ツイッターをスマホ上から削除したら人生の質が向上した。デジタルデトックスのススメ。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

 

今日は、

「ツイッターをスマホ上から削除したら人生の質が向上した。デジタルデトックスのススメ。」

 

こんなテーマで記事を書いていきます。

 

 

突然ですが、人が1日にどれくらいの時間を

SNSに費やしているかご存知ですか?

 

3時間です。

もう1度書きます。3時間です。

 

3時間ですよ?3時間。

普通に考えてやばいと思います。

 

でも僕らは無意識のうちにこれだけの時間をSNSに

消費してしまっているのです。

 

かく言う僕自身も、

ちょっと気を抜いたらツイッターやインスタなどのSNSを

開いてしまって、無駄な時間を過ごしてしまいます。

すげー悪いクセです。

 

こりゃいかんと思いながらもついつい開いてしまうのです。

 

そこで、思い切ってツイッターを消してみたところ、

結果としてめちゃくちゃ人生の質が向上したので、

その事について今回は深くお話ししていきます。

 

 

ダラダラSNSを見ることによって得られるメリットって?

 

 

ツイッターに良い情報ってのは中々落ちていません。

 

もちろん、面白い情報も稀にあるのですが、

基本的には人々の主観による意見が飛び交っていて、

あまり質の良いものとは言えません。

 

3時間ツイッターを眺めて、得られるものってそれほどないです。

費用対効果が悪すぎます。

 

3時間ツイッターを眺めるよりも、

尊敬できる人のメルマガやブログを読んだり、

本を読んだりした方がよっぽど質の良い情報が手に入ります。

 

それに、常に人の悪口などや批判的な意見を述べている人も

たくさん見受けられるので、

精神衛生面を考えても、良いものとは言えませんね。

 

 

メリットよりもデメリットの方が格段に多いです。

そうとわかっていても、スマホ上にあるのがチラッと見えてしまうと

ついつい開いてしまい、何の生産性も無い時間を過ごしてしまいます。

 

手に届く範囲に置いてしまっていると、

ついつい開いてしまうんですよね。

 

こりゃあいかん。と、僕も感じたので、

先月ぐらいから思い切ってスマホ上からアプリを削除してみました。

 

すると、思った以上にSNSに時間をかけていたことに気づくんですよね。

 

 

暇だなあ。ツイッターでも見るか。スマホ開く。

あ、そおいやツイッター消したんだった。

インストールしてまで見たいとも思わないしなあ。

でも暇だなあ。

仕方ねえ、勉強するか。古着出品するか。

 

となる。

 

 

ツイッターを見るならアプリをインストールしなければならない。

あるいは、macで開いてログインしなければならない。

と言った、ハードルを僕は設けたのです。

 

こうする事で、実はそこまで手間をかけてまで見たいものではない、

って事に気づくんですよね。

 

 

そして、なんとなーく消費していた3時間を勉強などに充てる事で

どんどん生産性が上がっていきました。

実際に収入も増えたし、結果良いことばっかでしたね。

 

 

 

やるべきでない事にはとことんハードルを儲けるべし

 

 

やるべきでないことにハードルを儲けるってのはちょー大事で、

これはSNSのみならず、いろんなことにも応用できる考えです。

 

例えば、ついテレビばっか見てしまう人は

そもそもテレビを家に置かないとか。

 

テレビほど人の時間を奪うものはないですよ。

 

しかも対して勉強にならないし、

受動的な情報収集法なので、

 

どんどん何も考えなくなるといった

負のスパイラルに陥るきっかけとなる

悪魔ツールだと思っています。

 

 

他には漫画ばっか読んじゃう人は漫画を実家に置くとか。

読みたいならブックオフまで歩いて行くようにするとか。

 

そうすると、対して自分の中で漫画が優先度の高いものではない事に

気づくことができます。

 

 

このように工夫することで、

今までなんとなーく時間を消費してきたのが

もんの凄くわかります。

 

やるべきことのハードルはどんどん下げるべきですが、

それと同時にやるべきでない、優先度の低い事に対するハードルは

どんどん設けていくべきですね。

 

 

ツイッターを使う目的って?手段と目的を履き違えてはならない

 

 

そもそもツイッターを使う目的ってなんなんでしょうか?

 

僕にとっては8割型、価値を提供するためのツールです。

 

自分のツイートに共感してくれる人たちが集まってきて、

僕のブログやメルマガを読んでくれる。

 

そこで信頼を構築したお客さんにサービスを提供する。

要は見込み客のリストを取るための手段ってわけですね。

 

残りの2割ぐらいが情報収集するためのものかな。

少なくとも、ダラダラ眺めるためのツールではないことがわかりますよね。

 

ちょっと話がそれますが良いツイートしとけば、

良いブログ記事書いとけばオールオッケーでしょ?

って言うわけではなくって、

ツイッターもブログもイチ手段でしかないわけなんです。

そこを履き違えてる人が本当に多いな〜と感じますね。

 

ちなみにツイートもツールに任せて自動化できます。

僕はツイボットという無料ツールを使って、

ツイートを自動化しています。

 

twittboto

 

ツイートを登録しておくだけで、

botが自動的にツイートをしてくれるんですね。

なので、僕はツイッターを開かずとも、

価値提供をしていくことが可能なのです。

 

botアカウントは嫌われるんじゃないか?

と言う疑問を持っている人もいるかもしれませんが、

質の良いツイートをしておけば、そんなことは関係ないのです。

それに、質の良いツイートをbotに貯めれば溜めるほど、

ツイッターアカウントは資産となります。

 

今はツールが非常に優秀な時代なので、

自分がやらなくても良いことは、

どんどんツールに任せて、

レバレッジをかけていくべきだと僕は思います。

 

このように有効利用できる人はどんどん生産性を上げていきますが、

逆に、SNSに時間を搾取されている人は、

どんどん人生の質が落ちていきます。

 

時間って目に見えないから減っていく事に対して

あまり恐怖心を持たない人が多いのですが、

数値に出してみると中々ゾッとします。

 

1日3時間とは言っても、

1週間で言えば、21時間。

1ヶ月で言えば、90時間。

1年で言えば1080時間。

 

3時間?へー。

って思ってる人も、

1080時間と聞けば流石にやばいと思ったはずです。

年間1080時間もSNSに搾取されているんですからね。

うー、、恐ろしいぜ。

 

1080時間あればかなりの事ができると思いません?

古着転売に1080時間費やせばいやでも稼げるようになると思いますよw

さあ、SNSを閉じて、やるべきことをやりましょう。

 

 

3時間をドブに捨てるか、有意義な時間にするかで人生の質は大いに変わる

 

 

この1日3時間と言う数字をどう使っていくかで

間違いなく人生の質は変わっていきます。

ここで一つ質問ですが、

 

SNSをダラダラと眺めて消費してしまう3時間を過ごす人。

新しい知識を自分の中に取り入れて、資産を構築していく3時間を過ごす人。

 

どちらが2年後、大きくなっているかわかりますか?

からかっているわけではありません。

客観的な視点を持ってみれば、明らかだと思います。

 

僕は圧倒的に後者のほうが成長する人生が歩めると思うので、

この3時間をSNSに使わず、自分を成長させるための時間にしたいですね。

 

デジタルデトックスしましょう。

 

SNSは優秀ですが、それと同時に時間を搾取する、

悪魔ツールにもなりえます。

 

使い方を1歩間違えれば、大切な時間を奪われる事になりますので、

ついダラダラSNSを見てしまうな〜って人は、

ぜひとも今回の記事で書いたことを実践してみてください。

 

それでは!

 

 

追伸

 

 

こちらの記事→自動掃除ロボットを導入してみた。物的資産に投資して時間を味方につける考え方。

 

でも紹介している物的資産に投資して、

なおかつデジタルデトックスを積極的に行えば、

かなりの時間が生まれるようになります。

 

僕も両方を実践していますが、

かなーーーり時間を増やす事が出来ましたね。

 

少し気を抜いたら楽な方ばかりに逃げちゃう癖があるので

そこは遮断して、やるべきことに集中!ですね。

 

精進せねば。。

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

大容量の古着転売教材プレゼントキャンペーン&いっせー公式メールマガジン
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ
将来返ってくるものに今どれだけ投資ができるかで、未来の自分の収入が決まる

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください