【期間限定無料配布】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」はこちらから

死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話

いっせー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、いっせーです。

 

 

僕は現在、

ネットビジネスを専業にしていて、

毎月50万の利益を安定して稼ぎながら、

悠々自適に暮らしています。

 

 

先日も、経営者の先輩に

「タイに旅行に行かない?」

と言われたので、ノリで行ってきたり。

 

起業家の友人と熱海で集まって、

ビジネスの勉強会をしたり・・・

 

そこそこ、充実した人生を送ることができています。

 

 

 

ですが、僕自身ほんの1年ほど前までは、

今のような充実した状況ではなく、

 

工場のライン作業という、

つまらない仕事で毎日消耗していた

ただの会社員でした。

 

 

工場でライン作業をしていた日々は

本当に刺激のない毎日で、

 

単調な上に、スキルも身に付かず、

ほんっっっっとうにつまらない。

 

こんなつまらない日々が

40年以上続くのか・・・

そう、将来に絶望した状態で毎日を過ごしていました。

 

 

 

今回はそんな、僕が過ごしていた

工場でのつまらない日々を語っていこうと思います。

 

 

今、毎月50万とかって収入を稼ぎながら、

自由を満喫しているいっせーも、

こんな人生があったんだなー

 

という希望にして頂けると幸いです。

 

 

毎日が同じことの繰り返し。刺激のないライン作業をしていた工場勤務時代

 

 

まず、工場のライン作業って何?

って思っている人もいるかもなので、

簡単に説明しておくと、

 

「決められた工程通りに、流れ作業を行うこと」

です。

 

 

ベルトコンベアで運ばれてきた部品や製品を、

組み立てたり加工したり

って作業が一般的ですね。

 

 

僕の場合は、

クレーンを運転して、

ひたすら重量物を運搬すると言う、

 

ライン作業ってよりは、

流れ作業をひたすらこなすって感じでした。

 

 

で、これがまーーーつまらないんですよね。苦笑

 

 

なんでつまらないかと言うと、

毎日が同じことの連続だからです。

 

 

毎日、同じ作業着を着て、

毎日、同じクレーンに乗り込んで、

毎日、同じ景色の中、

毎日、同じ重量物を運搬して、

毎日、同じ時間ひたすら作業を繰り返す

 

・・・と言う、決まり切った作業を、

毎日のようにこなしていくのです。

 

 

だから、刺激もないし、

楽しさを感じることもありません。

 

それどころか、気が狂いそうになります。

 

 

もちろん、新人のうちは、

やる仕事全てに新鮮味があるので、

まだ刺激があって良かったです。

 

僕も、初めてクレーンを動かした時は、

そこそこ楽しさはありました。

 

 

でもまあ、そんなものは、

半年も経験すれば、

すぐに慣れて新鮮味がなくなってしまいます。

 

 

だから、入社して半年も経つと、

新しい仕事を覚えることもなく、

 

ただひたすら、

同じクレーンを動かして、

同じ操作をする毎日なのです。

 

 

しかも、操作室の中は

基本的に自分1人だけなので、

話し相手もいません。

 

8時間、ひたすら1人で、

精神を無にして作業を繰り返すだけです。

 

 

で、ひたすら暇な上に、

同じ作業を繰り返すだけなので、

時間が全然すぎていかず。

 

 

「もう1時間は経ったかな?」

と思って時計を見てみても、

 

「まだ20分しか経っていない。。」

なんてことも多々ありました。

 

 

1日8時間の運転業務だったのですが、

 

「本当は16時間はあるんじゃね?」

「時計ぶっ壊れてね?」

 

と何度も思いましたよね。

 

 

刺激のない退屈な時間というのは怖いものです。

 

 

 

しかも、それだけの時間を費やしても、

ひたすら同じ作業の繰り返しなので、

特別なスキルも磨かれません。

 

 

クレーンの操作とか、

部品の組み立てがうまくなったところで、

それって工場内でしか通用しないんですよね。。

 

 

だから、ただひたすら

人生における時間という資産を

溶かし続ける毎日なのです。

 

 

刺激もなければ、

成長もやりがいもない。

 

 

休みの日も大してやることはない上に、

三交代勤務で体の疲労が半端ないので、

動く気にもなりません。

 

ひたすら寝るか、

YouTubeを見るかで休日は終わり、

 

またすぐに、

地獄のライン作業漬けの日々が始まるのです。

 

 

 

「あー今日も仕事だりいなー」

と思いながらクレーンに乗り込んで、

 

「まだ30分しか経ってないのかよ、、」

「早くおわんねえかなー」

と思いながら仕事をこなして、

 

仕事が終わったら、

家に帰って、冷えたビールを飲みながら、

見たいのか見たくないのかわからない

YouTubeをひたすら消化して・・・

 

また明日のつまらない仕事のために、

ひたすら眠る。

 

 

そんな、家と工場の往復だけの

つまらない人生を送っていると、

 

だんだんと、

「自分、このままでいいのかな?」

という漠然とした不安がやってくるようになるんですよね。

 

 

 

かといって、

今の収入や安定を捨ててまで、

特別やりたいこともなく。

 

 

「仕事がつまらない」

「一生続けていくことに迷いを感じる」

ということを親や友人に相談しても、

 

 

「お給料が出るだけ幸せ」

「生活のためなんだから文句言うな」

「社会ってそんなもんだよ」

「働きたくても働けない人がいるんだから頑張らないと」

 

・・・と言う意見しか返ってこず。。

 

 

確かにそうだよなーと思いながら、

自分の欲求に蓋をして

毎日を過ごしていました。

 

 

「こんなつまらない日々が40年も続くのか・・・」と言う絶望

 

 

確かに、収入は毎月安定して入ってくる。

このまま会社に居続ければ、

食いっぱぐれることはまずない。

 

会社員として勤めていれば、

周りから咎められることもありません。

 

 

だけど、いちばん虚しく感じたのが、

 

このつまらないライン作業を

残り40年以上も続けて、

自分の人生は終わっていくのかな・・・

 

と言うことでした。

 

 

人生は1度きりしかないのに、

給料とか安定を優先させてもいいのかな?

 

自分は人生の大半を工場での仕事に費やして

後悔せずに死ぬことはできるのかな。。?

 

・・・そんな思いが芽生え始めたんですね。

 

 

 

ですが、それと同時に、

 

学歴も、スキルも、大したお金も

何もない自分にできることなんてあるのか?

 

と言う不安も芽生えていました。

 

 

自分は工業高校を卒業してから、

すぐに工場に就職をしたので、

最終学歴は高卒です。

 

しかも、会社に入ってからは、

毎日ひたすらクレーンを動かすだけで、

特別なスキルも持っていません。

 

勉強もスポーツも

特別できていたわけでもありません。

 

当時、貯金も30万しかなく、

資金すら全然手元にありませんでした。

 

 

だから、状況的には

絶望的だと考えていたんですけど、

 

諦めの悪い当時の僕は、

それでも人生を変える手段があるはずだ!

と信じ込んで、手段を模索し始めたのです。

 

 

 

会社員3年目の冬でした。

ひたすら、ネットサーフィンをしまくって、

 

「スキルなし 稼ぐ 方法」

とか、

 

「低学歴 ビジネス 成功例」

とか、

 

「ネットビジネス 簡単 種類」

みたいな方法で、

ひたすら探しまくっていたんですね。

 

 

その結果・・・

 

 

小資金で始められて、

特別なスキルがなくてもこなせる方法に

出会うことができたのです。

 

 

最初は副業で

ある程度稼げたらいいかなー

と言う気持ちで始めたものの、

 

いきなり8万円が入金され、

「え、ガチで稼げた、、やばくね??」

と、かなりテンションが上がりました。笑

 

 

僕は勢いで、

半年後に会社を退職する旨を伝えて、

 

ビジネスの勉強や行動に

ひたすら時間をかけていきました。

 

 

調子に乗って、

稼げてもいないのに辞表を出したことで

少々追い込まれた状況にはなりましたが、

 

それでも、自分で考えて、動いて、

収益が生まれたりするのは

 

薄暗い工場でクレーンしか動かしていない

当時の僕にとってかなり充実した時間に、、。

 

つまらなかった毎日に、

光が刺した気分になったのです。

 

 

人生がいい方向に好転していく予感がして、

今までにないワクワク感を味わいまくってました。

 

 

そこから毎日、

残業も断り、

職場の飲み会も参加せず、

 

ビジネスの勉強と実践に

時間を割いて行きました。

 

 

クレーンの操作室の中で、

待機時間中にスマホで作業してたこともありました。

 

 

 

・・・その結果、

収益は月10万、25と伸びていき、

 

半年後には30万を稼いで、

会社員以上の収益を

自ら生み出すことができたのです。

 

 

そして、僕は脱サラを達成し、

 

つまらない毎日の作業、

死ぬほどきつい三交代業務、

ブラックな労働環境から

 

抜け出すことに成功したのです。

 

 

起業に成功しお金を稼げるようになった結果、手に入った状態

 

 

その結果、

自由で毎日充実した人生が手に入りました。

 

 

もちろんのこと、

三交代なんてものはなく、

 

毎朝アラームもかけずに、

好きな時間に起きることができます。

 

 

仕事場は近くにあるスタバで、

平日の昼間からカッコつけて

MacBookを叩いて仕事をする毎日です。

 

 

起業の世界に入って知り合った仲間と

ノリであちこちに旅行に行ったり、

 

次の日を気にすることなく、

朝まで飲みながら語り明かしたり・・・

 

 

人生が180度、いい方向に好転して行きました。

 

 

 

さらには、仕事も充実するようになりました。

 

 

会社員の時は年功序列だったため、

いくら頑張っても

給料には反映されなかったのですが、

 

起業の場合、完全成果報酬なので、

頑張ったら頑張った分、収入に直結します。

 

なので、月50万とか、

会社員の頃ではあり得なかった

収入を得ることもできるようになりました。

 

 

あとは単純に、

新しい知識を学んだり、

 

自分の頭で、

「こうしたら上手くいくんじゃないか?」

と仮説を立てて進んでいくこと自体が

楽しくもありました。

 

 

ただ、上から振られた仕事を

淡々とこなしていくだけの日々とは

全く別の楽しさがあったのです。

 

 

 

起業の世界で食っていくのは、

めちゃくちゃ大変なことだ

と、勝手なイメージを浮かべてたけど、

 

実際にやってみると

全くそんなことはなくって。

 

 

やりたい訳でもなく、

クソみたいにつまらないライン作業を

毎日8時間もやれていた経験があった僕からしたら、

 

そこまで大変だと感じることは

ありませんでした。

 

 

ちゃんと勉強した上で

1日3時間ぐらい作業したら、

月20万以上は全然稼げるし、

 

浮いた時間でのんびりしたり、

趣味に時間を使うこともできる。

 

 

 

そんな人生が手に入ったので、

本当に、挑戦してよかったなって思ってます。

 

 

具体的に僕が実践したビジネス

 

 

じゃあ具体的に、

どんなビジネスを実践したのか?と言うと、

 

僕が実践したビジネスは、

「古着転売」

と言うビジネスです。

 

 

古着転売は、

古着を転売して稼ぐビジネスのことで、

 

・小資金で始められる

・結果になるまでが早い

・シンプルで取り組みやすい

 

と言う、初心者にぴったりな特徴があったんですね。

 

 

まず、古着と言う商材は

リサイクルショップにいけば、

 

1着500円〜2000円の範囲内で

バンバン仕入れることができます。

 

 

その上、利益率も高く、

500円で仕入れたアイテムが

3000円で売れたり、

 

2000円で仕入れたアイテムが、

8000円で売れたり・・・

 

ってことが日常です。

 

 

実際先日も、

950円で仕入れた商品が・・・

 

 

 

こんな感じで、

5400円で売れました。

 

 

 

送料と手数料を引いて、

3000円以上の利益が手元に残ります。

 

 

こうやって、仕入れて、売る。

をひたすら繰り返していけば、

どんどん雪だるましきに

稼げる収益が増えていくのです。

 

 

 

さらには、稼ぐためにやるべきことも、

「安く仕入れて、高く売る」

だけで、特別なスキルも必要ありません。

 

 

ネットビジネスには、

 

アフィリエイトとか、

投資とか、

プログラミングとか・・・

 

いろんな種類があるんですけど、

 

 

古着転売ほどシンプルな上に

稼ぎやすいビジネスって

全然見当たらなかったんですね。

 

 

実際、僕が半年で脱サラできたのも、

僕自身が優秀だったわけではなくてですね、

 

古着転売のビジネスモデルが

かなり優れていたからと言う理由が大きいです。

 

 

なのでぜひ、

古着転売に興味がある人は

ぜひ取り組んでみてください。

 

 

「安定を選ぶ=つまらない人生を選ぶ」と言うこと。

 

 

あと、僕の工場勤務時代の経験を通して

最後に伝えたいことが、

 

「安定を選ぶ=つまらない人生を選ぶ」

 

と言うことになります。

 

 

僕自身、会社員になって

最初の3年間は何よりも「安定」を

最優先にしていました。

 

 

その結果、

 

・仕事のやりがい

・成長

・やりたいこと

・高い収入

・刺激的な日々

 

・・・を捨てることに繋がる

と言うことが分かったのです。

 

 

もちろん、安定した道を選ぶことで、

毎月のお給料だったり、世間体といった部分は

ある程度保証されます。

 

 

でも、考えて欲しいのが、

”人生は一度きりしか生きることができない”

と言うことです。

 

 

それなのに、

つまらない作業を繰り返すことに

40年以上の歳月を使っていいのか、

 

僕は結構疑問に思ってしまいます。

 

 

確かに、起業すると、

自分の力でお金を稼ぐことになるので、

 

会社員のように、

毎月、安定して給料が入ってくるわけではありません。

 

 

最初のうちは特に、

安定感には欠けるでしょう。

 

 

ですけど、ある程度知識を身につければ、

収入を生み出す方法が

いくらでも思いつくようになるので、

全く問題ありません。

 

 

僕も、今仮に

使っているメルカリが吹っ飛んでも、

 

これまで蓄えてきた知識をフル稼働させれば

すぐに月30万ぐらいは稼げる自信があります。

 

 

だから、あんまり不安はありませんし、

それ以上に、毎日が楽しすぎるので、

日々が充実しています。

 

 

僕は、もう一回人生をやり直すとしても、

絶対に起業する道を選びますね。

 

それぐらい、今が充実しています。

 

 

 

あ、あと起業は勧めましたが、

別にいきなり会社を辞める必要はないです。

 

 

それこそ、空き時間を使って、

副業から古着転売に取り組むだけでも、

日々が充実するようになります。

 

 

それこそ僕も、ライン作業しながら

頭の中で古着転売の戦略を考えたり、

学んだ知識を想起学習したりしてましたね。

 

 

それだけでも、

つまらなかった日常が

少し充実するようになりました。

 

 

あと、月に3万でも5万でも

稼げるようになれば、

 

達成感も得られるし、

経済面で楽できますからね。

 

 

だからぜひ、副業からで大丈夫なので、

古着転売に実践してみてください。

 

 

僕のメルマガに登録してもらえたら、

僕が会社員時代に30万稼いだ

古着転売の戦略を話したセミナーを渡しています。

 

これ見るだけでも、

ある程度何をやればいいか?

ってことが把握できるかと。

 

 

メルマガも全部無料なので、

ぜひ読んでみてくださいね。

 

いっせーのメルマガに登録する

 

 

長くなりましたが、

以上でお話を終わります。

 

 

では!

 

 

Amazon出版の「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐ教科書」を無料で受け取れます

 

僕は現在、たった一人の個人で

年商1000万を稼ぐことが出来ています。

 

才能があったわけでも、

環境に恵まれていたわけでもありません。

 

元々は工場でこき使われるサラリーマンだったし、

仕事の要領は悪く、パワハラ上司に

イジメを受ける毎日を送っていました。

 

そんな僕でも、古着転売に出会って、

少しの間だけ気合いを入れて実践した所、

たったの半年で人生を大逆転させることができました。

 

スマホ1台で月30万の副収入を稼ぎ、

嫌で嫌で仕方がなかった会社を辞めて

脱サラすることができたのです。

 

その経験から、今どんな状況にいたとしても、

古着転売を正しく勉強し、実践すれば、

短期間で経済的自由を得る事ができると確信しているし、

 

稼げる力を持った個人が一人でも多く増えたら、

経済的な問題を抱える人やブラック企業に苦しむ人が減り、

世界はもっと良くなると確信しています。

 

そして、経済的な力を得るための

第1歩を踏み出す上で、

手助けができるような古着転売教材を作成させて頂きました。

 

これはAmazon Kindleにて

有料で販売している電子書籍になりますが、

期間限定で今なら無料で読んで頂くことが可能です。

 

165ページ字執筆したので

かなりの容量となっておりますが、

 

読者の方からは「わかりやすい」

と言った声もいただいておりますし、

 

難しい言葉も一切使っていませんので、

簡単に理解していただけるかと思います。

 

20分程度でサクッと読むことが出来ますので、

こちらから受け取ってください

 

「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」を受け取る

 

メールアドレスを入力すれば、すぐに受け取れます。

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっせー
工場勤務時代に副業からビジネスを始める。現在23才。 40年以上過酷な肉体労働が続く人生に嫌気がさし、ネットサーフィンをしていた所、ネットビジネスの存在を知る。 結果、実践して半年で経済的自立を達成し、起業して1年で最大月収210万を稼ぐまでに至る。 僕の経歴やダメダメな状態から起業して月収100万に到達するまでの道のりなど、下のリンクにまとめているので、興味のある方は是非読んでみてください。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

【期間限定】「メルカリ古着転売で月10万円の副収入を稼ぐための教科書」プレゼントキャンペーン
24歳年収1000万起業家いっせーの理念。「人生の選択肢は雇われだけじゃない」
彼女の誕生日に星野リゾート旅行をプレゼントしてみて。経済面を気にせず大切な人と過ごす時間は最高だ
年収3000万を自動化する起業家と平日昼間から北海道旅行に行ってきた&「選択の自由度」を高める重要性
僕は、学生時代はコミュ障、部活では万年補欠、会社では上司のイジメの対象だった。だけど、ネットビジネスでは月収100万を突破できた
田舎住みの工場勤務男子がスマホ1台で起業したら、月収100万を超えていた話。
【コンサル生仕入同行】沖縄に行って古着を80着仕入れた話。
【古着転売】釜山の古着市場はライバル皆無のブルーオーシャンだった
死ぬほどつまらない工場のライン作業で消耗してた会社員が、起業に成功して人生充実しまくった話
起業家仲間とノリで2泊3日のタイ旅行に行ってきて感じた、イメージに囚われることによって失っているものの大きさ
古着転売で赤字を出しまくってた僕が、26万利益を稼いで脱サラするまでの物語
古着転売をやっていると、ただインスタやYouTubeを見ることが仕事につながる
不用品販売で得た軍資金をもとに古着転売を始めたら速攻で月10万円稼げた話
古着転売で月利30万を自動化した元コンサル生なおやさんと対談しました

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください