いた瞬間にまた痛くなるみたいな。

うそやーん。またクル思わへんやん。。。

って心境です。

 

で、格闘を繰り返していく内に

腹痛格闘歴の長いベテランとなった僕は、

腹痛との戦い方も身につけました。

「やべえ、これキタ」と感じたら、

身体のあらゆるところに神経を注いで、

「気を緩めるなよ、オレ」

と自分に言い聞かせ、極限状態まで集中力をあげていました。

気を緩めたら漏れるからです。

絶対に負けられない戦いがそこにはありました。

 

この集中力をビジネスに活かす事ができれば

簡単に成果を上げる事ができると思います。

そのくらいこの時の集中力は凄まじいものでした。

 

で、授業が終われば涼しい顔して

あたかも小便行くような雰囲気を醸し出して

トイレに行ってましたね。w

 

 

会社員時代。虚弱体質が周囲に理解されないのが辛くてたまらなかった。

 

 

学生時代はまだ自分自身に責任がなかったので、

気軽に学校を休む事も可能でしたが、

会社員となると、そうもいきません。

しんどくても頑張らなければいけない。

胃腸炎になっても仕事に行ったりもしましたね。

努力する事が美徳の悪くしき日本の文化に僕は苦しみました。

 

おまけに僕は肌も劇的に弱いです。

幼少期の頃はアトピーを患っていたぐらい。

洗い物をすれば一発で手荒れ、冬は赤切れ。

疲れやストレスが溜まったり、

睡眠不足になるとすぐにニキビや蕁麻疹が出来ます。

今も月イチで皮膚科に通ってるぐらいです。

 

会社員時代は3交替を経験したので、

週によって生活リズムがバラバラ。

夜寝ることもあれば、昼寝ることも、朝寝ることもあります。

それに勤めていた工場は常に粉塵が飛び舞う、最悪な環境。

肌が弱い僕にとっては耐え難い場所でした。

 

人生最大で肌が荒れたのが、社会人3年目の時。

上記の最悪な仕事環境に加え、

パワハラ上司に、サービス残業と、

心身ともに最悪な時期を過ごしていました。

 

その時期に過剰なストレスから蕁麻疹が悪化。

首から上は火傷をしたかのように真っ赤に晴れ上がり、

背中から足から腕から、全身が痒くてたまらない状態でした。

それでも先輩がみんな頑張って働いている中、

一番下っ端の自分が「休ませてください」なんて言えるわけがなく。

無理して仕事に通い続けました。

 

結局身体が耐えきれなくなり、

肺気胸という、肺に穴が空く病気になり、

2週間ほどの入院が決定。

 

復帰してからも蕁麻疹など身体の不調は中々治らず、

体調不良を理由に仕事を休んでしまう事が増えてきました。

休んだ翌日仕事に行くと、

 

お前そんなに休んでるのにまだ治んねーの??

 

いいねー仕事いっぱい休めて!羨ましい!

 

と、心無い言葉をたくさん言われました。

「うるせーよ、俺だって元気バリバリで働きてーよ」

と内心では思っていても言葉に出せるわけもなく。

でも病院で診てもらってもこれと言った病気は見つからない。

なのに身体の調子は悪いから、

周囲の人間には中々理解してもらえなかった。

それが辛くてたまりませんでした。

 

学生時代は冗談で済ます事ができても、

社会人になると、体調管理も仕事のうちとされ、

仕事をちょっとでも休めば、上記のように皮肉られます。

 

こんな身体でこの先仕事を続けていけるのか?

将来家族を持った時に男として、家族の大黒柱となれるのか?

虚弱体質であるがゆえに様々な悩みに

僕は取り憑かれていました。

 

 

在宅で無理なく仕事ができるネットビジネスが僕にとってぴったりの働き方だった

 

 

会社員時代のブラックな環境に耐えかねた僕は、

会社をやめるべく、副業から古着転売を開始。

半年後に給料以上の利益を稼ぐ事が出来、

脱サラ、独立します。

 

独立してからは家で仕事が完結してしまうので、

精神的にめちゃくちゃラクになりました。

お腹が痛くなれば、すぐにトイレにいけるし、

低気圧の日は頭痛で動けないから、

1日中寝ています。

毎日決まった時間にたっぷり睡眠を取る事も出来るから、

肌の調子もすこぶる良くなりました。

 

古着転売で独立して、

金銭的にも時間的にも自由になれたってことはもちろん、

嬉しかったのですが、

それ以上に体調に気を使いながら無理なく仕事ができる環境が

大きかったりもします。

 

僕みたいな虚弱体質の方は全員ネットビジネスやるべきだと思ってます。w

 

 

ストレスの原因は環境がでかい。環境のせいにしてさっさと逃げるのも一つの手。

 

 

大人数が所属する組織というものには必ず常識が生まれます。

普通の人は少々不摂生な生活を送っても、

多少重労働をしても、元気バリバリです。

そんな人たちばかりがいる環境に所属していても、

僕みたいな虚弱体質は理解されるわけがないし、

悪しき日本の美徳文化に侵された老害たちには

 

身体が弱いなんて甘えだ!

 

と一蹴されるのがオチなのです。

 

結果的にストレスを溜めてしまう事が1番身体に悪い。

で、そのストレスの原因は今いる環境だったりもします。

 

僕は無理に合わせるのをやめました。

周囲と違うのはもう仕方がないことなのだから、

環境のせいにしてさっさと逃げたのです。

 

そしたらめちゃくちゃラクになりました。

昔は身体が弱い事がコンプレックスで深い悩みでしたが、

今となれば、

仕方ねえじゃん、どうにもならないんだからさ〜

って感じで割り切っています。

 

しんどけりゃ休めばいいし、

腹が痛ければトイレに行きゃあいいんです。

それが普通じゃない世界の方が僕にとっては異常です。

甘えで何がわりんだよ。って感じ。

 

とにかく自分の体調管理がしっかり出来る環境に感謝です。

これからも身体が許す範囲で頑張って、

しんどい時には休んで。

身体が弱いなりにやっていきたいと思います。

 

それでは!

 

 

追伸

 

 

他にもネットビジネスをやって感じたメリットって

めちゃくちゃあるので、それがわかる記事を置いときますね。

 

稼げるだけじゃない、ネットビジネスの真の価値について書いてみる

 

仕事が大嫌いだった元工場勤務の僕が、ネットビジネスで独立して仕事が大好きになったわけ

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 

 

僕は22歳で月収100万に到達し、

お金と時間の両面で自由な状態を手に入れることができました。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われる会社員だったし、

舐められがちな性格から

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕も古着転売というビジネスに出会って

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たった半年で給料以上の利益を得て脱サラし、

人生を大逆転させることができました。

 

仕事が出来なかった、

コミュニケーションが下手だった、

勉強も出来ないから会社員になっても肉体労働しかできなかった。

 

そんな僕でも、古着転売を学ぶことで

経済的自由が獲得できるほどの収入が手に入り、

文字通り、人生を大逆転させる事ができたのです。

 

その経験から、

今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し継続して実践さえ出来れば、

誰だって短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が

一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような

古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて販売している書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

今までの僕の経験やノウハウを絞り出したので

約32000文字という

かなりの容量となってしまいましたが、

 

読者の方からは「スラスラ読めた」

と言った声も頂いておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、

活字が苦手な方でも簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

具体的に学べる内容はと言うと・・・

 

✔︎経済的自由を得るために必ず落とし込んでおかなければいけないビジネスの本質とは?

✔︎ビジネスの世界において成功するために必ず持っておくべき5つのマインドセットとは?

✔︎古着転売で成功するために必須な「仕入スキル」を伸ばすための具体的な方法とは?

✔︎僕が店舗仕入れのみで30万の副収入を得る事が出来た理由とは?

✔︎たった2ヶ月で月収40万に到達し自由を得た僕のコンサル生が実践した、たった一つのシンプルな思考法とは?

 

上記のような内容が学べます。

 

実際に本教材を学んで

「月収5万~10万を稼げるようになった!」

と言う報告もたくさん頂いておりますので、

ぜひこの機会に学んでみてください。

 

メールアドレスを入力すれば、

教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
公式LINE始めました。登録で無料プレゼント「古着転売仕入れスキルマスター講座」もあり
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
僕が定期的に自己分析する理由と、一見遠回りに見える事が一番の近道だという考え方
背伸びの重要性。「自分にはまだ早い」が口癖の人は成長スピードが鈍くなる
出品が続かないのはあなたの意志が弱いせいではない。環境が悪いだけである。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください