不安やストレスは即行動する事で解消できる

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

僕は仕事柄、こなさなきゃいけないタスクが割と多いです。

古着転売、ブログ、ユーチューブ、LINE@、メルマガなど。

他にもコンテンツを作ったり、

割とやる事が多いです。

 

で、これだけのタスクを目の前にすると、

まあやる気が起きんわけですよ。

だりーなー、漫画読んでからやるかー。

とか言いながら結局何一つやらなかったり。

って事がよくありました。

 

これじゃああかんなーと思い、

色々な方法を試したところ、

「即やる」これに勝るもんはねえなと感じました。

 

例えば、ブログ書かなきゃな〜

メルマガ書かなきゃな〜

出品しなきゃな〜

とあれこれ考えている時は脳みそは余計なリソースを割いて、

ストレスを感じてしまうのですよ。

 

でも大抵悩んでいる事って、

手をつけてみれば、すぐに終わったり。

で、やったあとは脳みそがスッキリします。

 

結局のところ、うだうだ悩んでいる暇があればやれよ

って話なんですね。

 

それでも中々行動にこぎつけない時って、

選択肢が絞れてない事が多いです。

何をやるべきかわかっていない。

だから中々行動できない。

だから疲れる。

こんな感じ。

 

出品もしなきゃ!

ブログも書かなきゃ!

メルマガも書かなきゃ!

 

色々欲張ってしまうがために、

迷ってしまうのです。

で、今日俺何もできてねえじゃん、、

まじでダメだわー

といった自己否定感に包まれ、

脳内にストレスが溜まってしまうのです。

実際に過去の僕はこんな感じでした。

 

で、そうならないためにもめちゃくちゃ大事なのが、

やらないことを決めること。

捨てですね、捨て。

(捨てることは成功への本質です。捨てに関して深く書いた記事がこちら→僕が副業で26万稼げた理由は、「捨て」にあった。

 

 

基本的に時間というものは何かに使うと、なくなります。

だから、やらなくても良い、優先度の低いものは

どんどん削るべきなのです。

 

例えば、ツイッターやLINE、フェイスブックなどのSNS。

これらは基本的に優先度が低いですよね。

こういったものからどんどん切っていきます。

 

そして、切っていくと時間が生まれます。

常に、マイナスポイントを見つけ、

ボトルネックを消していく。

この作業を繰り返して、コストカットをしていくべきなのです。

 

 

忙しいということを言い訳に中々行動しない人は

この作業ができていない傾向にありますね。

 

タスクが10個あるうちの対して重要ではない

優先度が7番目ぐらいのものをやってたりします。

全然優先度低いやんけー!って感じです。

 

で、結局やらなきゃいけない事が残り続けて、

脳内ストレスがたまり続ける。

結果、やらなきゃいけないという自己否定感に包まれてしまうのです。

 

まずは、やらなきゃいけないことの優先順位を決めることからです。

今眺めているSNSや、やっているスマホゲームって本当に重要?

その飲み会って行かなきゃ絶対にダメ?

答えがNOならどんどんカットです。

 

で、優先度が高いものがわかれば、

うだうだ悩まずに、即やるべしです。

 

 

どうしてもハードルが高く感じてしまうのなら、

1着だけでいいから出品するか〜

目次だけでもいいから本読むか〜

1分だけでもいいから音声流すか〜

と、行動を最小化して、ハードルを下げましょう。

 

そうすることで、異常なまでにハードルが下がり、

作業がどんどん進んでいくようになります。

 

 

人間と言う生き物は失敗したくないからこそ

ハードルを感じてしまいます。

 

本を読んだりして、

何も得られなかったらどうしよう?

と考えてしまいます。

でも、本を読んで何も得られないことってそうありません。

 

それに、ダラダラとSNSを眺めるよりも

よっぽど良い事だし、確実に前に進む事ができます。

 

 

ストレスの正体ってハードルだったりもします。

このハードルを無理矢理にでも、

即やる事で飛び越えていけば、

大抵のことは解決しますからね。

 

 

あと、大抵のことって、スタートダッシュで決まります。

0→1とはよく言いますが。

何なら0→0.1でも構わないのです。

まずは走り始めることが大事。

 

例えば、古着転売で言うなら、

最初から完璧な写真を撮ろうとしなくても良いのです。

 

かっこつける必要なんてこれっぽっちもなくって、

ダサくても良いから相手に届けるべきなのです。

 

 

それに写真だって、最初は下手くそに決まってます。

僕の最初の頃のメルカリにあげていた写真なんて

まーーひどいです。笑

 

でも、今となれば、いっせーさんの写真めちゃ綺麗ですよね!

とコンサル生たちには言われるようにはなりました。

これは確実に回数こなしたからです。

 

要は何事も慣れですから。

自分への期待やプライドはパッパと捨てて、

どんどんこなしていきましょう。

 

まとめとしては、

自分が今何をやるべきかを考えて、

一つ決まれば、即やろうぜ

って事ですね。

 

ぜひお試しあれ。

 

 

追伸

 

 

あと、短期間で1つの物事に集中してバカになって取り組むと

えぐいぐらい進むことができます。

 

僕も2ヶ月ぐらい集中してYouTubeを撮りまくったこともあるんですが、

正直メリットだらけでした。

そのことに関しての記事がこちら→2ヶ月でYouTube動画を100本作ってみた話。苦手を克服する上で大事なマインドセット。

 

 

結局、なんでもこなそうとすると何にもできなくなるから、

1つに絞ってやりまくった方が進むってことですね。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

大容量の古着転売教材プレゼントキャンペーン&いっせー公式メールマガジン
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ
将来返ってくるものに今どれだけ投資ができるかで、未来の自分の収入が決まる

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください