死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

今回は死ぬほどつまらない工場のライン作業と言うテーマです。

前回前々回に続き、工場ネタです。笑

 

 

僕は18才で工業高校を卒業してから、

21才までの3年間、工場で働いていました。

 

高卒での就職のため、技術的な仕事ではなく

工場でのライン作業です。

 

ライン作業と言うのは簡単に言うと流れ作業。

ベルトコンベアで流れてくる製品を加工、梱包する作業を想像して頂けますと

わかりやすいかと思います。

 

まあいわば、誰でも出来る、頭のいらない簡単な作業です。

 

 

単調でつまらないし、足腰がやられる。

誰でも出来るから給料も低い。

スキルが身につかない。

 

ライン作業と言うものを3年間経験してわかったんですが、

あれは本当にデメリットしかないですね。。

 

 

単調でつまらないし時間が経たない。その上足腰がやられる。

 

 

ライン作業ってめちゃくちゃ単調でつまらないんですよ。

8時間の勤務時間中、ずーーーーっと同じ作業の繰り返し。

変わらない景色を見ながら仕事をして行きます。

 

偏にライン作業と言っても色々あって、

一般的なのは、ベルトコンベアで流れてくる製品を

加工、梱包していくと言ったものです。

 

僕が前に働いていた職場ではボタンを押せばほとんどの作業を

機械がやってくれると言う簡単な作業や

クレーンで重量物を運搬する、責任のかかるものまであります。

 

実際に僕がやっていたのは、

そのクレーンで重量物を運搬すると言う作業でした。

 

300〜500トンあるものを

でっかい天井クレーンで運搬するんですよ。

ちっちゃな部品とかとはわけが違うんです。笑

 

だから、慎重に扱わないといけない。

かと言ってのんびり動かしているとスピードが追いつかないから

テキパキ作業しなきゃいけない。

 

そんな感じの仕事をしてました。

 

 

ライン作業って慣れるまでは中々神経使うし、

大変なんですよね。

 

でも1度慣れて、体が覚えてしまえば

あとは流れに身を任せてって感じです。

 

だからこそ慣れてしまうとちょーつまんないんですよ。

8時間ずっと景色は変わんないし、作業内容も変わんない。

だから全然時間が経たない。

 

体感時間では3時間ぐらい経ってるのに、

時計を見たら、え!まだ1時間しかたってないの!って事もしばしばあります。w

 

 

夜勤の時なんかマジで地獄ですね、、

ただでさえ眠いのに、それに加えて刺激のない作業が続くから

何回も意識が飛びかけます。笑

 

その上ずーっと立ちっぱなしだったり座りっぱなしだったりするから

足腰がちょーやられます。

仕事を終えると身体がガッチガチに凝り固まってます。

 

これが毎日なんで、血流も悪くなるし、

血流が悪くなるから代謝も悪くなる。

 

代謝が悪くなると疲労が中々取れない身体になってしまうんですね。。

 

休みの日に運動をする元気も時間もないし。

これ、めっちゃ悪循環です。

身体が悪くなる一方。

 

こんな仕事は長年やるもんじゃないですね。。

 

 

不良を出すと、パワハラ上司が大騒ぎ。みんなの前で怒られて落ち込んだ。

 

 

そんな簡単で単調なライン作業でも1日8時間、

それを毎日、毎日繰り返していると

やはりどこかでポカをしてしまいます。

 

いつもしている慣れた作業であるのにです。

いや、慣れた作業だからこそ、気を抜いてしまうのです。

 

やらかしてしまった時は色々めんどくさくて

現場設備を壊してしまったりすると大変。

現場に謝りに行って、工場長に謝りに行って。

 

そんで自分のせいで先輩みんなを残してしまい、会議が始まります。

みんなの前に立たされて、あーだこーだ言われて、

みんなが帰った後も自分は残って対策のための資料作成。

もうメンタル崩壊でしたね。

 

夜中死ぬほど眠い中いつも仕事してるのに俺ら社員には感謝の言葉もなく。

 

安全にやる意識がないんだよ

あり得ねえミスすんなよ、使えねえなあ

 

と、ちょっとでもやらかせばパワハラ上司様の格好の的になり、罵倒されまくる。

そん時の部下のミスを楽しそうに罵倒する姿は今でも忘れません。

マジ、殴ってやりたかったです。

 

でも小心者の自分はそんなことできるはずもなく。

ただただ「すみません」と、頭を下げてばかりでした。

仕事が終わって辛すぎて、トイレで隠れて泣いてた事もありました。。

 

今思い出してもあの頃はなんとも理不尽な世界で生きてたなあ。

 

 

誰でもできる作業だからスキルが身につかない。いつかはAIに代替されてしまう。

 

 

これだけ辛い思いを耐えても、得られるものは何もなく。

結局誰でもできる仕事を毎日繰り返しているだけだから

なんのスキルも身につかない。

自分が辞めたところで代えはいくらでもいる。

 

それに、いつかはロボットやAIに代替されてしまうでしょうし。

そりゃ会社からしてもロボット雇ったほうが良いでしょうよ。

 

人間と違って、24時間365日働き続ける事が出来るし

人件費もかからない。文句も言わない。

その上ミスらないし、作業スピードも速い。

 

単純作業をやる上で人間が勝てる要素なんもないですよね。

 

こりゃあ困った。

ただ悲観したところで未来は変わることはないし、

それならもういっそのこと自分のやりたいことで

飛び抜けたほうが良いんじゃないかと僕は思います。

 

 

ただ、行動しようとするとドリームキラーは決まって

 

会社を辞めるなんてあり得ない!

好きなことで食っていけるほど世の中甘くない!

 

と僕らが自由になろうとするところを必死に阻止しようとしてくるんですが、

しょうがねえじゃん、好きなことやんないと食っていけなくなるんだから。

俺ら工場の作業員はロボットには歯が立たないんだから。

 

まあ彼らはよっぽどロボットよりも良い働きをする自信があるのか、

世の中の事よくわかってないのかどっちなんだろう?w

 

まあ、だからこそ僕は副業から古着転売を始めて、

会社に頼らなくても生きていける力をつけたのですが。

 

 

ライン作業中は体は動いているが、頭はフリー。出来る事はたくさんある。

 

 

今ライン作業で燻っている方々は

AIやロボットに代替されると聞いて悲観的になってしまうかと思われますが、

ライン作業中にでも出来ることはたくさんあります。

 

ライン作業をしている最中って手は動いていても

頭はフリーじゃないですか?

 

だから僕は手は動かしながらも

頭の中でリサーチした売れるブランドを忘れないように繰り返し唱えたり、

どんな説明文を書けばお客様に刺さるのか?

 

などを考えて、気づきがあればケータイにメモしたりしてました。

人目につかない場所での作業は音声を聞きながら作業したり。

 

そうする事で休みの日は仕入れや出品作業に集中する事ができたし、

成長スピードも格段に上げることが出来ました。

 

つまらない作業の中にも少し工夫をすればできることって

意外にたくさんあるんですよね。

 

 

副業からビジネスを始めるのがオススメ。僕は自信を持って古着転売をオススメします。

 

 

つまらない毎日を変えたいと思っているそこのあなたには、

ビジネスを始めてみることをオススメします。

 

自分の稼ぐ力が身について、自信がちょーつく。

お互いを高め合うことのできる素晴らしい仲間に出会うことも出来たり。

 

そんなことは言っても現状、余裕がない方がほとんどだと思います。

時間的にも、金銭的にも、精神的にも。

僕自身も夜勤があったり、毎日残業の連続で

中々時間を見つけられなかったり、

サラリーマン時代はしんどい思いもしました。

 

そんな中、すぐに結果に結びつかないアフィリエイトやブログ、

初期の資金にお金がかかって、

なおかつ利益率の悪いamazon転売は始めても

挫折してしまう可能性が極めて高い。

だからこそ、古着転売をオススメします!

 

古着転売は1000円あれば始めることができるし、

利益率も平均が60%。これ、他の物販ではあり得ない数字です。

 

例えばこんな感じで、

リサイクルショップで利益の出るアイテムを見つける。

 

 

そしてメルカリに出品。

 

 

 

 

こんな風に950円で仕入れた古着が5400円に変身しちゃいます。

送料、手数料引いても手元に3000円以上残ります。

そんでこれを毎日続けると約10万円の利益を1ヶ月で得ることが出来ます。

10万円ですよ、1日服を1着売るだけで10万円w

 

ビジネスって聞くと難しく感じるかもしれませんが、

1日服を1着売るって考えれば簡単じゃないですか?

 

サラリーマン時代に中々時間のなかった僕も

そ仕事に行く前に仕入れをしたり、休憩時間に出品したり、

隙間時間を見つけて作業することで、

少しずつ、稼いで行くことが出来ていました。

 

小資金で始められて、利益率が良くって、隙間時間でやれて。

まさに副業でやるにはぴったりのビジネスじゃないですか!

 

 

 

最後に

 

 

今年の初めからわからないなりにも始めた古着転売ですが、

気づけば今はサラリーマン時代の倍の月収になっています。

そんで自由に暮らすことが出来てます。

 

工場のライン作業をしてた頃は毎日が死ぬほどつまんなかったけど

古着転売を始めたことで見える景色がどんどん変わっていきました。

 

過去の僕と同じように、つまらないライン作業で

毎日消耗しているあなたには、ぜひビジネスを始めて

少しずつでも人生を良いものに変えていって欲しいなと思います。

AIやロボットに代替される前に。

 

 

それではまた。

 

 

 

3万文字綴った大容量の古着転売の電子教材が無料で手に入ります

 


僕は22才で月収100万に到達することができました。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

パワハラ上司にイジメを受けたり、

サービス残業に消耗し続ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、「古着転売」というビジネスに出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

古着転売を学ぶことで短期間で

経済的自由が達成できるほどの収入が手に入り、

余裕が生まれることによって、

その後は情報発信やコンテンツ販売などの

様々なビジネスにも挑戦して収益をあげることもできました。

 

その経験から、今どんなに恵まれない環境にいたとしても、

正しく勉強し、実践さえ継続出来れば、

短期間で経済的な自由を得る事ができると確信しているし、

 

同じように経済的に力を持つ個人が一人でも多く増えたら、

自由に人生を設計出来る人が増えて、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

 

そして、経済的に力を得るための第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売の教材を作成させて頂きました。

 

この教材は普段僕が、

Amazonにて有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

約32000文字執筆したのでかなりの容量となっておりますが、

読者の方からはわかりやすいと言った声もいただいておりますし、

難しい言葉も一切使っていませんので、簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

大容量の古着転売教材「経済的自由への道しるべ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、教材はすぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

大容量の古着転売教材プレゼントキャンペーン&いっせー公式メールマガジン
月収200万になったので、ビジネスの軌跡と情報発信の理念について語ってみる
「コンサルに30万も払うなんて頭おかしいだろ?」と思っていた頃の話
最終学歴偏差値40の高卒で勉強が大嫌いだった僕が、250万円以上のお金を学びに費やすようになったわけ。
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
平日の温泉旅行中に、7万円の収益が生まれた話。2日間自由な時間を過ごして思うこと。
努力しても万年補欠だった高校のサッカー部時代の話。間違った努力は悲惨だと言うことを思い知った。
無理して働き続けた結果、病気で倒れ入院。真の意味での安定について。
ストレスから来る蕁麻疹で身体がおかしくなっていたサラリーマン時代の話。
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してたサラリーマン時代の話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきた。イメージはあくまでイメージでしかないんだなと思った話。
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼げるようになるまでの物語
華金に読書せずに飲み会行ってる人ってめちゃくちゃ損してるんだけど・・・
義務感を感じて作業や勉強を中々楽しめなかった僕が、心の底からビジネスを楽しめるようになったわけ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください