メルマガ読者からの感想に返信。コミュ障でもネットビジネスは関係なし。

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、いっせーです。

 

先月から始めた僕のメールマガジンですが、

日々、様々な方から熱い感想が来て、

僕が書いた文章が誰かにとっての希望になっている事が

死ぬほど嬉しいです。w

改めて、始めて良かったな〜と感じております。

 

で、今日もメルマガ読者様から頂いた感想に

返信と言う形でブログ記事を書こうと思います。

 

 

綺麗事抜きでお金はちょー大事。

 

 

頂いた感想はこちら。

かなりの長文で面白かったです。

 

 
初めまして。
Nと申します。

知り合いから情報を得て、ブログを拝見させていただきました。
メルマガにも登録させていただき、非常に感銘を受けたので、

僭越ながら感想をお送りさせていただきます。

私は現在23歳和歌山在住で、3ヶ月ほど前から古着転売の専業で生計を立てています。

仕入先はいっせーさんと同じキングファミリー、セカンドストリートがメインで現在の平均月収は15〜30万円ほどです。

自分がとても興味を持ったのが、いっせーさんの経歴です。
ブラック会社に勤め、パワハラ、人間関係の問題など、自分が経験してきたものとソックリだったことが衝撃でした。

自分は元々は大阪の某有名大学に通っていましたが、人間関係がうまくいかず、不安神経障害という病気が発症し、中退。

その後、元々興味があった映像の専門学校へ入学し卒業。
インディーズのバンドのPVを個人で撮影したり、コンペで優勝したりと、充実した2年間でした。
その頃には病気の方も完治したといっていいほど落ち着き、就職先も決まって、前途洋々でした。

卒業後、大阪にあるミュージックビデオやCMなどを撮影する会社に契約社員として入社しました。

最初の一ヶ月にアルバイトとして働いていた期間はタイムカードが存在し、勤務時間は9:00〜19:00と、一般的な労働時間と大差ない条件でした。

給料は17万円と少し低めですが、好きなことを出来るならと全く気になりませんでした。

ところが、アルバイト期間が終わって契約社員になった途端に全てが変わりました。

まず、タイムカードが消えました。

上司よりも先に帰ってはいけない。何時に帰ってもいいけど、自分の仕事は片付けてから、強制的な飲み会など、新しいルールがどんどん追加されていきました。

そもそも人数の多い会社ではなかったので、定時に仕事が終わることなんかありませんでした。ほかの社員さん達も慣れた様子で、会社に寝泊まりは当たり前。

直属の上司は機嫌で対応がコロコロ変わるような人でした。

飲み会では飲みたくもないお酒を強制に飲まされ、「モノマネしろよ」「もっとアグレッシブに人間関係を築け」など無茶振りを要求してきました。
元々人間関係を築くのが苦手な自分にとっては地獄の環境でした。

その頃の睡眠時間は平均で2時間。

パワハラなどのストレスも相まって鬱状態になりました。
病気も再発し、出勤前、出勤中でも過呼吸などの発作に悩まされ、自分がなぜ生きているのかがわからなくなりました。

「このままでは死ぬ」と感じ、二ヶ月で退社。

その後、和歌山にあるウェブの会社にアルバイトとして入社しました。

アフィリエイトを扱う会社で、そこではワードプレスの扱い方や、基本的な文章構成の知識、外注ライターさんの管理などが主な業務でした。

定時には上がれるし、飲み会なども無い理想的な環境だったのですが、上司が帝王学を振りかざし、理不尽な要求をしてくるような暴虐無人な人物でした。

休みの日に鳴り止まない電話。
人格を否定するような暴言。
ここでは徐々に精神をすり減らされていきました。

そんな時に思いついたのが古着の転売でした。

その頃は自分の着なくなった服をメルカリで売りに出してお小遣いを稼ぐ程度でしたが、友人のススメもあり、お店に仕入れに行くようになりました。

もともと服が好きだった自分は「古着で稼げるなんて最高!」といった気持ちで毎日が楽しくなりました。

その後気持ちに余裕ができた自分は、上司と対決。

言いたいことを言ったら即クビになりました。

しかし、会社で盗んだアフィリエイトの知識で自分のサイトを立ち上げ、現在もわずかながらに収入を得ています。

後悔は全く無く、より古着転売に時間をかけるようになり、現在に至ります。

ここに辿り着くまで時間はかなりかかりましたが、自分の好きなことでお金を稼ぐことはとても有意義なことだと思います。

自分がいっせーさんのブログを拝見させていただきた際に最も感動・共感を覚えたのが「週休6日で〜」という点です。

銭ゲバな大人達は、より収益を増やそうと自分の時間を全て仕事に費やしていきます。

結果的に上記で紹介したような仕事人間が出来上がって、人の気持ちを汲み取れない、やりがいを感じない、皆が常に疲弊している劣悪な環境を生み出していると確信しています。

もちろん自分も安定しない現状の収入に満足はしていませんが、自分が出来る事、地に足のついた今の職業を心から誇りに思います。

古着転売は時間に対しての収益が大きいので、かなり余裕を持って生きることができますよね。

いっせーさんは現在22歳(?)なのに、独立して安定した収入を得ているのはなかなかすごいことだと思います。

感想というよりは、ご挨拶といった形になってしまいしたが、こんな感じでよろしかったでしょうか?

歳も近くて、経歴も似ているのできっと実際に会えたら友達になれていたんだろうなと勝手に思いました。

最後になりますが、今後も、メルマガ、ブログなど楽しみにしていますのでよろしくお願い申し上げます。

引き続き頑張ってください!

ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
まずはNさん、長文の感想、誠にありがとうございます。
 
Nさんは現在23才。
 
元々ブラック企業に務めており、
 
会社内の理不尽な暗黙のルールや
 
上司からのパワハラに堪え兼ね、
 
「不安神経障害」という病気を患い、
 
退職しました。
 
 
 
 
人間関係が上手くいかない中、
 
出会ったのが古着転売。
 
古着転売で稼ぐ事ができたおかげで、
 
パワハラ上司にヘコヘコする必要もなくなり、
 
辞表を突きつけて、退社。
 
 
 
現在は自由なライフスタイルを送っていると言う、
 
僕のこれまでの経歴とそっくりでびっくりしましたね。笑
 
 
 
 
Nさんからの感想を読んでいて真っ先に思ったのが、
 
やっぱり、お金は大事と言う事。
 
Nさんは人間関係が上手くいかなかったり、
 
パワハラ上司やブラックな労働環境に日々頭を悩ませていました。
 
時には鬱のような症状が現れたりと。
 
しかし、自分で稼ぐことのできる力を身につけたおかげで、
 
Nさんが抱えていた悩みは全て吹き飛んだのですね。
 
 
 
 
やっぱり、綺麗事抜きでお金は大事。
 
お金があればあらゆる選択肢が広がります。
 
ブラックな会社をやめることもできるし、
 
パワハラ上司にヘコヘコする必要もなくなる。
 
嫌いな人間と関わる必要もなくなるので、
 
本当に自由になる事ができます。
 
 
 
 
僕もNさんも、古着転売に出会ってなかったらと考えると、
 
ゾッとしますね。笑
 
 
 
 

人間関係が苦手人こそ、ネットビジネスをやるべし

 

 

僕は昔から人間関係が大の苦手でした。

 

小さな頃からみんなが右に行くようなところを

左に行くようなひねくれた性格だったので、

組織と言う大人数がいる中で協調性を持って生きることが

苦手で仕方なかったのです。

 

学生時代はクラスメイトと上手く関わる事ができずに

なかなか友達も増えませんでした。

社会人になっても相変わらずで、

自己主張の苦手だった僕は、案の定、

パワハラ上司のターゲットになりました。

 

普通に考えて終わるわけねえだろって量の

レポートを時間外で、しかもサビ残でやれと言われた事があったし、

寝る間も無く仕事をして、少しでもミスをすれば

みんなの前に立たされ、誹謗中傷を食らう。

今考えても普通じゃなかったですね。

 

それでも洗脳されきっていた当時の僕は

「実力のない自分が悪い」と自己否定に苦しみ、

精神を病みました。

ストレスが原因で病気になったり、

身体中から蕁麻疹が止まらなくなったり、

仕事に行く前になるとパワハラ上司の顔が浮かんで

怖くなって涙が止まらなくなったり。

あの頃はまじでツラかった。うん。

 

パワハラもブラックな環境ももちろんツラかったのですが、

1番はやっぱり、人と上手く関わっていけない自分に

対して腹が立ちましたね。

 

この世に生まれてからと言うものの、

人間関係は僕にとって大きな悩みとしてつきまとっていました。

小学校でも、中学校でも、高校でも、会社でも、

どこに行っても上手く人と接する事ができなかった。

人間関係と言う闇は僕の中では中々深かったです。

 

しかし、それを取っ払ってくれたのが、インターネットビジネス。

一人で仕事が完結するネットビジネスは、

コミュ障な僕にとって、この上ない天職でした。

 

僕は古着転売が初めて取り組んだビジネスでしたが、

仕入れ、出品、梱包、発送と、

一人で全ての作業が完結する上、

サラリーマンのように1日8時間働かなくても

月収20〜30万をサクッと稼げてしまうと言う、

最高のビジネスでした。

おまけに僕は大の古着好き。

 

「これだ、これしかない」そう思った僕は、

副業から古着転売をスタートさせ、

半年後には利益で26万の金額を稼げるようになり、

脱サラして、独立しました。

 

独立してからは、嫌な上司と関わる必要も、

毎日ブラック企業に通勤する必要もなくなったので、

精神的に非常に安定しましたね。

 

Nさんも「古着転売で稼げたことにより、心に余裕が出来、パワハラ上司と対決」

とおっしゃってましたが、ここもめちゃくちゃ共感w

僕も副業で稼いでいた時はパワハラ上司に何言われても

「こいつより稼いでるから何言われても刺さらね〜」

って感じだったし、理不尽な要求も全て無視。

残業もお断りでとにかく自由にやらせてもらいました。笑

 

そもそも嫌いな人間となんか関わらなくて良いのです。

ストレス抱えながら仕事することになんのメリットもないですからね。

 

ネットビジネスで稼げるようになれば

パワハラ上司の言うことはどうでもよくなるし、

人間関係が非常に楽になりますよ。

 

事実僕は、今は気の合わない人間とはいっさい関わってないし、

こうしてブログやユーチューブで発信することによって、

価値観の合う仲間とたくさん出会う事ができました。

最近では古着仲間と旅行がてら韓国に仕入れに行ったり、

集まってお酒を飲んだり情報交換をしたりと、

充実した楽しい日々を送る事ができています。

 

これは紛れもなく、

古着転売で稼げたことによって

得ることのできた世界ですね。

 

いやーインターネットには本当に頭が上がらないです。。

 

 

 

年齢、住んでいる場所、学歴など全て関係なしで結果の出せるビジネス「古着転売」

 
 
 
「いっせーさんは現在22歳(?)なのに、独立して安定した収入を得ているのはなかなかすごいことだと思います。」
 
 
これ、めちゃくちゃよく言われることなんですが、
 
僕はただ単に、ラッキーだっただけなんですよね。
 
(あ、ちなみに今は22才です。笑)
 
早いうちにこの業界に飛び込めたこと。
 
それと、大きかったのが、
 
僕が教わった人が真っ当な人だったこと。
 
 
 
 
と言うか、ビジネスで結果を出すのに大事なことって
 
正しい師匠を見つけることだったりもします。
 
 
 
 
僕は正しい人から正しい知識を教わる事ができた。
 
だからこそ、最短で結果を出して、
 
今だに独立して、稼ぎ続ける事ができているんだと思います。
 
 
 
 
それに、古着転売で稼ぐのには
 
特別な才能なんかは必要ありません。
 
正しい情報、正しいマインドを持ってさえいれば、
 
まあ稼げない人はいないでしょう。
 
 
 
 
僕自身、今まで表彰台に立った記憶もないし、
 
特別頭が良かったわけでもないです。
 
最終学歴は高卒ですからね。
 
 
 
 
それに、僕が住んでいる地区は岡山と言う地方。
 
地方は古着転売は稼ぎにくいと言われていますが
 
全くそんな事ないですからね。
 
事実、僕の教え子にも地方住みで稼いでいる人はたくさんいます。
 
 
 
 
それに21才と言う、社会の事も対してわかっていない時期に
 
僕は起業しました。
 
 
それでも上手くやってこれてるんです。
 
若すぎるとか、年だからとか、
 
頭が悪いからだとか、
 
地方住みだからだとか。
 
言い訳にならないんですよ。
 
要はやるかやらないか。
 
 
 
 
逆に言えば誰に対してもチャンスは転がっています。
 
僕みたいに学歴がなくても、頭が悪くても
 
結果を出すことのできる古着転売。
 
 
 
最高じゃないですか。
 
迷っている人は今すぐやりましょう。
 
挑戦しないのは非常にもったいないです。
 
 
 
 

最後に

 

 

こう言う感想ってめちゃくちゃ嬉しいですね。

いやあ、これからもネットを通じていろんな人と

出会って、関わっていけたらいいなと思ってます。

 

ちなみに、僕のメールマガジンでは

古着転売の教材「経済的自由への道しるべ」に、

メルマガ限定のオンラインセミナーと、

無料でかなりのことが学べる内容となってます。

 

登録まだの方はぜひです。

いっせーのメールマガジンに登録する

 

それではまだまだ熱い感想、たくさんお待ちしております!

 

 
 
 

Amazonランキング第4位の電子書籍を無料で読むことができます

 

 

僕は21歳の時にネットを使って起業し、

2年の実践で年収1000万を

達成することができました。

 

ですが、元々才能があったわけではありません。

 

学生時代はコミュ障でインキャだったし、

入っていたサッカー部では万年補欠。

 

最終学歴も偏差値40の高卒で、

同じ資格試験に6回連続で落ちた経験もありました。

 

就職した工場では

毎日3時間のサービス残業をこなして、

上司からはパワハラを受ける毎日でした。

 

僕は文字通り、学歴も才能も資金もゼロの、

ただの負け組会社員だったのです。

 

 

そんな僕でも、

ネットビジネスに出会うことによって、

たった2年の実践で年収1000万を達成し、

人生を大きく変える事が出来ました。

 

そんな経験から、

誰だって正しい知識をもとに、

正しい方向に努力が出来れば、

自分の思い通りに動かせる人生を

実現できると思っています。

 

 

今の日本では、

行きたくもない会社に出勤し、

やりたくもない仕事で疲弊している人が多いです。

 

僕は、人生一度きりなんだから、

嫌々行きたくもない会社に出勤するよりも、

自分の思い通りに生きた方がいいと思っています。

 

ですが、そうは言われても、

具体的にどう行動していけばいいのか?

という事がわからないはずです。

 

 

ですので、僕がゼロから起業して、

年収1000万を突破するまでの経緯を

具体的に記した電子書籍を書きました。

 

また先日、Amazonにて

その書籍を出版したのですが、

なんと起業家カテゴリーの部門で、

数多ある書籍の中から第4位に選ばれる事が出来ました。

 

その記念として、

普段1200円で販売しているところ、

期間限定で今なら無料公開をしています。

 

 

すでに読んで頂いた方から、

「内容が大変面白く、

あっという間に読む事が出来ました」

と言った感想も頂いています。

 

興味があればぜひ読んでみてください。

「経済的依存からの脱却」を無料で読んでみる

 

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

起業家の友人と平日の昼間から北海道旅行に行って来て感じた、「選択の自由度」を高める重要性
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
5泊で25万のホテルに泊まり込みで作業したら超捗った話。やる気はお金で外注できる。
有馬温泉に3泊4日の作業合宿に行ってきました。成功したいのなら我流は捨てるべきという話
城崎温泉に彼女と2人で旅行に行ってきました。自己中を極めることで、他人を満たすことができる人間になるという話
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
僕は「古着転売×コンテンツビジネス」で月収100万を突破した。ネットビジネスで”真の意味での自由”を手に入れるための黄金ルートについて
年収1億の起業家に誘われてシリコンバレー起業家主催のセミナーに参加したら、月収100万が底辺だった現実を突きつけられた衝撃
コンサル生の部屋に泊まり込みで作業会してきた&作業会中に28万の報酬が発生した話
古着転売で月利20万を稼いでいるメルマガ読者さんと、岡山で一番美味い焼き鳥屋で飲んできた。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
古着転売初心者が聴き流すだけで0→1を突破できる再生リストを作りました
コンサル生に会いに沖縄まで行って古着を80着仕入れた話。沖縄は以外にも古着転売のブルーオーシャン地区だった。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
尾道旅行に行ってきた。地方ビジネスから学ぶ、弱者の戦略
「失敗の科学」から学ぶ、失敗に対して持つべき3つのマインドセット

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください